クマデジタル

迷ったら、高い方


クルマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
クルマを10年目の点検に出してきました。2時間ほどかかるとのことなので、待っている間に「試乗しますか?」と水を向けられ、2016年型Audi TTとAudi RS3に試乗してきました。



宇宙から降ってくる謎のCMでお馴染みのTT。実車を見るのも乗るのも初めて。他のAudi車より無機質さが際立っていて、なるほど宇宙から降ってくるイメージというのも頷けます。メッキ加飾がミニマムということもあり、ボディが白色だとあの世界的に有名な某特撮宇宙映画に出てきそうなデザインテイストです。

試乗したのはベースグレードで、価格は542万円。セールス氏によると先代より120万円ほど高くなっているそうです。なんだそれー。




2.0ターボエンジンなので全く遅くはありません。むしろ速いです。クワトロではありませんが、制御が上手なのか、初期のA3の2.0ターボで見られたようなありあまるパワーをタイヤが受け止めきれずにスリップするような素振りは見られませんでした。

アイドリングストップからの復帰もかなり進化していて、エンジンをスタートアップしながら発進(!)でもギクシャク感がないのには驚きました。短期間でずいぶん進化しましたねぇ。

ステアリングは見た目以上に握った感じが異形で、今どこを掴んでいるかは否が応でも強く意識させられます。革はもちろん量産車トップクラスのいい革を使っています。

にしても、メーター内の地図は不慣れなせいか、それほど見やすいとは思いませんでした。ちょっと仰角が足りない(メーター液晶がかなり立ち気味に設置されている)のが原因かも知れません。デートカーにしても、パッセンジャーから地図が見えないのってどうかと思いますが…。




この手のクルマってどんどん目新しさを打ち出していかなければならない宿命なのは分かりますが、エアコン吹き出し中央のツマミに温度表示って目新しいにも程があると思います。この温度表示を囲うツマミを回して温度調節をしますが、またその感触の官能的なこと…。

そういえばエンジンを切ったとき、AudiのCMでメーカーロゴが出る際に流れる「ドドン・ドドン」という効果音が鳴ったんですが、何ですかこれ(笑。




次はRS3。A3のボディなのに756万円もします。裏を返せば、現行A3のボディはこの756万円のグレードに耐えうる基本構造を持っていることになります。




「ドライブセレクトをダイナミックにするとRS3になりますから。コンフォートだと普通のA3ですから」とセールス氏に説明されて、いざ公道経由・高速道路へゴー。

「後ろから火(バックファイヤー)を噴きますよ」とも説明を受けましたが、もちろん自分では分からず。ただ、どえらい加速力とスタビリティです。ベタ踏みするとシフトアップのたびに「バシュ!」という音が出るんですが、この、一応量産車に、一体何が付いているんですかね。助手席の子供大喜び。

後ろから赤色回転灯が追いかけてこないことを確認しなくたって、神奈川県のその辺の道路ではものの数十秒、数秒しか真の力を解放することはできないような気がします。この2.5L直列5気筒は、367馬力もあるらしいです…。




左右方向には微動だにしない路面への張り付き感など、とにかく「速く遠くに」だけでは勿体ないようなポテンシャルを感じるんですが、いやぁこれは道楽車ですねぇ。4ドアで、派手な見た目でもないので、ご近所の目も気にならず、いたずらの対象にもならず、そして事業からの税控除はがっつり、走らせれば狼と。特定の需要はありそうですねぇ。




気がつけばオーディオはB&O。しかし40分ほどの試乗では音楽を楽しんでいる場合ではなかったです。

そういえばA4ですが、もう旧型の販売は終わっていて、今商談に行くともれなく新型だそうです。エントリーグレードでも乗り出し価格が600万円を超えるとか。やっぱり3割アップの噂は本当だったんや…。

セールス氏によると、もはやAudiで従来の価格なのはA3くらいで、あとはすべて現在の為替レートを反映した格好になっているとのこと。そのA3も今年9月のM/Cで価格改定が入る可能性が高いので、いよいよ買えるAudi車がなくなりそうです。もっとも、いま日本では「高い方が売れる」購買層が確実に存在し、Audiもそちらのお客さんをターゲットにしていきたいようで、一般サラリーマンが背伸びして買うようなブランドではなくなって行くのだろうと思います。原価に関係なく高い方が売れるって、化粧品なんかと同じなんでしょうね。

為替のいたずらで、10年ほどでしたがいい夢を見させてもらいました。あと何年乗れるか分かりませんが、最近調子いいんですよね、うちのA3…。

ところで例の不祥事の影響ですが、目安となる「3年後の残価設定型ローンの据置額」はVWが35%に低下したのに対して、Audiは55%のままなのだとか。影響はVWに留まる、ということですか…。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
MAZDA CX-3にちょっとだけ座る機会を得ました。


IMG_7512

「車高の高いデミオ」と言われるCX-3ですが、車体の長さ、幅は私のA3と同等なので、運転席に座った限りではまったく窮屈な感じはしませんでした。驚きましたね。ステアリングと座席の調整幅が大きいので、全く違和感のないドラポジを取ることができます。こういうローエンドモデルにまできちんとしたドラポジの設計思想が流れているのは他の国産メーカーも見習うべきだと思います。


IMG_7514

ただ、私がドラポジを取った状態で後席に移動すると、膝周りのクリアランスはこんな感じ。座れなくはないですが、長距離は勘弁願いたいレベル。しかしドアの形状がいいのか、これでも足の出し入れ自体はスムーズでした。


IMG_7513

しかしその一方で、意外なところのチリが合っていないと言いますか、これ明らかに設計ミスでしょう?というような隙間が開いていたりします。こういうデザインなのかな?と思って指先を突っ込んでみたら、隙間でした。子供が指突っ込んだらケガしそう。


IMG_7515

タイヤは18インチ。試走はダメだけどエンジンを吹かして良いとのことだったので、4000rpm程度まで吹かしてみましたが、ディーゼルとは思えないスムーズなフィーリングで驚きました。私のVW/Audi 2.0FSIガソリンエンジンよりスムーズじゃないですかこれ…。

トランクの広さも「軽自動車よりは広い」というレベルだったので、ちょっとファミリーカーとしては小さいですね。シングルかカップルユーザー向きでしょう。この上のクラスの CX-5 は長さはたった+30cmしか大きくなってない割にはファミリーカーとしては充分な広さを持つので、順当に選ぶならベストセラーカーの CX-5 ですね。

そんなマツダはフォード傘下時代に徹底的にコストの使い方やブランド戦略を仕込まれたと聞きます。今のマツダデザインを成立させる礎を作ったのはフォードです。そんなフォードが本日、日本市場から撤退するというニュースが流れてきました。円安とは言え、車選択の多様性がまた少し失われるのは切ないですね。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さて、宮ヶ瀬湖からの帰り道。

5D325467

パンクしました(´Д⊂ヽ


ヤビツ峠(心霊スポット & 頭文字Dの聖地の1つ)方向は夜間通行止めだしそもそも何か出そうだし(笑、いつもの国道412号線で愛川町方面ではなく、通るのは初めてでしたが県道64号線で清川村方面にダウンヒルしてきたんですね。街灯もほとんどない峠道で、ちょっとナビに目をやっている間に路面に何か落ちているのに気がつきまして、ずっと前向いて集中してれば避けられたんでしょうけど、今回は気が付くのが遅れてなんだか分からないけどそのまま踏んでしまいました。

踏んだ瞬間、それが踏み潰されて砕ける感触がして、一瞬のことだったのでよく分かりませんでしたが、たぶんビンのようなもの…クラフトビールに使われるような茶色い小さ目のビンのように見えました。結構思ったより大きな衝撃だったので、タイヤやっちまったかな?と思ったんですが、特に走行フィーリングに異常なかったので、そのまま30km以上走行して帰宅。

帰宅直前にコンビニに寄ったんですが、コンビニを出て自宅に着く直前に初めて違和感を覚えて。ああ右前が下がってると。たぶんビン踏んだときにはパンクまでは行ってなくて、コンビニの駐車場で微速でステアリングを切った際にトドメを刺したかなぁと。

まぁ真っ暗な山中のダウンヒルで路頭に迷わなくて良かったです。たまに本気で攻めてくる人がいるので、あんなところでスペアタイヤに交換とか命懸けだと思います。

とりあえずその日は寝て、翌朝スペアタイヤに交換。


5D325468

車載スペアタイヤ使うのって、20年ぶりくらいかな。


5D325472

ディーラーの定期点検項目にスペアタイヤもあるので、空気圧はバッチリの筈です。


5D325470

車載工具には交換したホイールを包む厚手のビニール袋まで付属。こういうところ、さすがアウディだなぁと思います。さすがに軍手までは付属しませんが。


このあと、オートバックスまで自走してタイヤ交換しました。もしかしたらパンク修理(1,620円)が可能かも?と淡い期待を抱いていましたが、パンクした箇所が接地面とサイド面の境界付近で、しかも穴ではなくて裂けているとのことで修理は不可。1.5万キロほど走行したタイヤなので1輪だけ交換というわけにもいかず、フロント2輪の交換に。

横浜ゴムのAdvan dBを履いていましたが、今更ハイエンドタイヤを買う気も起きず、そもそもAdvan dBは在庫切れとのことで店頭在庫品から選ぶことに。「ミシュラン・プライマシー」「ブリジストン・エコピアEX20」「ピレリの何か」の3択でしたが、一番安かったブリジストン・エコピアEX20を選択。

5D325484

エコピアって少し前だとプレイズって呼ばれていたカテゴリーの商品で(またプレイズに戻ったようですが)、いわゆるブリジストンの普通グレードの看板商品。諸々の性能(エコ性能以外)はAdvan dBに劣りますが、1.5万キロ走ったdBと新品のエコピアEX20では、静粛性には有意さを感じませんでした(笑。プラシーボ効果かも知れませんが、転がり抵抗は少ない感じがします。

dBも初めて履いた時にはグニャッとしてるなぁと思いましたが、エコピアEX20はさらに輪をかけてゴムっぽい感じ。まぁ10年前の欧州車のソリッドな乗り味にも最近疲れてきたので、悪くはありません。荷重指数/最高速度もdBと同じ91V(615kg, 240km/h)なので、たぶん普通に同じように使えるんだろうと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WebCGに新型Audi A4の試乗記が出ています。
新たな“台風の目”現る / アウディA4 2.0 TFSIウルトラ(FF/7AT)

グレード名「ウルトラ」って、同社の軽量ボディの技術名称から来ているんでしょうけど、新しいですね。現行モデルより確実にステップアップしているようですが、現行モデルだって恐ろしい完成度ですからね。もし新型が本当に3割も価格アップするのであれば、私は熟成の進んだ(値引きも大きいであろう)現行モデルを選びます。問題があるとすれば、最近愛車A3の調子が良くて今すぐ車を買う動機がない(ぉ というくらいですかね。

新型はメーターが液晶になっていますが、Audi TTと違ってちゃんとインパネ中央にナビ画面がありますね。ナビ画面が運転手からしか見えないのはファミリーサルーンとしては問題があると思うので、これは良かったとおもいます。ダッシュボードが水平基調なのは同クラスのVW Passertの影響を受け過ぎのような気がします。

あとは進化を期待する部分はDCTの低速及び後退登坂時のギクシャク感がどれくらい低減されているかですね。まぁそこが改良されていても価格3割アップほどの価値は感じられませんが。今回も継承されてしまった悪しき伝統「エンジン+トランスミッションを室内側に食い込ませる」という設計思想は残念です。そういうことをしないとBMWと差別化できないのでしょうか。




ツマから「次は国産で」と言われているのでVW/Audiは選ばないんじゃないかと思いますが、今お付き合いしているAudiディーラーの対応は素晴らしいだけに惜しいところです。うちのA3がよく壊れたのも、日照が原因じゃないかなぁと思っています。というのも、以前住んでいたところ(A3を9年間置いておいたところ)はかなり日照時間が長く、欧州車の劣化しやすい部分がモロにダメージ受けたような気がします。一方、今の家の駐車スペースは年間を通じてほぼ日陰なので、もしかすると劣化が少ないんじゃないかなぁと思っています。




それと、VW/Audiと言えば例の事件ですが、販売台数に対する影響って思ったほどではないんですね。影響の大きい本国、アメリカ、日本あたりでも2〜4割減程度とか? そして思いのほか早く対策が出てきていました:

窒素酸化物(NOx)案件:お客様に通知すると共に対策を開始

驚いたことに最も販売台数の多い欧州市場での対策がソフト書き換え(一部モデルは簡単な対策部品追加)で出力にも燃費にも影響を与えないで対策が可能、という方針が示されました。日本の正規輸入車には対象はありませんし、北米は最悪エンジン載せ替えか車両買取の可能性もありますが、世界的に見ると影響は限定的になるでしょう。そして中国ではVW/Audiは相変わらず勢力を伸ばしているのです。

もし欧州もソフト書き換え程度で済まなかったら、その莫大なコストは誰が負担するの?と考えた場合に、同社と関わりを持つことはちょっと面白くありません。ですので、距離を置いた方がいいのかなと思っていましたが、世間様は思ったほど気にしていないことと、ファイナンス的な影響も少ないと言うことであれば、ツマに眉をひそめられるかも知れませんが、VW / Audi 車が再度検討の俎上に上ってくるかも知れません。

余談ですが、WebCGのスマホビューは有料で、しかもPCビューに切り替えることができません。しかしiOS9からSafariの「再読み込みボタン」の長押しでPCビューに切り替えられるようになってしまったので、課金制度が事実上意味がなくなってしまいました。いつまでこんなことを続けているのでしょうか?「PCビューへの切り替え方を知らない」情報弱者だけに課金するのは感心しませんね。

--
チョロQ Q-eyes QE-02 SUBARU WRX STI 【日本おもちゃ大賞2014 イノベイティブ・トイ部門 優秀賞】(Amazon)

このページのトップヘ