クマデジタル

迷ったら、高い方


Mac

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
bb15df1d


自宅メイン機のiMac、サブ機のMacBookPro、自分用のiPhoneだけを HighSierraとiOS11にアップデートしました。iPhoneは7なのでデフォルトの画像フォーマットはHEIF(ひーふ)になって、MacBookProはSSDモデルなのでストレージフォーマットがApple File System(APFS)に勝手に変換されましたが、特に何が起きたということもなく。


33

おお、本当に勝手にAPFSになっとる…
しかしインターネット経由で降ってきたソフトで、メインのストレージのファイルシステムが有無を言わさず勝手に変更されるという時代というのは、何というか隔世の感がありますね。

iMac(Late 2012)の方はFusion Driveなのでファイルシステムは変更されるということはなく、変化点といえば画面のフォントのアンチエイリアスの挙動が不安定になったなぁ…という印象。たぶんチューニングで速くなっているんだと思いますが、5年前のマシンとは言え元々Core i7/3.4GHzなのでそんなに遅いということもなく、「MacOSは2年前からメンテナンスモード」と言われるのも分かる気がします。

iPhoneの方は進化の度合いが大きいようで、明らかに速くなった感じがします。ベンチマークを取ってみると遅くなったという話も聞きますが、本当にベンチが遅くなったのなら、その分UIの反応にリソースを投入しているということはないでしょうか?


一方でやるときはやるApple、今回もやってくれました。まさかのJPEG切り。世界で最も普及しているカメラ「iPhone」の標準画像フォーマットを劇的に進化させやがりました(困惑
Appleのやることって先進的かつ急すぎて、まるで300馬力のクルマで全開加速されたように肉体に対して精神が置いて行かれるような感覚を覚えることがあるのですが、今回もまさにそう。JPEGを切るなんて。

おもいでばこブログ|iPhone(iOS11)の写真フォーマットはJPEGからHEIFへ。仕様&元に戻す方法より:
iPhoneのHEIFは、1枚の画像がそのまま納められているのではなく、その画像を分割しピース化したもの(=「画像のかけら」)が48分割されてHEVCストリームとして格納されていることが判明しました。それぞれの「画像のかけら」は、512×512ドットの正方形サイズとなっていて、それらの「画像のかけら」をどういう風に並べてつなげるか、といった情報がHEIFデータ内で定義されています。

へぇー。他にもいろいろ面白いことが書いてあるので、技術屋さんは読んでみてください。


もっとも、この画像新フォーマット、従来に対してファイルサイズが小さいので、iCloudなどを運営するAppleデータセンターを増強したのと同じ効果があると思うんですよね。毎秒何万枚?とアップロードされる「フォトストリーム」のファイルサイズが半分になるだけで、どれだけの設備投資に匹敵する効果があるのかと。

また使い込むと色々あると思いますが、とりあえず気になったのは「iOS11でLINEの通知が全然来なくなって夫婦関係に支障をきたしている」ということくらいでしょうか。




  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iCloud Driveを少し使ってみて、だいたい使用感が分かりました。

・ファイル同期自体は完全自動だが、各アプリの保存ダイアログがやっぱり一瞬引っかかる動きをする
・大きいファイルを生成すると、同期が完了していないにも関わらずMacが設定通りスリープに入る。そこは同期が終わるまで寝ないようにしようよ…。

他社の類似サービス(Dropboxなど)と比べると、やはりOSメーカーが提供しているだけあってOSとの統合という意味では一番だとは思います。ただ満点かと言われるとそうではない感じ。


実際に必要になるのはもう少し先なので、一旦解約(無料の5GBプラン)に移行することに。


MacOS X側の「機能設定」の「iCloud」から「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」の保存をOFFにすれば同期が解除され、一旦はローカルの「書類」と「デスクトップ」からファイルが消えたように見え、すべてiCloud Drive上に移ったように見えます。

ここで無料の5GBプランに移行する前に、もちろんiCloud Drive上のデータをローカルに移動してiCloudの使用容量を5GB以下に減らさなければいけませんが、ローカルHDD/SSDに十分な容量がある場合、すでにiCloud Driveのローカルコピー(但しユーザーからは見えない)を持っているせいか、iCloud Driveからのファイル移動自体は一瞬で終わります。

そしたら晴れて無料プランに契約変更…と思いきや、iCloud Drive側の容量が減っていません。

30

いや、よく見ると少しずつ減っているようです。
200GB減るのに1時間くらいかかりましたので、2TBプランを解約するとなると結構な時間がかかりそうです。契約期間ギリギリに解約すると解約が間に合わなくなるかも知れませんね。1日くらい余裕を持って解約されることをお勧めします。

さて、これで完全に元に戻ったかというと、そうではありません。

家中のすべてのMacのiCloud Driveの「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」をOFFにしても、Mac側の「書類」フォルダが、「書類 - ローカル」と表示され、相変わらずiCloud上には空の「書類」「デスクトップ」フォルダが残ったままになっている上、時々ファインダーウインドウ上に同期状態を示す円グラフが表示されます。(すなわち、同期をするためのエージェントが動き続けているようです。)これを解消するには、すべてのMacからiCloud DriveをOFFにしないといけないようです。

すなわち、一度iCloud Driveの「”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ」機能を使ってしまうと、その機能をOFFにしただけでは同期を司るエージェントをOFFにすることはできず、iCloud Drive自体をOFFにする必要があります。

これ、バグだと思うけどなぁ。報告しておくか。


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと訳あって、複数のMac間のフォルダ同期機能を試したいなと、MacOS X Sierraで実装された同期機能を使ってみました。

MacOS X Sierra:「デスクトップ」や「書類」のファイルを iCloud Drive に追加する(Apple)

20

メイン機であるiMac側で現状の環境のまま機能をONしてみたところ、iCloudに600GBの容量が必要とのことで、まずは試しと2TBのプランを選択して有料契約してみました。

するとiMac上のhomeディレクトリにある「書類」フォルダが消え、iCloudへのアップロードが始まりました(デスクトップのファイルは消えませんでした)。1日放置してみましたが、アップロードできたデータ量はおおよそ30GB。この分だと3週間かかることになります。ちょっと試すには時間が長すぎるので、デスクトップと書類フォルダの総容量を180GB程度にして試し直しました。

その間にMacBook Pro側でも同じ操作を実行したところ…

52

デスクトップのファイルが、元々MacBook Proにあったファイルに加え、iMac側のものも表示されるようになりました。(一方、書類フォルダははこういう風に統合はされず、機種ごとの別々のフォルダがiCloud上に作られました。)

Appleの公式説明ドキュメントでもMacの個体ごとにフォルダが出来るような説明ですが、何なんでしょうかこれは。悪くはありませんが。

がしかし、機能をOFFにしてみたところ、

33

元々MacBook Pro側のデスクトップにあったファイルごと消えてしまいました!
(iMac側のデスクトップに移動してしまいました。)

まぁiMac側のアップロード側が完了する前にMacBook Pro側の機能をONしたのが原因なのかも知れませんが、びっくりしたなぁもう。まぁMacBook Pro側はあんまりたいしたファイル置いていなかったので、いいやもう。

さて、一旦アップロードが落ち着いてしまえば、普通に使えます。すなわち、ローカルマシンから書類にアクセスするときはhomeディレクトリではなくiCloud上の書類フォルダを参照することになり、デスクトップは特にiCloudを意識することなく今まで通り使えます。デスクトップに新しいファイルを置くと、自動的にiCloudにアップロードされます。

但し、テザリングで使っているときはうっかりデスクトップに大きめのファイルを置くと、思わぬパケットの消費がありそうですね。

ちなみに、ローカルのストレージの空き容量があるうちはiCloud上にある全てのファイルの実体がローカルにもありますが、ローカルのストレージの空き容量が厳しくなってくると、古いファイルから順にiCloudにしか実体がない状態になるようです。

このサービスのキモは操作感をできるだけ変えずに複数のMac間の同期がとれる点にあり、オフラインで使う場合にも配慮されています。2TBのファイルは月額1,300円(年額15,600円)、200GBだと400円(年額4,800円)。2TBだと外からアクセス可能な個人用のNASが買えそうな年間使用料になってしまいます。私の場合、本当は600GBをフルでシンクロしたいけど、高いしアップロードに時間がかかるしで、ファイルを厳選して200GBに収まるような運用を工夫してみますかね。


macOS Sierra パーフェクトマニュアル(Amazon)

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
どうもMountain Lionの頃から実装されていたようなのですが、ドラッグ中のスクロールってできるようになってたんですね。

Youtubeより:

動画はTrackpadですが、MagicMouseでも同じ要領で操作できます。
これは欲しいと思いつつも、つい今さっきまで使っていませんでした(ぉ

思い込みで「こんなのできない」と思っていたからなぁ…。

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)(Amazon)

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ATOK税の謝礼品が届きました(誤解

5D4A4716

インストーラーはUSBメモリに入っていますが、2WAYインストールと呼ばれる、Webからダウンロードできる仕組みも用意されているので、わざわざパッケージを開封することなく、インストール完了。AAA優待ダウンロード版をシリーズ最安値にしてくれればいいのに、AAA優待アップグレードパッケージ版が最安値なものだからこんなことに。

ATOK SyncやATOKクラウドはオフで設定。

賢くなった感触はまだ分かりません。
何か様子が分かれば報告します。

このページのトップヘ