クマデジタル

迷ったら、高い方


Mac

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
宛名職人が古すぎてEl Capitanからは起動も再インストールもできなくなったので、別途宛名印刷手段を探していたのですが、Macお宝さんで紹介されていたこれが良さそうだったので、購入。なんと626円、宛名職人UPGの1/10の価格。

年賀状印刷ソフトが付属した本というと、いかにもけばけばしいものが多い中、これはMacユーザーの期待値をよく解っている印象。


5D323903

本の中身はデザイン見本帳と宛名ソフトの使い方でほとんどを占める。最終ページのアンケートハガキの余白が「印刷用お試し用紙」になっているのはいいアイデア。


5D323906

ただ、私が用があるのはこの袋とじ部分のみ。そう、光学ドライブすらないマックが大勢を占める中、雑誌に付属する年賀状ソフトもダウンロードの時代。何をどこで流通させているのか意味が分からなくなるが、過渡期には仕方がないよね。

ただ、ダウンロードをさせるマイナビのサイトはダメダメでした。ダウンロードコードを入力させた後、マイナビのアカウントが未登録なら登録するように要求されますが、登録後は入力したダウンロードコードが消えているという…。しかも気を取り直してもう一度ダウンロードコードを入力すると、今度は「二重登録の疑いが…」的なエラーが出る。正規に購入して画面の指示に従ってるだけなのにひどい話ですね…。「二重登録の疑いが…」的なエラーを無視して先に進めばOKなんですけどね、サイト構築した請負会社、まともにテストしてないでしょう?


49

自分が使いたいのは宛名印刷部分だけなので、そこだけちょろっと試用してみましたが、Adobe AIRアプリながら動作が軽く、郵便局純正年賀状アプリでは固定サイズになってしまうアプリケーションウインドウの大きさも、このソフトでは自由に変えられて好印象。郵便局の年賀状アプリはウインドウが小さくて息が詰まるんですよね。

印刷まではしていませんが機能をかなり絞っていることもあり、普通に使えそうです。宛名を特定条件で抽出する機能や、印刷済みの履歴機能まではさすがに装備していませんので、一気通貫で印刷してしまう用途向きです。奥さんと宛名データファイルが分かれている場合でも問題なさそうです。

いつもは年賀状は12月頃にようやく腰を持ち上げるのですが、自分は今年は喪中ハガキなので、少し早く出す必要があります。それで慌てている次第。



Mac年賀状2016





  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
発売になったばかりのMagic Mouse 2 ですが、3個を調べたところいずれも右クリックに底付き感があり、ちょっと不快でしたので改善を試みました。

【用意するもの】
・ビニールテープ
・良く切れるカッター

5D323532

ビニールテープを写真くらいの大きさに切ります。


5D323533

粘着面を写真で言うと手前側(マウス底面側)にして、マジックマウスの右前部(写真で言うところの左上)に挟み込みます。ここで、挟み込み量が少ないと効果が出ませんが、挟み込み量が多いとクリック感がなくなりますので、個体差に応じて試してみます。あまり改善しない場合、挟み込むビニールテープの太さを大きくしたり、2枚重ねにしてみます。

エッジの部分のみに貼り付けた場合、フィーリングがあまり良くなりません。あくまで5〜8mmほど奥に貼るのがポイントです。また、粘着面を反対側(マウス上面側)にすると、内部部材の形状の関係からビニールテープを挿入しにくくなります。


5D323534

納得できるフィーリングになったら、はみ出た分のビニールテープをカットします。

分解サイトを見ると内蔵されているスイッチや構造はさほど変更されているようには見えませんが、クリック、特に右クリックの高級感がかなり損なわれているMagic Mouse 2。以前のMagic Mouseはこんなに左右でクリックの感覚や音は違いませんでした。中国で製造されているとは言え、マウスとしては高価な部類なのに、本当にこんなものがAppleのQCを通っているとは驚きです。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Magic Mosue2 に引き続き、Magic Keyboardが届きました。






従来の透明フィルムではなく、半透明フィルムに包まれていました。




付属品。




裏面を従来のWireless Keyboardと比較。
重量はとても軽くなっています。




キーの高さ(縦方向)を従来のWireless Keyboardと比較。メインキーには高さの変化はほとんどありません。

キートップの文字が新型では薄くなっているのは写真のせいではなく、本当に薄くなっています。OS Xの文字が小さくなってきている点といい、最近のアップルは視認性を差し置くことが多くなったなぁ…。




一番の違いは、キーボードの盤面自体の角度と、キー自体の高さ(厚み方向)。従来のWireless Keyboardと比較して、よりストロークが浅くなっています。これは好き嫌いが分かれそうですが、もはやノートパソコンが売り上げの主力である以上、デスクトップ用キーボードもノートパソコンの打鍵感に統一するのが世の趨勢なのかも知れません。

今までのWireless Keyboardに慣れていれば、大きく変化した左右カーソルキー含めてブラインドタッチには問題はありませんでした。

従来のキーボードも剛性が低い感じはしませんでしたが、Magic Keyboardはさらに剛性感がアップしているので、Magic Keyboardを叩いた後だと、従来のWireless Keyboardがたわむように感じてしまいます。




充電/ペアリング用Lightning端子と、Bluetooth電波透過用の樹脂部分。Lightning端子はケーブルを接続したままでキー入力が可能です。

薄すぎて机上で持ち上げにくいという意見を聞いたのですが、確かに持ち上げにくいですが、軽さで持ち上げにくさをカバーしている感じです。


さて、「買い」かどうかですが、従来のWirelessキーボードに充電行為含め不満がない人は、買い換える必要はないと思います。買い換えたからと言って、何かキーボードを再定義するような未来が待っているわけではありません。黙ってても買う方は買っても良いと思いますが、迷っている方にはお勧めしません。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Magic Mouse 2 が届きました。





手前は従来のMagic Mouseの梱包。石けん箱とか呼ばれていましたね。




iPhoneと同じような箱になってしまいました。
まぁ全部紙でできてた方が環境に優しいですけどね。




箱に対して固定はされていません。箱の大きさがジャストサイズで、中で動かないようになっています。ツルツルの表面に映り込んでいるのは我が家の天井の天窓とシーリングファンです。






単体で買うと2千円近くするLightningケーブルが付属します。




従来のMagic Mouse(写真奥)と。この角度からでは差が解りません。特に薄くなったとかそういうことも感じられません。




裏返すとようやく区別が付きます。Magic Mouse 2には電源LEDがなくなりました。
充電状態が解らないのはちょっと不便。




ケーブルを接続すると自動的にMacへのペアリングと、充電が行われます。ご覧の通り充電中は使えません。この間抜けな姿は、大喜利のネタになりそうです。




説明書の印刷が全体的に上にずれていて、雑です。しかも翻訳が間違っていて、緑色のLEDが付いていることになっています。(英語は正しい表記でした。)


重量ですが、従来の Magic Mouse が eneloop pro 2本込みで 118g なのに対して、Magic Mouse 2 は 98g と2割ほど軽くなっていました。


また、センサーが奥まっている個体とそうでない個体があるのは健在なようで、私が購入した個体はエアーパッドソール for Magic Mouseを貼ってしまうと、マウスカーソルがまともに動きませんでした。ただし重量が軽くなったせいか、ソールを貼らなくても従来のMagic Mouseより動きが軽く、静音です。

クリック音は特に変わった感じはしませんでした。静かになったという声も聞くので、クリック音についても個体差がありそうです。

なんかこう、緩やかにですが、終わりに向かっているのを実感しますね。





  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iMacがモデルチェンジ。27インチは全機種5Kディスプレイとなり、21inchに新たに4Kディスプレイモデルが登場しました。

個人的に目を惹いたのが、1TBのFusion DriveのSSD部分が24GBになったこと。確かに低価格化には効きそうですが…。2TBのFusionというのもCTOメニューに用意されたんですね。


インプットデバイスであるワイヤレスキーボード、マジックマウス、マジックトラックパッドも噂通りモデルチェンジ。いずれもバッテリー内蔵式となりました。名称はそれぞれMagic Keyboard, Magic Mouse 2, Magic Trackpad 2 ですが、Keyboardのどのあたりが従来と比べてMagicなのかよく解りません(笑

これらのデバイスは基本的にBluetooth無線接続ですが、ペアリングは充電用のLightningケーブルでMacと接続すると自動的に行われるようです。

にしても、Magic Mouse 2 の方は、Lightning端子をなぜ底面にしたのでしょうか。

47

推測ですが、これはもう、Lightningを繋いだまま使って欲しくないというメッセージとしか思えないですね。Lightningケーブルを繋いだまま使うとあっという間に断線するとか、Lightningケーブルを繋いだままだと電波妨害試験で問題があるとか、もしくは単純に本体が薄すぎて、美しい形状を保ったまま横に付けられないと言う理由かも知れませんね。

キーボードの方は充分なバッテリーを搭載した暁には、MacBook Proのような自発光式キーボードを期待していましたが、それはないようです。先日出た薄いMacBookと同じバタフライ構造をなぜ採用しなかったという声がありますが、あれはMacBookの限られたストロークに向いた技術であり、Magic Keyboardにはそれはそれで最適な技術があるのでしょう。

キーボードの高さというか傾斜が低くなっていますが、まるで今までの高さは単三電池の直径で決まっていて、本当に俺たちがやりたかった高さじゃなかった、という開発者の声が聞こえてきそうです。かなり平置きに近いので、これはサードパーティからMagic Keyboardに傾斜を付ける足が発売されそうですね。

私がいま使っているLate 2012 (Core i7 3.4GHz)からの性能の伸びはさほどでもないので、iMac本体は買い換えませんが、キーボードとマウスはポチりました。

パワーサポート エアーパッドソール for Magic Mouse PAS-60(Amazon)

このページのトップヘ