クマデジタル

迷ったら、高い方


クルマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
みみずくさん:「しかし、2リットル(楽しい2リットル)で5人乗れて○○○万円って車、なかなかおいしいと思いますが、それなりに現実的だし…。」

そう、それなりに現実的ってのがポイントなんですよね。5人乗れて、そこそこ荷物積めて、日本の都会の道路事情でも大きすぎず、走って楽しいし技術や安全性は折り紙付き。価格はややorz気味ですが…。田舎暮らしだったら同じ予算でもSKYLINE/STAGEAかINSPIREにいってそうですけど。

松(3.2L Q)、竹(2.0L T)、梅(2.0L)があるんですけど、現実的なのは「梅」ですね。某巨大掲示板やcarviewなどで話題になっている(=売れている?)のは「竹」のようですが、そこまではチョット(汗 ナビもディスチャージヘッドライトも標準では付いてこないので、その分も考慮しないといけないし…。

来年は梅の下(1.6L)が日本向けにも追加されるようですが、もしそこそこ走るようなら、家計に優しい1.6Lでもいいかなと。

ところでみみずくさんの「R」の調子はいかがですか。3,000km走って、そこから20,000kmくらいまではきっとますますスイートではないかと思います。実は私も昔H22A(2.2L DOHC VTEC)搭載の頃に同じ車に乗っていたんですけど、私の個体ではトータルバランスで一番スイートだったのは12,000km頃だったと記憶しています。あれからずいぶん進化しているので、スイートスポットはもう少し先になっていると思いますけど…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
…別に離婚の話じゃないですヨ。

みみずくさん、一言だけ。

すげぇ(笑

ところディーラーで(;´Д`)ハァハァしてきた件について職場の同期と話をしていたら、そいつ曰く、

「えー、2リットルで5人しか乗れなくて○○○万円もする車なんてあり得ない!」

…あのー。

かくいうそいつの車は本体200万円台で2.4リットルで8人も乗れるアルファードな訳ですが。まぁ、こいつとは車の話で盛り上がることはないわな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
刷新されたIntelアーキテクチャか、はたまた熟成のPowerPC機にするか…次に買うMacについては悩みは尽きないわけだが、

それはそうと、今一番欲しいのは実はクルマ。

都会に越して来るに当たって大きいファーストカーを売却して小さいセカンドカーだけ持ってきた。俺はともかく妻が都会の狭い道で大きい車を運転する自信がないという理由からそうしたのだが…実は落とし穴があった。都会は便利なので妻は全く車を運転しないという罠(ぉ

運転するのが俺だけだったら大きい方のクルマでも良かったわけで。まぁ確かに街乗りでは小さいクルマは便利だし維持コストも家計に優しいが、TypeRという訳でもない普通の小型車なんで乗っていてつまんないというか、魂が揺さぶられないというか。法定速度内では高速道路を含めて何らスタビリティに問題はないのだが、この虚空感はなんだろう。

という訳で、あくまで第二子に恵まれて今の車で手狭になったらという条件付きだが、本気で買い換え貯金を実施中。候補はそこそこ小型で、勿論あまり公道で見かけないやつ。先日ディーラーを冷やかしに行って貰ってきたカタログでハァハァ(;´Д`)する日々。




ああ、そういえば子供が成長したら家の問題もあるんだな。マイホームか…目標が遠すぎて見えないや(現実逃避

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ディーラーの態度がアレだったので、会社を休んで自分でやってきた。ディーラーが示した手数料もボッタクリだったし。

結果。無事に終わったのだが、以下の点でつまづいた。

- 「希望ナンバー申し込みサービス」の予約表を出すタイミング、および、OCRカードへの記載事項。陸運に掲示してある書き方見本には、希望ナンバー取得時の書き方までは載っていなかった。OCRカードのそれっぽい位置に書いて、おk。

- ナンバー封印取れねー。「ドライバーでこじるとポコッと外れる」という話を聞いていたのだが、そんなもんではなく、破ってむしり取る感じ。陸運で用意してあるドライバーは数が少ないので、マイドライバーとマイペンチを持参すると助かるというのは本当。

- ナンバー変更には直接関係ないが、車に貼る保管場所証明シールがはがれねー! アルコールとシンナーと消しゴムを武器に戦うこと45分。やっとはがれた。ウチのはハッチバック車だったからまだいいけど、セダンやクーペだったら手が届きにくくて泣く。絶対。

このページのトップヘ