クマデジタル

迷ったら、高い方


オフ会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
さて「脱皮する家」では、我々は閉館1時間前に到着したにも関わらず当日初めてのお客さんだったようで(!)なんかすごいおもてなしモードに(笑

tokamachi30

おおお、これすごく既視感のある風景。子供の頃、私の母の実家で見た景色にそっくり。これぞまさに「親戚のおばちゃんちに来た感覚」。


tokamachi31

さっきドライブインでたらふくご飯を食べたばかりのような気もしますが、それはそれ、これはこれ。

「孤独のグルメツアー」であることを知ると、おばちゃん、なぜかすごく喜んでくれました。


tokamachi32

ゼンマイ、うど、筍ご飯、等々…
「きゃらぶき」が「ガキにはわかるまい」という味ならば、この山菜類だって子供には分からないはず…が、むっちーさんのお子さんはパクパク「うまいですこれ!」(ぉ

聞けばこの「脱皮する家」、格安で泊まれるのだそうで、その際の朝食はあのドライブインのマスターが作って届けてくれるとのこと(!)。

棚田が青々とした頃に泊まってみたい気もしますが、絶対に森の小さな仲間たち(虫)との戦いになると思います。


tokamachi33

さて、おばちゃんに別れを告げて、最後の行程、棚田へ。NEX-6のミニチュアモードってすごく良くできてますね。本当にミニチュアに見える。ちなみにレンズはTouit 32mm。


tokamachi35

おや?なんか雨乞いしている人がいるぞ…


tokamachi34

いやぁ、ミニチュアモード面白いなぁ。


tokamachi36

まだ雨乞いしてんのかよ!しかもどこまで行って!(ぉ


tokamachi37

いやぁ15年ぶりくらいの新潟、日帰りでしたけど堪能できました。片道230kmくらいで体力的にどうかなと思いましたが、渋滞がなければ何とかなりますね。孤独のグルメに登場した店のみならず、脱皮する家で頂いた山菜類が本当に美味しかったです。雄大な景色と美味しい料理と酒(飲めなかったけど)、新潟、いいですね。

taka_zさんの2本目のエントリが上がりました。
blog_Z:孤独のグルメ聖地巡礼 十日町編その2 〜峠の茶屋 蔵〜

カール事務機 ツァイス Touit 1.8/32 E-mount(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
劇中ではゴローちゃんはドライブインでおにぎりをこしらえて貰っていましたが、「塩が足らんのです」(タムラ料理長)ならぬ、ご飯の残りが少ない、という理由でやんわりとお断りされてしまいました。(;´Д`)なんかスミマセン…

tokamachi20

それでも4.8km手前のセブンイレブンにバビューンと買い出しに行って、仕込んできましたよ新潟産コシヒカリのおにぎり! ゴローが食べていた「塩、海苔、具なしのおにぎり」を再現するために、海苔別添えで具材が外から見えないタイプをチョイスする念の入れよう。
※おにぎりはランチ後だというのにスタッフが美味しく頂きました(各人1個ずつ)

Bさんはこのシーンのためにネクタイ持参で来ました。柄もゴローちゃんの劇中ネクタイをイメージしたものに。この日の朝、集合場所に現れたBさんがワイシャツ風のシャツだったので、「そこまでするならネクタイも持ってこないと!」とツッコミを入れたのですが、ブログではどうしてあんな長文を毎回書けるんだっていうくらい雄弁ながら実際の人物はすごくシャイな感じのBさんはニヤリとするだけでスルー。ドライブインの駐車場でネクタイをおもむろに取り出したときは驚愕しましたよ!

上の写真のBさんの写真は私がBさんのα7+300mmで、taka_zさんのは私が私のEOS 5D3+70mmで、私のはBさんがBさんのα7+300mmで撮りました。実は元写真は私がα7+300mmで撮ったものだけ手ブレがひどくてBさんに申し訳なかったのですが、いかに私が普段CanonのISシステムに助けられているかを実感しました。(α7の手ブレ補正の仕組みがよく解ってないですが、-300mmズームの時はボディ内手ブレ補正でしょうか。←どうも手ブレ補正効かないみたいです。)


tokamachi21

「あささささ!」のシーンも再現。(ほっぺの米粒を指摘されるシーンを取り忘れたことに気がついたのは、おにぎりを食べ終わったあとでした←ランチ後なのにそんなパクパク食ったのか(ぉ


tokamachi22

実はこのロケ地、ドライブインのすぐ後ろの棚田なのですが(ドラマをつぶさに見ると確かにドライブインがちら映りする)、私だけそこに気がついておらず、撮影の準備などで他のメンバーと噛み合わない行動をしてしまいました(苦笑


tokamachi23

さて、ドラマ内の順番とは前後しますが、今度は「脱皮する家」へ。

「この家自体が、日本大学芸術学部の学生さんが製作したアート作品です。築 150 年の古民家を買い取って、そこに彫刻を施したんだとか。聞くところによると、この製作に関わった方のうち一人はスペインのサグラダ・ファミリアで日本人彫刻家の助手として活躍中とのこと。へええ、なんだかすごいんだなあ。」(説明丸投げ


tokamachi29

駐車場はまだこんな感じの雪です。FF車なので、トラクションコントロールがあるとは言えあと1m前進するとたぶん帰れなくなります(ぉ


tokamachi24

各建物には番号が付いています。


tokamachi25

その中でも「脱皮する家」は特別な扱いを受けているように見えました。


tokamachi26

D-143 脱皮する家。DAPPI - 143(たぶん違います


tokamachi27

こんにちはー。お邪魔しますー。
持ち回り管理人のおばちゃんがすごいWelcomeな感じで出迎えてくれます。


tokamachi28

そしてお約束のドラマシーン再現。
ネクタイの曲がり具合まで再現するという念の入れよう。

脱皮する家を真面目に撮影したレポートはこちら:
むってぃーろぐ 脱皮する家

あ、もう一人の参加者、お昼のいななきtaka_zさんのレポートはこちら:
孤独のグルメ聖地巡礼 十日町編その1 〜十日町駅前 木村屋〜
(DAPPIする家のエントリはこれからですね!)

続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「米を食いに行こう」

そんなわけで、「峠の茶屋 蔵」に行って参りました。
オフィシャルWebページがあるんですね。知りませんでした。

tokamachi9

「いかにも…なドライブイン。こういうところは…大当たりか…大外れだ」
ハズレなわけないので、ゴーウエントゴーン。


tokamachi10

…とは言っても入るまでに時間がかかるのがこのツアーの様式美。


tokamachi11

「★超おすすめです」
オーナーシェフの風貌からは想像できない、ガッツリ系、かつ、どこかで修行してきましたよね?的なメニュー。


tokamachi12

皿洗いが追いついていません。一瞬、すき家の皿洗いが追いつかない激務シフトを想像してしまいましたが、おかみさん曰く、「忙しいのは土日だけだから、人を雇うほどでもない」とのこと。


tokamachi8

ロケ日は9/4でしたか。これで9/末の放送に間に合わせるんだもの凄いなぁ。


tokamachi13

「豚角のチリソース煮」
セットではなく、この後の釜飯に備えて単品で注文しました。たぶん700円。
チリというほど辛くはなく、煮込んだ豚肉とトマトソースとチーズの奏でるハーモニーがいい。


tokamachi14

Bさんのように秘技左手シャッターに挑戦しましたが…見よこの手ぶれ量を!(ぉ
慣れないことはするものではありません。


tokamachi15

こちらはBさんオーダーの「牛肉の煮込み」。
一口貰いましたが、ブロック肉を煮込んで作ったスキヤキ、と言えば伝わるでしょうか。これはご飯に合いそう。そもそも新潟だから、地域柄、ベースの味付けが濃いめなんですよね。


tokamachi17

おっきたきた来ましたよ…本命のオンリーワンの五目釜めし。
釜の中に日本がある
歴史がある
自然がある
宇宙キター!


tokamachi16

俺の心がしんしんときゃらぶいて…ガキにはわからない…
あれぇ!?きゃらぶきじゃない(笑 小松菜かな?これ。
きっと季節の箸休めなんだろうなぁ。
きゃらぶきたかったけど!


tokamachi18

ふぅ。ご馳走様でした。
これは美味くない訳がない。


そして次の旅程は…


tokamachi19

お、おおぅ!? まさかのネクタイ? ネクタイすか??
(続く)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
tokamachi1

孤独のグルメSeason 3 第11話の舞台となった新潟県十日町市に行ってきました。まさか雪と桜をもう1回堪能できるとは思いませんでした。昨年の千葉県旭市に続いて新潟県ですよ奥さん! ここまで遠出すれば立派なもんです。さすがに今後「島」とか「海外」となると、ついて行けない面があるかとは思いますが、新潟なら日帰りで何とか、いける、いけるぞ!

同行した方々のエントリ;

新潟県十日町市のあささささ

新潟県十日町市ドライブインの牛肉の煮込みと五目釜めし


tokamachi2

ゴローと同じように駅前商店街を歩いています。「ボロでニヤッ(ニヤッ」
つか、この店ドラマに出てないし!いや出たけど食べ物紹介されていないし!


tokamachi3

むしろこっちの萌えキャラが気になりましたけどね!(ぉ


tokamachi4

さて着きました。「木村屋」。駅から意外と距離があります。


tokamachi5

ゴローポジションを確認し…


tokamachi6

「あささささ」をいただきます。
Bさんがこのお菓子を京都でも見たことがある!と言ってたんですが、


tokamachi7

私も今日、「鎌倉のお菓子」として売られているのを見つけてしまいました!(ぉ

これはあれですね、「あささささ製造器」ってのが業務用機器業界で販売されてるんですね。もしくは全部どっかのOEM。

見た感じワッフルみたいなの食感を想像するかと思いますが、意外と歯ごたえがある堅いお菓子です。


今回のメイン料理、ドライブインでの食事に続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今年もブ写会の忘年会・横浜ブラブラに参加してきました。ブ写会には50人ほどメンバがいるようなのですが、そのうち約30人が参加するという出席率の高いイベントになりました。私などここ数年この忘年会横浜ブラブラしか参加できていないのですが(笑 出席率が高いのは、「遅からず早からず」という日程の良さもあると思いますが、やはり一年の締めというか、気持ちの区切りをつける上で一堂に会して一日過ごす、というのがいいのかな、とも思います。

私はDP1mとDP3mの2台体制で参戦。本当ならここにTouit 1.8/32をつけたNEX-6を入れると画角網羅的には完璧なんですが、どうも私の能力では、単焦点は2台までが限界のようで…。




このイベントではEOSはマイノリティ(笑
Dfが2台あったりとか…




α7/7Rが3台あったりとか…

皆さん機動力ありすぎ(予算的な意味で・笑




モデルは菊池美範さん。他のメンバの方が撮ったものも含めて、片っ端から菊池さんがダンディなんですが(笑 実際、カッコイイんですよねぇ。




船にも門松つけるんだ…。




昼下がりのシーバスで移動します。




カナダ人スパイ、Leslie Gillさん。最近彼の視点が気になって仕方ありません。我々が見えていない日本に気づかされて、はっとさせられます。







中華街で腹ごしらえ。
この1年間お互いが思っていたことを語り合ったりして、濃い時間。







Gillさんのお嬢さんにモデルになって頂きました。
写真では拝見していましたが、お会いするのは初めて。




でもその背後には常にお父様の影が…(笑

しかし残念なのは、仕事の関係で来年以降は参加できないことがほぼ確定していること。三井公一さんの視線を追っているだけでとても刺激になりますし、多人数で同じ被写体を追って現像結果を見せ合って、「こう撮るのか!」という驚きもあるので、忘年会以外の機会に参加できないか模索したいと思います。

参加された方々、ありがとうございました。
そして幹事のSさん、大所帯のコントロール手腕、さすがです。お疲れ様でした。
またいつか、お目にかかりたいと思います。

--
SONY デジタル一眼カメラ α7ズームレンズキット ILCE-7K/B(Amazon)

このページのトップヘ