クマデジタル

迷ったら、高い方


オフ会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「46歳、仕事も趣味も突然やる気が失せた」

実はまさに今そんな感じで。仕事の方は追い立てられるから何とかこなしますが、プライベートの方が本当に何もやる気が起きません。とはいえ、だからと言って何もしないでいるとますますダメになるループに突入することが上の記事から示唆されているので、「撮影に行こうぜ」と誘われれば気持ちを奮い立たせて出掛ける訳です。先週の話です。




家電女子さんが宗旨替え?されたEOS 80Dに、皆さんが勝手に持ち寄ったエクステンダーやらシグマの望遠レンズやらを付けて遊ぶ訳です。いやー折り目も取れていない新しいストラップが眩しー!そしてやっぱり新しいボディはいいねぇ。くんかくんか ←




フルサイズ換算1920mm!さすがにAFも手ブレ補正も実用になりません。ちょっとした家庭用望遠鏡の焦点距離は超えています。

面白いですが、ちょっとこれでは実用にならないので、



自分の5D3にエクステンダー2xとEF70-200mmを付けて久しぶりに撮ってみます。
うーん、やっぱり明るいところだとよく写りますねぇ。




いいです。
何を撮るわけでもないですが、川に釣り糸を垂らしてウキを一心に見つめるあの心境と同じだと思います。シャッター切ってればそれなりに幸せになれるんです。




でもですね、ちょっと薄暗くなると、なんか安定しないんですよねぇ。エクステンダーの話ですが。
画質が安定しない件は先日も書きましたが、性能が不安定になる(甘くなる)のは、薄暗さと関係している気がします。

(家電女子さんのご希望で、川崎の工場エリアが背景になって離陸が見えるところに来てみました。)




これはいいですねぇ。




川崎の工場エリアに移動してみました。被写体が近いのでエクステンダーは外しました。インスタ受けしそうな色調で現像してみました(笑。




こちらもインスタ受けしそうな色調で。
シャッター速度は1/6。ちゃんとした三脚ならこんな感じでビシッと決まりますよ!>誰となく。

お誘い頂きましてありがとうございました。>メンバーの方々
何とか気持ちを正転方向に持って行きたいと思います。

--
Manfrotto コンパクト三脚 Befree アルミ 4段 ボール雲台キット MKBFRA4-BH(Amazon)
電車での可搬性と剛性のバランスを取ると、このあたりでしょうかねぇ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
年末恒例の某ブラブラ歩いて写真を撮る会に参加しました。皆さん平等に歳取ってきているせいか、ブラブラ写真を撮る会ではなくてダラダラはしご酒する会になりつつありますが(笑 それもまた一興。

「クマデジさんまた大きくなったでしょ?食べられなくなるまで飲めば太らないよ!」というアドバイスありがとうございます三井さん(笑。いやぁちょっと最近美味しいもの食べ過ぎて左足指がチクチク始まったかな?歩けるかな?と心配だったんですが、水を大量摂取したら乗り切れました。

さて参加者のFoveonセンサー率が異常に高いこの会、私もMerrill三兄弟を持って出陣です。
MM21地区を練り歩きながら、今年は客船「ロイヤルウイング」のランチ忘年会です。




こちらも年末恒例、福山雅治会場の横をスルーして、
DP2 Merrill、Foveonブルーモードで現像。
もうちょっと海風が寒いのを想像していましたが、ダウンジャケットだと少し暑いくらいの陽気。




DP2 Merrill。インターコンチネンタルの下を通るとどうしてもこのモコモコを撮ってしまう。




DP3 Merrill、Foveonブルーモードで現像。
Flickrで拡大表示してみてください。コンデジの解像度じゃねぇ…。相変わらず 3 Merrillスゲー。




DP1 Merrill




DP2 Merrill
なんかグワングワンするなぁ酔いが回るの早いなぁと隣の方と話していたんですが、船なので本当に揺れています




DP3 Merrill
Flickrで(以下略
「こいつら餌くれねーよ!」



DP1 Merrill(Photoshopでぼかし処理)
今年黒くなったアレが飛んでますね…。
(この後、案の定キャッチに失敗してW氏のアレが悲しい結果に)




RICOH THETA S(パノラマ画像から切り出し)
ぐるんぐるん回さなくても、超広角レンズ機としても面白いですね。




DP3 Merrill




DP2 Merrill
DP三兄弟で夜ブラブラするなら全部ミニ三脚を常備しようと心に誓いました。


さて今年一年を振り返ってみると、一緒に暮らしていなくても父が亡くなったことによる変化は大きいなぁと感じた一年でした。また、仕事面でも転職2年目で、そろそろ「いつまでも初心者ぶってんじゃねぇぞ」と怒られそうな時期に入りつつあります。上の子が中学校に入って、一気に勉強について行けないのが露呈したのも我が家的には今年のトピックでした。初めての通知表を見てビックリして、速攻で塾通いになりましたけど。ブログの更新頻度が減ったのもトピックで、というのも、ブログを毎日更新しないと体がすごくラクだというのに気がついてしまったんですね。ブログ書く時間分、睡眠時間が増えるとこんなに体がラクなのかと実感してしまいました。歳を感じるなぁ。

まぁそんなブログですが、今年もお付き合い頂きましてありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
新宿Photo Gallery Place Mで開催中の伊藤公一写真展「HOPE」にお邪魔してきました。




入って左手よりご覧ください。




順路通りに観ると、ストーリーがあるらしいです。
作者のストーリーを感じることができるでしょうか。
私はできませんでしたが(←感性鈍い)、お客さんの何人かは感じられたという声も聞きました。







「モブたる自己の感情もまた平均的なものなのか」
→平均的だと思います。しかし価値は非凡だと思います。

私はこうちゃん(普段はこう呼ばせてもらっています)って、頭が良くて傷つきやすくて面倒くさいくせに非凡な奴と思っていましたが、今回の個展をじっくり見させてもらって、根底に流れているものは自分とそう変わらないと感じることができました。その感情から生まれるものが、黒い写真なのか、担当製品なのか、ポエムなのか、子孫なのか、そういう形の違いはあるにせよ、やはり人間が最終的に欲するのは、自分が生きた証なのでしょう。ただ、彼の場合、私と違ってその表現手段が素敵なのです。どうりで周囲にJDが集m(ry




これらのカットはいずれも仕込みではありません。
素のこうちゃんです。

展示されている作品は見れば見るほど普通じゃないものもあります。どうやって撮ったかを訊くときっと親切丁寧に教えてくれるかも知れないので、度肝を抜かれてみるもよし、納得するも良し。EOS 5Dsの性能の片鱗にも触れることができます。




だいたい午後を中心に在廊しているようです。
今週末まで。お近くの方はぜひ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今年の年末、東京で個展を行います。

伊藤公一写真展「 HOPE 」
2015.12.21(mon) - 12.27(sun) : 12:00-19:00
新宿 Gallery Place M
http://www.placem.com
 
これから12月まで、本格的に展示準備を行います。
すごく怖くて、でも、とても楽しみです。
良ければ、ぜひ、みにきてください。

良ければなのか、是非なのか、どっちなのか。
クリスマスに世のカップルを 微妙な空気感にする幸せに満たす(?)伊藤公一写真展「 HOPE 」の告知です。

招待状をくれ、くれ(c) 言ったので、送られてきました。



蝋で封された黒い封筒。
こんなの開けたことないです。
ふつう、封筒に封をするのは、ご飯粒ではないですか?←




折角だから蝋を粉砕せず開けたいよねぇ。
うーむ、開かない。




何かの接着剤に付属していたプラスチック製のへらでこじったら、剥がれました。





ああ、宣伝するさ!宣伝するとも!




開きました。開きましたけど…ほら、中の黒い招待状にも白いのり状の物が付いちゃってるじゃないですか。だから蝋なんて凝ったことすると…




あ、汚れじゃなくて鳩さんでしたか。失礼しました。
思わず勘違いする驚きの黒さ。




何故2枚入っているかというと、
1枚は永年保管用、1枚は布教用だそうです。
うーん、2枚とも永年保管かな。




そんな訳で、どのくらい在庫が残っているのか分かりませんが、招待状が欲しい方はTwitterの@co1 宛てにDMで住所氏名を連絡しましょう! でも招待状がなくても入場自由のはずです。


彼の作品の一部はflickrで観ることができますが(フォロワー8.3K人!)、VITAと呼ばれる動物シリーズは、500枚とか1000枚とか撮って1枚使えるか使えないかという歩留まりなのだそうです。彼の書く文章もとても個性的で、私は密かにブログの新しいエントリをいつも心待ちにしています。

これは彼の初めての個展だと思うのですが、ネットを通じてそれなりに名を馳せた彼が次に目指すものは何か、楽しみです。お客さんは怖くないです。きっと。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
母校の学園祭に、下の子連れで行ってきました。まぁお世話になった研究室の先生に会えればいいかなという気持ち半分、下の子に何か感じるものがあればいいなという気持ち半分。

以下、神奈川工科大学卒業生じゃないと8割方解らないネタが続きます。




そもそもこの建物なんですか。こんなのなかったですよね。確か広場+バス転向場だったような?(在校中は駐車場と自転車置き場だったような)奥には幾徳会館と、マクドナルドが入った建屋があったはずです。

これは新しい講義棟でした。ちなみに古い講義棟で使っているものはありませんでした。


【神奈川工科大学 学園祭】の続きを読む

このページのトップヘ