クマデジタル

迷ったら、高い方


風景

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨日の朝から今朝にかけて、ふたご座流星群が極大を迎えた。極大の正確な時刻は12/14の15時頃なので見えないし、両日とも未明まで月が出ているので観測には不向き。12/15、月が沈む明け方を待って、家族で観察に出かけた。横浜西部の畑を横切る広い道に陣取り寒空を見上げる。確かに数十秒に1つくらいのペースで流星が流れていた。



5:30頃撮影。西の空。下の方が明るいのは夜明けではなく藤沢市方面の明かり。

インターバルタイマーで15秒露出を繰り返して100枚ほど撮影したが、肉眼では何十個も見えているのにカメラの画角に入ったのはこの1枚だけ。え?どこに写ってるかって?下の方にちょこっと(笑

中央にある明るいのが木星、そこの周囲にふたご座があるのだが、そのあたりを放射の中心点として全天に流れるのがふたご座流星群の特徴。なのでカメラは空のどこに向けていてもいいのだが、地上を少し写し込みたかったのと、解りやすさでふたご座に向けてみた。

今回の観察は元々ムスメが見に行きたいと言い出したものだが、写真の方は100枚撮影して流星が写っていたのが1枚…「寒い、寒い」を繰り返していた家族には、この手の撮影の過酷さや歩留まりが解って頂けたのではないかと思う(笑

いやぁそれにしても本当に寒かった。




カメラ単体で繰り返しインターバル撮影できないEOS 5D Mark IIIでは、タイマーリモコンが必須。インターバル撮影が本体だけでできるカメラはちらほらあるので、ストロボの電波トランスミッター機能とともに、EOS 5D4あたりでは内蔵されそうな気もするな…。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
紅葉シーズンを1〜2週間逃してしまった気もしますが、大涌谷に黒タマゴを食べにいきました。記録を見たら3年ぶりでした。



電車で箱根登山鉄道側からロープウエイで来るとえらい混雑なので、大涌谷に駐車場のオープン(8:00AM)前にクルマで行くのが必勝パターン。上の写真は大涌谷のロープウエイ乗り場。建て直したんですね。




が、8:00に行っても車は停められるものの、黒タマゴは8:30から、ロープウエイ乗り場は8:45オープンで運行は9:15からと、意外と時間を持てあまします(笑
ちなみにメインのお土産屋さんはこちらも改築中。プレハブで営業していました。




富士山をパシパシ撮りながら、黒タマゴができるのを待ちます。




てきました黒タマゴ。




テレビでやってたんですが、これ、温泉中のナトリウム分?が殻を通して浸透することでタマゴにうっすらと味がつき、本当に美味しく感じるらしいですね。錯覚じゃなかったんだ(笑




さて、タマゴも食べたし、ロープウエーで芦ノ湖方面に降ります。お、これは大勢の顔写真で作るアートですね…? 近づいてみると…




いやいやいやいや!これズルじゃないですか!(笑
これでいいなら、何でもアリだと思うよ!?




再び大涌谷に戻り、名物の大涌谷カレーを、これまた初めて頂きました。タマゴ食べすぎですね(ぉ レストランも改築されてすごく綺麗になっていたのですが、大涌谷のパノラマを眺めながらの食事は美味しいですね。カレーが美味しいのかシチュエーションが美味しいのかよく解りませんが(笑、カレーは普通に美味しかったですよ。

--
Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応
こんな日に便利な1本。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
車通勤にしてからすっかり運動不足になってしまったので、少し長めの散歩もかねて、横浜をブラブラと。


SIGMA DP3 Merrill

色づいた木々を求めて桜木町から掃部山公園の方に向かってみたのですが…



SIGMA DP1 Merrill

もしかして、もうここの紅葉シーズンは終了?



SIGMA DP1 Merrill

…終了っぽいですね。

今年は夏から秋を経由せずに冬になってしまった印象がありますが、まさかここまでとは…。

いやいや、でも数日前にとある街で綺麗な銀杏並木見たし。
紅葉というか、黄葉といえば、やはり関内の方だろうか…と、掃部山公園から日ノ出町を経由して関内方面へ歩いて行きます。パタンは食べてないですよ。



SIGMA DP3 Merrill

横浜スタジアム前に到着。ああそうそう、こういう感じですよ(笑 イメージ通り。



SIGMA DP3 Merrill

目に痛いくらいの解像力を堪能。がしかし、右端手前の葉っぱが見切れなかったのは、ひとえに液晶ファインダーだから、と言い訳。



SONY NEX-6 + Touit 1.8/32

ちょっと横道も散策したりして。
Touitを持ち出すのは久しぶりかも。いや、持ち出してるんだけど、標準ズームで間に合ってしまっているというか。

にしてもTouit、こういう日陰を撮らせると生々しい描写が素晴らしいですね。



SONY NEX-6 + Touit 1.8/32

そしてその描写は時に、記憶を超えるほど鮮やか。



SIGMA DP3 Merrill

3時間くらい歩いたところで帰路につきました。
いい運動になりましたが、これくらいじゃ全然足りないんだろうなぁ、運動。

--
カール ツァイス Touit 1.8/32 E-mount(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「まあ、飯岡〜木更津と移動して、最後に川崎で工場夜景撮影、ときたら「貴様らのがんばりすぎだ!」と罵られても文句は言えません(ぉ。」

何か1つ抜けているような気もしますが…おそらくサプライズなのでしょう(どんな

私も撮ってみました。




EOS 5D Mark III + EF 50mm F1.4 USM。
f/2.0 ISO=2000 SS=1/30の手持ち撮影ですよ。明るいレンズって素晴らしい。しかもちょろっと絞るだけでこの解像感。古いレンズなれど、侮りがたし。

あえて金網越しに撮ってみたら面白いかなぁ…と思ったんですが、あまりおもしろさは見いだせないですね(笑


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
小さい頃、信号機の押しボタンにときめいていた。誰でも押して良い電気的なボタンが、公共の場所にあり、押した結果、自分の背丈の何倍もあるような信号機が作動し、そして道行くクルマの流れが止まる。そのシチュエーションに萌えた。自宅から5km先、かかりつけ医の前にあるその信号機の押しボタンは、私の生活圏で唯一の押しボタン式信号機だった。

さっき、電話ボックスを見かけた。見た瞬間、子供の頃初めて押しボタン式信号機を見たときに近い感覚が蘇った。今や電話ボックスはローテクの象徴ではあるが、よく考えれば誰でも使っていいこれだけの装置が、しかも透明な箱に入って街角に置いてあるというのは、すごく文化的である。いや、携帯電話が普及した今では文化的とは言えないのかも知れないが、少なくとも誰かが部品取りしたり無闇矢鱈に破壊したりしないという点ではきわめて文化的だ。



しかしよく考えれば、これだけ狭い丸見えの箱の中に閉じこもって会話に夢中になるというのは、あるいみ危険な行為でもある。もし狙われていたら、間違いなく命が奪われるところである。周りから丸見えの場所で身動きが取れなくなるなんて今では考えられない。とはいえボックスを不透明にする訳にもいかないだろう。公序良俗上の問題が生まれる。

おそらく電話ボックスは間もなく見かけなくなるだろう。使ったことがないという子供たちも今ですら随分いるだろう。そしていずれ子供たちに話す日が来る。「昔は街角に電話機が入った透明な箱があってな、その透明な箱に人間も入って電話をしたのだ…。」

そう考えると、電話ボックスに目が釘付けになった。そして右手に持ったカメラで、今すぐ街角に透明な箱が置いてある情景を記録しなければと思った。

EF 50mm F1.4 USM + EOS 5D Mark III

このページのトップヘ