クマデジタル

迷ったら、高い方


電気製品一般

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
EOS 20Dユーザとしては出来映えが大変気になるところ。早まってしまったか、それともやっぱ20Dで良かったと安心できるか、ドキドキだ。

感想。本体は樹脂素材ながらも、EOS 20Dばりのざらざらした表面仕上げで爪も研げるところまで20Dと同じ。金属素材の20Dとの質感の差は勿論大きいが、旧Kiss Dよりはかなり改善している。

筐体サイズは右手小指どころかヘタすると右手薬指まで宙を彷徨いかねないほど凝縮されている。モードダイヤルおよび電源スイッチは20Dのものより明らかに回しやすいが、20Dのダイヤルが回しにくいのは立場上仕方ないかとも思う。

レンズセットのEF-S18-55mm F3.5-5.6 II USMはズームワイド端で繰出し量(全長)が最短にならないのが惜しい。

シャッター音はなんちゅうか、優しい感じの音。俺はすっかり愛機の20Dの音に慣れてしまったので物足りなく思ったが、過去の「サイレントEOS」には少し近づいた。

上下左右キーから感度設定をダイレクトに呼び出せるのは便利だが、あくまで年に何回しか使わない人に優しいユーザインターフェース。指先に機能を叩き込ませるほど使う場合には、EOS 20Dのインターフェースの方が優れている。

買い物ガイドとしては、EOS 20Dの大きさ、重さを「ウヘッ」と思った人は間違いなくKiss DNの方が幸せ。逆に銀塩EOSからの乗り換えでKissDNの質感、操作感に疑問を持ったのなら思い切って20Dに逝っといた方が幸せ。20Dの重量、大きさは性能の1つであると考える人も20Dの方が幸せ。コンパクトデジカメからのステップアップならKiss DNがオススメ。

しかしキヤノンは本当に用途別の作り分けが上手だ。Kiss DNと20Dは全然違うのに、それぞれ「いいねぇ」と思える。

で、20Dユーザとしてはどうかって? んー、人それぞれだろうけど、俺は20Dで正解だったな。未だに家計への小遣い前借り分の返済が続いているが…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「48Cレート充電(充電電流28.8A...600mA×80%×60分)で評価すべきだと思うのだが、充電電流を絞っているのは何か理由があるんでしょうかね(^^;;。」

ヘェー(・∀・ )つ〃∩ ヘェー

あーそうなんだー。電池は素人なんで、知らなかったヨ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「一分間に80%充電するには、充電電流が31.5Aですぜ旦那!」

えっ、そういうこと!?Σ(゜Д゜;)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
またこうしてひとつのトリビアが生まれた。

「ICカード内蔵携帯電話のICカード部分は、携帯電話の電源を切っていても使える。」



( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェー??
試してくれてありがとう。ICカード+Fericaライターなのか。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
東芝、1分で80%の急速充電が可能なリチウムイオン電池

東芝さん、グゥレイトだよ東芝さん!

ああこれがiPodに搭載されれば出かける前になって「あっバッテリーがない!」なんてときでも歯磨いている間に実用充電されるし、東芝のプレス
リリースにもあるけど自動車に応用すればちょっと長い下り坂を走ればその後何キロも走れるエネルギーが得られるわけですよ!

いいなーこれ。身の回りのリチウムイオン電池をすべてこれにしたいくらいだ。

このページのトップヘ