クマデジタル

迷ったら、高い方


電気製品一般

    このエントリーをはてなブックマークに追加
帰省した実家にはですね、いまどきのハイビジョンテレビ---ただしブラウン管---があるんすよ。Panasonicのこのテレビは32型で現在の実勢価格が15万円程度と、大変お買い得。今さらブラウン管は…という拘りがなければ、画質も価格も限界に達しつつあるモデルとして手堅い選択かと。

テレビ好きの妻はBS&地上デジタル放送の多チャンネルを大喜び。しかし我が家の場合は今後10年間は使うであろうテレビに対して「今さらブラウン管は…」と思ってしまうタイプ。

店頭では「32V型以下は液晶、それ以上はプラズマ」という大雑把な棲み分けがされているようだが、狭いアパートの我が家では32V型もあれば充分。もし万が一今すぐ32V型液晶を買うとすれば、Panasonic VIERA LX500シリーズか、日立Wooo 7000シリーズのHDD/DVD無しタイプだろう。どちらもIPS液晶を搭載しており、液晶の中では動きには強い方だ(それでもプラズマには及ばないが…)。斜めから見た場合の色相の変化も少なく、消費電力は28型ブラウン管を下回る。

液晶といえばSHARP AQUOSだが、どうもあんまり画質が良いように見えないのだが…特にハイビジョン画像ではなく、従来のNTSC信号を映したときの画質の荒れがキツいような…。問題は珍重されている亀山工場製液晶パネルではなく、周辺回路にあるのだろう。SONYはいまは会社自体がイケていないので、あまりこういう時期に高額製品を買いたくない。

問題の価格はLX500が30万円前後、Wooo7000が24万円前後。この価格差は(1)LX500はデジタルダブルチューナー搭載で発売直後 (2)Wooo7000シリーズは発売から半年以上経過している、という理由が考えられる。

しかし我が家のテレビ(ブラウン管28型)は8年目ながら先日修理をして三途の川から生還したばかり。まだまだイケる、かな…? かなり左右端のフォーカスが甘くなってきてるけど…。

なお、Panasonic LX500シリーズには25%ほど安い廉価版のLX50シリーズがあるが、画質が全然違うのでLX50は「安物買いの(ry」だと思われ。いや、あり得ないっすよLX50の画質は…。

LX500シリーズは量産に苦戦しているのか、それとも予約殺到なのか、近所のヤマダ電機では6/1以降の入荷になるとか。いや、どうせ買わないからどうでもいいんすけどね。




    このエントリーをはてなブックマークに追加
CanonがEOS 20D用バッテリーグリップ「BG-E2」の不具合原因を特定し、対策を実施する模様。

BG-E2には「フル充電されたバッテリーパックあるいは新品の単3形電池を使用しても、撮影可能枚数が少ない、またはすぐにバッテリー残量が少ないと表示されるなどの現象が発生する場合がある」(Canon発表より)という不具合があることが若干名のユーザから報告されているが、これがBG-E2の購入を躊躇させていた原因の1つであることは否めなかった。

この問題が解決したことで、BG-E2に手を出さない理由は、21,000円という法外気味な価格だけとなった。どうもCanonのバッテリーグリップの価格ってのは、その造り、機能から決められているのではなく、本体価格から決められているような気がしてならない。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
通勤デビュー。結論から言うと、却下。

いや、これはPanasonicが悪いという訳ではなくカナル型の宿命だと思うが、足音が響くのだ。

カナル型はしばしば「自分の鼻息や歯ぎしりが聞こえる」と言うが、それよりなにより、徒歩使用では足音が凄い。別段底の硬い靴を履いているわけではないが(むしろ柔らかいウオーキングシューズだ)、足が地面を叩く音が骨を伝わってビヨーン、ビヨーンと響く。いくらカナル型の低域が凄いといってもすべてこの足音にマスクされてしまう。残念だ。

電車の中だったら歩くわけではないので問題がない。このクラスのカナル型は遮音が完璧でないこともあって車内アナウンスをはじめ周囲の音は小さく聞こえる。これは安全の観点からはE2c/E3cクラスよりずっと好ましい。室内では耳障りだった高域も電車の中ならむしろ聞きやすいくらいだ。周囲の騒音を適度にカットして独自の音場を作り出す感覚に慣れてしまうとインナーイヤー型はスカスカに聞こえてしまうだろう。

ただ、俺の場合は自宅も会社も駅から遠く、電車に乗ってる時間より歩いている時間の方が長いくらいなので、歩いている間使いものにならないヘッドホンは困るのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
通勤のiPod Shuffle用にカナル型(耳栓型)ヘッドホンを物色。通勤は車や電車の騒音がけたたましいのでどうしても音量を上げがちで難聴になりがち。でもカナル型ならあまり音量を上げなくても聞こえるので耳には優しそうだと思ったからだ。

シュアー E2c/E3cまでは予算がないので、2,000〜3,000円クラスから物色。試聴は出来ないしWebの評価もバラバラなので選択基準は「ドライバ径の大きさ」。結果、9〜10mmクラスのドライバが一般的なこのクラスで11.5mmドライバを搭載するPanasonic ステレオインサイドホン RP-HJE50を買ってみた。早速いつも使っているゼンハイザーMX500(2,500円程度)と比較したのだが…

…なんだこれ orz

高域キンキン、低域スカスカだよ… 3種類付いてくるイヤーピースのサイズが悪いのかと思いデフォルトのMサイズからLサイズに変更して試してみたが… むー、確かに若干低域が膨らむものの、すごく強く耳に押し込むため、装着を外すときの「ズボッ!」という音にびっくりして却下。

ケーブルの長さも50cm + 100cmの2分割というiPod Shuffleにはちと使いにくい構成。50cmでは短すぎて150cmでは長すぎるのだ。そして意外にもソニーと同じ右側のユニットのケーブルだけ長いタイプ。プラグの荷重は左耳に集中してかかる。

しかしインナーイヤー型のMX500より低域スカスカなんて… おーい、まかりなりにも密閉型なんだから低域は出て当たり前、高域を出すには装着に注意が必要だろう…という俺のカナル型に対する先入観は粉砕された。

B&O A8(14,700円)とは比較するのが間違っている気もするが、やはりインナーイヤー型であるA8は「高域は艶やかだが低域の量感が足りない」と評されることが多いが、RP-HJE50はA8よりも低域スカスカ。

またRP-HJE50の高域は金属的で軽薄だと感じた。マテリアルに例えると…たとえばアルミ箔とか、スチールウールのたわしのような…そんな感じ。

まぁそのMX500もエージング前は「なんだこりゃ?」と思った記憶があるので、RP-HJE50も一晩エージングしてみるか。高域は変わってくれると思うけど、低音はエージングではどうにもならんだろうなぁ。


【後日談】

一晩鳴らしっぱなしでエージングしてみた。結果、かなり高域の金属っぽさが取れマイルドになった。また、イヤーピースのSサイズを試したところ、耳の奥まで装着できるようになったためか、低域もしっかり出るようになった。ただ、それでも若者好みのドンシャリ音には違いないのだが…。それにしても身長180cmを越える俺の耳の穴がSサイズってのは意外だった。

RP-HJE50によってカナル型の方式に起因する素性の良さは感じることができた。ちょっとE2c/E3cにも興味が沸いてきた。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
「ほんとなの?――次世代光ディスク統一規格報道の「真相」 」

本田さんが書いてるので、この記事が一番信用できるかな。

そういやCELLで手を組んでいるはずの東芝と(まぁ半導体社ローカルだとは思うけど)、青紫ディスクではいがみあってるのは蚊帳の外から見れば右手で握手&左手で殴り合いみたいだもんな。

このページのトップヘ