クマデジタル

迷ったら、高い方


時計・カバン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
あの世界的に有名になるであろう腕時計の出荷が始まったようですが、私も20年ぶりに腕時計を買いました。バッテリーが18時間どころか、太陽光で充電することで何年も動き続けるものです。




当ブログを以前からお読み頂いてる方にはお察しの通りです。




SEIKO ASTRON、薄くなったクロノグラフの第二世代が発売中ですが、あえて分厚くてクロノグラフではない第一世代モデルです。腕時計買い換えたいと思い始めてかれこれ6年も経っていることがサイカ先生のブログに記録されています

当時はSEIKO BRIGHTZ狙いだったんですが、その後2012年に出たASTRONに一目惚れ。恋い焦がれること3年、ようやく購入できました。

小学三年生の時に父に買って貰ったのが1個目の腕時計、中三のときにやはり買って貰ったのが2個目の腕時計、社会人三年目に自分で買ったのが3個目の腕時計、そして今回のが4個目です。このペースだとおそらく生涯であと1個買うか買わないか、というところだと思います。

このASTRONは1969年に世界初の市販のクオーツ腕時計に付けられたブランドであり、2012年に世界初の市販のGPS腕時計に復刻して付けられたブランドでもあります。

1969年は私の父が父になった年(=私が生まれた年)であり、私の手元にASTRONが来たのは父の命日のなんと前日でした。これに縁を感じないでいられるでしょうか。

晩年はGRAND SEIKOを愛用した父。SEIKO繋がりというところからも、この時計を手にするたびに父を思い出すような気がします。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
アレを買ったら置き場所に一工夫したいじゃないですか。
キズがつかないような座布団的なものでもいいんですが…


watchstand1

なので、こういうものを購入。


watchstand2

浜松にある豊岡クラフト製。


watchstand3

使い方はこう。ウオッチスタンドでした。
まぁ、上の写真のウオッチは普段はその辺に雑に置いているものですけど(ぉ


watchstand4

ベルトの裏をギザギザに引っ掛けて、様々な大きさのウオッチをいい案配に飾っておくことができます。


豊岡クラフト シニアコレクション ウォッチスタンド SC81(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
3年ちょっと前に購入したNW450が破けたので、代わりの靴を購入。破けたのはかかとの内張の部分で、脱がなければ気がつかれないので、ガーデニングとか作業などにはまだまだ使えそうな感じ。でも「今日は外で脱がないからいいか」なんて油断してると、五十日祭(四十九日)の打ち合わせで料亭に上がる羽目になったりして、恥ずかしい思いをしたり。

nb2015-1

購入したのはMW450の後継と思われる、MW483。Amazon/Javariで買ったつもりだったのですが、マーケットプレイスでした。Amazon/Javariって本当に扱い商品点数減ったよね…。まぁあんな「返品自由」ビジネスが安い商品で長続きするわけないとは思ってたけど。


nb2015-2

裏面はほとんど進化はないように見えます。しかし減りも少なかったし、不満はないので、このままで良いです。


nb2015-3

履いてみたら4Eにしては少し幅が狭いような印象があったのですが、上記のリンクの3年前の記事も同じ「幅が狭い」という感想だったので、履けば拡がるんだろうと思います。

そういや前回購入時に

「前に履いていた実売5千円台のNBと比べて価格差分の明確な履き心地上のアドバンテージがあるかというと…なので、次に買い換えるときはもう少し冒険したくなってきました

と書きましたが、結局はその価値を認めてしまって後継品を選んでしまったというね…。

いや、ほんと、便利でラクな靴だと思います。


new balance(ニューバランス) MW483 130483 DB ダークブラウン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
愛用の腕時計が7週間ぶりに修理から戻ってきた。当初は単なる電池交換の予定だったのだが、左下のボタンが陥没していたのが気になって、「治りますか」と聞いたら「おそらく治ります」とのことでお願いすることに。ボタン陥没修理だとムーブメント交換になるそうで、そうするとそこに新品の電池の代金も含まれるというのも修理依頼を決断したポイント。


watch20150203-1

しかしムーブメントは補修部品があっても、外装は部品在庫がなかったとのことで、防水性は失われた格好。「防水でない時計として水や汗に注意してお使いください」とのこと。もっとも、中身もケースも交換したら、モノ自体を交換したのと変わりなくなってしまう。


watch20150203-2

新規加算が終了し、今保有する分も2017年で失効するという「ヨドバシ・アフターサービスポイント」を修理代金の支払いで全放出した。これで心置きなく2017年を迎えられる。

ちなみに修理代金は税込み1.4万円だった。20年前の3.4万円の時計にどこまでお金掛けて修理するの?という問題はあろうかと思うが、たぶん今回で修理は最後になると思う。もう部品も枯渇するだろうし。あとは電池交換だけだな。




20年前に購入した当時は意識しなかったが、どうも「プロスペックス」というシリーズだったらしい。未だにそのシリーズは続いており、最新モデルはこれ。確かに面影がある。価格も近い。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いま使っている財布は、たしか結婚直後にボロボロの財布に見かねたツマがプレゼントしてくれたコードバンの財布。しかし推定13年ほど使って内張が剥がれてきて、カードや小銭に汚れのような形で付着するようになってしまった。店員に小銭やカードを渡す前にせっせと汚れを落とすことで対応していたのだが、財布を新調することにした。

ちょうど欲しいタイミングに欲しいモデルが売り切れだったのだが、Web再販を待つこと数週間、ようやく「明日21:00からWeb再販します」とのメールをもらい、まぁ21:00じゃまだ仕事してるし、帰宅後ゆっくり注文するか、と 23:30 頃販売ページを覗いてみると…売り切れ。2時間半で?売り切れ?財布が? どんだけ人気なんだよ(もしくはどんだけ数少ないんだよ)…。しかも今回は最終販売ロットで、新型は出るようだがいつになるかは分からない。


saifu1
(やっぱブース使わないと影が強くね?>誰となく)

そんなわけで、翌日、土屋鞄製造所のリアル店舗(横浜店)に行って買ってきた。Webは売り切れでもリアル店舗にはあるもんだ。これをクリスマスっぽい小さな赤い袋に入れてもらって、そのまま帰りに隣にあるパタゴニアを覗いたときには「それはクリスマスプレゼントですねっ☆」とツッコまれたが、ごめん、自分用なんだ…orz (ツマ用にも何か考えないと。)

ブライドルレザーで作られたこの財布は、見ての通り表面に「ろう」を噴いているのが特徴。そのまま使ってもいいが、一般的には初回使用時に付属のブラシで一定方向にブラッシングして「ろう」を落としてから使うのがいいらしい。その後も使っている間にろうが出てくるようなら、時々ブラッシングして欲しいとのこと。やがて経時変化で味わいが出てくるのだそうだ。


saifu2

クリスマス期間と言うことでオマケが。FinalCut X 関係のものではなく(ぉ、カチンコ型パスケースらしい。

なお明日は21:00から(リアル店舗では12/6から)コードバンの新型財布が発売になるらしい。二つ折りモデルで42,000円だって。アベノミクスを反映して、高くなったなぁ…。

このページのトップヘ