クマデジタル

迷ったら、高い方


時計・カバン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
あと2時間足らずで世界が熱狂するであろうiPhone 6 (L) (LL) と iWatch が発表されると言われていますが、iPhone 6の大画面化は既定路線として、iWatchがどういうものかはやはり気になります。

スマートウオッチというのは他社さんではすでに製品化されているので、概ねどういうものかは想像できます。時代を一足飛びに超える新技術も搭載しないのでしょう。ただ、そこは既存技術のマジシャンであるアップルですから、「まとめ力」で我々を驚かせてくれるのでしょう。

iWatchを構成する要素としては、

・大画面化したiPhoneを補完する小画面
・iPhoneとペアリングされ情報のサブセットが表示される
・単体で4G LTE 通信機能は持たない
・毎日充電が必要
・時計表示時はバックライト不点灯
・バイタルセンサー(NIKE+やタニタのカロリズム的なもの)が内蔵
・シリコンバンド
・往年の小型で正方形だったiPod nanoと同等の操作性

このあたりではないかと思いますが、iPhoneが「個人の所有物の電話を置き換えるものでありながら、本質は電話ではない」ものであったことから、同様に「個人が身につける腕時計を置き換えるものでありながら、本質的には腕時計ではない」ものである可能性は高いと考えます。

となってくると、従来型の腕時計との棲み分けが問題になります。さすがに腕時計を2本はめるのはファッション上級者ですからね。真似できません。

個人的にはSEIKO ASTRONが欲しいものの、主に予算面で都合が付かずはや数年間、指を咥えているわけですが、そんな普通の腕時計を買わずにいたオレ大勝利!な iWatch が出るのでしょうか。あと2時間少々でベールが剥がされる割には、そんな実感が沸きません。「見たことがないものは、顧客は欲しがらない」とはよく言ったものです。

でもまぁ、私は寝ます。明日も仕事の山を崩さないといけないので。少しだけ早起きして、ニュースをチェックします。フジテレビなんかは例によって実機をスタジオに持ち込んだりするんでしょうか。

では、おやすみなさい…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと時間を作って、ヨドバシで薄くなった新型ASTRONを見てきました。見てきたのは限定モデルの SBXB001 ですが、9月下旬に発売される一般モデルも基本的には同じサイズ。なのでボリューム感の参考にはなります。

astron_hikaku

写真奥が SBXB001 で、手前がぶ厚い現行モデルの SBXA003。まぁ、確かに新型でもまだ大きいですが、普通のクロノグラフになったという印象です。視認性とか、彫りの深さとか、現行モデルならではの魅力も捨てがたいです。新型だったらアストロンに拘らなくてもブライツでいいんじゃないか…?とも思いました。

現行モデルは9月でディスコンなのかと思っていましたが、SEIKOのワッペンをつけた店員さんによると「現行モデルは、今のところ9月に引き上げ(終了)という話は聞いていない」とのことで、もしかすると併売されるのかもしれません。確かに ASTRON=クロノグラフ というのも少しやりすぎな感じもしますしね。

店員さんにも「限定ではない通常の新型が出てから比較されてはいかがですか?」と言われました。ディスコンでないのなら、そうします。

--
[セイコー]SEIKO 腕時計 SEIKO ASTRON アストロン ソーラー GPS 衛星電波修正 ステンレススチール 強化シリコンバンド 黒×ブルーダイヤル サファイアガラス スーパークリアコーティング 日常生活用強化防水 (10気圧防水) SBXA009 メンズ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「高いなぁ…」指を咥えて見ているうちに、消費税が8%になり、そしてセイコー・アストロン(ASTRON)が第2世代に。確信犯的に大型にあることを特徴とするウオッチなのかと思っていたら、何と30%も小型化。そしてストップウオッチが付いた。


ASTRON2014
第二世代ASTRON (公式サイトより)


ASTRONの特徴だった「彫りの深さ」は、30%も小さくなれば、当然、薄れる。


第一世代ASTRON(カタログより)


それを嘆くか、小型化を善しとするかは、悩ましいところ。
そして景気の上向きを先取りするかのような、強気の価格設定。


・SBXA021 第一世代ステンレス 202g
・SBXA003 第一世代ブライトチタン 135g

・SBXB011 第二世代ステンレス 163g 30%小さく、価格が26%高く
・SBXB003 第二世代ブライトチタン 103g 30%小さく、価格が23%高く



第二世代の重量データはメーカー公式情報ではないので、変更される可能性はある。

が、30%小さくなっても、第二世代のステンレスより、第一世代のブライトチタンの方が、軽い。

うーん密かに貯金してたのだが。
今回の値上げで、ブライトチタンモデルを狙うのであれば、実質的に貯金がゼロリセットされてしまった。

今までブライトチタンモデルを買えるはずだった予算では、第二世代では28g重いステンレスモデルしか買えない。

まさか値上げするとはねぇ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
日本の長期休暇(GWやお盆休みなど)の期間を利用して海外での執務をこなす……と聞くと、首相などの政府要人や大企業のエグゼクティブにでもなった気分ですが、お盆休みなど関係ない海外顧客に煽られているだけです。

という訳で、お盆休み前後に仕事で海外に行きそうだったので、何年ぶりか覚えていないですが車輪のついたカバンを購入しました。私が今持っているこういう系のカバンは2つありまして、

(1)17年前に購入したポリカーボネイト製のもの(7泊用)
(2)15年前に購入したファブリック生地のもの(3〜4泊用)

ここで(1)はしばらく使っていない上、いまどきこんなの使ってる人いないよ!系のデザインもさることながら、暑い実家の倉庫に保管しているのでたぶんもうすぐ劣化して割れそうなので、怖くて持ち出せません。(2)は私の仕事が「終わるまで帰ってくるな」系の出張であることから、少し心許ないサイズ。それに、なぜこんなのを買ったのか自分でも理解不能なのですが、車輪を引くと車輪についているギザギザから盛大な音が出るのです。羽田空港で引いてると皆が振り返るレベル。故障ではなく、最初からそういう音がするカバンなんです。

そんなわけで「7泊程度用」「いまどきのファブリック系」「車輪が静か」という観点で選んでみることに。

まぁ今はどれを選んでも車輪がうるさいということはそうそうないので、もう単純にデザインと価格で選んでいいんじゃないかと思います。

となってくると、

(1)ヨーカドーで売ってる7,980〜9,980円レベル。長持ちするかもしれないけど、数回の海外出張で壊れても惜しくない or 文句が言えないレベル。

(2)3万円くらいのもの

(3)王者 リモア(6万円以上) あんまりファブリック作ってないですけど。

リモア(Amazon)


の3択かな?と考えたのですが、かなり悩ましかったので、ふらっと海外に出かけてしまうアルジェ先生に相談してみることに。先生によると「そんなに高いのは要らない」とのことなので、まぁ(1)か(2)、もしくはその中間を取って2万円くらいのかな?と考えたのですが、私は比較的「いいモノを買って長く使う」ポリシーなので、(1)は除外することに。

でも本当にカバンって何選んでいいか解らないですね。どこのメーカーがいいかなんて(カメラバッグ以外は)なかなか解りません。となってくると間違いないのが著名メーカー。各メーカーのWebページなどをあたって、結局これに決めました:



Samsonite Optimum Spinner 63 (サムソナイト オプティマム スピナー63)


色は昨年の夏に出た限定色のブルー…の筈だったんですが、あれ?いつの間にか定番化したんですね。好評だったんでしょうか。安売りはしていないようで、お値段はポイント分を引いて実質3.1万円。ちょっと奮発しすぎたかな…。




サムソナイトって個人的には「カバンのエースがブランド借りて作ってるんでしょ?」という認識で、品質はそこそこだけどデザインは垢抜けない…というイメージでしたが、どうも最近はカバンのエースへのブランド貸与を引き上げて、日本でも米国本社が企画した製品を流通させるようになったようです。なので、20世紀に日本で見たサムソナイトとは少し違っていて、若干垢抜けて、高級路線になったようです。

まぁこれが垢抜けてるかといわれれば微妙ですが(笑、でもエースが作っていた頃とは全然違います。そもそもオッサンが仕事で持っていくんだからこれくらい地味でいいでしょう。


同社にはより軽量なB-Liteというシリーズがあるのですが、「軽量を極限まで追及したモデルは他にしわ寄せがあるはず」という直感から、選びませんでした。




フロントポケットが容積が大きい割には開口部が小さいのでどう使っていいか悩ましいところですが、ファスナーはスムース。






ハンドルは強度もしっかりしてるし長さも身長185cmの私でも十分。




キャスターもスムーズ。ガラガラ言いません(当然)。




ロックもカチャッと官能的だし、生地は高級感があるし、さすが3万円クラスです。まぁ1回海外に持っていくとそれなりにダメージを受けてしまうんでしょうが、これなら永く使えるんじゃないかと期待しています。




メインの気室は横開きなので、立てたまま開くことは考慮されていません。改善点を挙げるとすれば、側面に横倒し床置き用のスパイクが欲しかったかな…。




で、肝心の出張なんですが、お盆休み中にはないような気がしてきました。というのも、ちょっとトラブルが発生してしまいまして、私の部下がその対応のために別の国に旅立ってしまったのです。で、私はその部下がお盆休み前までに実行すべきだった仕事をこなすために、出掛けられなくなってしまったのです。部下も私と同じで「終わるまで帰ってくるな」系の仕事なので、いつ帰ってくるかも解らず。まぁ私が行くのはお盆休み明けかな…とは思っているのですが、さらにもう1つ、私の出張を阻害する別の要因が発生し…と、まぁカバンを用意してはみたものの、実際はこんなもんです。私的にはお盆休みは欲しいので、前のめりに何が何でも行くぜ!という気持ちでもありません。

父からは昔から「世界を股にかける仕事をして欲しい」と願われていて、先日入院の見舞いに行った際にも「なんだおまえ、まだ日本にいたのか」と言われてしまったのですが、まぁ行きますよ、そのうち。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
春になるとカバンが欲しくなるよねー
という訳ではないのですが、ダンボーバッテリーで私の中の評価が急上昇したcheeroがカバンを出す、しかもファーストロットは特価、ということで発売初日に購入しました。



初回ロットは2,980円、以降は3,480円(でしたっけ?)のバッグで、土屋のショルダーの1/10以下の価格ですが、「CLASSY (14 inch, Grey)」はそうは見えない質感と品質が売り。(他色の現物は見たことありませんが、この色だけが際立って「その価格に見えない」感じがします。)

特にファスナーのツマミとか、クローム色の部分の質感が素晴らしいですね。




価格を感じる部分は内張とストラップ。どちらもペラペラで、内張に至ってはペラペラな上にカサカサですが、ペン入れ、小物ポケットなど仕切りは充実。ストラップも安いなりに土屋のショルダーのような重量のある金具がないので、車に乗降する際に重量のある金具が車のボディに「カツン!」と当たってヒヤリとする心配はありません(笑 ←いや、これ本当に重要。

ストラップの肩パットも節操なくスルスルと動くので、たすき掛け時にカバンを脇に提げるのと背中に提げる場合でパットの位置を瞬時に動かせるというメリットもあります。

いや、cheero贔屓というわけではないですが、これにはこれの性質があるので、それを逆手に取った使い方があるんじゃないかなぁと思った次第。

上の写真は曇天時に撮ってしまったのですが、晴天時だと表皮に使っている蛍光体の関係なのか?すごく青みがかったグレーに見えるのが好みです。ちょうどiPhone 5の「ブラック&スレート」が光によっては青く見えるのと現象が似ている気がします。

中央の間仕切りを固定するベルクロテープが先端部分しかベルクロでないので、上の2枚目の写真のように少したるんでしまうのが惜しいところ。全面ベルクロだったらタイトに固定できてもっと使いやすいのになぁと思いました。

このGWは新居の資料を入れて、家具屋とかヨドバシとか新居とかを行ったり来たりするのに使い倒しました。通勤カバンの他にプライベートな情報を集約できるカバンがあるというのはいいものです。





このページのトップヘ