クマデジタル

迷ったら、高い方


時事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨日、例年通り箱根駅伝を見てきました。
自宅でテレビで大手町のスタートを見て、途中を沿道で生で見て、また家に帰ってテレビで見るというリアルとテレビの繋がりが楽しいです。

5D4A8060

5D4A8068

東洋大は新しい概念のシューズを投入したということで、往路ではすごいパワーを見せましたね。例年王者で恐らく今まで通りのシューズを使ってるであろう青山学院大が5区で脚が痙攣しているところとか、技術革新の観点から考えさせられますね。一方今日の復路では経験で上回る青山学院大がのっけから東洋大を置いてきぼりにする展開と、経験対技術のバトルになっていて目が離せません。


5D4A8293

連合チームが振るわないのがまた意外。各校の強豪を集めるだけでは勝てないというのも示唆に富んでいます。


5D4A8094

このイベントを支える中継体制を間近で見られるのも醍醐味。これで100kmとか走るんですよねぇ(途中で交代するのかしら?) 運転席にもモニターがついていて、カメラマンとの二人三脚なんですね。防寒着はノースフェースサミット、腕には各校のエンブレムが印刷されたアンチョコが貼ってあったり、なるほどなぁと思います。

一度、箱根とか大手町でも見てみたいなぁと思います。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと米人さんに「みなとみらい21地区とは」を説明する機会があって、そのときに調べて驚いたんですが、MM21地区の巨大な「ダストシュート」システムがあと3ヶ月程度で廃止になるそうで。

「夢のシステム」廃止へ MM21地区のごみ管路収集 分別困難、更新費かさみ/横浜市

もう3年も前のニュースですが、実施は来年3月末。

Tamron SP 24-70mm F2.8 Di VC USD (A007) Sample

MM21地区の美観を保っている理由の1つが、「ごみ収集場所」がないこと。それを実現するために地下に壮大なごみ収集管を埋設していたのですが、横浜市が推進する分別収集と折り合いが付かなくなったようで、システムの老朽化と共に廃止が決まったとのことです。

MM21のシステムが老朽化、というのも時代を感じますが…。

では来春からMM21地区に他の街と同様の「ごみ収集場所」が設けられるかというとそうでもないようで、ビル屋内の目に付きにくいところに設置して、ごみ収集車をそこまで乗り入れるなど、工夫はするようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
丸の内で仕事があったので、12月7日から供用開始となった東京駅丸の内駅前広場に寄ってみました。



皇居方面から。日本の中央の駅である東京駅前にふさわしい広々感です。
並木は桜なども植えてあるようで、春も楽しみです。




都会では季節が感じられない、なんてセリフもあまり聞かなくなった気がします。高度成長期ならではのフレーズだったのでしょうか。




2014年から工事をしていましたが、まさかこういう感じになるとは思わなかったですね。
結構いいと思います。日本にもこういう広場ができるようになったんですね。

夜間ポートレート撮影のメッカとかにもなりそうです。







タクシー乗り場。見れば分かりますね(笑




ただ、宜しくないのは東京駅丸の内北口を出てすぐのところにある横断歩道。NHKの資料映像でよく出てくる「丸の内に勤務するサラリーマン」の映像で有名な横断歩道ですが、設置角度が変わってしまいました。





渡ったところ。丸の内オアゾ側から見ています。道路にうっすら以前の横断歩道の痕跡が見えるのが分かるでしょうか? 以前は写真左側の丸の内駅北口に真っ直ぐに入れる角度で横断歩道が設けられていたのですが、整備により東京駅の建物の長手方向(=JR線路)と平行する角度になってしまいました。この方が上空から見た際のデザインや、広場からオアゾ方面への導線は良くなったのですが、毎日ここを通る何万人ものサラリーマンにとっては迷惑極まりません。駅にまっすぐ行けなくなったどころか、横断歩道のたもとに地下通路への出入り口が設けられているので、歩道がきわめて狭くなっています。丸の内駅北口から出た人は、地下通路の入口を避けるように回り込み、しかしその先は横断歩道の手前で歩道の幅が狭くなっていて大混雑、ということになっています。新しい東京駅前のロータリーへの自動車の流れ、車両一時停止の位置など総合的に勘案して決めたのだとは思いますが、あまりにも歩行者に厳しいデザイン。何でこんなことになった…。サラリーマンは地下道使え、ってことか…。




仕事帰りに夜景も撮ってきました。




意外とあまり行かないKITTEにも寄ってきました。
クリスマスですね。
普段は車通勤でFMラジオをよく聴くのですが、クリスマスソングには食傷気味で、流れてくると速攻選局を変える派です。今こそクリスマスソングをかけないFM局なら支持します。え、放送大学?




KITTE屋上から。こう見ると駅前広場の歩行者が歩ける範囲から感じる風景とは全く印象が異なります。意外と機能的というか、自動車、バス、タクシーをさばきつつ、地下の機能も生かし、しかも歩行者には広々感があるという、なかなか巧みなデザインだと思いました。あの横断歩道を除けばな…。


今日のお供はRX100 III。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ゴミ屋敷の原因のひとつに、心の病気「溜め込み障害」 8つのチェック項目

某所で話題になっていたので反応…

長らく狭い部屋で暮らしていたせいか、モノが多いことには本当に辟易しています。とはいえモデルルームのようにスッキリ片付いているわけではないんですが。モノが増えると、奥にあるモノにアクセスできなくなるじゃないですか。あるいは持っていたこと自体を忘れてしまうケースとか。

そういった「存在を思いさせないモノ」や「使いたいときに出てこないモノ」って、持っていないのと同じだと思うんですよね。自分の場合「必要なモノに常にアクセスできない状態」であると感じた場合、その障害になっているモノを捨てるか、売ることにしています。

ただこれは家族の中でも私だけの価値観なので、私がそうやってスペースを産みだしても他の家族がそのスペースを使ってしまうので、実際に手を下すことはあまりないのですが…(笑。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2017年10月18日に、「【2018年5月予定】dポイントクラブリニューアルのお知らせ」というリリースが発表されています。これによると、従来dカードGOLDを所有しているだけでdポイントクラブが最高ステージになっていましたが、これからはドコモの契約年数またはdポイント獲得数に応じたステージ割り当てとなるそうです。

pc_newstage_01
(docomo webサイトより)


やれやれ、これではdカードGOLDの年会費1万円は稼げないのでは…と思いきや、dカードGOLD保有者に対する「ドコモ利用料金1,000円に付き100ポイント付与」というルールに変更はないそうで、ちょっと悩みどころです。

dカードGOLDを所有して半年になりますが、どれくらいのペースでポイントが獲得できているかというと、私の回線で600ポイント/月、ツマの回線で500ポイント/月程度で、合計1,100ポイント/月程度になります。年間だとおおよそ13,200ポイントになりますので、dカードGOLDの年会費を払っても3,200円のお釣りが来ます。一方普通のdカード(シルバー)だと、付与ポイントがその1/10になりますので、年会費が無料な代わりに、得られるポイントも1,320ポイント/年となります。

ただ、dカードGOLDってさすがに会員数が300万人を突破しただけあって、特典メリットが薄いんですよね。私だけかも知れませんが。

まずケータイ補償。これはApple Careより割安で 補償範囲が厚く 期間も長いのですが、購入時にdカード一括で本体料金を決済する必要があります。 補償範囲が全損に限定されます。 私はいつもヨドバシでヨドバシゴールドポイントカードで決済するので、実質10%((購入時10%+請求時1%)/(ポイント実効率1.1))のポイント還元を受けています。10万円のiPhoneだと1万円ですね。まぁ1万円で10万円のスマホ補償が3年間付くなら割安とも言えますが、実は私は今まで買ったiPhoneにApple Careその他の補償をかけたことがないんです。
【訂正】コメント欄にて購入時のdカード決済は必須ではない旨のご指摘を頂きました。購入時ではなく代替機をdカードで一括決済する必要があるとのことです。また、補償範囲はApple Careと異なり全損時に限定されます。

あとは空港のラウンジですね。これも行ってみると判りますが、dカードGOLD用に供されるラウンジというのは普通の待合場所より混雑がひどくて(ヘタすると空席なし)、飲み物無料、モバイルデバイスの充電が可能、新聞や雑誌が読める、ややゆったりした椅子、といった程度しかメリットがありません。これなら飛行機が見える開放的な一般の待合席の方がゆっくりできるなぁ…と感じました。SNS映え全盛のいま、空港ラウンジに抱くイメージってのはANAラウンジJALサクララウンジあたりかと思いますが、年会費1万円程度の300万人会員相手のラウンジというのは全然そんな上等なものじゃないですからね。特に地方空港のは。

国内旅行傷害保険というのもありますが、これは「利用付帯」と呼ばれるサービスなので、適用されるためにはdカードGOLDで旅行代金を事前決済しなければならない制約があります。他に常用カードがあると使いにくいですね。

なんかトータルで考えると持ってても持っていなくても大差ないような感じで、だったら持っていなくてもいいか、というような気もしますが、次にiPhone買うときには(来秋以降だと思いますが)dカード決済してみますかね。


このページのトップヘ