クマデジタル

迷ったら、高い方


時計・カバン

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
新年なので一昨年に購入してあった新しい財布を使い始めました。昨年はゴタゴタしていたので使い始めるタイミングを逸してしまいました。



古い方の財布は結婚した頃のツマからのプレゼントでした。当時私が使っていた財布がホチキス留めで補修して使っていたなどかなりみずぼらしかったためプレゼントしてくれたもの。

でもさすが15年近く使ってだいぶ傷んできました。



内張が剥がれて硬貨やカードに張り付いてしまいます。特にカードに張り付いた場合ツメでひっかかないと落ちないほど密着してしまうので、ウッカリするとかなり汚いカードを店員に出さざるを得なくなります。もう新しい財布に移行してもいいでしょう。

ところがですね、新しい財布にちょっとした罠が…。



中身をいままでの財布から移すと、入らないんです。特にカード類が。
財布全体の大きさはほぼ同じですが、厚い革を使っている分、中にたくさん入れてしまうと全然二つ折りに出来ません。

従来の財布はコードバンでしたが、新しい財布はブライドルレザー(牛革の一種)、強靱さでは上回りますが、しなやかさではコードバンの方が上です。



カードを10枚近く抜いても、押さえつけていないと2つ折形状を維持できません。

カードを大量に財布に入れておくという使い方がそもそも間違っているのかも知れませんが、一回り大きいのに、いままで難なく入っていたものが入らないというのは残念です。

カード入れを別に持たないといけないんですかねぇ…。
革の種類でここまで収容力に差があるとは思わなかったです。

困った…。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「今年は大したもの買ってない」という声をよく聞きますが、私も大物は買っていないなぁ…とは思いつつも、結構買っていました。モノは小さいですけど。



余談ですが上の写真はPhotoshopの機能で深度合成しています。手前から奥までピントが合ってるのはいいですね。時計の動く針を撮ろうとすると難儀しますけど。

では左から簡単に紹介。

■THETA S
THETA m15からのリプレース。今回は明らかに画質が上がったので爆売れしているようで、その時自分がそこに居た状況をワンシャッターで記録できるのは、何物にも代えがたい価値があると思います。

■DP2 Merrill
レンズ付きボディ(ぉ とも言われるSIGA DPシリーズの1つ前のMerill世代、DP1とDP3は持っていましたがDP2を持っていなかったので、製造終了のアナウンスがそこはかとなく聞こえてきた段階で捕獲。DP Quattroシリーズの電子水準器は羨ましいですが、Quattroの約半額というのはちょっとあり得ないお買い得度だと思います。

■ASTRON SBXA003
生涯4個目の腕時計。TPOに合わせて…ということはしない派なので、これが似合わないシチュエーションでは腕時計をしていきません。生活パターンによって毎日の自動時刻合わせが出来たり出来なかったりします。

■DSC-RX100 mk3
レビュー記事書いていません。起動時にエラーが出るようになってしまった PowerShot S100 を修理せずに本機にリプレース。すでにmk4 が登場していましたが、mk3 から mk4 への進化点に価格分の魅力を感じなかったので、価格がこなれてきた mk3 にしました。mk2 だとさらに安いですが、mk2 から mk3へはけっこう差があるように感じました。S100 の代替としてはちょっと高級すぎたかなという気もします。PoewrShot G9 X がもっと早く登場していたらそちらにしたかも知れません。以前はEOSとの色調を揃えるのにコンデジもキヤノンと決めていたんですが、最近のソニー機のAWBが特に室内でキヤノンより好ましいときがあるので、以前ほど主力機以外はキヤノンの拘らなくなりつつあります。

■ST-E3-RT
これもレビュー記事書いていません。Canon EOSに装着してスピードライト600EX-RTを遠隔発光できるワイヤレストランスミッターです。これがあるとカメラの向きを買えても光の向きが変わらないので、とても撮影が捗る場面があります。結構いい値段するので、電波だけでなく昔のストロボを光でも制御できたらなぁ…とは思います。

こうやって見るとやっぱりカメラ関係が多いですね。今年は手放した機材が少なかったのも特徴的で、THETAシリーズのように「過去機種より明らかに優れている(=買い換えの動機となる)新型」が少なかったと言えるように思います。

いまちょっと欲しいのは、DP Merrillシリーズに使える、バウンスできるフラッシュですね。Canonのをアダプタ経由でマニュアル発光でもいいから使えればいいんですが、どうも上手く行かず。やっぱりSIGMA製にしないといけないのかなぁと。EF-610 DG STとか公式にはアナウンス見かけないですけど使えるんですよね?


風の噂で来年はカメラ方面が豊作だと聞きましたが、お察しの通りクルマ貯金しないといけないので。でも最近クルマ調子いいんですよね…(笑。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SEIKO ASTRONの初代ムーブメント、7xシリーズモデルが終売になっているようです。

5D321344

思ったより長く販売されていましたが、いざ終わってしまうと切ないものです。
おそらく7xシリーズは在庫限りと思いますので、彫りの深い初代を迷われていた方は決断のタイミングかと思います。

次機種ではどんな新機軸を見せてくれるのか、楽しみでもあります。

[セイコー]SEIKO 腕時計 SEIKO ASTRON アストロン ソーラー GPS 衛星電波修正 ブライトチタン 黒×白ダイヤル サファイアガラス スーパークリアコーティング 日常生活用強化防水 (10気圧防水) SBXA003 メンズ(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ASTRON、とても気に入っているんですが、GPS腕時計ってどうよ?と聞かれれば、そんなに正確ではないなぁ…というのが正直なところ。iPhoneの時計アイコンの方がずっと正確です。意外と思われるかも知れませんが。

5D321322a

どうしてGPSを使っているのに不正確かというと、そんなに都合よく毎日、腕時計を宇宙(そら)に向けないからです。

ASTRONはしばらくぶりに盤面に強い光が当たったり、前回GPS手動受信に成功した時刻になると自動受信を開始しますが、冬場は長袖を着ていることもあったり、曇天の日が多かったりして、自動受信に失敗する確率が高まります。

そもそも、オフィスワーカーがウイークデーに太陽を見る機会なんてどれだけあるんだって話ですよ(笑 よしんば見たとして、そのときどれだけ左手外側を宇宙に向けてるのかと。

サイカ先生が冬に向けてASTRONの出番を減らしたのも、そういう理由もあるんだろうなぁ。(あと袖に入らないからという理由もありそう。私も持っているワイシャツのうち半分くらいがスムースに入らない(笑))

普通に正確な時計が欲しかったら、国内使用なら電波時計の方が良いような気がします。
まぁASTRONはデザインで買ったので、気に入ってますけどね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
例年7月に発表、9月に発売が恒例になっているASTRONに、今年も新型が出ました。てっきり初代ムーブメント搭載の7Xシリーズが廃止になってそれに代わる8Xムーブメントベースの薄型ノーマルモデルが出るのかと思いきや…

astron2016

「デュアルタイム」モデルの追加でした。7Xは廃止になりませんでした。

デュアルタイム表示機能自体は初代7Xにもあるので初搭載というわけではありませんが、7Xのような単純な小時計ではなく、任意のタイムゾーンに切り替えられるものだろうと思われます。それと小時計が12時間表示になり、冗談のような小ささのAM/PM表示が付いたのも新しいです。7Xの「1周で24時間」の小時計はなかなかエキセントリックでしたからね(笑

ほか、合わせ不要の曜日表示の搭載や、GPS受信感度を改善するセラミック素材の採用、りゅうずの電子化など変更点は少なくありませんが、個人的に一番インパクトが大きかったのは、まるでMicrosoft Officeの「図形」から出てきたような短針(時針)。分針とは異なるテイストので、初めて見たときは何ともリアクションに困りました。

自分が買ったSBXB003を超える、自分好みのASTRONが出なくて、ある意味良かったです(笑。

このページのトップヘ