クマデジタル

迷ったら、高い方


家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いまの寝室はそもそもどっち向きにベッドを置く設計(想定)なんだろう?と疑問になり、そもそも一般的なベッドって寸法どれくらいだっけ?ということを調べにニトリのサイトを覗いたら、

56

いま家具って「ロボットクリーナー(いわゆるルンバ)対応」ってのが1つのフィーチャーなんですか!?

まぁマキタルンバを使うとなるともう1ランク、隙間が高くないと使えない気もしますが、まさか家具側からロボット掃除機への対応が謳われる時代が来るとは思わなかったですねぇ。


--
iRobot Roomba 自動掃除機 ブラック 880(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ムスメの勉強机の位置の模様替えを行った翌日、ムスメがプンスカしていたので理由を尋ねると、とにかく見て欲しいと言う。私は帰宅直後で夕食をレンジでチンしている最中だったが、ムスメが指し示す場所を確認してみると、模様替えで机の下から外出しになった引き出しキャビネットの天板に、直径5cmほどの何やら丸い汚れが付着していた。ムスメいわく、弟が濡れたコップを数時間放置して置いたらこうなっていたのだという。

私の目には何かコップの結露の水とホコリが混じったものが固まってしまっているように見えたので、ムスメに「お湯を固く絞った雑巾で拭いてみ。キズになるから強く擦らないで」とアドバイスして、自分は食事を摂り始めた。

しばらくするとムスメが半べそで「汚れが落ちない」と言ってきた。どれどれと本格的に状況を確認すると、加減が分からないムスメが力を入れすぎたようで、天板が破けていた。これは大塚家具の学習机と本棚とキャビネットがセットになった商品だったが、キャビネットだけは無垢板ではなく化粧合板でできていた。

5D324901

「いやぁこれ力入れすぎて破けてるだろ。これは治らないよ」

とムスメに告げると

「これ大塚家具なんじゃないの!? 大塚家具はちゃんとしてるんじゃないの!? ここだけ交換できないの!?」

とさらに泣きべそになった。
うん、大塚家具だけどな。ここは部分的にコストがかかってないなぁ。そこをピンポイントで傷めちゃったなーという感じ。まぁ大塚家具=ヘビーデューティって訳でもないしな…。確かに父ちゃん、いろんなサービスパーツ入手して直しちゃうけど、化粧合板を接着組み立てしたキャビネットの天板だけを交換できるスキルはないなぁ…。

まぁ破けたところはともかく、汚れも一向に落ちていないので、うーむ、これは何の汚れだ?と目を近づけてよく見てみた。ん?これは…化粧版の内層に水を吸ってるだけ…?

熱で傷めないようにドライヤーでじっくりと温めると、汚れと思っていた痕跡は数分で綺麗に消えた。残ったのは、ムスメが擦りすぎてつけたキズだけである。

つまり私の誤った見立てで、ムスメは大事にしていた自分の机を自らの手で傷つけてしまったのだ。

一応、手持ちの「フローリングキズ用マニキュア」でキズ隠しはしてみたが、まぁ所詮この程度である。

懲りたムスメは「もうこれ以上傷をつけないようにマット敷きたい。マット買って。クリスマスプレゼントはマットでいいから!」と言い出した。キャビの天板のほかメインの机のほうもマットを敷きたいようで、Webでサイズオーダーできるところを何社か当たってみると、だいたいキャビ用+机用の2枚で12,000円が相場というところだった。

「12,000円するけど…買う?これクリスマスプレゼントにするの?」

「そんなに高いなら…いらない」

そうだよ。家の勉強机に付いたキズなんて、みんな思い出だよ。美術品じゃないんだから。
かくして、ムスメが色々な教訓を得た夜でした。

こういうのって、自分で痛い目に遭いながら成長するってのは分かってるけど、見てる方は辛いねぇ。


かくれん棒 ミニ5色+住まいのマニキュアミニミニ5色 AM-30

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実は夏前にウィルキンソンの緑色のビンのジンジャーエールが飲みたいなぁと思って、でも近所に取扱店が見つけられなかったので、Amazonで1ケース買いました。便利なことに、無料の空きビン引き取りサービス付です。もっとも、ウィルキンソンのビンは回収に出すと保証金が貰えるので、その保証金を販売店が引き取りサービスの送料に利用しているのだろうとは思います。

ウィルキンソンのビンを見て意外にも下のムスコが喜びまして。というのもこの緑色のビン、しばしば「ピタゴラ装置」に使われるんですね。テレビや本で見ていた「あのビン」の本物がある!と、ムスコはかなりときめいたようで、何本かの空きびんはムスコ製作のピタゴラ装置に利用されてしまいました。

さて、大事に飲んでいたというのもありますが、ひと夏かけてようやく飲み終わったのでビンの引き取りサービスを依頼しようとしました。しかしよくよく説明書を読むと、引き取りサービスはすべてのビンが揃っていることが条件と書いてあるではありませんか。1本でも足りないと受け付けてくれないのだそうです。

まぁ、ピタゴラ装置からビンを回収するしかないよね、とは思いましたが、そのビンを見ると口にビー玉がはまっているではありませんか。まるでラムネのビンみたいにキッチリと。どうしてこんなキッチリ径のビー玉があるんだよと驚きましたが、とにかくきっちりはまっていて外れません。さて、どうしたものかと。このままビー玉ごと回収に出すかと悩みましたが、なんか挑戦状のように感じてしまいまして、何としてでも外してやるというエンジニアの意地のような感情が生まれました。こういうのってついムキになりますよね!?

甘い炭酸飲料のビンなので、口に糖分が付いていたんでしょうね。普通にはまっているだけではなく、糖分で固着しているようにも見えます。

まずガムテープの粘着力で引っ張ろうとしましたが、歯が立たず。次に糖分を溶かすべく、中性洗剤と熱めのお湯に漬けましたが、僅かに隙間があったのでしょう、洗剤水溶液がビンの中に少し流入しました。しかし固着の解消までには至りませんでした。

では中から押し出してみるかと、中の空気を膨張させるべくビンを温めましたが、その僅かな隙間から暖まった空気がプシュプシュと漏れるだけで、ビー玉を内側から持ち上げる力まではありません。

ネットで似たような案件の解決策を検索してみると、「排水溝にビー玉が詰まってしまった」というトラブルで「掃除機で吸いだせる」という解決策が見られたので、同じように掃除機で吸ってみました。しかしビンの中の空気量が限られているせいか、吸引しても力が加わったところで掃除機側の安全装置が働いてしまい、吸い出せませんでした。掃除機って安全装置が働く直前に本体がビクンビクンって踊るんだね…。

やっぱり引っ張るしかないよなぁと思い直し、今度はセロテープを試しました。セロテープは薄いので、ビー玉の露出面に沿う形でまんべんなく貼り付けることができます。それでテープの接着面に対してせん断方向に引っ張ってやれば、ガムテープより強く引っ張れるんじゃないかなぁと思いました。しかし結構いい力加減で引っ張れるんですが、外れるまでには至らず。

あとはドリルで穴を開けるしかないかなぁと思いましたが、その前に、ドライバーでこじってみようと考え、細めのマイナスドライバーでこじってみました。ビー玉に多少キズが付きました。

何度かこじっていると、ビー玉の傷の位置が移動していることに気がつきました。ん?これ外れないけど回転してる!?と、さらに一生懸命こじってみると、一瞬ビー玉が浮き上がるそぶりを見せました。しかしどうにも浮き上がった瞬間のビー玉を引き上げることができません。ビンを逆さまにしてこじるとビン内部に残っている水が落ちてきて僅かずつ漏れ出し、滑ってしまいこじることができません。

そこで、先に試したセロテープを貼り付けた状態でこじりながらセロテープを引っ張ってみたところ、成功!! 1時間の格闘の末、ビー玉を外すことができました。

5D324847

まぁこんな余計なことをしやがるムスコですが、このビー玉がはまったビンだけ分かりにくいところに仕舞って隠蔽工作をしたりして、カワイイですね(笑。ビー玉を外すに至るプロセスも見せてやればよかったな。


ウィルキンソン ジンジャエール 190ml×24本 (辛口) 【空き瓶・P箱回収用】【リターナル瓶】


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
IMG_0105

自立と言っても三脚に対するカメラの重さとかいう話ではありません。クマデジタルはできるだけデジタルガジェットの話を書きたいと思っていますが、実体はただの個人ブログなので書きたいことを書きます。今日は子供の自立についての話です。いや、ちょっと子供の自立について悩んでいるところがありまして。

最近、職場でこういう話を聞きました。

「2人目が生まれたら、2人目のことは放っておいて、1人目に愛情を注げ。『あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからしっかりしなさい』と言いがちだが、意外にも2人目が生まれたら1人目が愛情不足になる…とカウンセラーに言われた」

ああ、なるほどなぁと思いました。言っちゃうよね、『あなたはお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだからしっかりしなさい』って。絶対言う。というか、これを言われないで育った兄弟の上の子なんているのか、って言うくらいありがちなセリフだと思います。

そこにさらにこういったお話しを見つけましたのでご紹介。これが上記のカウンセラーの言葉に実にピッタリ繋がるんですね。

SAFTY JAPAN / 激動の時代を「生き抜ける」子供の育て方 より
ある子はとても面倒くさがり屋で、宿題もなかなかやらないし、やってもいい加減にやる。小中学校を通してずっとそうだった。ところが、高校2年になったころから、人が変わったように勉強を始めた。それは、将来やりたい仕事が見つかって、そのために行きたい大学が決まったからだった。

 学生時代は何事にもやる気がないと思われていたのに、社会人になったら急に生き生き輝き出す人もいる。こうした例はいくらでもあるのだ。

 だからこそ、自立を急がないことだ。「自立、自立」とせかすと、かえって真の自立が遅れる。一見、自立したように見えても、くすぶったものを残しているので、どこかで何かの形で出てくる。ここには一つのパラドックスがある。

   「無理に自立させると自立できなくなる」
   「無理に自立させないと自然に自立する」
   「自立させたかったら無理に自立させるな」

 子育てや自立の問題に限らず、このようなパラドックスは人生のいろいろなところに登場する。人生は不可解だが、だからこそ面白いともいえる。

 しかし、最後に付け加えたいのは「甘えさせることと甘やかすのは違う」ということだ。

 子どもはもう一人で寝たいのに、親の方が子離れできずに引きずることは「甘やかし」である。子どもを見ずに、親の都合で甘やかしすぎると、本当に子どもの自立を妨げることになる。その「区別」をしなければならない。

 甘やかしを避けるためには、親がよく子どもの様子を見て、いつもその心の状態に気を配り、自立の時期が来たと思ったら、うまく「手放す」ことだ。そうすれば、子どもは自分の“羽根”で空を飛び始めるだろう。

すみません、ちょっと引用が長くなってしまいましたが、今の私にはとても腹に落ちました。

「無理に自立させると自立できなくなる」
「心の状態に気を配り、自立の時期が来たと思ったら、うまく『手放す』」


特にここに留意して、子供たちと付き合っていきたいと思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
買っていた3匹のドジョウのうち、1匹がお盆帰省中に亡くなっていました。実は水槽にAT-20というTetra社の小型の循環濾過ポンプを使っていたのですが、汚れが蓄積して頻繁に止まってしまうので、濾過容量が足りないと考え、より大型のAT-60という機種に変更したのが今年5月。そうしたら確かにポンプに汚れが蓄積して止まると言うことはなくなりました。今日まで3ヶ月、ポンプはノートラブルです。

ただその一方で、水が以前よりかなり綺麗になったり、水流が強くなるなどの環境の変化が生じました。水が綺麗になることは普通はいいことだと思いますが、汚い水のところに住んでいるドジョウにとってはもしかしたら良くなかったのかも知れません。また、水流が強くなった結果、四六時中強い水流に晒されてストレスが溜まったのかも知れません。ポンプを変えて間もなく、3匹のウチの1匹のお腹が赤くなり、みるみる膨れていきました。

5D321189

ここで薬浴でもやれば良かったのかも知れませんが、やり方に自信がなかったというのもありますし、一歩間違えば「とどめ」を刺してしまうような気がして、踏み切れませんでした。お腹が膨れた一匹は徐々に元気がなくなり、このお盆期間中に膨れた患部が破裂し、亡くなっていました。

このドジョウは下の子が小さいときに、とあるイベントで掴んできたもので、最初7匹いたのですが、4匹はすぐ亡くなり、3匹が長らく生きていました。あれから7年になりますが、掴んできたドジョウが水槽で7年も生きていると話をすると驚く方は多いです。

そんな訳で、お腹が破裂したドジョウは見た目には「どぜうなべ」と大差なかったのですが、自分はドジョウを飼っていたせいで思い入れがあり、どぜうなべは正視できないです…。


テトラ (Tetra) オートワンタッチフィルター AT-60(Amazon)

このページのトップヘ