クマデジタル

迷ったら、高い方


クルマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ムスコと2人で頭文字D(イニシャルD)の聖地、榛名山にドライブしてきました。ムスメは部活だったので行けず、それ以前にそもそも興味がないとのことで(そりゃそうだ)。ツマも然り。なのでムスコと2人。

頭文字Dの劇中では「秋名山」と呼ばれていますが、実在する地名は榛名山。「はる」と「あき」というワケですが、「ではなぜ春名山ではないのか」というムスコの問いにはうまく答えられませんでした(;´Д`)

東京方面からの行き方としては、関越自動車道の渋川伊香保インターで降りると割とすぐに伊香保温泉と榛名山への案内看板が出ていますのでそれに従います。伊香保インター側からだと、頭文字Dに出てくる「秋名のダウンヒル」を逆に登っていく格好になります。

登りだしてすぐに「バトルの結末は、ダブルクラッシュと行こうぜ!」カーブが出てきます。そのあと「5連(4連?6連?)ヘアピン」が出てきますが、ここは止まるところがなくて撮影できず。




その後、拓海の「溝走り」の溝が出てきます。誰かが試したのか、または意図せず車輪を落としてしまったのか、なんかキズがついていますね…。溝走りを試すのは、かなり勇気が要ります。タイヤの側面傷つけてパンクの原因になりますからね…(夢のない話




その後も見覚えのあるような峠道を登っていくと、あっという間に「バトルのスタート地点」に着いてしまいました。道路左右のガードレールと、錆びた給水塔が目印です。ただ劇中と違って、自販機はありません。




劇場版1の冒頭に出てくる「1,170M」の看板。

さらに少し走ると、道路に切ってある溝により所定の速度で走ると「静かな湖畔」のメロディを奏でる「メロディライン」というのがあります。そこを超えると、間もなく榛名湖が見えてきます。




榛名湖です。劇中で何かにつけメンバーが集合したり、デートしてたりする湖です。朝早かったせいか、思ったより人は少なかったです。奥のホテルが、藤原とうふ店が毎日豆腐を届ける先ですか?

湖畔に何件かお土産屋さんがあったのですが、いずれのお店も昔ながらの雰囲気、営業スタイルなのが印象的でした。あれでお店が成り立っているのが驚きです。




榛名富士(右)と、烏帽子(えぼし)山。特徴的な形状をしていますね。

さて人出も少なく割とスムースに聖地巡礼ができてしまったので、次の目的地へ。ムスコが事前に調べていた「頭文字Dの展示がある自動車博物館」というのがあるらしいので、行ってみました。




正しくは「伊香保おもちゃと人形 自動車博物館」と言います。入るとすぐはこういう感じで、ああ人形博物館ですね、という印象。その後は「三丁目の夕日」的な展示が続き、展示の物量は豊富なのですが、コンセプトとしては他でも見たことあるような感じの展示が続きますが、真骨頂は後半。




後半、趣ががらりと変わり、「自動車博物館」パートとなります。ここの一角に…




移築した「藤原とうふ店」が!
藤原とうふ店って、実在してたんですね。知りませんでした。
ムスコよ、こんな情報、どこで仕入れた…。




売店も「頭文字Dのプラモ」がこんなに並んでるの見たことがないほどの充実度。ほか「とうふ用醤油」や、色紙など、頭文字D関連グッズの充実度ではここが最強なのではないでしょうか。

さて次は、榛名山に向かう途中にある「ディーズガレージ」というクルマと軽食を売る店です。



クルマはそれこそ「AE86藤原とうふ店仕様」の実車とか売ってるんですが(価格は「ASK」になっていましたが、いくらするんだろう…)食べ物の方は「頭文字Dをイメージしたプリン」と「ソフトドリンク」程度しかありませんでした。

自動車博物館に置いてあったこの店のチラシには「パンダトレノをイメージしたカレー」や「パンダトレノのタイヤ&ホイールをモチーフにしたケーキ」もあることになっているのですが、店に行ってみると「COMING SOON」とのこと。今年(2016年)3月にオープンしたばかりというのは解るんですが、プリンも1個600円しますし、ちょっとケーキかカレーでもつつきながら休憩、という雰囲気にはならなかったのが惜しいです。もうちょっとちゃんと品揃えができてからオープンした方が良かったのではないでしょうか…。

全体的に思ったより空いていて、なかなか楽しめました。あと案の定なんですが、榛名山の峠道は「それっぽいクルマ」がやはり多めになりますね。ムスコ、大興奮でした。

にしても、この山をベースに腕を磨いて世界を目指す、というのはなかなかストイックですね。



ドリフトパッケージナノ 05 トヨタ スプリンタートレノ(AE86) ハイテックツートン(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
スバルがお台場で体験型イベントを開催するというので、インプレッサとBRZ好きの下の子を連れて行ってきました。



どんな体験ができたかをレポートします。




まずはフォレスター。X-MODEを使って易々と急な坂を登ったり、下り坂でスピードを維持するヒルディセントコントロールを体験することができます。これは自分で運転することはできません。助手席に座るだけです。

フォレスターって初めて乗りましたが、これしか乗らないと不満ないですね…。見切りが良くて、いいクルマだと思います。そしてX-MODE含め、300万円のクルマとは思えない完成度の高さです。




EyeSightの衝突防止機能の体感。これは有名なデモですね。しかし朝一番に行くと、あまり人がいません(;´Д`) 何度でも乗れちゃうよ…。これも助手席に座るだけです。




ムスコの希望でレヴォーグではなくS4に乗りました。まぁ前見てる分には同じですけど(;´Д`)
助手席からの眺め。あーCMとかで見るあの障害物ダミーだ(笑。




自動停車位置比較。速度が速いほどぶつかる寸前まで行くので、停止位置にバラツキはあります。





タブレットで自車の絵を描いてそのままタブレットをコントローラーにして遊べるデモ。似ても似つかぬBRZ。スバル車関係ないです。




スラローム走行などでスバルのシンメトリカルAWDによる安定性を試せるというコーナー。これは自分で運転できます。私は試しませんでしたが、あんまり飛ばさないので安定性は解らないだろうなぁ…。




公道試乗コーナー。これらに乗りたい場合、入場したら速攻予約しに行くことをおすすめします。試乗枠は30分単位なので、予約に出遅れるとどんどん遅くなります。




私はムスコの強い要望でBRZに。試乗コースはお台場ガンダム前からゲートブリッジを西から渡って、東側でUターンして帰ってくるコースです。けっこう距離長いです。

BRZには初めて乗りましたが、いやぁ日本でもこういう車が作れるようになったんですねぇ。アウディTTの70%くらいの乗り味(私見)で、価格は半額以下ですからね。ただスバル車と言うよりは、やっぱりトヨタ車ですね。他のスバル車とは色々違っている箇所が多いです。




今日は風が強くていくつかのイベント(主に体験型ではないもの)が中止になっていました。




スタンプラリーに参加して、体験型イベントを1種類以上を含む3イベントに参加すると、もれなく「ぶつからないミニカー」が貰えます。ただ、ぶつからないミニカーにもバージョンがあるようで、私が頂いたのは単純なぶつからない機能だけのミニカーでした。他に黒線追従バージョンとかもあるんですよね?今回は配ってないのかも知れませんが。

車種がアウトバックなのはたまたまです。(選べません。)


公道試乗の予約に出遅れたので、予約した試乗枠が夕方になってしまい、まる1日かかりました。効率よく回れば半日で堪能しきれると思います。

4/30,5/1も開催するので、興味があれば、ぜひ。


--
ぶつからない車を作れ アイサイト開発秘話(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
珍しく還元率の大きなAudi A3の販売キャンペーンが行われています。

1604_a3_navi_01

31万円相当の純正ナビ(MMI)が無償で付いてくるとのこと。

Audi A3については昨年9月に25万円の値下げが行われていて、円安って何ですか状態が続いていますが、そこへきてVW Groupの不祥事などで売れていないのでしょうか。

先日フルモデルチェンジしたAudi A4は同等モデルで前モデル比+150万円近い強気な価格設定で、TVK「クルマでいこう」でも岡崎五朗氏に「価格がバツ」とダメ出しされていました。

今年の夏にはAudi A3は大幅なフェイスリフトが予定されているようで、新型A4に似たソリッドなデザインと、A4やTTで採用済みのスピードメーター部全体が液晶になっている「バーチャルコクピット」も採用される模様。そこに最新の安全センシング技術をてんこ盛りにして、+100万円あたりの価格レンジに持って行ってしまうのでしょうか。いや、現在でもVW GOLF比で+50万円とか言われているのに、そこにさらに上乗せってあるんですかねぇ。まぁ価格の辻褄を合わせる見せかけだけの3気筒モデルとか出そうですが。→本当に出てました(マジデスカ…)

A4はバーチャルコクピットがあってもインパネ中央部に普通のナビ画面が付いていましたが(つまりナビ画面が2つある)、TTではインパネ中央部のナビは省かれていました。A3だとどうなんでしょう? 普通のナビ画面は省かれちゃいますかねぇ。

ところで、気になることがあります。

自動ブレーキなんですが。アウディでは「アウディブレーキガード」って呼んでるんですが。これが今のA3のカタログに載っていません。2014年から標準装備化されたはずなんですが、なくなってしまったのかとインポーターに確認したところ、アダプティブ クルーズコントロール(ACC)の機能の一部としてちゃんと搭載されているとのこと。

しかし自動ブレーキについてはそれが付いている車種はいま一番訴求すべきポイントなんじゃないかと思いますが、なぜカタログから消えてしまったのでしょうか。「カタログ表現上の自主規制?」「A4との小さくない性能差?」「法規制?」「他社比で劣るから?」いろいろ理由は妄想できますが、いずれも嬉しい理由ではないことは共通しています。



Audi Sport quattro アウディ クワトロ 金属ステッカー

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
LEVORGの年次改良モデル(C型)がリリースされました。

36


変更点としては、

・1.6GTモデルの樹脂キャップ+アルミホイールが、アルミホイールに変更
・2.0GTモデル廃止
・静粛性向上
・内装色設定変更
・後席左右シートベルトにプリテンショナーを追加
・価格据え置き

といったところで、かなり堅実というか地味な改良です。装備補強で価格は据え置きなので、お買い得度が僅かに向上していることになります。事前の噂ではハイブリッド追加という話もありましたが、C型と一緒には出ませんでしたね。ボンネットの穴のなくなったLEVORGも見てみたい気がします。
それとスバルって、シートベルトのプリテンショナーはともかく、テンションリデューサーには最近あまり熱心ではないですね。ぜひ欲しいんですけど…。

LEVORGとOUTBACKってどちらも甲乙つけがたいですよね。クルマとの一体感でLEVORG、ゆったり安楽でOUTBACKなんでしょうけど、車体の大きさはともかく値段は拮抗しているので、どちらを選んでももう一方が羨ましくなるケースは出てくるような気がします。

ウチの車の買い替えは貯金が見通せないですねぇ…。最近A3が安定しているというのもありますけど、このまま調子がよければ、もう1回車検を通しそうな気がします。最近いろんなことにお金がかかるので…。そうこう言っているうちに、OUTBACKが国内から廃止になって、選択肢が自動的にLEVORGしかなくなるというオチもありそうな気もします。

--
チョロQ Q-eyes QE-03 DAIHATSU KOPEN 【日本おもちゃ大賞2014 イノベイティブ・トイ部門 優秀賞】(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Audi A3 Sportback (8P-BLR)2006年型の10年目の法定点検費用を公開。



・タイヤローテーション不要(先日交換したばかりなので)
・ワイパー交換不要(自分でやってるので)
と注文した結果、他に特に悪いところもなく(ウインカーの件はあるけど)、比較的あっさりした感じに。品質の安定期に入っている気がするなぁ。なお走行は約85,000km。

不思議なのはブレーキパッドで、昨年フロント5mmだったのが、今年はフロント7mmに増えている。ブレーキパッドって成長するのかよ!(ぉ



勿論、測定がかなりいい加減なんだろうなぁ、というのは想像に難くない。とはいえ、そんないい加減な測定で何万もするブレーキパッド交換のタイミングが左右されてはたまらない。




ちなみに直近のおすすめ交換項目は上記の見積もりの通り。ただ、ディーラーは私があと1〜2年しか乗らないと思って、「ムダでしょう」と交換を熱烈に推奨はしてこなかった(1枚目の見積もりには「要交換」とあるが、どうやら見積もりシステムの定型文で劣化水準に関係なく勝手に入ってしまうようだ)。オイルレベルゲージも本当にヤバくなったら吸気異常ランプが点くだろうし、スパークプラグも欧州本国では17万キロくらいが推奨交換サイクルとのこと。ブレーキパッドはもう測定なんかあてにしないでパッドの目視と動作音で判断すれば大丈夫なのかな。

このページのトップヘ