クマデジタル

迷ったら、高い方


  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
週刊ダイヤモンド2018年2/3号特集「通勤25分圏外の 勝つ街 負ける街」を読みました。下世話な記事が多くどうも好きになれない同誌ですが、ついコンビニで手に取ってしまい(笑。

ただコンビニのはすでに立ち読みでボロボロになっていたので、へんぴな本屋で買いました(;´Д`)ごめんよコンビニ。

しかし街の勝ち負けって何なんですかね。そこからしてモヤッとしますが。
しかも「通勤25分圏内」ではなく「25分圏外」というのがポイント。

これ、もしかして(もしかしなくても)春の引越シーズンに向けての煽りなんでしょうか。

皆さんは今の街にどうして住むようになったのでしょうか。
私は転勤で越してきて、会社から30分程度、できれば荒天に弱いバスを使わずに通えて、いざとなったら歩いて容易に帰れる距離、閑静な住宅街、という基準で選びました。しかしその後勤務場所が4箇所変わっており、バスを使わずに通うのが難しくなった時期があったり、今となってはクルマ通勤です。一方で子供たちは幼稚園から小学校、中学校、間もなく高校生になり、アパートから持ち家になり、そんなに気軽に引っ越せなくなってきたのも確かです。


5D4A9132

私の家がある街より、1つ隣の駅の町の方がオシャレだしイケてると思っていたのですが、どうもテータから予測すると全く逆で、2025年予想などを見ると私が想像していたほど自分の街が荒廃しなさそうなのに安心はしました。(それでも実際問題として今の家の周囲に若い人が全く越してくる気配がないのは不安ではありますが。)というか、今から2025年にかけて住民が増えるとか、やっぱり人口は首都圏に集中してきてるんですね…。


5D4A9130

この特集の使い方はどうすればいいんでしょうか。将来勝つ街、「ポスト・ニコタマ」に引っ越す?投資する? 投資はお金があれるのならすればいいと思いますが、住むのってよほど都心勤務でなければだいたい勤務先や子供の学校で決まってしまうので、そんな選べないですよね。しかしその制約された範囲内で選択の余地がある場合には多少役立つでしょうか。


5D4A9138

名前や過去のイメージしか知らない街に意外なスコア(こんなに高い、こんなに低い)がついていたりして、「へぇ」と唸ることもあります。しかしスコアが高かろうが低かろうが、通勤時間が短くて治安がよく、ツブシがきく(勤務先変更にある程度耐えられる)のが一番だと私は思います。


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

週刊 ダイヤモンド 2018年 2/3号 [雑誌]
価格:709円(税込、送料無料) (2018/2/4時点)






  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
受験シーズンですね。
学校に入学しにくく卒業しやすい日本では、入学というイベントが人生の岐路においてウエイトが大きくなります。もうそうそうに進路が決まってしまった方、これからの方、いらっしゃると思いますが(我が家はこれからです)、想像していたほど良い成果が出なかったなぁという現実に直面されることもあるかと思います。

5D4A8831

すごい勢いで増刷がかかっているベストセラー本ですが、読んでみました。

著者の西原理恵子さんって、人生成功されているのか失敗されているのか他人からとやかく言うことが憚られるような人生を歩んでおられますが、まぁどちらかと言えば「高須さんという万馬券」(本人著)を最後にひいて成功者と呼べるのではないでしょうか。そういう意味ではこの本も私にとって鼻につく「成功者が書いた武勇伝」とか「勝者の論理」本と言えなくもないですが、女の子にとっては人生に何が必要なのかというのは男性の私には分からないところがあるので、手に取った次第です。

本書には使われていない比喩ですが、たとえば魚という獲物を得るために、素人は「海に入らずに陸から釣り糸を垂らすだけ」「船から垂らすだけ」「10mくらいは潜ってみるか」と考えるところ、西原さんに「いやいや、10,000m潜らないと魚なんて捕れるわけないじゃないですか」と説かれているように感じました。

そう、いまある程度安定した生活をしていると忘れてしまっていますけど、人生って本当はとても泥臭く、恥ずかしく、そして綺麗事だけでは済まないことだらけ。女の子であればなおのこと。優秀な大学を卒業するルートからいい会社に滑り込んで生活に困らない白馬の王子様と結婚できる人はほんの一握り。ではそうではない女の子にはどういった覚悟が必要なのか、ということを、とても苦労されてきた西原理恵子さんの意見として知ることができました。

ただ、西原さんって、DNA上…つまり地頭はとてもいいと思うんですよね。育った環境が恵まれていなかっただけで。そういう人はどんな環境でも努力すれば芽が生えてくるものですが、地頭が良くなかった場合にどうするか、という奇策があるわけではありません。世間からすればその人の地頭の良さなんてどうでもいいことですから。ただ、そんな無い物ねだりをしても仕方がないので、できる範囲で覚悟を決めて行く、恥ずかしいことや綺麗事ではないことにも手を染めてでも生きていける生命力、そういったことが必要なんだと認識しました。


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ついに待望の「MFゴースト」1巻が発売になりました。

5D4A8415

5D4A8423

富士山噴火の影響で終わった街・箱根を舞台とする新・公道最速伝説。


5D4A8406

漢字が読めないからソー・バッド。
このノリ好きです(笑)

そういやMFGエンジェルス・ナンバー7の正体って明示的に説明されましたかね? 状況から察しろ?


5D4A8413

次巻予告:藤原拓海の…超高速四輪ドリフト…!!


 

  • カテゴリ:
    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
アサヒカメラ2018年1月号を買いました。
目的は「風景写真をダメにした戦犯たち」。
実家帰省中に読もうと実家方面の本屋に買いに行きましたが、売っておらず。結局帰省が終わってから買いました。

5D4A8340

結論はネタバレになるので伏せますが…まるでNHKスペシャルのような結論…。

執筆陣のクレジットを見ないで買ったのですが、他の特集ページも「インスタ映えとはなんだ!?」のページを荻窪圭さんが書いていたり、お知り合いの方の名前がちらほら…。


5D4A8338

あれ?東京カメラ部社長の塚崎さんじゃないですか。記事は「撮影マナーの向上を目指す 北海道美瑛町の挑戦」。美瑛町の景観は誰によって維持され、カメラマンは何が貢献できるのか、というお話し。


5D4A4839

美瑛は昨年の初夏の頃に行きましたが、色々考えさせられる機会になりました。
景観に目一杯配慮し、とはいえ一年のうち1/3の期間は雪に埋もれるあの土地で、観光客にお金を落として貰うためにはどうすれば良いのでしょうか。


5D4A8336

あとパンドラの箱を開けてしまった的なMCプロテクターの総テスト。このデータの公開はかなり勇気がいりますね。基本的には各ブランド内での上下関係の性能差は確かにあるのですが、近年、高性能なレンズを連発しているあのメーカーのMCプロテクターだけは…という、わりとショッキングな内容でした。あとレンズの明るさとMCプロテクターが画質に与える悪影響との関係、MCプロテクターの性能の優劣より大事なメンテナンスとは、など、これ一読しておくとMCプロテクター周りで色々スッキリすると思います。

まぁヌード特集号のためか、ちょっとパラパラめくると陰毛写真が出てくるのだけがアレですけどね。でもこういう意見が「風景写真をダメにした」のかも、ですね。


   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「MFゴースト」を楽しみにしてヤンマガ(電子書籍版)を読んでいるのですが、MFゴーストはともかくヤンマガ自体が小学生にはいかがなものか的な内容を含むので、ムスコに見せるのは躊躇しています。そんな訳で今のところ私一人で読んでいる状態なのですが、あまり関心がなかった他の作品に興味深い作品を見つけました。

「侠飯」(おとこめし)

ひょんなことで大学生の下宿に居候することになったヤクザが、正論を吐きながら美味い飯を作るという何とも溜飲が下がって飯テロな作品です。

5D4A7098

正論を吐くヤクザ。


5D4A7095

「飯の支度をしよう」(エルシャダイ


5D4A7099

5D4A7100

「柳刃流」という割にはレシピ自体は奇をてらったところがないのですが、中身マトモな人がマトモに作ったら美味いに決まってるじゃないですか。



IMG_0476

そんな訳で衝動的にバラ肉ブロックを買ってきて作ってしまいました。とろ火で2時間。絶対美味いこれ。

明日は美味い飯が食えるぞー。

このページのトップヘ