クマデジタル

迷ったら、高い方


お台場/静岡ガンダム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GUNDAM FRONT TOKYO

4/19にお台場「ダイバシティ」にオープンした「ガンダムフロント東京」に行ってきました。日時指定の指定券で入場する有料施設です。そもそも何があるのかよく解っていません(笑 ではレッツゴー。


GUNDAM FRONT TOKYO

連邦の士官と一般兵が迎えてくれます。


GUNDAM FRONT TOKYO

入ってまず左手に「ガンプラ東京」というガンプラコーナーがあります。おそらく過去すべてのガンプラが展示してあります。「あれ?こんな成形色だっけ?」というモデルもあり、懐かしさに涙するモデルもあり…。特に初代のジョニーライデン少佐機のザクが、ほぼ単色成形だったのが意外でした。そういう時代だっけ…?


GUNDAM FRONT TOKYO

今回のイベント限定ガンプラです。右の大きいガンダム(1/48スケール)はいわゆるメガサイズモデルの派生ですが、箱の寸法が変わっている上、関節も「マグネットコーティング仕様」になっています。ボックスアートがカッコ良すぎて箱買いしたくなりますが、左のコアファイターは4,500円、右の大きいガンダムは7,800円。定価です。普段の実勢価格に慣れているとチト高く感じますね…。


GUNDAM FRONT TOKYO

そのコアファイター。さすが4,500円だけあって高い完成度です。ただ変形させるとデカール剥がれそう…。


GUNDAM FRONT TOKYO

ガンプラコーダーを後にして進むとファーストのボックスアートコーナーがあります。これは「ガンプラボックスアートコレクション」として市販されているものだと思います。各31,500円。


GUNDAM FRONT TOKYO

ドームシアター「DOME-G」の入り口ではラクス様が注意事項を説明してくれます。ここから先、後戻りは出来ません。出てしまうと再入場不可です。声は今回のために録音されたラクス(田中理恵)様本人のもの。

GUNDAM FRONT TOKYO

映像ドームの入り口にある壁。いいですね。こういう展示。
そしてここからしばし、撮影不可になります。

DOME-Gでは、直径16mのドーム型スクリーンに6台のプロジェクターで歴代ガンダムを紹介する映像を鑑賞します。新作映像を含み、ドーム全周に展開されるシーンではプラネタリウムに近い目眩を覚えますが、椅子がないため上を向いている首が疲れます。この感じ、何か既視感がある…と思ったら、ターンエーガンダム最終回でディアナに分したキエル・ハイムが黒歴史を学ぶシーンに似てますね。ナレーションは全編シャアで、νガンダムによってコックピットモジュールをアクシズに叩き付けられたあのシーンのシャア目線で締めくくります。あのときシャアが見ていた景色が再現されるわけです(実際はコックピット内に映像は出ていなかったはずですが…)。映像は10〜15分くらいだと思います。


GUNDAM FRONT TOKYO

DOME-Gを抜けると、実物大フリーダムの胸像がいます。この右手側は歴代ガンダムの絵コンテや原画展示のコーナーなのですが、撮影不可。


GUNDAM FRONT TOKYO

東静岡にもいたコアファイター。


GUNDAM FRONT TOKYO

コアファイターの裏の行き止まりエリアに入ろうとすると…赤鼻!!


GUNDAM FRONT TOKYO

ア・バオア・クーの模型があります。近寄ってよく見ると…


GUNDAM FRONT TOKYO

WBやらモビルスーツが再現されています。ムダにすげぇ(笑


GUNDAM FRONT TOKYO

トイレの入り口。これもムダにカッコイイ(笑


GUNDAM FRONT TOKYO

男子トイレの扉を開けると…!
「今はそんな哲学など語っている暇はない」
も、漏れそうなんですかブライトさん(;´Д`)
これ読んで吹き出してチョビりそうな人も出てきそうですけどね!(ぉ


GUNDAM FRONT TOKYO

トイレ(小)の前にはこんなプレートが。
もうダメ、ここで膀胱崩壊。
弾幕薄いってwww
そうそうあたるものではないってwww


GUNDAM FRONT TOKYO

振り返れば、こんなプレートも。「相田みつを」じゃないですよ!


最後は下ネタになってしまいまい恐縮ですが、トイレが一番面白かったんだからしょうがないです(笑

所要時間ですが、展示をじっくり見ても長くて2時間でしょう。普通なら1時間以下かも知れません。トイレは「後戻り不可」エリアにはありませんし、閉館22:00に対して最終チケットが20:00なので、それくらいライトな展示だということです。


ガンダム立像の方のレポはまた次に書きます。


今回の撮影はEOS 5D Mark II + EF 24-105mm F4L IS USMを使用し、RAW現像しています。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
チケットに入場時間のほか、番号が振ってあると思います。

gft_ticket

約100番単位の入場になります。最初に入場できるのは、1〜99番、次は100〜199番…といった具合です。各入場は、15分くらい間が空きます。すなわち、9:00入場枠の273番だと、9:30頃の入場になります。展示の内容から、競って先に入る必要はありません。また、入場時間ギリギリまで行列に並んでいる必要もありません。後から来た人でも番号が若ければ先に割り込めます。遅れたからといって入場できないこともありません。

入り口で数十分も待たされるのは時間のムダなので、番号から入場時刻を推定の上、ギリギリまたは少し遅れ気味に来ると効率が良いと思います。

また、オフィシャルグッズですが、ガンダムフロント東京内のほか、実物大ガンダム立像「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.GFT」の足下でも買えます。が、行列はガンダムフロント東京内の方がやや短いので、そちらをお勧めします。

gft_official_gunpla

今回の限定ガンプラはボックスアートがかなりカッコイイので、箱を見たら欲しくなってしまうかも知れません。ただ、右端の大きいガンダムが7,800円、左のコアファイターが4,500円です。高い…。

注意:上記の説明は4/21の運用に基づいたものです。特に入場についてはあまりにもムダなので将来変更される可能性があります。

ほかのレポートは追々書いてゆきます。

--
RG 1/144 ZGMF-X10A フリーダムガンダム (機動戦士ガンダムSEED)(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと今朝方、お台場に野暮用があったのですが、帰りにふと「そういやヤツがもう立ってると聞いた」と思い出して寄ってみたら…確かに立ってた。連邦の白い悪魔が。

Real-G 2012 in Diver City Tokyo


Real-G 2012 in Diver City Tokyo

クリックで拡大可。先を急いだのでこれ以上は近づかなかったけど、マーキングは東静岡バージョン・マイナスαかな?

建物がすぐ後ろなので、見下ろせるようなローケーションがあるといいですねぇ。

--
機動戦士ガンダム EXTREME VS.(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「お台場ガンダムプロジェクト2011」の際にはDP2xも持って行きました。人工構造物に強いDP2xがガンダムをどう描写するのか興味があったのですが、ノーファインダー撮影の役を担わせてしまったせいで、観られるカットが1枚もなくorz

ピンぼけ、手ぶれ等々、酷いものです。夏の日中でも手ぶれって。どこまでも撮影者にストイックさを要求するなぁ。


SDIM0486

というワケで、その前後にDP2xで撮ったカットを貼っておきます。


開場を待つ

開場を待つ。


ランチに

ランチに。


--
シグマ デジタルカメラ DP2x 1406万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー 41mm F2.8相当(35mm換算) RAW撮影可能 Foveonセンサー搭載(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さて、昨日3日目のお台場ガンダムプロジェクト2011の偵察に行ってきましたので、レポートを。マツナガ大尉に捧ぐ。
結局開場前から、閉場まで、一日中見てしまいました。
(途中、シ・ンバ・シーでサイカ先生とのホワイトベースのランチ…ではなくブュッフェ食べ放題ランチを挟みました。)

一部写真を除き、クリックするとflickrの画面で拡大できます。

IMG_8837

会場はお台場、シンボルプロムナード公園。潮風公園ではないので行かれる方はご注意。ゆりかもめは「台場」駅が最寄りです。私はクルマで行ったので、ちょっと遠い潮風公園の南側駐車場に停めて、灼熱の中、てくてく歩いて行くと…
おおっ、見えてきました。


IMG_8879

会場は丸い敷地なので、回り込んでみます。
おおっ、雑巾がけしていますね。モビルスーツを綺麗に保つのは大事ですよね。


IMG_8850

サイカさんのレポートで人出はたいしたことがないように見えたので、行列の長さは事前に並ぶほどではないと心配をしていなかったのですが、いざ確認しに行ってみると…
こっこれはすごい人出だ!3,000人くらい並んでいる!ガンダム人気恐るべし!
と思ったら、こちらは「お台場合衆国」の行列(笑
ある意味ちょっとホッとしました。


IMG_8861

一方で、真のガンダム側の行列は、朝9時の段階で僅か9人なので、逆に焦りました(笑
この段階では「最後尾」の看板もやる気ありません。
10時の開場前には100人以上並んでいたようですけどね。この段階ではさすがに最後尾看板はやる気を見せていました。

当日の入場券は「Vガンダム」だったのですが、入場門でかかっていた曲がちゃんと「STAND UP TO THE VICTORY」(川添智久)だったのは感心しました。そういや川添さんってLINDBERGのギタリストでしたね。懐かしい。




IMG_8900

今回の展示はあまり爆発的な人気というわけではないのだけれど、いくら券が余っているからと言ってもこの売り方はちょっと…。せめて過去分は値下げして売るべきじゃないかなぁ。

ちなみに当日の入場券は入退場自由です。


IMG_8975

ご対面。いやー、久しぶりだね。


IMG_9013

ノーファインダーで撮影。
バラバラになっちゃっています。
顔はガンダムEXPO(でしたっけ?)とかで間近に見るチャンスがありましたが、他の脚以外のパーツはなかなか間近で見るチャンスはなかったですよね。
ただ、関節メカが展示されていないなかったのが惜しい。


IMG_8933

なかなか民間人がここまでリーチはできなかったですよね。
でも立像時にしこたま望遠で偵察していたせいか、
なぜか初めて見る気がしません(笑


IMG_9038

フジテレビとの位置関係は、こうです。


IMG_8946

ガンダムがあるところ、必ず五浦ハムあり。
「奥久慈ししゃも」に空目。しししゃもではなくて、しゃもです(笑
奥久慈しゃも美味しいですよね。味が濃厚で。


IMG_9127

サイカ先生談「ここでせめて例のCMのメイキングを見せてくれれば良かったのに」。
確かにその通りですね。
オフィシャルのガンダムグッズも少なく、「何もないのね…できるものを全部」とオーダーしてみたところで、クッキーなど2種類しか売っていいません。(食べ物は五浦ハムとか富士宮焼きそばなどがあります。)


IMG_9243

これが例の手のひらの乗って撮影するコーナー。
10分待ちくらいで撮影できます。
座布団は備え付けです。
ガンダムの手のひらに座布団が乗った絵は初めて見ました…


IMG_9255

その座布団、たまに邪険にされることもありましたけどね(笑


IMG_9203

ノーファインダーで撮影。


IMG_9082

ガンダムの目は自転車発電で光らせることができます。
ほとんど待たずに体験できます(笑


IMG_9082

こういった発電機が自転車に取り付けられています。


IMG_9058

展示が上下逆です。甘い、甘いよ!
この透明な窓は、立像展示時は下側だったんですよ。


real-g_sankou

参考:立像展示時の向き。
まぁぶっちゃけ、私以外はそんなのどうでもいいと思っていますよね。(フ


IMG_9069

入場券にファミリー割ができたので、客の入りはずいぶん増えたのではないでしょうか。確か家族で入場する場合、何人入っても2人分の入場料金でOK、という運用だったはず。2日目から適用されたので、初日の客の入りが相当アレだったんでしょうね。だいぶ効果は上がっているように思いました。

というか、子供二人連れだったら2千円とか、この展示内容ではあり得ないです(笑


IMG_9284

手のひら以外では、ガンダムの前で記念撮影する方が多かったですね。
すごい迫力です。


IMG_9139

ガンダムの前で記念撮影をするにも、係の人が誘導しているわけでもないのに自主的に行列ができていました(手のひらに載って撮影の行列とは別に、です)。国民性だなぁ。


IMG_9564

この白い敷物はガンダムの実物大投影図。
なんか芝生に馴染むようなものが敷いてあります。


IMG_9151

ビームサーベル。避雷針は外されていたような。
(確か手前側の穴に避雷針が付いていたような…?)


IMG_9583

屋外でこの角度で顔を撮影できたのは、工事関係者か、例の「肩の高さで撮影する権利」を落札した某放送作家氏だけだったので、感慨深いものがあります。

夕方の方が涼しいし、空いてるし、お勧めです。
特に撮影される方は、閉場前10分くらいが勝負です(笑


IMG_9390

IMG_9312



IMG_9534

グラウンドレベルから撮影。
バリアングル液晶だったらもっとラクに撮影できたのに(>_<)



その他の写真はFlickrへ




広角側の写真は全てこれで撮影。

このページのトップヘ