クマデジタル

迷ったら、高い方


風景

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
横浜にブルーインパルスが来ると聞いて見に行ったんですが。
自分はあまりブルーインパルスを見に行きません。好きなんですけど、混雑で基地への道が鬼渋滞するのが苦手で(昔の百里基地がトラウマになっています)。
少し前の東京を飛んだのは見に行きましたが。

各写真はクリックで拡大。



EOS 5D Mark III + EF 70-200 f/4L IS USM(トリミング)

私は国立大ホール前に陣取ったんですが、ここと、



カップヌードルミュージアムがオフィシャルの観覧場所。アナウンスが流れます。




アウディさんの隣、JICAの屋上には政府高官かVIPっぽい人もいますね。



ムスコ撮影。α6000 + Zeiss Touit 2.8/12

曇天で、開始五分前になるまで実施の可否が判断できなかったようなんですが、確かに有視界飛行を基本とするブルーインパルスは曇天ではできないですね。出回っているブルーインパルスの写真に曇天ベースのものが少ないのも納得です。



EOS 5D Mark III + EF 70-200 f/4L IS USM(トリミング)

Photoshopの「かすみの除去」フィルターで何とか見られるようになりました。
3番機がいなくて、予備の機体が入っていますね。



ムスコ撮影。α6000 + Zeiss Touit 2.8/12

これはこれで味があってなかなか。ムスコは「このカメラ大きく(ズーム)できないのかよ〜」と憤慨していましたが、ズームは父ちゃんに任せろ。



EOS 5D Mark III + EF 70-200 f/4L IS USM(トリミング)

大方のプログラムがキャンセルされ、曇天の日のブルーインパルスは、真っ直ぐ飛ぶだけでした。


[シチズン]CITIZEN 腕時計 PROMASTER ブルーインパルスモデル 【数量限定】 BY0080-65E メンズ




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
あまり出掛けていないツマをどこかに連れて行くべく画策。いまのタイミングだと北鎌倉の紫陽花だが、梅雨入りしたにもかかわらずすごくいい天気でしかも暑い。これは紫陽花どころではないと考え、涼しいところ…山(箱根)方面へ。




大観山では昼食の時間には少し早かったので、伊豆スカイラインのスカイポート亀石まで来てしまいました。が…




あれ…なんかメニューが縮小されてる…これだけ…ですか…?
麺、カレー、しらす丼。以上。




テイクアウトコーナーは多少充実していますけど。(わさびコロッケ美味しかったです。)




縮小されていたのはレストランだけではなく、売店も商品の取り扱い点数も減っていて、空きスペースが休憩椅子になっていました。




麺、カレー、しらす丼…だったらしらす丼しかないよなぁ…と選択。ケープ真鶴もレストランをやめちゃったみたいだし、なんかこちら方面の公共系のお食事処が次々とリストラされてて淋しいです。

道路も全体的に空いてたし、若者の車離れじゃないですけど、箱根の有料山道を走る人が少なくなってると言うことなんですかねぇ。




ワインディングで乗り物酔いしたツマに配慮して帰りは山道を通らず海沿い経由で。踊り子の線路沿いに紫陽花が咲いている場所があったので1枚。結果的に紫陽花見られて満足。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
引っ越しして1年、昨年は引越のゴタゴタで行けなかった鎌倉のあじさいを観に行ってきました。お供のカメラはDP1 Merrill(広角)と、DP3 Merrill(望遠、マクロ)です。






ねじばな。




現地に9時頃着いたんですが、甘かったですね(笑。ちなみに8時開園です。




皆さんの足を見ると分かりますが、止まっています。




おお、ここは…


cgeba

神聖ブリタニア帝国からミサイル攻撃されたあたりですね。












鎌倉あじさい三大名所の1つですが、よく行っている北鎌倉の円覚寺と甲乙付けがたいですね。

DP1mとDP3mを持ち出すと、DP3mばかり出番があることが多いのですが、今回はほぼ均等に出番があった気がします。


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4,600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー(APS-C)搭載 929558(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
国営ひたち海浜公園の「みはらしの丘」を観に行ってきました。4月下旬から5月下旬にかけて見られる空の色と溶け合うような一面ブルーの景色は、報道などで見たことがある方も多いかと思います。ひたち海浜公園は真夏のロックの祭典「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル(RIJF)」の会場としてご存じの方も多いかも知れませんね。

私がよく知っているこの辺りは(10年以上昔ですが)雑木林だったように記憶しているのですが、すごく綺麗に整備されてビックリです。




カメラマン的に言ってしまうと、これも桜同様、なかなか一線を越えた撮り方ができない被写体でもあります。被写体に撮らされているとはこういうことを言うのでしょう(笑。ほぼ同じアングルのカットはお土産のお菓子のパッケージにもあります。これはしゃがんでカメラを構えたものですが…




普通に立ち姿勢で撮ることうなります。だいぶ印象違いますよね。1枚目のようにしゃがんで撮る場合にはピント位置や絞りも結構納得いくものは難しいと思います。あとネタバレしてしまうと意外と手前側(歩道寄り)を中心にネモフィラの群生にムラがあるので、そこをどう見切るかは1つのポイントです。いいアングルを試行錯誤しているうちにカメラに興味のない同行者は飽きてどこか行ってしまうと思います(笑

ちなみにこの日はEF 16-35mm f/4L IS USMの1本でした。他のレンズも持って行ったのですが、歩道が砂で、他のお客さんが歩くたびに地面に近いところでは砂埃が立つので、カメラが砂だらけになります。ちょっとレンズ交換は躊躇してしまう感じです。フィルターを装着すれば沈胴箇所が外に露出しないEF 16-35mm f/4L IS USMは精神衛生上非常に良いです。(実際には空気の出入りがあるのでどこからかはホコリを吸ってると思いますが。)

この丘、秋は別の花を咲かせるみたいなので、毎年春に合わせてネモフィラを植えてるってことでしょうか。凄いなぁ…。




丘をちょっと登ると海が見えます。




内陸側を振り返って。奥に観覧車が見えますが、駐車場はそこより遠いです。停める場所にもよりますが600m〜1kmくらい歩きます。しかし道中とても清々とした景色が続くので、人は多いですがとても気分良く歩けると思います。




ひときわ人が集まっているのが、みはらしの丘にある、ひたちなか市の最高標高地点。海抜わずか44mと言われていますが、周囲に高いものが何もないので(笑、大パノラマが堪能できます。




菜の花越しのみはらしの丘もとても美しいです。




心の原風景が置き換わってしまいそうな、印象に残る景色です。




戻り道にて。元々ひたち海浜公園はネモフィラで有名になる前から園内の花が見物だったので、ネモフィラ以外にも花がきれいなところがいくつかあります。

ネモフィラは5月下旬まで鑑賞できるようなので、これから行かれる方へのアドバイスを。

・GW中は7:30開園です。早ければ早いほど快適に見られます。特に早く行くと近くの駐車場に停められます。
・日焼け対策を忘れずに!
・駐車場混雑情報、高速出口の渋滞の迂回方法は「国営ひたち海浜公園」のオフィシャルWebサイトで。
・食事は観覧車の近辺でできます。屋外屋台っぽいものもあります。
(弁当持参してその辺でシート敷いて食べても問題ないはずです。)
・10:00頃には帰る方がちらほら現れます。
・GW中はひたちなか海浜鉄道(旧那珂湊線)の阿字ヶ浦駅から無料のシャトルバスが運行されます。旧那珂湊線は数々のロケに使われた味わい深い路線なので、それ込みで首都圏から一日撮影旅行というのも楽しいと思います。

Canon 広角ズームレンズ EF16-35mm F4L IS USM フルサイズ対応

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年住んでたアパートの近くの桜はもうすっかり葉桜になってしまいましたが、いま住んでるところの最寄りの桜は遅咲きみたいでまだ見頃。今年は桜の季節に仕事が忙しくキャンプ座間の桜祭りはもちろん、近所含めてとてもとても桜を愛でる余裕なんか持てませんでしたが、昨日は奇跡的に休日が取れました。神は見捨てなかった…。


EOS 5D Mark III + EF 70-200mm f/4L IS USM + Extender EF 2x


EOS 5D Mark III + EF 70-200mm f/4L IS USM + Extender EF 2x

桜を取ると「単純に綺麗に撮る」というところから抜け出せていないことが露呈してしまいます(笑 真っ黒にするという芸風もないしなぁ。

マイホームを買ったら書斎から見えるところに桜の木を植えるのが夢だったんですが、いざ検討してみると虫害がひどいとか根っこで家が持ち上げられるとか花が散るとき隣家に迷惑かけるとかネガティブな要素がいろいろあって、なかなかうまいようにはいかないものです。


Canon エクステンダー EF2X III

このページのトップヘ