クマデジタル

迷ったら、高い方


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
休みその2はベルギー西部、ブリュッセルからだと北になるブルージュという街に行きました。ガイドブックによると「絵本のような街」と形容されていたりしますが、確かにこれはメルヘンチックな街でした。とはいえ、わざわざそういう風に作ってるんじゃないんですよね、きっと。この風土と文化と歴史の擦り合わせの結果こうなったのであって。

撮影はパスタの写真以外はすべてRX100M3。




ベルギーに来たのにずっとそれっぽいワッフルを食せずにいましたが、2週間目にしてようやく食べることができました。観光客は必ず来るであろうマルクト広場の一角にあるカフェです。うん、いかにも観光客が期待するワッフルって味だ。コーヒーセットで11ユーロ。アイスクリームの部分はたぶんハーゲンダッツ。これがこの日の朝食でした。




マルクト広場の周囲の建物。このあと、写真右側にある鐘楼塔に登ります。

心のどこかに鐘楼塔は10ユーロも入場料がかかるし、エレベーターくらいあるだろうという気持ちがありました。しかし甘かった。そんな文明の利器はありません。366段の階段を上ることになります。
入り口にはこんな注意書きがあります:
The ascent of the tower with its 366 steps and narrow and steep passages significant physical effort. Please wear the right shoes.
「かなりの物理身体的な努力を必要とします」ひー(;´Д`)




登り初めて割とすぐのところにある巨大オルゴール。




心臓バクバクさせながら物理的な努力をして登頂!(;´Д`)ハァハァひー死ぬー。
絶景も半分くらいしか頭に入りません。
しかも降りた後、足が痙ってえらい目に遭いました。




足の痙ったのが回復した後、また街を散策します。うーん、自動車を従える馬車、いいですねぇ。本当に絵本の世界みたい。




ブラウンシュガーらしいですよ奥さん。






ブルージュはレース産業が有名な街でもあります。ということをブルージュに向かっているときにLINEでツマに教えてもらいました。




「たぬき」という日本食レストラン。日本で修行した現地シェフ?がやっているようです。ランチで30ユーロから。高いよ!




世界遺産の1つ「ベギン会修道院群」の前に来ました。このあたりは白鳥が生息していることで有名なのだそう。




ああ、まさに絵本の世界だ…。もうちょっと花咲くシーズンだったら良かっただろうなぁ。




ベギン会修道院群の中庭?と言ったらいいんでしょうか?




さて、ブルージュも満喫したし、そろそろお腹が空いたので、少し海の方に移動してシーフードを食べたいなと、近くのオーステンデという街に来ました。まるで葉山のヨットハーバーみたいな場所沿いにある適当なレストランに入りました。とはいえメニューがオランダ語で何が書いてあるのか全く不明なのであまり凝ったものが頼めず、google翻訳(便利だー)と格闘して日本でもお馴染みのボンゴレに。

塩味濃いめでしたが、驚くほどアサリが入っていて、美味しかったです。




オーステンデの海岸。北海です。見た目、茨城の阿字ヶ浦海岸とそんなに変わらないですが(ぉ 海の向こうにイギリスは…さすがに見えません。




海岸沿いにはリゾートマンションが建っています。小売りされているようです。価格は日本円で1,500万円〜5,000万円ほどと、日本の相場と大差ありませんでした。この景色はむしろ熱海っぽいですね。




海沿いをドライブ。




最後にオーステンデの市街地を少し観てこの日の旅はおしまいにしました。

日本から観光に来る場合、ブリュッセルだけでは勿体ない、もう少し時間があるので足を伸ばしたい、というときに最適な観光地という位置づけだと思われます。ブリュッセルとはまた少し違うメルヘンチックな世界は女性に特に人気がありそうです。


SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3(Amazon)




  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事の間の休日その1は、ベルギー国内観光そっちのけで、隣国オランダのアムステルダムに行ってきました。どうしてベルギーではないかと言いますと、この時点では出張期間中に何日休めるか見通せなかったので、ベルギーは最終日に帰りの飛行機に乗るまでの数時間で観光すればいいだろ、折角なら丸一日かかるところに行こうぜ!ということになり、著名な観光地であるアムステルダムへ。

陣取っていたホテルはオランダとの国境まで2km程度しかなく、アムステルダムまでもクルマで2時間程度。東京からだと沼津か北茨城あたりに行くようなイメージです。国境も検問も何もないですし。




早朝に出掛けたので中心街の駐車場(人が乗ったままエレベーターで持ち上げられる立体駐車場)にもラクラク停められました。ここは駐車場からの景色。




駐車場を降りると(人間用エレベーターはなし!)、早朝から「花市場」が開店しています。オランダですからね、花ですよね。ただお土産に持ち帰ると検疫とか必要になるやつですね。







銀座の1本裏通りみたいなイメージですが、これも早朝だからこんなのですけど、4時間後にもう一度通ったらまさに銀座並みの混雑度でした(笑。

そういえばここでは大麻とか合法なんですよね。確かに普通に売っていました。




ダム広場の王宮。○○ダムではないですよ、ダム広場。ここも4時間後にはえらい人出になります。




あと近くに何かないかなぁと探したところ、「アンネの日記」のアンネ・フランクの生家があるというので行ってみました。が、凄い行列でしかも全く進まず。10分ほど並んで1m程しか進まなかったので、ここで2時間も3時間も費やすのは勿体ないと、見切りました。




行列の先頭と生家はこんな感じ。




huis=オランダ語で「家」。あの「隠れ家」を隅々まで観られるんでしょうか。だとすると行列が進まないのも納得ですね。




アンネの生家には入れなかったので、隣の「西教会」に。こちらも有名なようですね。




西教会の中。撮影はRX100M3ですが、こういうの撮らせるとはまりますねー。




路面電車に乗ってアムステルダム中央駅に来ました。中はモダンでした。駅の裏側は海抜0mで海、みたいでしたけど、大丈夫なんでしょうねぇ。




駅の前から結構いろんな観光船が出ていて、1時間で18ユーロほどの料金の周遊船に乗ってみました。イヤホンが支給されて、日本語を含む17カ国語でガイドが聞けます。船から見える町並みは古いままを維持しているみたいですね。地盤が弱く、しかもネタ?として、傾いてしまった建物もそのままです。

どうもアムステルダムは夜に周遊するのが綺麗でいいみたいですね。




船を下りた後は軽くありきたりなランチを食べて、アムステルダム博物館へ。アムステルダム国立美術館と勘違いしたのは内緒です。そういえばランチのお店の若いウエイトレスは私語が英語だったなぁ。オランダ語でもドイツ語でもなく。国の勢いが弱いというのはこういうことか…。




ジェンダーフリーレストルーム。新しい。
用足しするのにうっかりカギ閉めるの忘れちゃって、入ってきたご婦人に叫ばれてしまったよ
(;´Д`)




博物館前の売店にて。おおぅ、これは不幸の手紙の封蝋じゃないですか…。




さて、暗くなる前に帰るかと、最後に何を見ようかと、オランダと言えば風車を見に来ました。




市の中心街から近めの風車に来たのですが、どうも有名な風車街は他にあったようで、ここの風車はこれ1つだけ。マイナーなのか、人気(ひとけ)がなかったです。霞ヶ浦の風車のほうが人出が多いです。

やはりオランダは4月からが観光シーズンなんでしょうね。観光目的で行かれるなら季節を選ぶことをおすすめします。2月とかに行ってしまうとこれらの写真のように天気も悪い日が多いし、花も咲いてないので。

そうそう、会社支給のWi-Fiルータはベルギー専用だったのでオランダでは通信できず、さて困ったなと、auの海外パケホーダイである「海外ダブル定額」を1日だけ使いました。googleが使えるのと使えないのでは、旅の効率が全く違いますからね。1日だけだからこそ2,980円の価値はあったと思います。ただ、「1日2,980円」の「日」のカウントは日本時刻基準なので注意が必要ですね。

--
herpa Wings 1/500 アムステルダム空港 空港ビルセット(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
行きの機内でかねてから気になっていた映画「スティーブ・ジョブズ」と「オデッセイ」を観ることができました。




舞台裏映画。終始舞台裏。従来とは違う切り口で作ったらしいので、これはこれでアリだとは思いますが、ジョブズ映画の最初の1本として見るのはちょっと違うかな、という気はします。ただの伝記物だと思うと「おお?」と思いますよ。




ジャガイモ映画。緻密な科学考証とご都合主義が同居。まさかこのあと欧州で自分がジャガイモ地獄になるとはこのときは知る由もありませんでした。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事はお客さんのところに常駐しての摺り合わせ開発だったんですが、我々のような押しかけ開発チーム用の冷暖房完備のプレハブ小屋が用意されていて、割と快適に仕事はできたと思います。ただ、仕事自体はとてもハードで、最初の2日は気持ちばかり焦ってしまい昼飯抜き、ペースを掴んでからも飲食店が開いている時間に帰れないこともしばしば、晩飯難民にもなったりしました。コンビニなんかありませんので。最終日には徹夜もしたなぁ…。

私がチームリーダーだったんですが、メンバーのベテランや若手古参から渡しの不甲斐なさを毎日のように責められ、精神的にはかなり参りました。朝、ホテルから客先に移動する途中で涙が溢れてくるとか、もうメンタル病寸前じゃないですか。帰国した今は平気ですけど。




向こうの主食はこの写真のよう芋で、日本で言えばモスバーガーのそれにかなり近い。ヘタするとそれにマヨネーズを付けて食べていたりするんですが、こんなハイカロリー環境でも3週間で5kg痩せましたからね。途中、熱を2回ほど出し、2回とも一晩で回復させましたが、その後もお腹の調子が悪い状態が続いたり、現地料理に舌鼓、なんて状態ではあまりなかったですね。

コンビニはないですがミニスーパーのようなものはあり、とはいえ日本の商店と比較すると棚もスカスカで何を買っていいか困ってしまいます。それでもカップラーメンはいつ行っても売っていたので、夕食をそれで凌いだことも何回かありました。現地のカップラーメン、なかなか侮れなかったです。日本のメーカーでなくてもここまで作れるのかとちょっと驚きました。




もうちょっと大きいスーパーが開いている時間帯ならこういうものも買えますが、1回食べればもういいや、的な単調な味。日本のコンビニ弁当のほうがよほど繊細で美味いです。しかも写真左のとか、日本円で650円くらいするんですよね。




飲食店が開いている時間に帰れれば、有名な地域なのでビールの1本も注文するんですが、英語があまり通じないので凝ったビールも頼めず、毎回Jupilerになってしまうと言うね…。これたぶん、日本で言えばアサヒスーパードライ的な位置づけだと思います。


朝はホテルのビュッフェですが、毎日全く代わり映えしないメニューなので、1週間で飽きました。スクランブルエッグに卵の殻が入っているのはデフォルトなんですよね。チーズとハムは美味しかったです。

日本に帰国後、感動したのは醤油の味ですね。自分が欲しかったのは醤油の味だったのかと。現地でも野菜出汁、肉出汁、魚(主にマリネかムニエル)は食べられましたが、醤油は完全に断たれましたからね。

土日返上で働き続けましたが(土日の方がお客さんのテスト環境を占有できるので効率が良い)3週間で2日ほど休みを設定して、観光をしてきました。そのレポートは後日。


高級ベルギービール飲み比べ6本 Aセット【シメイ、デュベル、デリリュウム、ドンゲルローブロンド他】 専用ギフトボックスでお届け(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GPSを用いることで世界のどこでも現地の時刻に自動合わせが可能…というASTRONですが、果たして実際どうだったでしょうか。



どうもASTRONには受信モードが2つあるようで、「毎日明るくなると自動合わせ」だと衛星補足が1つくらいでもOKなようなんですが、「強制的に再受信」する場合だと衛星を3〜4個以上捉えないとダメなようです。

で、現地に着いたからといって「明るくなると自動補正」というモードには入らないので、強制再受信操作をすることになります。ところがですね…

空港に着きます。もちろん屋内なのでGPSは受信できません。
空港でレンタカーを借ります。レンタカー駐車場はブリュッセル空港の地下なのでGPSの受信はできません。



レンタカーで走り出します。空港からすぐ高速道路で、欧州の道路は交差点も「ランナバウト」で止まるところがほとんどないので、高速移動中はGPSの受信がうまくできません。

という訳で、空港から1時間以上かかる田舎のホテルに着いてからようやく時刻合わせが可能になったのでした。どうですか?なんとなく夢を壊されません?(笑


DSC06092a

ところでボタンを軽く押しただけで目覚ましが鳴ってしまうブラウンのダメ時計ですが、同型機を持つ方から「ウチのはそうはならない」と指摘され、初期不良扱いで先ほどヨドバシに送り返しました。ちなみに帰りの便の預け荷物にこの時計を入れておいたところ、預けた瞬間から目覚ましが鳴り出し、カウンターの人に呼び出されて「怪しい電子音がする」という理由で荷物を突き返されるというアクシデントのタネにもなりましたけどね!そりゃ飛行機の預け荷物から電子音がしたらヤバいですよね。ANAカウンターの前で係員に囲まれてトランク開けて荷物ひっくり返して時計から電池を抜くのはかなり恥ずかしかったです。最初から電池を抜いておけって話だとは思いますが。

しかしホテル滞在期間中にもOFFにしておいたのに鳴り出すし、この時計のお陰で何度か嫌な目に遭いました。めっちゃ印象悪いです。


5D326884

ああ、そういえばデジカメの地域設定も元に戻しておかないと、ですね。

このページのトップヘ