クマデジタル

迷ったら、高い方


お台場/静岡ガンダム

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ガンダムの後ろに建っている「ダイバーシティ東京 プラザ」の6Fにあるレストラン「アポロ」からのガンダムです。




「アポロ」は希望すれば窓側に座れます。8〜9テーブルくらいあります。休日昼間でも1時間くらい並ぶ気力があれば座れると思います。ただしビュッフェ専門店で、ピザ、パスタ、チャーハン、唐揚げなどの食べ放題+ドリンクバーで2千円くらいかかるので、仕事でビジネスホテルのごはんをしばしば食べるような方は、料理の方には食指を動かされないかも知れません。若者向きですね。私もどちらかと言えばこのレストランに来たら食事よりガンダムです。

まぁでも料理の方もよく探せば「アサリ炊き込みご飯」「おからの煮物」「ひじきと厚揚げの煮物」「抹茶ムース」「ひよこ豆サラダ」とかまぁ許せるものもあるにはあります。




窓ガラスへの白いテーブルなど映り込みが激しいので、少し足元にカメラを持って行って撮るとクリアに撮影できます。2時間に1回の「演出タイム」に遭遇すると、すごい数の観客がこちらを見ているので驚きます。




ただどうしても窓ガラスにも汚れがあるので、望遠で撮ろうとすると少しフレア気味のファンシーな感じにはなってしまいます。でもこのエリアはドローン禁止なので、ここからの角度はレストランアポロからしか見えません。


あとは地上から撮影した、変身中の顔の高精細画像を。



公開初日ですがユニコーンモードのマスクが少し汚れてますね。




こんなに引っ込む必要があるのかって言うくらいガンダム顔が奥にあります。




奥の方に少し穴(光が入っている箇所)があるのが興味深いです。




まぁこれ見ると、頬を180度回すのは難しかったかー、とは思えますね。




日中の演出ですが、11:00〜17:00まで2時間おきにありまして、公開初日の流れは以下の通りでした。

朝 ユニコーンモード
11:00 ユニコーンモード → デストロイモード → ユニコーンモード
13:00 ユニコーンモード → デストロイモード 以降15:00直前までデストロイモード
15:00 デストロイモード → ユニコーンモード → デストロイモード → ユニコーンモード
17:00 ユニコーンモード → デストロイモード 以降19:30までデストロイモード

複雑ですね…
デストロイからユニコーンに戻る場面を見たい場合は、必ずしも毎回ではないので注意が必要です。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
夜間がすごい、と言われていたお台場ユニコーンですが、確かにその通りでした。
白い機体であることを生かして、プロジェクションでいろんなエフェクトが出来るんですね。頭部バルカンのエフェクトもあるのには驚きましたが、これ将来的にはプロジェクションマッピングも出来るのでは。



「機動戦士ガンダムUC RE:MIX0096」
バルカンエフェクトは1:35のあたり。他にもビームサーベルエフェクトとか、映像と立像へのプロジェクションの同期がなにげに細かいです。



「機動戦士ガンダムUC SPECCIAL MOVIE "Cage" SawanoHiroyuki[nZk]:Tielle」
これも映像と立像へのプロジェクションの同期がとれています。



「翔べ!ガンダム2017」
♪燃え上がれ〜燃・え・上・が・れ〜 でしょ?と思っていました。ごめんなさい、これ一番感動しました。鳥肌立ちました。観客の驚き声も入っていると思います。1:45あたり。




昼間の写真などはまた追って。




今日はユニコーンを一日中見つめすぎて、お台場のオブジェまでユニコーンの角に見えてしまいました。


RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム (初回限定パッケージ) 1/144スケール 色分け済みプラモデル(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
お彼岸ですね。

実家の墓参りをしてきました。
元々あまり地盤の良い場所ではないのですが、遠くから見た我が家の墓がごく僅かに傾いているように見えて焦りました。iPhoneを分度器にして測ってみましたが我が家の墓は至って正常、傾いていると感じるきっかけとなった隣のお墓の「竿石」(一番上のパーツ)が僅かに上すぼまりになっているようだ、という結論に達しました。ああ焦った。

さていよいよ明日、特定クラスタにとっては大仏にも匹敵するお台場の新しい立像がオープンします。それに先だって本日セレモニーが行われたようですが、行けず。YouTube中継で観ました。

IMG_0155

え、来春からユニコーンの新シリーズが始まるんですか…?
まぁそれならお台場の立像の意義も理解できますけど。
まさか全裸(フル・フロンタル)さんはもういませんよね?亡くなってますよね?
全裸さん抜きで、ファーストに対するゼータみたいな扱いの作品なのかなぁ。立像建てちゃったと言うことは、RX-0自体はそのままだと言うことですよね。


さて話を立像に戻します。
動画で立像の変身シークエンスを明日の公開に先駆けて見てしまいましたが、

・頬はやっぱり回転しない。
・ユニコーン顔はアニメのように上に格納されるのではなく、下に格納される。ガンダム顔は奥から真っ直ぐ前に出てくる。
・装甲も(当然だが)アニメのように「ケション!ケション!」と開く訳ではなく、スムースにスーッと開くので、妙にドラマッチクさがないというか何というか(;´Д`)

まぁ、明日観に行ってみようと思います。


RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム (初回限定パッケージ) 1/144スケール 色分け済みプラモデル(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


ビスト財団の人が作っているユニコーンガンダムの進捗を見てきました。




朝6時にはすでに作業が始まっていたのには驚きました。






この日(8/18)は左腕の取り付けが行われるようです。→午後に取り付けが行われたようです。




右腕は既に取り付けられています。




手。まだとてもきれいです。ロールアウトし立てのようです。




頭部はプチプチに包まれています。ごく普通のプチプチに見えます。




ツノは全閉した状態でこの程度の隙間が生まれるのでしょうか? もしかすると生き物(鳥など)の挟み込み対策で、この程度までしか閉まらないのかも知れません。




腰前部のアーマーは一度取り付けが行われたようなのですが、なぜか外されていました。工事の邪魔とか、不具合とか、あったのかも知れません。




腰横部のアーマーですが、変身に伴い可動するとしたらとてもクリアランスが狭いような気がします。塗装剥がれないのでしょうか?




脚は変身に伴い伸縮しないとは思っているのですが、それにしては少しふくらはぎの位置が地面に対して高いような気がしてきました。もしかすると何か小細工があるかも知れません。




ランドセルの上部にメンテナンスハッチがあるようです。




腹部はバルバトス並みにフレームが露出したままですが、脚部と同じくらいの太さのフレームが入っていることが分かります。




他の部材も届いているようです。曲がっているのは親指でしょうか? あとは足首のアーマー?








急ピッチで建設が進んでいるように見えましたが、Bさんに「ガンダムベース東京の一般公開に合わせて全体像を見せたかったのかも」と言われ、なるほどなぁと思いました。




そのガンダムベース東京、本日8/19から一般公開です。8:00から現地で入場整理券を配るようです。8月いっぱいはビルドファイターズ推しらしいので、9月のユニコーン推しが始まったら観に行ってみようかと思います。


RG 機動戦士ガンダムUC ユニコーンガンダム 1/144スケール 色分け済みプラモデル(Amazon)

このページのトップヘ