クマデジタル

迷ったら、高い方


マイホーム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
戸建てに越してきてからTime CapsuleとメインのiMacの距離が離れてしまったせいか、どうも無線LANがアパート時代のようにビシッと安定しません。なので、ふと思い立って壁の中にLANケーブルを通すことにしてみました。というのも、ちょっと壁の中の配線を調べてみたら、Macの後ろにある電話のモジュラージャックと、1FのTime Capsuleの近くにあるモジュラージャックが繋がっていそうだったので、これは行けると確信してやってみた次第。

walllan2

この家は元々2FにKDDIの光が来ていて、私が入居したときにそれを1FのNTTフレッツ光に切り替えました。その際、工事屋さんが1Fと2Fを行き来して2つのモジュラーパネルをごそごそやっていたのを思い出し、もしかして1Fと2Fの電話コンセントは繋がっているのではないか?と思い、双方のパネルを外し、ケーブルを少し引っ張ってみたところ、案の定、繋がっているのが解りました。

上の写真で言うと灰色のケーブルと黄ばんだケーブルが1Fに繋がっているケーブルでした。2つとも1つの管(CD管)を通って1Fに行っています。ちゃんとCD管を使って配線されているところはさすが積水ハウス物件だなぁと思いました。


walllan1

壁の中を通すには「施工用」や「工事用」というLANケーブルを使うのが一般的なのでしょうが、そういったものは最低でも50m単位での販売だったりして高いので、ごく普通のLANケーブルを買ってきました。距離は推定で10mもあれば足りそうだったのですが、万全を期してその倍の20mを。壁の中の他の配線と近接して長い距離を這わすので、しなやかな撚線仕様ではなく、長距離に強いけど固い単線仕様と明示されているLANケーブルを選びました。


walllan3

買ってきたLANケーブルのコネクタが付いていると通らないので情け容赦なく切断します。勿体ないけど。


walllan4

いま敷設されている先の「灰色のケーブル」は使われておらず、「黄ばんだケーブル」は電話線のようですがなんかベタベタしていて(;´Д`) もう時代的に2Fに固定電話を置くことはないだろうと、この2本を撤去して、代わりにCAT6のLANケーブルを入れてしまおうという算段です。厳密に言うと黄ばんだ線はNTTの言うところの屋内配線設備に相当すると思うのですが、我が家はアナログ固定電話回線を契約しておらず(電話はフレッツ光のひかり電話)、屋内配線使用料も払っていないので撤去してしまいます。

「NTTの屋内配線 貴方の家ではレンタル or 買取?」


実は某氏から「配線するなら通線ワイヤー貸しますよ」というありがたいお申し出を受けていたのですが、この状況であれば通線ワイヤーを使わずとも何とかなるだろうと考え、作業を進めました。


早速、今入っている2本のケーブルの2F側にLANケーブルをビニールテープで固定して、1Fのモジュラージャック側から引っ張ってみますが…うーむ、最初の一歩から入っていきません。どうもビニールテープで巻いた部分が太すぎるようです。

ならばと、黄ばんだケーブルの方を先に引っ張りきって抜いてしまい、灰色のケーブルだけをLANケーブルにビニールテープで固定し、引っ張ってみます。おお、今度はちゃんと入っていきます。思いのほかどんどん入っていきます。2F側はムスメに押し込んで貰うことで作業は順調に進みましたが、あと1m程度のところで急に重くなり、LANケーブルに固定していた灰色のケーブルが外れてしまいました。。・゚・(ノД`)・゚・。ううう。もう少しだったのに。

そのままにしていても仕方ないので、9割方入ったLANケーブルを抜き、灰色のケーブルも9割方抜けてしまったので全部抜き、さーて、万事休す。

しかしCD管をよく観察したところ、もう1本、未使用の黒い謎ケーブルが入っていることが判明。それは本当に何のためにあるか解らないケーブルだったので、抜いてしまいました。

でもそこには空になってしまったCD管があるだけで、こうなってしまうと通線ワイヤーのお世話になるしかありません。通常は。

しかしポリひもと掃除機を使う方法を予め知っていたので、この方法でポリひもをCD管に貫通させることができました。これがダメだったら通線ワイヤーを某氏にお借りすることになったと思います(笑


walllan5

貫通したポリひもをLANケーブルにビニールテープで固定します。2Fで押し込む方のムスメと意識を合わせてどんどんLANケーブルをCD管に入れてゆきます。

今度はうまくいきました。ものの数分で、LANケーブルを貫通させることができました。結局20mのケーブルは案の定、半分の10mくらいで足りました。

さて、あとはここにCAT6対応のコネクタを付ければいいのですが、実はこのCD管内配線がうまくいくかどうか解らなかったので、無駄になるかも知れないと考えCAT6対応の壁コネクタは買ってません(笑。

先ほど発注したので、手元に届いたらパート2として工事を進めたいと思います。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
庭のコンクリート部のペンキ汚れを落とすべく、ディスクグラインダーを買った。回転数固定式の比較的安価なものと、回転数可変式の比較的高価な方があるが、迷ったら、高い方(久々に炸裂


gr1

BOSCH GWS7-100 E。
この間父の遺品をチェックしてたら同じようなグラインダが出てきて軽くショックを受けたのは内緒。(買わなくて良かったんじゃ!?


gr2

コンクリート研磨用のディスクを別途買って装着。試しに少しだけ削ってみたら、割と簡単に塗料は落ちた。が、作業の音はそれなりに大きいし、何より削った塗料粉が周囲に飛び散るのがひどい。防塵マスクと防塵メガネ、ケガ防止の手袋、汚れてもいい格好あたりは必須のように感じた。


gr3

研磨ディスクは消耗早そうなので、もう1枚買っておくかなぁ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
自宅のテレビが置いてある1F和室の照明スイッチは、なぜか窓際にある。夜中にテレビを見て2Fに上がるときなど、壁のスイッチで照明を消してから階段にたどり着くまでに真っ暗になってしまい、結構危ない。常夜灯を点灯させればいいのだが、その部屋の照明であるLEDシーリングライトは昔ながらの「スイッチひも」などなく、リモコンも大抵どっかに行っている(ぉ 「スイッチひも」はカッコ悪いと思ってたけど、だからと言ってリモコンも使いやすいわけでもないなぁ。ちょっと失敗した部分。


aketaratimer1

しかし何とかすべく、壁の照明スイッチをパナソニックの「あけたらタイマ」に交換してみた。


aketaratimer2

このスイッチには「遅延OFF」機能があり、スイッチを切ってから実際に照明が消えるまでの待ち時間を30秒とか1分とかに設定することができる。スイッチをオフしたら、照明が消える前に部屋から出てしまえばOKという寸法だ。


aketaratimer3

在宅を装う「留守タイマー」機能もあるのだが、LEDシーリングライト自体にもその機能はあるのでダブってしまった。でもリモコンは先に述べたように大抵どっかに行っているので、壁のスイッチの方が使い勝手が良い。

難点を挙げるとすれば、パナソニックのこの手の壁スイッチと見た目は統一されているのだが、他のスイッチよりオンオフのストロークがとても短いこと。スイッチの中に液晶パネルまで組み込んでいるのでストロークが確保できないのはわかるのだが、ついうっかり、他のスイッチのように深く押し込んでしまい、そのうち壊すんじゃないかと心配している。

しかし何でも作ってるなぁ、パナソニック。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いずれにせよ、もはやEOS M3のレビューではないですね(笑



昨年春に中古住宅を購入した際に、突出して劣化していたのがウッドデッキ。でもウッドデッキの交換の見積もりが高かったので、予算の都合が付かず放置していた。今年こそウッドデッキを新しくしたいのだが、前回見積もってもらった大手リフォーム会社はすごく高かったので、安くなりそうな近隣の業者を見つけて見積依頼した。業者からは「見積もるには一度現場を見せて欲しい」と言われ、現場確認の日時を約束したのだが、その時間になっても業者は来なかった。遅れるという連絡もなかった。まぁ忙しいんだろうと2時間ほど待ってみたが、一向に来る気配がないし、日も暮れてきてしまったので、「今日はもう来なくていいです」とお断りの電話を入れた。業者からは約束をすっぽかしたことに対するお詫びの言葉もなかった。やっぱり安そうなところはそれなりだなぁと再認識した次第。




もう一箇所何とかしたいのが、駐車場からの地続きのコンクリート部のペンキ汚れ。前のオーナーさんが塗装業者だったので、ペンキを保管していたであろう場所のコンクリート敷きのペンキ汚れがひどい。市販の「ペンキはがし薬剤」を試してみたが、確かに落ちるのだが、2千円ほどかかってA4サイズくらいの面積しか落とせなかった。これも前のオーナーさんとは別の塗装業者に相談してみたのだが、表面を研磨するだけで大丈夫な筈なので4万円弱ほどで施工可能、との見積もりが来た。その後「日程の調整は後日」という連絡が来てから、その後一向に日程調整の連絡が来なくなった。やっぱり4万円弱のような細かい仕事は嫌がられるんだろうなぁ。これは自分でディスクグラインダー買ってきてやるしかないかな…。




ウッドデッキとコンクリート敷きの間には少しだけ土が露出している部分があるのだが、ここの産業廃棄物的な汚れもひどい。コンクリートの破片とか、ガラスの破片とか、塗料の塊とかが落ちている。ここはひたすら、時間を見つけてごみ拾いするしかないのかな…。


--
Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM ミラーレス一眼対応(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
TOTOバスルームのほっからり床の半年経過後の劣化の様子。

hokkarari1

撥水性能には影響が見られませんが、浴室の中央付近の床の光沢がなくなってきました。ここが一番良く踏まれるからだと思います。上の写真は少し濡れているわけではありません。充分乾燥した状態で撮影しています。

hokkarari2

表面が変化しているのに撥水性能、乾燥性能に影響がないというのは不思議というか、この技術のキモを垣間見た気がします。

クッションも硬くなってきた印象がありますが、まぁそれは想定の範囲内です。



このページのトップヘ