クマデジタル

迷ったら、高い方


クルマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
セダン265万円、ハッチバック280万円。ずいぶん立派になってしまって…
いっそCIVICではない名前にした方が良かったのではないか。

pic_styling_main-1

ホンダ特有の「大きいホイールアーチに、小さいタイヤ」というデザインはそこそこなりを潜めてきた。概してホイール周辺の隙間は、輸入車やマツダ、日産ほどカッコ良くはない。
でも伸びやかなスタイリングは、かなり好み。後ろに向かって上がって行くショルダーラインと、それと平行に走るドア下部のプレスラインがそこはかとなく同社のNSXを連想させる。ボンネットの左右端が中央部より盛り上がってるのもいい。後出のハッチバックより、実用車であるはずのセダンの方がパーソナル感・スペシャリティ感が強いのは最近のデザインの傾向か。


pic_styling_main

こちらはUKで生産されて、カウント上「輸入車」の扱いになるハッチバック。
意外にもトランク容量は全長が長いセダンの方が大容量だが、後席の居住性や後ろからの日射に関してはこちらの方が良さそう。そして世界初となる、「横引き機構」のトノカバーが標準装備。リアシートを倒して容量を稼ぐような場合でもトノカバーをどこかに撤去する必要がない。この「左右両開き冷蔵庫」的な発想はUK生産でありながらも日本の設計らしいところ。

メーカーサイトでインテリアを見てみると、未来的造形に対して樹脂パネルのシボ模様が旧世紀的。欧州車のようなサラサラとしたマットブラックならなぁ。


2016 CIVIC

写真は大陸で見かけたCIVIC。細部こそ違えど、街では概ねこういう風に見えるのか。


5D4A5319

社会人になって最初に買ったクルマはシビックだった。
いま当時の情報を見返したら、買ったグレード(フェリオ・VTi)はなんと130万円だった。そこからABS、たくさんのエアバッグ、ホンダセンシング、アルミホイール、ターボ、電動パーキングブレーキ、EPS、消費税…等々足していくと、265万円は魔法でも何でもなく、それだけカネのかかっているクルマということになる。


5D4A5320

ジョディー・フォスターですね。「フェリオ!」

シビックで始まった会社員生活を、シビックで締めくくるのも悪くないかなぁと少し思った。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Audi Q2が日本に投入されました。

MQBプラットフォームを使い、A3とほぼ同じ広さ、ほぼ同じ価格と噂が出ていましたが、フタを開けてみればA3より少し高い感じ。ざっくり言ってしまうと、ほぼ同じ装備のA3と比較して、「排気量が1.4から1.0になって、20万円高い」というイメージ。まぁ世界的に見てSUVボディ形状はプレミアを乗せてくる傾向にあるので、こんなものでしょう。

今までAudiといえばスッキリとした…でも緻密に設計された、どの角度から見ても破綻しない面構成が特徴でしたが、今回はあえて面構成を複雑にしたようです。そのため、見る角度によってはイメージを覆されるような見え方をする場合もあります。

エントリーグレードは200万円台からあって目を惹きますが、

- ハロゲンヘッドライト(ディスチャージでもない、ハロゲン!)
- 安全装備(レーダー類)付けられない
- リア席のフロアマット省略
- マニュアルエアコン
- フロント肘かけなし
- ルームミラー防眩が手動


という、欧州のベーシックグレードがそのまんま日本に入ってきてしまった印象。
(あちらはマニュアルトランスミッションでさらに安いですが。)
300万円近く出して、この装備は悲しすぎるべ…?

実際のところは、フロント席に肘掛けくらい欲しいし、エアコンもオートにしたいし、で、下から2番目のグレードあたりを選択することになると思いますが、純正ナビとレーダークルーズコントロール一式を付けた段階で、車両本体420万円。40万円値引きで諸費用20万円で、400万円ですか。

…まぁ、アリかナシかと言われたら、ナシかな(笑。

もっとも、類似形状のSUBARU XVあたりもディーラーopまでフル装備すると400万円を超えてくるので、もうクルマってそういう価格帯のものになってしまったのかも知れませんが。アルファードだって上は700万円ですもんね。そりゃ若者は買わないよ、というか買えないよ。


5D4A2997

ご多分に漏れずうちにもAudiさんから箸が送られてきましたが、
(箸袋がリーフレットになっている)


5D4A2999

#chopsticks? のハッシュタグの通り、
とても箸としては使えないような反った木の棒が入っていました。

よりによってブロガー宅にこういう個体を送りつけるなんて、ひきが強いねぇ…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ムスコは休日になると「箱根に連れてけ」と言うのですが、今日は朝から珍走団で叩き起こされて疲れも取れていなかったので、どこへも行く気はなかったんですが、午後の遅い時間になってからもムスコがうるさいので、渋々箱根へ(;´Д`) Google Mapsを見たら下りの道路自体は空いていたんですが、ターンパイク自体が謎の渋滞。来てみて、その理由が分かりました。




桜のトンネルになってるんですね、この季節。
これでは渋滞するわけだ…。
(私が着いた頃には渋滞は解消していました。)




なかなかに見事なドライブコースです。これはオープンカーで走ったらいいでしょうねぇ。ボクスターとかロードスターとかいましたけど。
道路の端に滞留しているのは散った桜です。






肉眼ではほとんど見えなかった富士山ですが、撮ったカットにPhotoshopの「かすみの除去」フィルターをうっすらと掛けたところ、富士山が浮き出てきました。あまりやると空にバンディングノイズが見えてしまうので、かけ過ぎないのがポイント。

おおっと、Photoshop CC フォトプランのイメージ写真と同じところからのカットだ(笑。
 ↓


Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom) 2017年版 |12か月版|オンラインコード版(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
以前から気になっていた「リンレイ 車内の靴キズ復元コート」を試してみました。


5D4A2356


5D4A2355

私、足が大きいので、靴で車のドアの内装キズ付けちゃうんですよね。これ、土汚れじゃなくて、拭いても取れないキズなんですよ。


5D4A2367

キズの箇所だけに塗り込んでみたら、なんかムラが出てしまいました。


5D4A2381

パネルの境目というか、キリのいいところまで全体に塗り込んでみたらいい感じになりました。完全には消えませんが、かなり目立たなくなります。耐久性についてはまだ分かりませんが、結構満足しました。


RINREI(リンレイ) 車内の靴キズ復元コート F-10(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Audi A3 の2017年モデルが日本に導入開始。

17

マイナーチェンジと呼ぶには大きな変更。
2016年モデルとの装備、価格の違いを列挙してみます。

【モデル構成】
1.4TFSI、1.4TFSI COD(シリンダーオンデマンド)、1.8TFSI Quattroの3モデル構成だったが、1.4TFSIと2.0TFSI Quattroの、それぞれに標準モデルとスポーツモデルがある4モデル構成になった。

ここで、Sportsbackの標準モデルは、1.4TFSIで300万円を切る価格、2.0TFSI Quattro は400万円を切る価格となっており、とにかく一見で安くしたかったことが窺える。何と言ってもこの2グレードは、これだけ高い車でありながら標準装備はマニュアルエアコンなのである。


【装備変更点】
  • 標準モデルはパドルシフトなし。オプションでも選べない。
  • 標準モデルは「ストレージパッケージ」がない。何を指すかは不明だが、Audiの他の車の例だとネットやトレイなどが省略されている可能性。
  • アウディサウンドシステム(MMIナビを付けない場合、スピーカーの数が10個→8個となる)
  • セダン 標準モデルでスーパーウーファー廃止?
  • 標準モデルはマニュアルエアコン
  • レーダークルーズコントロール、自動ブレーキは全車標準装備(マイチェン前から継続)
  • アドバンストキーシステム A3ではopでも付けられず。S3の専用装備になる。(誤植の可能性あり)
  • 標準モデルではアウディホールドアシストがopでも付けられず。しかしDSGが改良された可能性もあり。



  • 【メーカーop価格変更】(標準モデルに装備する場合)
  • MMIナビ 31万円→35万円(但しアウディサウンドシステム、スマホインターフェースつき、Audi Connectは3GからLTEに)
  • コンビニエンスパッケージ 22万円→28万円(但しオートエアコン含む)
  • アダプティブクルコン 9万円→標準装備
  • LEDライトパッケージ 14万円→16万円(リアが流れるターンライトに)
  • セーフティパッケージ 13万円(車線変更支援、車線維持支援、後退時の車両接近検出、渋滞時の自動運転
  • バーチャルコクピット 4万円(意外と安い!?)
  • レザーシート 標準モデルでは選択不可
  • サンルーフ 全車選択不可
  • アウディマグネティックライド A3では選択不可(S3は可)
  • ボディ色 紺色がS3専用色に。(深緑青色(コスモスブルー)と、明るい青(マコウブルー / macau blue)はある)

    →コスモスブルー 大人っぽいいい色です(7万円)
    →マコウブルーは12万円

    2016-audi-a3-uk-launch-001
    コスモスブルー 写真:ENGAGE SPORT MODEより

    43
    マコウブルー (Audi R8 LMX) 写真:Audiカタログより


    【合計額比較】
    ≪2016年ベースモデル≫

    1.4TFSI 本体 303万円(スポーツバック(5ドア))、321万円(セダン)
    MMI(31万円)、コンビニパッケージ(22万円)、クルコン(9万円)、LED(14万円)、パールカラー(7万円)を付けると、
    386万円(スポーツバック(5ドア))、404万円(セダン)


    ≪2017年ベースモデル≫
    1.4TFSI 本体 293万円(スポーツバック(5ドア))、311万円(セダン)
    MMI(35万円)、コンビニパッケージ(28万円)、クルコン(0円)、LED(16万円)、パールカラー(7万円)を付けると、
    379万円(スポーツバック(5ドア))、397万円(セダン)

    セーフティパッケージ 13万円とバーチャルコクピット 4万円を付けると、
    396万円(スポーツバック(5ドア))、414万円(セダン)

    相変わらず目を皿のようにしてみると、Webやカタログの情報には矛盾点が見つかり、どれは真実なのかは注文・輸入してみるまで分からない、というのが輸入車の醍醐味ですが(ぉ、モデルチェンジで価値向上で若干の値下がり、でも魅惑のオプション(セーフティパッケージ、バーチャルコクピット)新設定で絶対額としては値上がり、というところですね。性能・機能が向上しているので10万円ほど高くなっていても納得の範囲でしょう。

    Audiの他のモデルが軒並み値上がりする中、このA3だけは相変わらず戦略的な価格設定がなされているようです。A3はCセグメント高級車の先駆けですが、メルセデスやBMWの猛攻でこのようにせざるを得ないのだと解釈しました。

    ドアパンチ対策 ドアパンチガード シルバ(白系) 片サイド  駐車場のドア傷(Amazon)
  • このページのトップヘ