クマデジタル

迷ったら、高い方


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実はこの夏は富士登山したいなぁと思っていまして、練習にツマと2人で伊勢原市の大山に登ってきました。職場に57歳で富士山に登った方がいて、「高齢者や子供だって登ってるし、しゃかりきになって練習することはない」と言われたのですが、やっぱり不安じゃないですか。道具もそれっぽいものを揃えて、一度軽く高尾山にはトライしてみたんですが、高尾山から富士山というのはちょっと飛躍しすぎだろうと、自宅から行きやすく、何度か観光には行ったことがある大山を目指しました。

さてその大山ですが、ケーブルカーを使って678m地点から1,252mまでの標高差574mを登ります。574mなんて、大したことないと思うじゃないですか。ここで思うのとやるのは大違い…ということを体験することになります。

上りの標準時間は90分。途中休憩が多すぎたのか、私は150分かかりました。
下りの標準時間は60分。少しばかり雨が降ってきて岩場や土の斜面がツルツルになり、足を滑らせながら90分かかりました。

IMG_1344

大山って意見が真っ二つに分かれる感じがして、「楽しい」と「怯む、もう行きたくない」の2通り。今回経験してみて、私は後者でした。もういいや、という感じ。初日の出とかでケーブルカーで行けるところまでは行ったことは何度かありますし、これからも来るかも知れませんが、それ以上はもういいです。とはいえ、ケーブルカーで行くにしてもケーブルカーの手前の「こま参道」の「階段362段+踊り場27段」は避けられませんが…。あのこま参道が地味に出発前の体力を奪うんですよね。

上りの敗因は2つ。「休みすぎ」と「水飲みすぎ」です。まず水を飲み過ぎたことで動きが悪くなりました。そのため休憩時間が長くなり、結果、ペースが一定に保てず体力を消耗することに。この日は下界の気温は34度でしたが、ケーブルカーで登ったところが30度、頂上は25度で、途中から雲の中に入ったのでひんやりした吹き上げの風が気持ちいいはずなのですが、登坂に伴う発熱はそれを軽く上回り、顔中の穴という穴からいろんな液が出てきます。頂上に着く頃には口も利けなくなっていました。

そして頂上に着いたら着いたで、いくら座って深呼吸しても、体力が回復しません。30分くらい持参したおにぎりを食べながら休憩して降りようと目論んでいたのですが、酸素濃度が地上の85%になるだけでこれほど体力が復活できないものなのかと驚きました。山頂からの景色は雲の中に入ってたり出たりで、あまり下界は見えませんでした。50分くらい経過したところで体力が戻ってきたので、おにぎりを食べて着替えて下山の準備をしました。

帰りもまた雲の中を降りて行くのですが、歩き出したところで太ももが何度も痙りそうになってしまい、一瞬「山岳救助隊」の単語が脳裏をよぎりました。ただそれは筋肉が冷え切ってしまっていたからであって、痛い痛い言いながら降りてくウチに筋肉が温まり、痙るのは治りました。それはいいんですが、途中雨がぱらついたりして、路面が中途半端に濡れていました。これが滑るのなんのって、滑りそうになったこと3回、実際に滑って転んだの1回(ケガは打撲程度)でした。ツマも1回転んで足にちょっと擦り傷を作ってしまいました。(帰宅後に判明)


5D4B0974

高尾山ではあまり汚れなかった靴も、こんな感じですよ…

阿夫利神社下社に着く前に1組、着いてからもう1組、伊勢原市山岳救助隊が登山道を登っていくのが見えました。たぶん降りられなくなった人の救助ですね。下社の巫女さんがいる売店が緊急時の情報のハブになっているのか、明らかに別の雰囲気の方が携帯電話片手に連絡を取っていました。その方は駆けつけた山岳救助隊に「この3連休はここ(神社)に住んだらいいんじゃないの?(笑)」とか冗談を飛ばしていたのですが、ということは、この3連休は毎日1名以上、降りられなくなる人が出るってことですよね。

なお消費した水分量ですが、上り行程で1,500cc、頂上で500cc、下り行程で500cc、ロープウエイの上側の駅のところにある阿夫利神社で1,000ccと、合計3.5Lの水やらアクエリアスやらを消費しました。(その後駐車場手前でさらに+500mL。)たぶん上り行程で1,500ccは使いすぎなんだと思います。でも登山前に1回トイレに行っただけで、その後は帰宅するまでトイレに行きたくならなかったですけどね…。

「こま参道」からさらに少し降りたところの民間駐車場に車を停めたのですが、登山後の運転ってどうなんだろう?と心配だったのですが、ええ、レーダークルーズコントロールのお世話になりまくって帰ってきました。やっぱり普通に右足使って運転するのは辛いです。

もう富士登山を計画している日まで週末は別の予定が埋まってしまったいるので練習登山はしませんが、

富士山なんでもQ&A:
富士山吉田ルートの登頂率は65〜70%となります。およそ、3人に1人が登頂を諦めて撤退しているということです。
また、この数字は登山経験者と初心者を分けていませんから、初心者はより登頂率が下がることを考慮すると、初心者の登頂率が50%というのもあながち大げさな数字ではないのかも知れません。

というのを見たりすると、8合目の山小屋に一泊してそこでご来光見て帰ってこられるだけでも御の字なのかな、という気もします。

冒頭に書いた職場の方に「ツアーは最もペースが遅い人に合わせて登らなければならないので、自分のペースが守れず、辛い。だからツアーはやめるべき」ともアドバイスされたのですが、まさか自分がその「最もペースが遅い人」並のペースの人だとは思いませんでした。それが分かっただけでも収穫です。あと装備品、何を捨てて、何を持って行くべきかも見えてきた気がします。





  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
3月末の子供たちが春休みの頃を狙って、広島方面に旅行に行ってきました。我が家ではツマしか広島に行ったことがなかったと言うね…。私も岡山と、九州は行ったことがあるんですが、その間の広島は行ったことなかったんですよねぇ…。

今回は原爆ドームとか、宮島とかにも行ったのですが、ここでは呉に行ったときの写真をご紹介。

まず駅前の「くれ観光情報プラザ」に行きます。
ここで「この世界の片隅に」のロケ地マップが配布されていると聞いたからです。




しかし、関係する展示物はあれど、ロケ地マップが配布されている形跡は見あたりません。




が、係の方に尋ねると出てきました。

しかしこのマップに掲載されている聖地エリアは意外と広く、バスやタクシーでないと網羅できない感じなので、ごく普通の観光コースに向かいます。






まずは大和ミュージアム。
正式名称は「呉市海事歴史科学館」。
写真は1/10スケール戦艦大和。




次は本物の潜水艦が陸揚げ展示されている「てつのくじら館」。
正式名称は「海上自衛隊呉史料館」。




中は、本当に潜水艦です。
説明の係の方も本当の乗組員の方なのですが、色々質問すると、楽しそうに説明される姿が印象的でした。潜水艦以外にも広い展示コーナーがあり。




駅前の一等地は、三菱日立パワーシステムズ(MHPS)が占有していますが、ここは何か見学できるところではありません。




観光船に乗って海からの眺め。この山の中腹の辺りが「この世界の片隅に」のすずさんが嫁いだおうちのようですが、道が細い住宅地なので、聖地巡礼はしないようガイドマップで呼びかけられています。なので、深追いはせず、雰囲気だけ味わってきました。

途中「海軍カレー」を食べて、これでおおよそ6時間といったところですね。聖地巡礼+普通の観光となると、1日では微妙に足りないかも知れません。


呉市は近年、観光に力を入れているようですが、その甲斐あって結構楽しめました。街で前を歩いていた大学生の観光客らしい男子2人組みが「オレ、大和ミュージアムに一日いられるよ〜」と言っていたのですが、好きな人にとっては本当にそれくらい見所が多いと思います。大和ミュージアムには大和以外の展示もあるので、「艦これ」のファンなんかにもいいかも知れませんね。

ここは私にとっていずれ再訪したい場所の1つとなりましたが、この夏に実写版の「この世界の片隅に」が放映されるようなので、それでまたひと盛り上がりがありそうですね。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事で北海道に行ったので、ほんの数十分ではありますが、美瑛の有名スポットを回ってみました。絶対このチャンスがあるはずだと、大荷物にEOS 5D Mark IVを忍ばせていきましたが、大正解。




MacOS Xの壁紙にも採用された、通称「青い池」。壁紙で世界的に有名になったのは冬景色でしたが、これは夏バーション。温泉でこれに近い色合いのものがありますが、青く見える理由は同じ原理のようです。




通称「ケンとメリーの木」。説明によると土地の所有者である大久保牧場の先々代が1923年(大正12年)に苗木を植えたものとのことで、かなりの老木で寿命が近づいているとのこと。

美瑛町では「美しい田園風景を残すために」「一歩下がる気持ちが美しい風景を撮る一歩」と説いていますが、これもケンとメリーの木の最寄り駐車場からはかなり離れた場所から撮っています。




通称「セブンスターの木」。木の下で撮影しているのは、中国人カップルでしょうか。ここに目を付けるとはなかなかマニアックですね。




セブンスターの木から振り返ったところ。緑を愛でるには一番いい時期に来てしまったせいもあるかと思いますが、この景色を見て、ちょっと移住したくなってしまいました。

美瑛町って移住受け入れを推進しているんですよね。ということは、ここでも多聞に漏れず、過疎化が進行していると言うことですよね。

移住の前提として、「自力で稼げる」ことはマストだと思います。自営でも、ネットでも、美瑛ブランドの再構築でもいいんですが、誰かが仕事を用意してくれる訳でもないので、自分で稼げる能力と体力がまず必要ですね。

それと、1年のうち1/3くらいでしょうか、雪の中で暮らすというのも甘くはないのでしょう。私の前職の会社でも結構な人数の北海道出身者がいましたが、やはり関東に出てきたくなるくらい、生活が辛かったり、稼ぐのが難しかったりするのでしょう。

農業に手を付けたりすると、この風景も単に綺麗だなぁとは思えなくなってしまうのかも知れません。それ以前に私の場合、腰が弱いので農業なんてもってのほかですが…。

でも単に風景を見て、「ここに住みたいなぁ」と思ったのは初めてです。からっとしてひんやりした空気がまたいいんですよね。それに今の季節だと水道の水が充分冷たかったりして気持ちいいです。

移住って甘くないし、高齢になったときの医療とかどうするのという問題はありますが、そう考えると本当に高齢になったときには関東に戻ることを前提に、それまでの数年〜数十年間だけ移住する、という計画が現実的なのかも知れません。

子供たちもこういうところに住んだら、人生観変わるだろうなぁ。高校だって、ここから自転車で数分のところにあるんですよ。ここに住みながら子供たちを関東の大学に送り込む費用なんて「ぽっと出の移住者」に稼げるの?という根本的な問題がありますので、無難なのは子供たちが独立したあとでしょうか。そうなると定年後か…。いま住んでる横浜の土地を売却して住宅ローン精算してお釣りが出たとしても、介護が必要になったときに再び関東に戻れる資金はないだろうなぁ…。





とりあえず、これでも読んで、考えるか…。

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと出張でEU方面に行っていました。




今までの出張よりココロに多少余裕があった出張だったので、痩せて帰ってきたとか、そういうことはありませんでした。私物パソコン(MacBook Pro)を持って行かなかったのが、ある程度ネットから隔離されて良かったのかも知れません。


DSC07362

以前から不思議だったんですが、B787の各席のモニターの右にあるこれ、何なんでしょう?


DSC07360

引っ張ると少し伸びますが、手を離すとバネの力で戻ってしまいます。何かを引っ掛けるにしても奥行きが少なすぎる気がしますが、具体的に何を掛けるものなのでしょうか。


DSC07557

あと座席のヘッドレストが上下するのは知っていましたが、左右端が持ち上がるのはすっかり忘れていました。これを覚えていたらもう少しラクに寝られたのに…と思うと、ここが動くことを帰りの成田の直前で思い出したことが残念でなりません。(お陰で軽く寝違えました)


DSC07561

MDR-1000Xを初めて飛行機に持ち込んでみましたが、確かに飛行機の轟音が低減されると疲労度が違いますね。職場でも飛行機によく乗る人はノイキャンヘッドホンを持っていたりするのですが、なるほどと思いました。

ただ、ヘッドホン自体はそれはそれで頭に乗せておくと疲れるものなので、ヘッドホンがあることによる疲労蓄積と、ヘッドホンがないことによる轟音による疲れの、バランスを取っていくのがいいのかなと思いました。




お疲れ様でした。


ステレオヘッドホン MDR-1000X BM(Amazon)

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
前から乗りたいと思いつつも、なかなかチャンスに恵まれなかった、東京を走る「スカイバス」に乗ってきました。なお写真は1枚目がRX100M3、2枚目以降がTouit 2.8/12 + α6000です。

http://travel.rakuten.co.jp/bus/campaign/skybus/



これです。
東京駅近辺でよく見かけると思います。私の中ではわざわざ乗りに行くほどのものではないけど、何かのついでに乗るのも微妙という位置づけの乗り物でしたが、今回のGWはムスメの休みが細切れということもあり、1日でどこか楽しめるところ、ということで東京駅近辺散策のあとにこのバスに乗ることにしました。なお事前予約が必要で、たまたまかも知れませんが前日の予約でOKでした。

結果から言えばこのバス、超楽しかったです(笑。
いくつかあるコースのうち、レインボーブリッジを通るコースを選んだのですが、ちょっとした遊園地の乗り物的な感覚でした。絶叫マシーンに弱いツマは景色を正視できなかった、と言えば面白さが伝わるでしょうか。

なお1Fの席は販売せず、全席指定の2Fになります。




丸の内の三菱ビル前から出ます。信号機、超近い!(高さが




おおっと乗客からざわめきが。何かいるようです。




マリオカート!?
スカイバス関係ないですが。偶然にも遭遇。




東京タワーに。これはバスから見ても地面から見てもそんなに変わらないですが(笑。




首都高に乗りました。このバスで乗っていいのか!?という疑問はありますが、レインボーブリッジを通るバスなので予め分かっていたことではあります。屋根のないバスで首都高に乗る官庁の許可を得る苦労があったんじゃないでしょうか。なんて冷静なコメント考える間もなくこのあたりから大興奮。




隣の観光バスの屋根の高さに注目。怖ぇー。




レインボーブリッジ通過!正面もこんな景色ですが、横は横で海に落ちそうです。
ちょっとした絶叫マシーン並みの興奮度です。




このあと豊洲PITの横を通って、晴海、勝どき、銀座と通って丸の内に帰還します。




うわー電車のガード下も近い、近いよー!

約1時間のツアーですが、これは東京近郊で、春と秋に、オープンカーを持っていない方にこそお勧めですね。よく見る景色が全く違って見えます。私もオープンカーにはS2000に1回乗っただけなので、とても楽しめました。難しい年頃のムスメも喜んでいました。


・SKY BUS: http://travel.rakuten.co.jp/bus/campaign/skybus/
Carl Zeiss Touit 2.8/12 E-mount(Amazon)

このページのトップヘ