クマデジタル

迷ったら、高い方


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事はお客さんのところに常駐しての摺り合わせ開発だったんですが、我々のような押しかけ開発チーム用の冷暖房完備のプレハブ小屋が用意されていて、割と快適に仕事はできたと思います。ただ、仕事自体はとてもハードで、最初の2日は気持ちばかり焦ってしまい昼飯抜き、ペースを掴んでからも飲食店が開いている時間に帰れないこともしばしば、晩飯難民にもなったりしました。コンビニなんかありませんので。最終日には徹夜もしたなぁ…。

私がチームリーダーだったんですが、メンバーのベテランや若手古参から渡しの不甲斐なさを毎日のように責められ、精神的にはかなり参りました。朝、ホテルから客先に移動する途中で涙が溢れてくるとか、もうメンタル病寸前じゃないですか。帰国した今は平気ですけど。




向こうの主食はこの写真のよう芋で、日本で言えばモスバーガーのそれにかなり近い。ヘタするとそれにマヨネーズを付けて食べていたりするんですが、こんなハイカロリー環境でも3週間で5kg痩せましたからね。途中、熱を2回ほど出し、2回とも一晩で回復させましたが、その後もお腹の調子が悪い状態が続いたり、現地料理に舌鼓、なんて状態ではあまりなかったですね。

コンビニはないですがミニスーパーのようなものはあり、とはいえ日本の商店と比較すると棚もスカスカで何を買っていいか困ってしまいます。それでもカップラーメンはいつ行っても売っていたので、夕食をそれで凌いだことも何回かありました。現地のカップラーメン、なかなか侮れなかったです。日本のメーカーでなくてもここまで作れるのかとちょっと驚きました。




もうちょっと大きいスーパーが開いている時間帯ならこういうものも買えますが、1回食べればもういいや、的な単調な味。日本のコンビニ弁当のほうがよほど繊細で美味いです。しかも写真左のとか、日本円で650円くらいするんですよね。




飲食店が開いている時間に帰れれば、有名な地域なのでビールの1本も注文するんですが、英語があまり通じないので凝ったビールも頼めず、毎回Jupilerになってしまうと言うね…。これたぶん、日本で言えばアサヒスーパードライ的な位置づけだと思います。


朝はホテルのビュッフェですが、毎日全く代わり映えしないメニューなので、1週間で飽きました。スクランブルエッグに卵の殻が入っているのはデフォルトなんですよね。チーズとハムは美味しかったです。

日本に帰国後、感動したのは醤油の味ですね。自分が欲しかったのは醤油の味だったのかと。現地でも野菜出汁、肉出汁、魚(主にマリネかムニエル)は食べられましたが、醤油は完全に断たれましたからね。

土日返上で働き続けましたが(土日の方がお客さんのテスト環境を占有できるので効率が良い)3週間で2日ほど休みを設定して、観光をしてきました。そのレポートは後日。


高級ベルギービール飲み比べ6本 Aセット【シメイ、デュベル、デリリュウム、ドンゲルローブロンド他】 専用ギフトボックスでお届け(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GPSを用いることで世界のどこでも現地の時刻に自動合わせが可能…というASTRONですが、果たして実際どうだったでしょうか。



どうもASTRONには受信モードが2つあるようで、「毎日明るくなると自動合わせ」だと衛星補足が1つくらいでもOKなようなんですが、「強制的に再受信」する場合だと衛星を3〜4個以上捉えないとダメなようです。

で、現地に着いたからといって「明るくなると自動補正」というモードには入らないので、強制再受信操作をすることになります。ところがですね…

空港に着きます。もちろん屋内なのでGPSは受信できません。
空港でレンタカーを借ります。レンタカー駐車場はブリュッセル空港の地下なのでGPSの受信はできません。



レンタカーで走り出します。空港からすぐ高速道路で、欧州の道路は交差点も「ランナバウト」で止まるところがほとんどないので、高速移動中はGPSの受信がうまくできません。

という訳で、空港から1時間以上かかる田舎のホテルに着いてからようやく時刻合わせが可能になったのでした。どうですか?なんとなく夢を壊されません?(笑


DSC06092a

ところでボタンを軽く押しただけで目覚ましが鳴ってしまうブラウンのダメ時計ですが、同型機を持つ方から「ウチのはそうはならない」と指摘され、初期不良扱いで先ほどヨドバシに送り返しました。ちなみに帰りの便の預け荷物にこの時計を入れておいたところ、預けた瞬間から目覚ましが鳴り出し、カウンターの人に呼び出されて「怪しい電子音がする」という理由で荷物を突き返されるというアクシデントのタネにもなりましたけどね!そりゃ飛行機の預け荷物から電子音がしたらヤバいですよね。ANAカウンターの前で係員に囲まれてトランク開けて荷物ひっくり返して時計から電池を抜くのはかなり恥ずかしかったです。最初から電池を抜いておけって話だとは思いますが。

しかしホテル滞在期間中にもOFFにしておいたのに鳴り出すし、この時計のお陰で何度か嫌な目に遭いました。めっちゃ印象悪いです。


5D326884

ああ、そういえばデジカメの地域設定も元に戻しておかないと、ですね。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
久しぶりの更新です。



実は仕事で3週間ほど欧州方面に行っていました。現地はとても田舎だったので3G通信すらままならなく、成田空港で借りていったモバイルルーターは2Gで繋がればまだ良い方で、ヘタすれば「パケ詰まり」が頻発するという状態でした。Yahoo!ニュースの画像すら表示されないときがあるんですよ。

まだ時差ボケが酷くていつもにもまして文章構成力が怪しいところですが、記憶の新しい岐路からのレポートをしたいと思います。

行き先となる空港はブリュッセル。写真はブリュッセル空港から離陸したときの眺めです。離着陸時における電子機器の利用が大幅緩和されたので、このような写真も撮れるようになりましたね。




ただ、座ったのが(あえて選んだんですが)最後尾列に近い2列シートの席で、窓から結構距離があるんですよね。それなりに快適ですが、窓側を選んでも外は眺めにくいですね。




夜に飛び立っても日本への帰国便なので数時間で朝になります。この窓とのスペースの間に行儀悪く「でーん」と足を放り出したいんですが、窓側の肘掛けが動かないのでそれは叶いません。

ブリュッセルへはANAがボーイング787を使う直行便を昨年秋から運行していて、割と便利です。運賃は会社手配の航空券で片道10万円くらいでした。ボーイング787の航続距離があってこその直行便設定なんでしょうね。




ボーイング787に乗ったのも初めてですが、新しい機体ですし、「ドリームライナー」というくらいなのでどれくらいドリームなのかと期待しましたが、ちょっと期待が大きすぎた印象でした。寒すぎたので天井の空調吹き出しを全閉にしたのですがそれでも空気が漏れてくるし、座席前のテーブルは壊れて傾いてるし、液晶画面のタッチパネルは全然反応しないしで、新しい機体なのに劣化してるなぁという印象を持ちました。一方でブリュッセルへの到着前にアロマの香りでお目覚めタイムだったり、窓の不透明度が何段階にも変化させられるのは新機軸を感じるところです。





5年目となる3.11の14:46はだいたいこのあたりで迎えました。




機内で提供されるカップもこんなデザインで。
中身は3月から提供開始のANA30周年記念メニューの1つで、「茅乃舎」と共同開発したという野菜スープ。もう機内が寒くて(前の晩仕事で徹夜したから体調がおかしかったんだと思いますが)離陸1回目のサーブでCAが「冷たいお飲み物をお持ちしました」と言ってるのに「野菜スープください」とか注文してしまい、「お食事の時にお持ちしますね」とやんわりと断られるという始末。

2回目のサーブの時に同じCAに「野菜スープください」と注文したところ、「インターネットか何かでご覧になりました?」と尋ねられました。私はこのスープが提供開始されたばかりの30周年記念のスープだなんて全然知らなかったんですけど、座席のポケットに入ってたメニューで目に付いたから注文したんですよ。

しかし肉類を一切使わない野菜だけのスープなのに、驚きの美味しさでした。これ、粉末タイプを羽田空港とかで売ってくれないかなぁ。




30周年記念のステッカーももらいました。ガンダムの30周年でANA限定ガンプラを作るなら、ANAの30周年記念でもガンプラ作ってくれればいいのに!(ぉ




最近某氏が引っ越しした白河市近辺を通過。




空から見るとこんな感じですが…うーん、どのあたりなのかよく分かりません(汗

このあと、霞ヶ浦上空通過で成田空港に向かうコースだったので、実家見えるかな?と期待したのですが、



空港が混んでいたのかなんだか知りませんが、とても迂回するコースに(;´Д`)実家見えねー。




もっとも雲の状態もこんなのだったので、上空通過しても見えなかったでしょうけどね。


ネタはたくさんあるのでしばらく欧州エントリーが続くと思います。
CP+に行けなかったのが残念です。



  ↑これで塗ればどのモビルスーツもANA仕様に(ぉ

このページのトップヘ