クマデジタル

迷ったら、高い方


家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
夏休み9連休が終わります。

5年前までいた会社のように「休日=お客さんが製品をガンガン使う=サポートで呼び出される」ということはなくなったのですが、では9連休を満喫できているかというと少なくとも暇な時間を持て余すなどということはなくて、でもやりたいことが全然できていないということもなくて、とはいえ満足できたかというとそうでもなくて、一体何が問題だったのだろうと振り返ってみることにします。


8/11(土) 1週間分の食料買い出し、ムスコの宿題を手伝う。昼は古くなった豚肉でスタミナ丼にしたところ、ムスメ午後の活動で元気が出たらしい。気のせいではないか。

8/12(日) ムスコを榛名山ほか頭文字Dの聖地に連れて行く。ムスメはイベントの練習等あり留守番。帰宅遅くなりムスメ先に寝る。夕食は峠の釜めし。

8/13(月) 未明に流星群撮影(〜3:00)、昼食はあさりのパスタ、昼間はブログ用ブツ撮り、ブログ書き、料理仕込み(スペアリブ圧力鍋煮込み)夕方、雷雨にたたられムスコがずぶ濡れで帰ってくる。

8/14(火) ブログ用ブツ撮り、ブログ書き、料理仕込み(昨日のスペアリブが美味しかったので肉を追加投入→8/18夕食用、この日の夕食は手作り餃子とのっぺ汁)、ツマだけツマ実家に帰省。ムスメ桜木町ソロデビューして帰宅遅め。横浜高校が花徳栄に勝つ。ムスメ帰宅後、餃子は3人でいただく。

8/15(水) 朝から実家帰省 買い出し、墓参り等。夜は子供たちが従兄弟と花火。

8/16(木) 実家帰省 ムスメの用事のため早めに切り上げ。帰宅後クルマのタイヤの空気を入れた。前回空気を入れたあとにディーラーに行ったら「なんでこんなに空気圧低めなんですか」と指摘されたが、使ったガソリンスタンドの空気入れ機の調子が悪く、使いこなしにコツがあると店員に教えてもらって納得した。夕食はのっぺ汁とツマ母製の漬物。


IMG_1677
コロッケ美味しかったですが、もう少し具に塩味を付けても良かったかな…

8/17(金) 朝トイレ掃除。午前はコロッケ用の挽肉買い出し、富士山撮影、午後はTV放映されていた「クライマーズ・ハイ」を少し観る。ムスコとドローンで遊ぶ(バッテリー2本分=20分)。ムスコの「ドリフトパッケージナノ」が五月蠅い。静音化できないかネットで情報収集するも、そもそもドリフトパッケージナノが販売終了でクレミア価格になっているのに驚く。夜はツマと一緒にコロッケを作った。けっこう面倒なので、きっとツマは「手作りコロッケが食べたい」と言ったことを後悔しているはず。コロッケ揚げてるときにムスコが映画「タクシー4」を観てた。面白い。

8/18(土) 1週間分の食料買い出し、ブログ書き、夜はムスメのイベントの撮影。夕食は焼鳥とスペアリブ。

8/19(日) 昼はたぶんムスコの夏休みの自由研究のレポートの骨子を指導してやる。夜はムスメのイベントの撮影(その2)、夕食は例によって(日曜の夜なので)カレーの予定。ヨーグルトとチキンで作る。


こうやって振り返ると自分のための時間が持てたのが8/13, 8/14, 8/17, 8/18のいずれも日中で、でもその時間もかなり「ブログ書き」と「料理」に費やしているように見えます。料理は凝ったことをしなければこんなに時間を費やさないわけで、でも自分が食べたいものを作るという趣味的な側面もあるのでやめられないかな。料理をすべてツマに丸投げというのも、ツマの時間を自分の時間に転嫁しているようで気が引けます。あとはブログ書きをやめればいいのか!(ぉ

今回左脚を痛めていたので、思ったような動きを取れなかったというのも多少時間を浪費した原因かも知れません。

長い休みって会社勤めでおかしくなってしまった精神状態をリセットする効果があると思っていて、何であんなことに怒っていたんだろう、ストレスを感じていたんだろう、一生懸命になっていたんだろうというところから解放されて、会社員生活を少し離れた位置から俯瞰できるようになると思っています。それは「我に返る」と言っても過言ではなくて、近視眼的な判断を避けるためには必要なことなのですが、年にそう何度も長期休みがあるわけではないのが辛いところ。

転職活動もしたかったんですが、ついに何の身動きも取れず。ツマには「やめるやめる詐欺でしょ」と言われるが(笑、いや、辞めない方がいいんだという確証を取るための活動90%、そして残りの10%が何か未知の出会いに期待するという腹づもりでした。仕事って結婚と同じで縁ですからね。同じ転職会社経由で同じような活動をしていても、結果には明確な差が出る(優劣は付けられず、差が出るとしか言えませんが)ということは、自分が採用側の仕事をしてきて体感してきたことです。そういえばSkypeを用いた英語の通信教育が7月いっぱいで終了したし、富士登山の準備も必要なくなったので、それらの時間を使えば平日でも転職活動できるかな。

「もし今日が人生最後の日だとしたら、今やろうとしていることは お前が本当にやりたいことか?」

  




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
中1になって、ようやくムスコ用の勉強机と椅子を買いました(いままではコタツ勉)。いい机を買えば子供が勉強するようになったり成績が上がったりするわけではないこととをムスメから学んだので、机の方はニトリの最低限のやつ。大塚家具で買ったムスメの机の1/10のお値段です。一方、椅子の方も、大塚家具で買ったムスメの机とコーディネートされたやつは悪くはないんですが男子の成長には耐えられそうにも見えなかったので、5年前に購入した自分のパソコン机用の椅子(イトーキ・コペル)ほどではないにしても、近しいグレードで選ぼうと、「プラス・プリセア」を購入しました。

当初「オカムラ・ビラージュ」が割安だったのでそれにしようとしたところ、購入後に「納期未定」になってしまったのでキャンセル。代わりのものとして「プリセア」を選んだのですが、よく見たら「ビラージュ」は私が会社で座っている椅子でした…。あぶねぇ…家に帰ってきても会社気分になるところだった…。


5D4B0884

座面カラーはいろいろ選べますが、ツマは「青が集中できる色」と言うのですが、座ったら勉強中は見えないのでそれより(勉強机方面に)「近づきたくなる色」という観点でオレンジを選びました。生き物の本能として、明るい方、太陽光に誘引されるようなイメージです。


5D4B0885

背面は黒と白が選べたのですが、明るさ重視で白。オレンジ×白で私のコペルと同じですね…。しかも和室に全然合わない…(苦笑


5D4B0877

完成品で届いたコペルと違って、4ピース組立方式。ムスコに頑張って貰いました。


5D4B0875

コペルの半額以下ですので、背もたれの保持はガススプリングではなく普通のコイルバネ式。やっぱりガススプリングの方がもたれたときの感覚が気持ちいいですが、そこはもうコストなりなので仕方ありません。

それより「オフィスチェア」グレードを選ぶことで、家庭用チェアの何倍も長持ちするので、結果的に割安な買物になります。5千円の椅子を壊しながら3回買うよりこっちの方が全然いいと思います。ギシギシとかも言いませんし。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
備忘録的エントリ。
メインのフライパンを同じものに買い換えました。
前回購入が2016年9月でしたが、コーティングはだいぶ前からダメになっていたので、寿命はおおよそ1年半でした。ウチの使用頻度でティファールだとだいたいこんなものです。ここしばらく、ギョーザも卵焼きもボロボロになってしまっていました。


5D4B0977

右、久々に見る新品。こんなのだったかな。
ティファール「サンライズ プレミア」28cm です。

5D4B0978

把手の方向を6時とすると、2時くらいの方位のところが特に良く焦げ付きます。ふと思ったんですけど、把手の取れるティファールって、このようなコーティングの偏摩耗がなくなって、結果的に長寿命だったりしないですかね…? もっとも、その把手の機構部分に汚れがたまって外しにくくなるというトラブルが付き物(最終的には2千円以上出して買い換えなければならない…コスト高)のようなので、まぁ使い捨てのフライパンでいいですけどね…。


5D4B0982

直火にあたる裏面はもっと盛大に劣化。家族からの「おいしい」という賛辞と引き換えなので、惜しくありません。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
5D4B0923

何てことはないカード解約ですけどね、子供たちが学研教室に通うのに作らされたカード。2人とも学研教室を卒業する歳になったので不要になり、1年以上使わないと年会費がかかるので解約手続。他のカードと違い、解約=子供たちの成長の証のような意味合いがあるので、ちょっとだけ感慨深い。

なお2017年12月からこのカードは新規発行が停止されているようです。学研教室は数年ごとに契約カード会社を変えているので、また見直しが入ったのかも。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ムスメの付き添いで灼熱のビッグサイト(今日はどこもかしこも灼熱でしたが)に行ってきました。イベントは大学の合同説明会。通称「夢ナビライブ」というらしいです。


5D4B0965

タッチおじさん…?(懐 ちょっと違うか…

ムスメ高1はさすがにビッグサイトまでは一人では行けないだろうと送っていったのですが、ほとんど保護者は来ていませんでした。多かったのは保護者より高校の先生かな…?

300以上の30分の模擬授業(!)が開催され、好きなところを聴講できます。これ、高校生の子供が居なくても面白いイベントなんじゃないですかね…? 但し着席は事前申し込みをした高校生が優先。座席に余剰が出た場合のみ、大人は座れます。立ち見でもOK。

ところがムスメが申し込んだのは税金の話というちょっとお堅くてスッキリ割り切れるものではない(税制はバランスですからね)話だったため、「眠い、ツマラナイ、もう帰る」と大学の講義に悪い印象だけ持って(;´Д`)1コマだけ聞いて帰る羽目になりました。申し込みカリキュラムの選択誤ったな…。そうは言っても遊びじゃないしな…。

本人に興味や意欲があれば面白い模擬授業が目白押しなんですが(私は終日聴きたかったよ!)本人に意欲や興味がなくては「馬を池に連れて行っても水は飲ませられない」状態。

ところで各大学がブースを出して受験相談を受け付けていたんですが、Webやパンフレットで解決せずに直接尋ねに来るほどの相談事って何なんですかね…? 千葉大とか首都近郊の国立(学費多少安め)が人気で、レベル的にハイエンドな大学(東工大とか東京理科大)は受験相談の列が短かったですね。東工大や理科大入るような人がネットを駆使できないとも思えないので、わざわざ灼熱の中、リアルに会いに来る必要性も感じなかったのでしょう。

来年は1人で行けるかな…?
いや、その前に、もうモチベーション喪失しちゃったかな…?



このページのトップヘ