クマデジタル

迷ったら、高い方


Magic Mouse 2 を含む記事

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いざバッテリーが切れても 2分間の充電で 9時間使えることを標榜する Magic Mouse 2ですが、最初から言われていることではありますが充電しながら使えないのが玉にキズ。私も電池切れが迫ってくると寝る前に充電に仕掛けたりするんですが、私の睡眠時間5時間程度では満充電にならないことがあり、何でかな?と思っていたんですが。


5D4A8471


Appleサポートページに大事なことがしれっと書いてあったりするんですよね。

Apple 製のキーボード、マウス、トラックパッドの内蔵バッテリーを充電する

32

えっ、電源スイッチが充電時間に影響するの!?
高速充電のための回路は電源スイッチに連動してるってこと?

試しに電源ONしたまま充電してみたところ、けっこう早い時間で満充電になりました。何だそれ…。

ただ私はiMacは基本的にスリープ運用(シャットダウンしない)なので、マウスをOFFしてから充電しないと、ちょっとした拍子にボタンが押されてスリープ解除されちゃうんですよ。


   




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
話題になっていたステンレス製のマウスパッドを購入しました。
が、想像とちょっと違っていました。

5D327048

一番辛かったのは、ポインタ飛びです。Magic Mouse 2でしか試していないのですが、マウスを僅かに浮かせて置き直す操作をする際に、マウスポインタが飛びます。けっこうストレスです。

しかし、使い込むうちに、マウスポインタは飛ばなくなります。どうもマウスパッドに手の脂が付着すると飛ばなくなるようです。いやいや、このマウスパッドってシボ加工を施すことで汚れが付きにくいというのがウリだったんじゃなかったでしたっけ? 汚れた方が性能が安定するって、どうなんでしょう。

実際、幸か不幸か、手の脂でけっこう汚れるんですよね。「汚れが付きにくい」というのは、何も加工を施していないステンレス板と比べて、と考えた方が良いでしょう。布製含めた世の中にある全マウスパッドの中では、脂汚れは目立つ方だと思います。

もう1つ。これはステンレスだからしょうがないんですが、マウスを置き直したときの音が硬質です。この硬質な音が好きな方もいらっしゃると思いますが、私は硬い靴底でオフィス街を歩く「カツ、カツ」という靴音も苦手なんですよね。特に朝の出勤時とか。このマウスパッドとMagic Mouse 2の組み合わせだとそれに通じる音がします。職場で使う分には気にならないでしょうけど、深夜自宅で使うのはちょっと気になりました。

ポインタ飛びの問題は、おそらくマウスの読み取りに使っている光の波長も関係しているのかなぁという予想はしています。レーザー式ではなく昔のLED式なら問題ないのかも知れません。

という訳で、開封3日でまた梱包に戻してしまいました。
理由を整理すると以下の3点です。

・置き直す際のポインタ飛び
・なまじマテリアルとして美しいだけに、かえって脂汚れが見苦しい
・カツカツ音

勿体ないので、何か活用法あるといいなぁ。

エアーパッド・プロを超えるマウスパッドはなかなか出てこないですね。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
発売になったばかりのMagic Mouse 2 ですが、3個を調べたところいずれも右クリックに底付き感があり、ちょっと不快でしたので改善を試みました。

【用意するもの】
・ビニールテープ
・良く切れるカッター

5D323532

ビニールテープを写真くらいの大きさに切ります。


5D323533

粘着面を写真で言うと手前側(マウス底面側)にして、マジックマウスの右前部(写真で言うところの左上)に挟み込みます。ここで、挟み込み量が少ないと効果が出ませんが、挟み込み量が多いとクリック感がなくなりますので、個体差に応じて試してみます。あまり改善しない場合、挟み込むビニールテープの太さを大きくしたり、2枚重ねにしてみます。

エッジの部分のみに貼り付けた場合、フィーリングがあまり良くなりません。あくまで5〜8mmほど奥に貼るのがポイントです。また、粘着面を反対側(マウス上面側)にすると、内部部材の形状の関係からビニールテープを挿入しにくくなります。


5D323534

納得できるフィーリングになったら、はみ出た分のビニールテープをカットします。

分解サイトを見ると内蔵されているスイッチや構造はさほど変更されているようには見えませんが、クリック、特に右クリックの高級感がかなり損なわれているMagic Mouse 2。以前のMagic Mouseはこんなに左右でクリックの感覚や音は違いませんでした。中国で製造されているとは言え、マウスとしては高価な部類なのに、本当にこんなものがAppleのQCを通っているとは驚きです。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Magic Mouse 2 が届きました。





手前は従来のMagic Mouseの梱包。石けん箱とか呼ばれていましたね。




iPhoneと同じような箱になってしまいました。
まぁ全部紙でできてた方が環境に優しいですけどね。




箱に対して固定はされていません。箱の大きさがジャストサイズで、中で動かないようになっています。ツルツルの表面に映り込んでいるのは我が家の天井の天窓とシーリングファンです。






単体で買うと2千円近くするLightningケーブルが付属します。




従来のMagic Mouse(写真奥)と。この角度からでは差が解りません。特に薄くなったとかそういうことも感じられません。




裏返すとようやく区別が付きます。Magic Mouse 2には電源LEDがなくなりました。
充電状態が解らないのはちょっと不便。




ケーブルを接続すると自動的にMacへのペアリングと、充電が行われます。ご覧の通り充電中は使えません。この間抜けな姿は、大喜利のネタになりそうです。




説明書の印刷が全体的に上にずれていて、雑です。しかも翻訳が間違っていて、緑色のLEDが付いていることになっています。(英語は正しい表記でした。)


重量ですが、従来の Magic Mouse が eneloop pro 2本込みで 118g なのに対して、Magic Mouse 2 は 98g と2割ほど軽くなっていました。


また、センサーが奥まっている個体とそうでない個体があるのは健在なようで、私が購入した個体はエアーパッドソール for Magic Mouseを貼ってしまうと、マウスカーソルがまともに動きませんでした。ただし重量が軽くなったせいか、ソールを貼らなくても従来のMagic Mouseより動きが軽く、静音です。

クリック音は特に変わった感じはしませんでした。静かになったという声も聞くので、クリック音についても個体差がありそうです。

なんかこう、緩やかにですが、終わりに向かっているのを実感しますね。





  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iMacがモデルチェンジ。27インチは全機種5Kディスプレイとなり、21inchに新たに4Kディスプレイモデルが登場しました。

個人的に目を惹いたのが、1TBのFusion DriveのSSD部分が24GBになったこと。確かに低価格化には効きそうですが…。2TBのFusionというのもCTOメニューに用意されたんですね。


インプットデバイスであるワイヤレスキーボード、マジックマウス、マジックトラックパッドも噂通りモデルチェンジ。いずれもバッテリー内蔵式となりました。名称はそれぞれMagic Keyboard, Magic Mouse 2, Magic Trackpad 2 ですが、Keyboardのどのあたりが従来と比べてMagicなのかよく解りません(笑

これらのデバイスは基本的にBluetooth無線接続ですが、ペアリングは充電用のLightningケーブルでMacと接続すると自動的に行われるようです。

にしても、Magic Mouse 2 の方は、Lightning端子をなぜ底面にしたのでしょうか。

47

推測ですが、これはもう、Lightningを繋いだまま使って欲しくないというメッセージとしか思えないですね。Lightningケーブルを繋いだまま使うとあっという間に断線するとか、Lightningケーブルを繋いだままだと電波妨害試験で問題があるとか、もしくは単純に本体が薄すぎて、美しい形状を保ったまま横に付けられないと言う理由かも知れませんね。

キーボードの方は充分なバッテリーを搭載した暁には、MacBook Proのような自発光式キーボードを期待していましたが、それはないようです。先日出た薄いMacBookと同じバタフライ構造をなぜ採用しなかったという声がありますが、あれはMacBookの限られたストロークに向いた技術であり、Magic Keyboardにはそれはそれで最適な技術があるのでしょう。

キーボードの高さというか傾斜が低くなっていますが、まるで今までの高さは単三電池の直径で決まっていて、本当に俺たちがやりたかった高さじゃなかった、という開発者の声が聞こえてきそうです。かなり平置きに近いので、これはサードパーティからMagic Keyboardに傾斜を付ける足が発売されそうですね。

私がいま使っているLate 2012 (Core i7 3.4GHz)からの性能の伸びはさほどでもないので、iMac本体は買い換えませんが、キーボードとマウスはポチりました。

パワーサポート エアーパッドソール for Magic Mouse PAS-60(Amazon)

このページのトップヘ