クマデジタル

迷ったら、高い方


電気製品一般

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
3年ちょっと前に買ったEtymotic Research hf5の本体が加水分解してベタベタに。拭いてはみたものの、べたつきが残る感じ。ピーチスキン風の塗装がダメだったのかなぁ。

そんな訳で、iPhone用のイヤホンを物色。とはいえヨドバシの試聴コーナーは何時間でも過ごせてしまうので、予めネットで下調べして、SONY XBA-A1とXBA-A2だけを試聴してきた。カナル型のイヤホンの試聴なんて気持ち悪くないのかって?いやいや、ちゃんと店頭にウエットティッシュ用意してあるんですよ。

試聴曲はAAC 256kbpsのガリレオ・ガリレイ「サークルゲーム」と、fhana「ワンダーステラ」。サークルゲームで主にトランジションと低域を、ワンダーステラで分解能と甲高いボーカルの描き方に注目する。


XBA-A1

■XBA-A1
まず先に聴いたのはこっち。一聴で「!」となる音。最近のソニーオーディオはやっぱりイケてる。低域の量感、中高域の滑らかさ、まろやかさでA2を上回る。構造を先に見てしまったせいか、低域と中高域はの間に一貫性が感じられないことがある。価格はA2の半額。大きさも手頃で、装着感も軽い。普段使いには最適だと思う。

■XBA-A2
全域にわたって解像感でA1を上回る。分析的に聴かせる。A1では存在がハッキリしなかった小さな音までキッチリ拾って輪郭を描く。低域の量感はA1に譲るが、スピード感で上回る。A1の倍額の価値があるかは微妙。スマホ用マイク、リモコン付き。ちょっと大きめで重めだが、アッパーミドルオーディオとは得てしてそういうもの。

この両者、兄弟機でありながら音の傾向がそれぞれ違い、しかもそれぞれに良さがあるので、どちらを選んでももう片方が気になりそう。できれば両方手に入れてその日の用途で選べれば最高なのだが(笑

--
SONY カナル型イヤホン XBA-A1(Amazon)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PanasonicのDC扇風機、F-CL339-Nを買いました。子供部屋にエアコンがなく、2段ベッドで寝ている子供たちが扇風機の取り合いをしているので、上下首振りのできる扇風機を探していました。もちろん探せばあるのですが、今回もパナソニックから選んでみるかとラインナップを観てみると、上下首振りできる扇風機はDC扇風機のF-CL339-NとAC扇風機のF-CL327-Wの2機種。どちらもそこそこいい値段がしますが、どうせならと我が家にまだ1台もないDC扇風機F-CL339-Nを買ってみました。ツマは羽根のない扇風機を期待していたようですが、いくらなんでもそれはブルジョワが過ぎるというものです。2段ベッドの上下を冷やすなら、安いAC扇風機を2台用意した方が安く上がりそうですけどね!(ぉ



5D321479

ハイフロアタイプで、椅子・ベッドの生活用です。


5D321494

上下首振り機構を備えるメカの部分は、外へのメカの露出が少なめになっています。ガードネットもさすがにこの価格帯になるとキチンと作られています。


5D321483

操作部とリモコン。リモコンにしかないボタンがあるのが残念。なおリモコンは本体ポール部の裏側に掛けられるようになっています。


5D321488

表示パネル部。風速はDC扇風機らしく、8段に切り替え可能です。ナノイーは飾りだと思っています。


5D321481

残念なACアダプタ。ACアダプタにすると、開発時にACアダプタ側でだけ安全関係の認証を取れば良いらしいので、本体の設計がラクできるんですよね。でも扇風機ほどの筐体の大きさなら、電源部は本体内蔵にして欲しかったなぁ。これでは収納時も台座の裏に仕舞えないでしょう?

使用感ですが、DC扇風機らしく、超微風の時の静粛性と省電力はさすがです。しかしACアダプタの待機電力まで考えるとどうなんでしょうか。まぁそれでもAC扇風機よりは省電力でしょうか。風力を上げた際の騒音はAC扇風機と大差ない感じです。これは例えて言うなら本体が小さいフルサイズのカメラでも、レンズは結局他社並みに大きくなってしまうような「物理法則は覆せない」感がプンプンします。

内蔵の温度センサーによる制御は便利です。付けっぱなしでほったらかしで寝ても、温度制御モードで回しておけば、冷えすぎを防ぎ、あなたの健康を守ります。私はベイマックス。


そして驚いたのはDC扇風機の致命的な欠点。
風が滑らかなので、扇風機に「ア”ー」や「ワレワレハ バルタンセイジンダ」をやっても面白くないんですよ!

それをtwitterに書いたところ、


敵認定!(ぉ 

そうですね。いや、マジな話、もうDC扇風機を買うことはないかな、という気がします。AC扇風機で充分ですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
前のアパートから引っ越してきたエアコン、6畳用というエアコンの能力に対して天窓付きの天井の高い12畳の部屋に付けてしまったため、能力不足。単なる能力不足ならまだ良いのですが、時々ピッピと水が飛んでくる。
水が飛んでくるところにはパソコンやら複合機があるので、何とかしたいところ。

エアコンの不具合、または設置ミスじゃないのかなぁ…と思ってエアコンのサービスマンに確認したところ、以下の全てを満たす場合には水が飛んでくるのは不具合ではないとのこと。いや、不具合には違いないのだが、どうしようもないとのこと。

<判断条件>
1.明らかにエアコンの能力以上の大きさの部屋に取り付けている。
2.冷房運転をすれば、エアコンから冷たい風は出ている。
3.水は壁伝いに垂れてくるのではなく、飛んでくる。


ウチは全て満たすので、メーカーでは手の打ちようがないらしいです…。12〜14畳タイプに買い換えればいいのですが、まだこのエアコン、買って4年のアッパーミドルモデルなので勿体ない。


5D320975

という訳で、DIY。紙を垂らしてみて、エアコンのどの辺から水が飛んでくるか確認。
確認の結果、全ての吹き出し口から、左右満遍なく飛んでいました。


5D320977

しばし考えたあげく、こんな感じの布を垂らしてみました。布は手芸店で「風を通すものを」と言って店員に選んでもらいました。サラシよりは空気を通す感じの布で、チュールよりはサラシに近いです。まぁ言うほど風は通さないですけど…。

布は洗濯したいので、できるだけ外し易いように取り付けます。でも裁縫は苦手なので、極力1枚布のまま取り付けることを考えました。


5D320982

布の固定(下側)にはこれ、別用途に買っておいて余っていた Bluelounge ケーブルドロップ を使いました。たぶん技術の無駄遣いです。


5D320979

こんな感じに挟んでおきます。布の上側の固定には使えなかったので、上側はマスキングテープで留めておきました。

いやぁ、この布を垂らしてすでに1ヶ月近く使いましたが、この布自体がびしょびしょに濡れて、そこから滴が垂れてくることもありました。どんだけ水飛んでるんだよ…。


後付けの市販のエアコン用の風よけルーバーでも良いような気もしますが、冬の間は外しておきたいので、まずはこれで様子を見てみます。でももしかすると結露防止機能付きの風よけルーバーに付け替えるかも知れません。


Bluelounge CableDrop ケーブルドロップ ミュートカラーセット BLD-CD-MU
(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2月に購入したDigi Fi No.16付録DAC用のケースにようやく組み込みを行いました。
ケースはN2 Factory社製のN2-DAです。




組み込みと言ってもジャストサイズに加工済みのケースなので、10分もかかりません。




とはいえ、実は電源LEDを折り曲げて正面向かせるのを忘れてしまい、フロントパネルを組み直す羽目になりましたが(笑




ボリュームつまみはプロトタイプデザイン(穴がない)の方が良かったなぁ。ここは汎用品を調達してきてるんだろうなぁ。

そうそう、ボリュームつまみを固定するネジ、0.89mmの六角レンチなんて持ってないので、このためだけに買いましたよ!45円でしたけど!




一発で音が出なくて焦りましたが、アンプ側の端子が汚れていた様子。何度かプラグを抜き差ししたら音が出ました。

このDAC自体には電源スイッチがないので、パワーアンプの背面にある連動コンセントから電源を取ることにします。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今までずっと週末は父の見舞いなどに費やしていたので、お葬式が終わった後、ぽっと少しだけ何もない時間ができたんですね。そういうときに「ああ、あれを買ってあれするんだっけ」というようなものを思い出して、爆買い。

kaimono201503

ブログのネタにならないものからなるものまでいろいろありますが、追々記事にしていきます。とはいえ、お葬式が終わったら終わったで実家の片付けとか50日祭(いわゆる四十九日)とか仕事の締め切り(マイルストーン)で休出とかが重なって、まるでこれらを活用する時間がないというね。

--
WAKO'S(ワコーズ) HC-K ヘッドライト用下地処理&コート剤 復元キット V340 [HTRC 3](Amazon)

このページのトップヘ