クマデジタル

迷ったら、高い方


家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
IMG_0105

自立と言っても三脚に対するカメラの重さとかいう話ではありません。クマデジタルはできるだけデジタルガジェットの話を書きたいと思っていますが、実体はただの個人ブログなので書きたいことを書きます。今日は子供の自立についての話です。いや、ちょっと子供の自立について悩んでいるところがありまして。

最近、職場でこういう話を聞きました。

「2人目が生まれたら、2人目のことは放っておいて、1人目に愛情を注げ。『あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからしっかりしなさい』と言いがちだが、意外にも2人目が生まれたら1人目が愛情不足になる…とカウンセラーに言われた」

ああ、なるほどなぁと思いました。言っちゃうよね、『あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからしっかりしなさい』って。絶対言う。というか、これを言われないで育った兄弟の上の子なんているのか、って言うくらいありがちなセリフだと思います。

そこにさらにこういったお話しを見つけましたのでご紹介。これが上記のカウンセラーの言葉に実にピッタリ繋がるんですね。

SAFTY JAPAN / 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方 より
ある子はとても面倒くさがり屋で、宿題もなかなかやらないし、やってもいい加減にやる。小中学校を通してずっとそうだった。ところが、高校2年になったころから、人が変わったように勉強を始めた。それは、将来やりたい仕事が見つかって、そのために行きたい大学が決まったからだった。

 学生時代は何事にもやる気がないと思われていたのに、社会人になったら急に生き生き輝き出す人もいる。こうした例はいくらでもあるのだ。

 だからこそ、自立を急がないことだ。「自立、自立」とせかすと、かえって真の自立が遅れる。一見、自立したように見えても、くすぶったものを残しているので、どこかで何かの形で出てくる。ここには一つのパラドックスがある。

   「無理に自立させると自立できなくなる」
   「無理に自立させないと自然に自立する」
   「自立させたかったら無理に自立させるな」

 子育てや自立の問題に限らず、このようなパラドックスは人生のいろいろなところに登場する。人生は不可解だが、だからこそ面白いともいえる。

 しかし、最後に付け加えたいのは「甘えさせることと甘やかすのは違う」ということだ。

 子どもはもう一人で寝たいのに、親の方が子離れできずに引きずることは「甘やかし」である。子どもを見ずに、親の都合で甘やかしすぎると、本当に子どもの自立を妨げることになる。その「区別」をしなければならない。

 甘やかしを避けるためには、親がよく子どもの様子を見て、いつもその心の状態に気を配り、自立の時期が来たと思ったら、うまく「手放す」ことだ。そうすれば、子どもは自分の“羽根”で空を飛び始めるだろう。

すみません、ちょっと引用が長くなってしまいましたが、今の私にはとても腹に落ちました。

「無理に自立させると自立できなくなる」
「心の状態に気を配り、自立の時期が来たと思ったら、うまく『手放す』」


特にここに留意して、子供たちと付き合っていきたいと思います。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
買っていた3匹のドジョウのうち、1匹がお盆帰省中に亡くなっていました。実は水槽にAT-20というTetra社の小型の循環濾過ポンプを使っていたのですが、汚れが蓄積して頻繁に止まってしまうので、濾過容量が足りないと考え、より大型のAT-60という機種に変更したのが今年5月。そうしたら確かにポンプに汚れが蓄積して止まると言うことはなくなりました。今日まで3ヶ月、ポンプはノートラブルです。

ただその一方で、水が以前よりかなり綺麗になったり、水流が強くなるなどの環境の変化が生じました。水が綺麗になることは普通はいいことだと思いますが、汚い水のところに住んでいるドジョウにとってはもしかしたら良くなかったのかも知れません。また、水流が強くなった結果、四六時中強い水流に晒されてストレスが溜まったのかも知れません。ポンプを変えて間もなく、3匹のウチの1匹のお腹が赤くなり、みるみる膨れていきました。

5D321189

ここで薬浴でもやれば良かったのかも知れませんが、やり方に自信がなかったというのもありますし、一歩間違えば「とどめ」を刺してしまうような気がして、踏み切れませんでした。お腹が膨れた一匹は徐々に元気がなくなり、このお盆期間中に膨れた患部が破裂し、亡くなっていました。

このドジョウは下の子が小さいときに、とあるイベントで掴んできたもので、最初7匹いたのですが、4匹はすぐ亡くなり、3匹が長らく生きていました。あれから7年になりますが、掴んできたドジョウが水槽で7年も生きていると話をすると驚く方は多いです。

そんな訳で、お腹が破裂したドジョウは見た目には「どぜうなべ」と大差なかったのですが、自分はドジョウを飼っていたせいで思い入れがあり、どぜうなべは正視できないです…。


テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-60(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


写真はグルスキーを意識しています(ぉ
これのどこがディズニーシーなんだという声が聞こえてきそうですが、解る人には解って頂ける場所だと思います(笑 ここがギリギリ「夢と魔法の国」を保っている場所でしょうか。間違ってもGoogleマップの航空写真モードでディズニーリゾートを見てはダメですよ(笑

さて、子供の夏休み期間中、僅か2〜3日しかないと思われる「家族全員休日」を生かして、東京ディズニーシーに行ってきました。中学校の吹奏楽部、休みなさ過ぎだろ…。




開園1時間後は空いてました。
というか、もしかするとお客さんは「トイ・ストーリー・マニア!」に並んでたかも知れません。ファストパス発券自体が3時間待ちだったし!




今更ですが、タワー・オブ・テラーを初体験しました。空いてたので。
エレベータが自然落下するだけでしょ?と思っていたら甘かったです(笑 自然落下ではなく、下に向けて加速するんですね。あれはキツい。一緒に乗った人は「わー」「きゃー」という感じでしたが、下の子(身長制限クリア)は「あ”あ”あ”あ”あ”〜ッ」と大泣きでした。男子なんだから泣くなよ。




「フォートレス・エクスプロレーション / ザ・レオナルドチャレンジ」という、TDSで一番地味なんじゃないか?(笑 というアトラクションに参加してみました。入り口で地図をもらって、地図の謎かけ通りにダンジョンを自分の足で探検するというアドベンチャーですが、ほとんど空調がなく、灼熱の中階段を上がったり下がったりするのはものすごい罰ゲームに感じたので、家族で私だけベンチに座ってました(ぉ




「ミニーのトロピカルスプラッシュ」というフェスティバル。平たく言えば昼のショーです。これで濡れるのは2年前に経験して分かっていたので、遠巻きに眺めていたのですが、俯瞰しているとやたらと訓練された人たちに集中的に放水されているエリアがあることが分かりました。




興味を持ったので、その次の公演の回の時に近づいてみることに。




離れてるから大丈夫!と思ってても後ろからキャストが放水に来ますからね!
情け容赦ありません。




これがイヤならかなり遠巻きに眺めているしかありません。
私も(機材だけは)完全防備で望みましたけど、風向きのせいでなぜかほとんど濡れず。それはそれで悔しい(笑


あと私がTDSで一番気に入っているショー「マーメイドラグーンシアター」の演目が「キング・トリトンのコンサート」にリニューアルされたというので期待して行きました。撮影不可なので写真はありません。新しい演目というか演出装置では、アリエルの自由度が今までよりとても大きくなっており、後ろの方の席でもアリエルを身近で見るチャンスがあります。入場も今までのようなワーッと入る方式ではなく、待合室の奥の方から順に入るシステム。どの席でも満遍なく楽しめるかな…と思いきや、入場口から一番奥手の席がスイートポジションなんですね。なるほど、入場者を手前に滞留しないための良くできたシステムです。ただ、待合室でたまたま一番奥にいた人(で、事情を知っている人)が優先的に良席を取れてしまうのはどうなんでしょう?まぁ悪くはないか。

リニューアル前は途中で出てくるあの悪いキャラのせいで泣く子が続出でしたが、リニューアル後は居なくなりました。極端な起承転結はなく、多少の波風で淡々と進みますが、グレードアップした演出装置で魅せてくれます。さすがの完成度です。ただ、演出が少し映像に頼り気味なのが残念かな。マーメイドラグーンシアターと言えば映像ではなく実像での演出が良かったところなので。





レストラン「櫻」の冷やし天ぷらうどん。ディズニーリゾートに来たら思いっきり洋食を食べたいところですが、あえて日本食を選んでしまうところは歳でしょうか。




キッズプレートのニンジン。ニンジンがあまり好きでないムスメでももちろん雰囲気で食べます(ぉ




ポートディスカバリーの中央付近にある売店。屋根の上で巨大なオブジェ(風車という設定だったらしい)が三次元的にグルグルと回っていたはずですが…ありません。え?なんで?廃止されてしまったのでしょうか。

あの巨大なオブジェが高速にグルグルと回るのが何とも幻想的で、TDRが夢の国だと言っても、ねぇ、という醒めた私でもここだけは夢の中に入ってしまったんじゃないか?と錯覚する場所でしたが…見られなくて残念です。いつか復活してくれると嬉しいです。




夢の〆はもちろん夜の水上ショー「ファンタズミック!」。魔法使いに弟子入りしたミッキーが自らの夢の世界を具現化する…というストーリーですが、マーメイドラグーンシアターから居なくなったあの「悪いキャラ」がこんなところに出てきてビックリです。お陰でここで泣く子供が出るじゃないですか!(ぉ

そうそう、「ハンガーステージ」での水と炎とアクロバチックと生演奏のショーがリニュアル中で見られなかったのが残念でした。


いやはや、持参したタオル4本(私の分だけで)が絞れるほどに汗をかきました。色々現実的な感想を書きましたが、子供に手がかからなくなってきたせいか、一日が終わってみれば白昼夢のような時間を過ごすことができました。私もディズニーキャラクターがそんなに好きなわけではありませんが、ディズニーリゾートというのは、一緒に行く人の笑顔を見るためのものですしね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
…って書くとめっちゃ嫁姑の仲が悪いみたいですが(笑 そんなことはありません。円満同居解消です。

実は6月上旬から母が一人暮らしができない身体状態になってしまいまして、1月半ほど同居していました。横浜で病院通いして、回復したのでまた田舎に戻った次第。

元々同居を前提とした、通常より1部屋多い家を購入したので狭苦しいとかそういうこともありませんし(いや、実家に比べればもちろん狭苦しいですよ)、下の子の勉強を看てもらってたので(おそらく瞬間最大風速的に(笑))成績が上昇したり、良いことは多かったです。

ただ、嫁姑の関係が良好だったのは双方努力してたと思うんですよね。どちらも私には言いませんが。ツマがいつも私の母には敬意を払ってくれるので、その点については頭が上がりません。

DSC05066

1ヶ月半ぶりに戻った実家は、荒れ放題…ということはなく、近くに住む私の弟家族や親戚の叔父などの手によって綺麗に維持されていました。というか、前より綺麗になってないか?(笑

夜には満天の星空、昼は成田空港に降りてく飛行機がひっきりなしに通り、夏はスカイツリー方面に木が茂ってしまい地デジ受信不良になる実家ですが、私もここには18歳までしか住んだことないんですよねぇ。

まぁ、将来の本格的な同居に向けての予行演習としては良かったのではないでしょうか。ただ、母はやっぱり田舎がほっとするみたいですけどね。70年間、村から出て生活したことがなかったので…。私の言い分としては、子供たちの勉強を看てくれるだけでも、子供たちの将来は一変するだろうなぁ…という思いがあるので、同居歓迎なんですが。

--
追いつめる親 「あなたのため」は呪いの言葉(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
端的に言うと、

「紙の辞書をめくっている暇があったら、教科書巻末の英単語集でちゃっちゃと覚えて、ほかの勉強をしよう。中学レベルの単語で紙の辞書引いてるなんて時間の無駄。必要なら電子辞書等で効率よく」

ということらしい。
(学校の先生がそう言っているのではなく、「辞書不要派」の意見の総括)

実際、ムスメの中学でも英語の辞書を買えとは言わないし、授業でも宿題でも使わない。

時代が変わったねぇ…。
もっとも、辞書片手に外人とコミュニケーションなんてできないけどね。


とはいえ、自分の時代は辞書を引くから覚えられる、なんて言われてたし、今でもそう信じている人は多そうだけど(私もその一人)…

5D321004

というわけで、ウィズダム英和 on iPod touch、大活躍中です(笑



紙の辞書を選べと言われたら、ライトハウスかな。フォントが好き。

このページのトップヘ