クマデジタル

迷ったら、高い方


家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今日あたり年賀状作成に精を出されているのではないかと思いますが、私は今回はやめようかと思っています。仕事が忙しく、全く時間が取れません。年末年始も仕事ですし。そんなわけでリアルに年賀状のやりとりをしていた皆さん、申し訳ないのですが今回は失礼させて頂きます。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2017年入学組の土屋鞄ランドセルの配送が順次始まっているようです。

我が家の下の子のは5年目ですが、購入した当時、学校が終わったらランドセルを放りだして公園に吹っ飛んでいくような、元気な子になって欲しい…と願いをかけて、一番丈夫な「牛革」仕様にしましたが、実際は友達とのトラブルを極端に嫌う性格に育ってしまい、学校が終わってもまったく公園には出掛けません。



代わりにランドセルを放り投げて出掛けてゆくのは、塾。子育てというのは想像とは結構違うものだなぁと実感。

ところでこのエントリーを書いていて気がつきましたが、下の子がトラブルを嫌って公園に行かなくなったのは、彼が公園に持参した遊具やおもちゃが、しばしば友達に持って行かれてしまったり、紛失されたり、壊されたりしたことを、「お前がちゃんとしないからだ」と叱責したのが原因だったかなぁ…と思いました。怒られるくらいなら、もう公園行かないよ、と…。(真相は分かりませんが。)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DSC07225

先日、電気契約を1系統だけ東京ガスにしたところ、予告通り留守中に電気のメーターがスマートメーター(写真右)に置き換わっていました。しかも停電することなく。ただ工事自体は(工事完了伝票によると)東京電力系の工事業者でした。

東京ガスは独自に発電しているらしいですが、我が家の電気が本当に東京ガスが発電したものであるかどうかは分からないと思います。「東京ガスさんが東京電力さんに売電して、我が家が東京電力さんから使った分を東京ガスさんにお支払いするってことですよね?」と契約に来た方に尋ねたところ、「いえ、東京ガスが発電したものを供給します」とのこと。まさか。うそだぁ。本当なのか? いやそれはないでしょう。

ただスマートメーター設置が前提になっていて、そこからリアルタイムとは行かないまでも30分他院委で使用量がサーバー側で監視可能なので、発電量を時間単位で最適化することが可能なのだそうで。なるほど、それなら無駄な発電量を減らせる分だけ安くすることはできますね。


4月からの新電気料金、お得なのはどれ? Kindle版(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DSC07218

2008年から飼っていたドジョウが全滅しました。一気に全滅したわけではなく、一匹死に、また一匹死に…という感じでしたが、捕まえてきてから8年というのは相当に長いと思います。

最後の1匹は完全に老衰で、徐々に餌を食べなくなり、動きが鈍くなり、体が細くなり、やがてじっとしている時間が長くなり…と、まさに植物が枯れるように死んで行きました。


IMG_2728

ドジョウを飼い出したのが2008年6月。
ちなみに日本でiPhone 3Gが発売されたのが、この翌月です。そう考えるとずいぶん昔に感じますね。つまり上の写真の中の日本では、スマートフォンを使っている人はほとんどいません。


dozyou2



suisou_upgrade

水槽を少し大きくしたのが2008年12月。


食用にもなるドジョウの命の重さというのはどう捉えて良いか戸惑ってしまいますが、淋しい気持ち半分、ああ、これでもう水槽のメンテしなくていいんだという開放感が半分です。もっとも、昨年一回り大きなポンプに交換してからは、ほとんどメンテナンスフリーにはなっていたんですが。それでも蒸発分の水補給とか、ポンプの異音対策とか(振動音が響くときがある)など、それなりに存在感はありました。(エサやりはツマや子供たちの仕事。)

私はもう当面魚を買うつもりはありませんが(土管やポンプは洗浄せずに捨ててしまいました)、ムスメは金魚を飼って欲しい様子。いや、私が面倒なので、飼いません。百歩譲って飼うにしても、少し父を休ませてください。けっこう面倒なんです。

そんなこと言いながらも、ドジョウにはけっこう癒やしを貰いましたけどね。舌足らずの頃のムスメが「どじょる〜」と呼びかけていた声は、まだ鮮明に耳に残っています。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「ハマラジ」といえば「FMヨコハマ」が改名しようとして失敗した黒歴史ですが、ここで話題にするのは「AMはこらじ」です。イーケイジャパン社のエレキットシリーズの1つで、ごく簡単なラジオキットです。イーケイジャパンって何?嘉穂無線じゃないの?と思いましたが、1994年に嘉穂無線からエレキット部門が独立したんですね。Webサイトとか見ると私が小学生の頃からあった「アボイダー」とかいまだ3型にバージョンアップして継続販売中とか懐かしいですね。



エレキットで印象深いのはオーディオコンポであるELCOMPOシリーズでしたねぇ。当時の私の小遣いの数ヶ月分を持ってしても、1ユニットしか買えないという…コンポ化なんて夢のまた夢でしたけど。ELCOMPOの前にベーシックな電子工作キットであるブルーケースシリーズというのがあって、そちらの方が主流でしたね。

さて話を元に戻すと、小学校の夏休みの工作として「キットを使う」というのはウチのムスコの小学校では許容されていまして、キットなんてそんなの工作って言えるのかよ!という思いは抱きつつも、現在の完成度の高い玩具市場を見ると、完全自作の工作にどこまでモチベーションを保てるのかという問題はあろうかと思います。かくいう我が家でも、ムスコのリクエストで「AMはこらじ」を夏休みの工作素材に選びました。

5D321451

AMラジオキットとは言っても、AMラジオの主要回路部分は6石とかじゃなくてすっかりIC化されていて、ICはもちろん、半田付け難易度の高いバリコンやAMバーアンテナは既に基板に半田付け済みという甘やかし仕様。しかも驚いたことに、残ったケミコンやセラコン、抵抗にしても半田付け不要でソケットに差し込むだけという、どこまで甘やかせば気が済むんだぁ!と叫びたくなる仕様。

特に電気工作が得意ではない小5のムスコでも1時間もあれば完成してしまうキットなんですが、この製品のキモは箱のデザインにあるようです。用意されているのはただの白箱なので、これにどのようなデザインを施してラジオを成立させるのか、というのが腕の見せ所になるようです。うーん、ラジオキットと言うから音を出すこと自体が目的かと思っていましたが、まさか箱のデザインがメインのキットとは、予想の斜め上でした。


このページのトップヘ