クマデジタル

迷ったら、高い方


オフ会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
こどグルマスターの一押しの中華料理店に、旧正月に合わせた(偶然です)新年会に行ってきました。あとはマスターに丸投げ

DSC08685

DSC08694

明らかに食事には不要と思われる武器的なiPhone。
そう、これアーマードiPhoneなんです。


DSC08697

DSC08701

アボカドのセイロ蒸し、ご飯のせ。
うちではツマがアボガド料理が得意で、腐る寸前まで(←希に腐らせる)熟らせておいたアボガドと、トマトのざく切り、あと在庫があればピクルスやらっきょうの千切りが入ったりしますが、それを醤油系のドレッシングで和えたものが出るんですね。これが結構ご飯に合う。なので、「孤独のグルメ」でこれが出たときには、美味いだろうと確信していました。ここでは蒸すことで人工的に熟させたのと同じ状態を作っているように感じました。そこに中華系のタレ。うん、間違いない美味さです。私は酒を飲むときこそ炭水化物を食べる派です(屋上屋を架す的な)。

この店の料理は、けっこうな割合で「うっすらパクチー風味」がついていることが多くて、私はパクチーは嫌いではないですがそんなにワシャワシャ食べるほどでもなく、でもパクチーが好きな人にとってはこの店の味は全般的にハマるだろうなぁと思いました。

いろんな創作中華料理があって楽しかったのですが、唯一、一点だけ。デザート。


DSC08719

この右下のなんですが、炭酸甘酒にゴマ白玉団子が入っているものです。口に入れるとまず炭酸がシュワッときて、そのあと甘酒ののどごし、そして最後にゴマ白玉団子の味という、味のジェットストリームアタック。それぞれがお互いを引き立てるようなことは全くなく(ぉ、なんでこの3つを混ぜたし!? と悩むこと必至。しかしそれがまた、オリエンタルっぽくもあり、もしかするとこれはクセになるかも知れません。

いや、美味しかったです(団子以外←)。さすがこどグルの店は外れないなぁ。


このお店のある通りは他にもマニアックな飲食店がちょこちょこあって、面白いなぁと思いました。どういうストリートなんだろう。

茗荷谷駅から坂を下ったところにあるので、帰りは駅に向かうと上り坂。「この坂もまた、実に走りたくなる坂である〜」とか言いながら帰ってきました。(走れません






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
仕事納まりました。
どうなることかと思いましたが、休日返上で当たった仕事はそれほど揉めることなくフィニッシュし、深夜残業に備えた夕食の買い出しが必要になることもなく「良いお年を〜」と。


DSC07973

明日は久しぶりに写真撮りにブラブラする予定です。
仕事忘れてリラックスしたい。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いい肉の日(11/29)に一足早い忘年会を広尾にあるお店でやってきまして…

IMG_0389

広尾ですから、もう水準は推して知るべし(高くて美味い)といった感じで、のっけから「牡蠣の牛脂煮」という全く味が想像ができないメニューが出てきてノックアウトされました。この日のお品書きはすべてこの牡蠣に象徴されている気がします。

忘年会の席上、今年はただのいい肉の日ではなく、平成29(にく)年の肉の日であることを教えていただき、いたく感動しました。

肉・魚の垣根を越えた料理の数々ながら、どちらかと言えばお魚系に軸足のあるこの日のメニューはそれはそれでとても美味しく、お酒含めいい歳になった身体にはとても優しかったのですが、中盤で出てきた豚の照り焼きを見て、「(豚の照り焼きを)大皿山盛り一杯出してくれてもいいのよ!」という心の叫びが誰からともかく口をついて出たのも事実。

その数日後、吉野家に前代未聞の肉メニューがあるのを発見し、無条件で食べに行ってしまいました。

IMG_0408

これがそれ。名前を「牛鍋ファミリーパック」といい、今までもテイクアウトメニューではあったらしいのですが、店内で食べられるのは11/29〜12/5の限定となります。ヒットメニューの「牛すき鍋膳」をベースに、その肉だけを4人前盛ったこのメニュー、誤解を招きそうですが牛すき鍋膳の肉4倍バージョンではなく、牛すき鍋膳から野菜やうどん、豆腐を取り除き、肉だけを4倍盛ったものになります。ただ彩りを添えるために水菜が少しだけ乗っています。なおご飯と卵とお新香はセットで170円の別売になりますが、吉野家にしては珍しくご飯大盛り無料です。(写真は普通盛り)


IMG_0409

味付けは牛丼ベースではなく、牛すき鍋膳ベースなので濃くて甘辛め。牛すき鍋膳の肉はいつも若干の物足りなさを感じるので、ここまで「食べても食べても肉」なのは初めての体験です。ご飯はもちろん普通盛りでは全く足りず、大盛りでもおそらく全然足りないでしょう。ご飯は並盛り2つが正解のような気がします。

広尾のお店とはまた別次元の肉体験でした。

ところで今回、ムスメを初めて吉野家に連れて行き、好きなメニューを食べさせたのですが、彼女が選んだのは「牛カルビ丼・温玉乗せ」。食べている間、とてもリアクションに乏しく、やっぱり年頃の女の子が喜ぶような店じゃないよなぁ…と連れてきたことを後悔したのですが、あとで感想を尋ねたところ「美味すぎて呆然としてしまった」とのこと(笑。そういうお年頃でもあるのね…。


吉野家 冷凍サラシア入り牛丼の具 (5袋)(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ナハトカのお土産、ダンボーのニット帽。サイカセンセが買ったのがラストの1個で、私が買ったのはラスト2個目…ではありません、ラスト3個目です。



なんかいい匂いがしました…。
紗々さん、芸が細かすぎます。

製作されたのは淡い色のものが多いように見えましたが、この白×青が気に入ってしまいまして。このカラーリング、最近どこかで見たなぁと思ったら、

52

トヨタのサイトでした(笑


ダンボーmini用ニット帽、今のところ通販含めて再販の予定はないそうです。何か別のイベントがあれば再製作の可能性もあるようなのですが、編むの大変そうですからね…。

なおこの帽子を被せると重心位置が後方の高い位置になりますので、スタンドは必須になります。上の写真はスタンドは使わず、後ろの見えない位置にメンボーで支えボーを入れてあります。


リボルテックダンボー・ミニ 2013年発売モデル (ABS&PVC塗装済みアクションフィギュア)(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
敬意を表して全体的に「ナハトカ」風味のトーンでお伝えします。




代々木公園に隣接する閑静な通りに面した、こぢんまりとしたギャラリー。白壁ベースのギャラリーというのが紗々さん的にはポイントだったらしいです。外光が結構入るのもギャラリーとしては珍しい。




紗々さん一番のお気に入りという港のカットと。

今日は浴衣でお出迎え、というのは事前情報で聞いてはいたのですが、代々木八幡駅前のナチュラルローソンに浴衣の人がいるなぁ、さすが代々木八幡はオサレやなぁと思っていたら出勤前のご本人だったという(ぉ




スクエアフォーマットを中心に、白飛びを恐れず撮ったそうです。
今回の作品群、本当に楽しんで撮ったということを熱く語られていました。その延長線上にこの写真展があるのでしょう。何かに熱くなれるっていいですよね。ああ自分もお台場ユニコーンの前では熱くなりますが(←




このダンボーの帽子、欲しかったんです(笑。(←買わせていただきました




他のお客さんが写っていませんが、実際はこのフレームの外に結構なお客さんがいらしてて(笑、アルバイトのお姉さんを雇わないと回らないほど。




「すっごい小さいギャラリー」と聞いてはいたのですが、いやいや、なんか自分の好きなもので埋めた空間って感じがすごい出てて、良かったですねぇ。小さい空間ならではの良さと言いましょうか。女の子の部屋に遊びにいった感じ、とでも言いましょうか(笑。

楽しませていただきました。ありがとうございました。

このページのトップヘ