クマデジタル

迷ったら、高い方


風景

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
なんか「サンセットイン成田」とカナ漢字で書くとビジネスホテルの名前みたいですが(ぉ

実家からの戻りしな、成田でちょうど夕景だったのでクルマを停めて撮影。




最近こういう太陽バックで撮影していながら手前の被写体(しかも動体)がシルエットにならない作品を見たのだけれど、どうやって撮影しているのだろう。動体だからHDRは使えないだろうしなぁ。










国内からは退役しつつある747も、国際線ではまだ結構使われている。
自分の中では旅客機といえば、このフォルムなんだよなぁ。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote


息子が昨年の夏休みの宿題に描いた絵がとあるコンテストに入選して、副賞に日本三大マリンタワーの1つ(ウソ)、横浜マリンタワーの入場券を1枚もらいました(あとの2つは大洗マリンタワーといわきマリンタワー)。

さすがに息子だけ登らせるわけには行かないので(笑)家族で。残り3名はもちろん有料な訳で、なんか釣られてるなぁ(笑

しかし副賞で頂いた入場券は大人子供の区別はなかったので、その件を大人に適用するのがもっとも安上がりという…。





久しぶりです。前回登ったのはExifによると2010年末のブ写会でしたので、3年ぶりです。3年……あっという間に感じます…。




さて「昼間の」マリンタワーともなると、前回登ったのは独身の頃だったかもしれません。エレベータの窓から見える「柱全体」は意外なほど細く、展望室を支えていられるのが不思議なほど。

一応高いところにアクティブマスダンパー的なものが付いていて防振しているとは聞きますが、結構揺れますねぇ(笑 こんなに揺れるものだったかなぁ。




あ、赤レンガ倉庫で出初め式でしたね。


ここの大人入場料にあと50円足すと3倍高さが高いランドマークタワーに登れちゃったりしますが、高ければいいというものでもないことを感じさせてくれます。この独特のノスタルジックな雰囲気、これといったものがない感じ、そしてこの角度からしか見られない眺め。

「心に残る」という意味では、ランドマークタワーより印象が強いかもしれません。これがきっと、いまだに存在していられる理由なんだろうなぁ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
牛久のはての

草野心平の 「富士山」は、牛久沼畔から望んだ富士山を詠ったものと言われていますが、そこからさらに25kmほど東に行った利根川河川敷から撮影した富士山がこちらになります。



NEX-5Rのパノラマモード使用。富士山と筑波山が1枚のカットに。
私の実家の近くですが、しかしこうやって見ると、本当に高い建物がないですね…。


現在、富士山がどこから見えるかは、シミュレーションによって計算されているようです。
「富士山可視マップ」

--
ソニー ミラーレス一眼カメラ α NEX-5Rズームレンズキット ブラック NEX-5RL/B(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨日の朝から今朝にかけて、ふたご座流星群が極大を迎えた。極大の正確な時刻は12/14の15時頃なので見えないし、両日とも未明まで月が出ているので観測には不向き。12/15、月が沈む明け方を待って、家族で観察に出かけた。横浜西部の畑を横切る広い道に陣取り寒空を見上げる。確かに数十秒に1つくらいのペースで流星が流れていた。



5:30頃撮影。西の空。下の方が明るいのは夜明けではなく藤沢市方面の明かり。

インターバルタイマーで15秒露出を繰り返して100枚ほど撮影したが、肉眼では何十個も見えているのにカメラの画角に入ったのはこの1枚だけ。え?どこに写ってるかって?下の方にちょこっと(笑

中央にある明るいのが木星、そこの周囲にふたご座があるのだが、そのあたりを放射の中心点として全天に流れるのがふたご座流星群の特徴。なのでカメラは空のどこに向けていてもいいのだが、地上を少し写し込みたかったのと、解りやすさでふたご座に向けてみた。

今回の観察は元々ムスメが見に行きたいと言い出したものだが、写真の方は100枚撮影して流星が写っていたのが1枚…「寒い、寒い」を繰り返していた家族には、この手の撮影の過酷さや歩留まりが解って頂けたのではないかと思う(笑

いやぁそれにしても本当に寒かった。




カメラ単体で繰り返しインターバル撮影できないEOS 5D Mark IIIでは、タイマーリモコンが必須。インターバル撮影が本体だけでできるカメラはちらほらあるので、ストロボの電波トランスミッター機能とともに、EOS 5D4あたりでは内蔵されそうな気もするな…。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
紅葉シーズンを1〜2週間逃してしまった気もしますが、大涌谷に黒タマゴを食べにいきました。記録を見たら3年ぶりでした。



電車で箱根登山鉄道側からロープウエイで来るとえらい混雑なので、大涌谷に駐車場のオープン(8:00AM)前にクルマで行くのが必勝パターン。上の写真は大涌谷のロープウエイ乗り場。建て直したんですね。




が、8:00に行っても車は停められるものの、黒タマゴは8:30から、ロープウエイ乗り場は8:45オープンで運行は9:15からと、意外と時間を持てあまします(笑
ちなみにメインのお土産屋さんはこちらも改築中。プレハブで営業していました。




富士山をパシパシ撮りながら、黒タマゴができるのを待ちます。




てきました黒タマゴ。




テレビでやってたんですが、これ、温泉中のナトリウム分?が殻を通して浸透することでタマゴにうっすらと味がつき、本当に美味しく感じるらしいですね。錯覚じゃなかったんだ(笑




さて、タマゴも食べたし、ロープウエーで芦ノ湖方面に降ります。お、これは大勢の顔写真で作るアートですね…? 近づいてみると…




いやいやいやいや!これズルじゃないですか!(笑
これでいいなら、何でもアリだと思うよ!?




再び大涌谷に戻り、名物の大涌谷カレーを、これまた初めて頂きました。タマゴ食べすぎですね(ぉ レストランも改築されてすごく綺麗になっていたのですが、大涌谷のパノラマを眺めながらの食事は美味しいですね。カレーが美味しいのかシチュエーションが美味しいのかよく解りませんが(笑、カレーは普通に美味しかったですよ。

--
Canon 標準ズームレンズ EF24-70mm F4 L IS USM フルサイズ対応
こんな日に便利な1本。

このページのトップヘ