クマデジタル

迷ったら、高い方


クルマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プレスリリースをよくよく見てみたら、

A3SB 2.0 FSI ● 「自動防眩ルームミラー」、「オートライト機能/カミングホーム&リービングホーム機能」、「レインセンサー」を標準装備に。 価格10万円アップ。

全部不必要…orz。

せめてキセノンが標準装備になったと言ってくれ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ACCORDとかLEGACYくらいのお値段の欧州Cセグメントに注目しているのだが、現在の注目株はみみずくさんお察しの通りAudi A3Sportback。兄弟車のVolksWagen GOLFの方が安くて内装のパッと見た感じの高級感があったりする(ベージュ内装も選べるし)のだが、いかんせん街で見かけ杉、走り杉。BMW 118はちょっと狭いので次点。Alfa147に乗るほど人間がオサレじゃないし、PEUGEOT 307もいいクルマだとは思うがなんかピンと来ない。

そこへ来て更に国内導入されそうなVolksWagen Golf PLUSMercedes-Benz B-Classとか。

Golf PLUSは結構GOLFとはデザイン違うのな。GOLFのまま少し大きくしてくれても良かったのに。B-ClassはそこはかとなくChrysler PT Cruiserの香りがしなくもないが、内装の出来は写真を見る限り腐ってもメルセデス。素晴らしい。

つか、いつの間にかAUdi A3 Sportbackの廉価版”Attraction”が出てるし。むー。

これで純正ナビがVICS情報受信しながら任意のラジオ局が聴ければ文句ないのだが…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
うーむ、Zap2さんの話を聞いてると店員が信用ならなくなってくるな。

じゃあ自分が店員より上手に取り付けられるかというと…むー、悩む(ぉ

少なくともウチの車を点検に出したらETC(アンテナ一体キノコ型)がアサッテの方向を向いて帰ってきた某M菱自動車のディーラーは信用ならないってことで。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「…という記述があり、じゃあナンのための試験器なんだろうかと」

工工エエエ(´д`)エエエ工工 マジデスカ。

でも「通信を保証」ってのは責任重大ですからねぇ。ヘタに保証して万が一通信できなかったら、「事故修理費用払え!」ってなるのは目に見えてますからね。

「車がゲートに近づくにつれて、ゲートアンテナと車載器の角度が変わり」

でもほら、前後方向はそれでOKですけど、左右方向は…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Zap2さん:「実際、みんな抜いてるの?」

私は抜いていますね。車の中にあるものは基本的に盗まれることを前提にしないと。

「まとめると「一体型ダッシュボード取りつけ」+「シガープラグ給電」で、コード丸見えOKなら取り付けは5分で終わるでしょう。」

取り付け角度を規定通り出さなくちゃならないので、もう少しかかると思います。メーカーによっては取り付けゲージが付いてきますが、ダッシュボードは車種によっては変な曲線を描いていることがあるので、鉛直からの仰角などをキッチリあわせておかないと、いざ本番で不幸なことになりかねません。

もっとも、テストのときは「ETC/一般」混在レーンに入れば通信不良を起こしても追突されることはないと思いますが、もし特定のゲートでマージン範囲ギリギリの角度で動作していた場合、別のゲートではダメだった…なんてこともありますし。

天下り団体や販売店の肩を持つわけではありませんが、やはりETCの通信試験機のあるお店(ウチの近所ではイエローハットにありました)で取り付けてもらうのが安心だと思います。

このページのトップヘ