クマデジタル

迷ったら、高い方


家庭

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ネットで話題の“水平に開ける”「おじいちゃんのノート」、ショウワノートとのコラボで本格的な量産へ

ネットの話題に乗って買ってみました(ぉ

「水平開きノート?オレのバイオノート505も水平になら開くよ?」という方はそっとブラウザの「×」を押して(以下略

5D4A6978

5D4A6981

ふつう、こういう感じになるまで開くとばらけてしまいますが、これは特殊な製法によりばらけることがありません。

私の感想:
「おお…」
「平らだ」
「でもこれ何に使ったらいいんだろう?」
「手持ちの全部のノートがこれだったらいいけどな…混在してると迷うよな…」

ムスメ(中3)に見せてみました。

ムスメの感想:
「お〜」
「平らだ〜すごーい」
「でもこれ何に使ったらいいんだろう?」
「全部のノートがこれだったらいいのに〜」

これをDNAと言わずして何と言おうか!!



ショウワノート 水平開きノート 5mm方眼 (5色)5冊パック





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ニトリのアルパカを買いました。
正確には「あったか抱きまくら L(Nウォーム アルパカ T L)」と言います。ニトリの吸湿発熱(Nウォーム)素材で出来ています。


5D4A6431


実は昨年モデルを弟が実家の母にプレゼントしたようなのですが、それがこれ↓


5D4A3134

(メガネは附属しません(笑))
最初見たときは「うわ、キモ」と思ったのですが、なんかジワジワと味が出てしまい、今年モデルの登場を待って買いました。昨年モデルもけっこう人気のようで、9月末の発売開始から2ヶ月程度で全国完売になってしまったようですね。(中国生産のこの手のものにありがちですが、入荷は1回で売り切れご免なのだと思います。)

今年モデルは全く別物になっていますが、まぁそういうものなのでしょう。来年もたぶん全く別物になるはず。

5D4A6432

昨年モデルと共通で、抱き枕なので横から手を入れるところがあります。穴は左右間で貫通しているので、片手をぶすっと差し込んで貫通させるとかなりシュールな絵面になります。


5D4A6433

こんなすっとぼけた顔して、けっこう抜け毛がひどいです(;´Д`) 通勤用スラックス(朝の通勤電車でサラリーマンの9割くらいが履いている濃色系のやつね)で買いに行ったら、猫と遊んできたんですかっていうくらい毛だらけに(´Д⊂ヽ要注意。

それとやっぱりこの大きさの割には比較的安価ですから、顔の作りは結構個体差が大きいです。できればニトリ通販ではなく、店頭で気に入った顔の作りの個体を買った方がいいと思います。

アルパカパカパカパカ ちょっとオカピー。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
水が飛んでくるエアコンの掃除をしました。
調べてみると、エアコンはそう簡単に水が飛んでくるようには設計されていないようで、水が飛んでくると言うのはよほどのことのようです。また、熱交換器には親水コートがされていたりして、その機能が失われたりすると水が飛んでくる原因にもなるとのこと。

ちょっと内部の汚れがひどいのかなぁと、本腰入れて掃除してみることにしました。

5D4A5309

使ったのは「くうきれい」シリーズの2種類。



安くはないので「どちらか片方でいいんじゃないの?」と思いたくなりますが、片方は熱交換器(冷却フィン)用で、片方は送風ファン用。残念ですが両方とも必要です。これを説明書通りに普通に使います。使い方のポイントは「送風ファン用」の方で、送風ファンの中空になっているところをめがけて噴射することと、洗浄液が発泡してきたら時々送風ファンを手で回してやって、液が自重で落下するときにファン全体を満遍なく通って落下するようにします。

ただ、両方の製品とも泡を流すためのリンスの量が相変わらず全然足りません。そこでとくみつさんの2014年の記事に出てくる加圧式スプレーを使います。



結果的にこれが大ヒット。今回の掃除のVIPと言ってもいいでしょう。
これでフィンやらファンをザブザブと洗浄すると、フィンの汚れは排水ドレンから流れてしまっていってよく分からないのですが、ファンの方は受けに用意していたビニール袋の中に汚れがドバドバ出てきます。元々洗浄液で汚れが浮いているので、少しの圧力の水で面白いように汚れが落ちて行きます。水が出る先端部を回すと水の拡散度を調節できるので、ちょうどいい塩梅に絞って使うのがポイントです。


5D4A5310

洗浄後のファン。
DIYでかつてこんなにさっぱりと掃除できたことがあったでしょうか、いやない(反語

ただ、加圧式スプレーに取り付ける500mlのペットボトルに入れる水ですが、10回分くらいの水を使いました(2/3くらい入れて使うので総量3Lくらい)。受けに使っているビニール袋はそんな重量の水を受けられるようにはできていないはずなので、ビニール袋に溜まった汚水を時々紙コップでバケツに移しながら作業を進めました。

作業時間は2.5時間ほどかかりましたが、これはDIYでは自分史上最高に良い方法だと思いました。次からもこれでやろうと思います。気になっていた水飛びですが、これはしばらく様子を見てみないと分かりません。結果はこのエントリに追記する予定です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
室内でテスト運用していた監視カメラ数台を外壁に取り付けました。

5D4A4416

まさか取り付け後にコーキングが必要だとは気がつかず、取り付け後にホームセンターに買いに行く羽目に。でも一般的なコーキング剤は分量が多すぎて無駄なので、セメダインの小規模補修用のシーリング材で代用しました。



センサー感度はデフォルトでは高すぎるようで、虫とかにも反応して夜中に何十件という録画がされてしまっていたので、センシング範囲を絞ったり感度を下げたりして、夜中の録画が数件に収まるように調整しました。

ノラネコが時々映ってるのは普通のことだと思いますが、ハクビシンのファミリー(5匹)が写っていたのには笑いましたけどね。そんなのが出入りしてたのか…。

にしても、外出先からスマホ経由で映像を確認できるのは凄いですね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨日は下の子が通う小学校の運動会でした。

5D4A4297

上の子が幼稚園に入ってから下の子が小学校6年生になるまでの12回に渡る父兄観戦の運動会が終わりました。食べ終わった運動会用のお重の容器を洗いながら、この入れ物の出番ももうないかと思い、ほっとしたような、感無量なような、そんな感じです。

実は小学校の運動会では上の子と下の子の所属チームの勝率に大きな差がありまして…

19

こんな感じなんです。'12と'13は姉弟で同じチームだったということですね。上の子が一勝五敗。下の子がその逆の五勝一敗。確率的にどちらもかなり低いパターンであり、非科学的ですがこういうのも星回りなのかなぁ…と思ってしまいます。

一番最初の2006年の運動会のExifを見たら、EOS 30D + EF 100-300mm f4.5-5.6 USMとありました。時代を感じます。

このページのトップヘ