クマデジタル

迷ったら、高い方


Mac

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
寝不足になるくらいiMovieHDが信用ならないので、WindowsXPに標準添付されているWindowsムービーメーカーver.1でDVテープを読み込んでみた。iMovie同様、最低限のことしかできないソフトだが、ちょっと弄った限り音声ズレやブチブチ音、フリーズもなく、少なくともiMovieよりは信頼性は高そうだ。これでテープから吸い出したaviファイルは、いろんな装置に付属しているPanasonic DVDfunSTUDIOと日立LGのGSA-4020BドライブでDVD-R化すれば、信頼性の高いDVD-Rのできあがりという訳だ。

出来上がったDVD-Rも、iDVDより高画質だった。iDVDは「画質優先」設定で平均レートは9Mbpsオーバー、DVDfunSTUDIOは「最高」画質設定で平均レートは8Mbps程度なのだが、DVDfunSTUDIOの方が明らかに高画質なんですけど…。何やってるんだよiDVD…orz PanasonicはDVDレコで培ったエンコード技術をPCソフトにも展開しているのだろうか。

がしかし、Windowsムービーメーカーver.1には編集したビデオをテープに出力する機能がないことに気がついた。調べてみると、Windowsムービーメーカーver.2.1(無料)でその機能がついた模様。ただ、ver.2.1はWIndowsXP SP2と同時にインストールされ、単体インストールは不可能だという…orz

SP2か…IBMの検証だとX31でもインストールして問題なさそうだが、なんとなく別の問題が出そうだな。


一方、iDVD5も調子悪く、自分のログイン環境ではDVDメニューのフォント等を指定するパネルがグレー一色となり表示されない。同一Macの別のログイン環境だと問題なく表示されるので、iDVDのアプリ自体には問題がなく、環境依存の何かがあるのだろう。自分のディレクトリのLibraryフォルダ以下も色々弄ってみたが改善せず、Panther自体を再インストールする必要がありそうだ。面倒くさい…。




  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
購入した皆さんどうでしたか?
先週末出かけていたので、昨日やっと開封しましたよ。

まずiPhoto。インストール後、今まであったはずの写真が見えなくなる、などの不具合もなく無事終了。重くなったという話も聞くが、ウチのiMacFP G4/1GHzでは逆に少し軽くなったような希ガス。操作系が変わったので多少迷った。ここまで変える意味があったのか?

iTunes。既に「ソフトウエア・アップデート」により最新版が入っていたためインストールできず。する必要もなし。

iMovieHD。起動することを確認しただけ。昨年RD-X4を導入してから、あんまりこれで編集してないなぁ。

iDVD。なにげにDVD-RWに対応。これでオーサリングミス(というか音声ズレとかメニューのサムネールの位置がズレるなどのバグ)のDVD-Rのゴミの山を減らせるか?

GarageBand。音楽的センスがないため前バージョンをちょっと弄っただけで放置プレイ。

パッケージは春っぽくていい感じですね。箱は予想外に小さかったが、中身を考えるともっと小さくても良かったかも。


しかしアレだな。iTunesを除いて、G4/1GHzでは「不満はないが、軽快でもない」速度になってきてるな。より高速なハードウエアへの需要を喚起する必要があるし、ある程度重くなってゆくのはこの業界の摂理ではあるのだが。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ポチッとしていたApple Keyboardもう届いた。全然品切れちゃうやん。訳解んねぇApple Store。

にしても白い!今までの大福付属Keybeoadも白いと思っていたけど、新しいのと比べるとかなり黄ばんでた!それなりにショック!

ファンクションキーが4つおきに隙間がないのはバツ。ATOKのカナ確定のときのF7が手探りできねぇ。エクスポゼの方はどれがどれだかいつも手探りだから問題ないのだが。

打鍵音は小さい。トトトト…って感じ。前のKeyboardも静かだと思っていたけど、カチャカチャカチャって感じ。前のはヘタってきてからうるさくなったのか、このキーボードもへたってくるとうるさくなるのかは不明。

caps lockキーの左下のkeyboardの透明な枠が小指の付け根付近に当たって痛い。つか、ホームポジション間違ってますか俺。

奥行きが短くなったのは良い。机の手前でヤフオクの宅急便ラベルが書きやすくなった。しかしUSB端子はやはり横にあった方が使いやすかった。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
うまいラインナップってのは「下位モデルのお陰で、上位モデルに目がいく」製品だと思うのだが、その点今回のiPod ShuffleやMac miniはよく考えられている。

Windowsからの乗り換えでないユーザなら、Mac mini + 市販の17インチ液晶 + 諸々 … より、iMacG5 17インチの方がいいか、ということになりそう。iPod Shuffeも純粋に音楽用途だとしても、1GBモデルからあと数千円出すとiPod miniが液晶が付いて容量が4倍 … となるケースは多いだろう。実際、iPod miniの発売時、通常のiPodもよく売れたそうだ。

元CubeユーザとしてはMac miniがどうしても気になってしまうわけだが、Cubeほど犯罪的にACアダプタが大きいわけでもなく、本体も想像よりかなり小さかったので、なかなかよさげ。USBが2.0なので、FireWireが1ポートでも渋々OKだろう。

HDDは2.5インチっぽいっすね。価格に不利なはずなのだが、あの体積を実現するのに決断したか。

メモリーが1スロット…これは微妙。Mac OS Xって512MBで使ったことないから感覚がつかめないが、実用になるのか? とはいえ1枚1GB品だとMac miniがもう1台買えちゃうくらい高いし。

分解方法もどうするんだろ。AppleのWebの分解写真では、かなりの本数のプラスチックの爪でフタを固定してあるようだが。

しかしアップル社員給料よさげなのになぁ。最近の製品の価格、挑戦的だよなぁ。

このページのトップヘ