クマデジタル

迷ったら、高い方


風景

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
NHKの番組「ドキュメント72時間 大空に飛行機を見上げて」で紹介された「成田さくらの山公園」に行きたい!という写真仲間からのリクエストがあったので、半地元民としては案内しないわけにはいかないだろうと、大人の遠足を企画して数名で行ってきました。

とは言ってもさくらの山公園はできた当初から通っているので、改めて写真を撮るのもアレだなと、昔ムスメが小さな頃に撮ったさくらの山公園でのビデオがいい感じだったなぁ…というのを思い出し、今回はビデオカメラを回しました。

ただ、ちょうどいいタイミングで滑走路が南側への離陸中心(さくらの山公園はA滑走路の北側にある)になってしまったりして、いまひとつ不完全燃焼。そこでFlightraderで着陸機が多く見られたB滑走路北側へ。こちらにも「十余三東雲の丘(とよみしののめのおか)」というビューポイントがあるのですが、そこではなく私が時々行っている畑の方へ。




B滑走路はLCCの比較的小型の機体が多く着陸するのですが、それでもこの迫力。ここは時々巡回の車両が回ってくるので、マナー良くしておかないと怒られる気がします(;´Д`)。あと農作業の方の交通の邪魔にならない配慮も大事。




これは私も今回初めて行った「東峰神社」。航空技術の発展を願って個人によって建てられた神社が、今や反空港勢力の拠点として利用されているというまるで「ティターンズのガンダムMk-II」を連想させる神社です。風向きによってはとんでもない写真が撮れることもあるのですが、この日はそういう風向きでもなく。ただ、そのヤバさについては「公安にマークされる」とか「クルマのナンバーを控えられる」とも言われており、実際この日も、しっかり出入りを見られていました。ここで何かあっても空港は責任持てない感じの場所ですね。



神社から振り返ると、来た道はこんなのです。普通じゃありませんし、フォトスポットとしては全くお勧めはしません。というか、今回の面子でなければ「やめとけ」って言います(;´Д`)。




あとは航空博物館ですね。昭和のノスタルジーが漂う感じの、ゆるい博物館です。空港南側にありますが、北側にある「さくらの山公園」あたりと行ったり来たりするのに距離が6km前後離れてるので地味に遠い(笑。

手前にある展示用のボーイング747は、なんかお刺身の「活け作りに添えられている頭」に見えてしまいます(;´Д`)




さくらの山公園に戻ります。ここには以前前から「野菜の直売所」があったのですが、少し前から一部エリアを区切って航空写真家のチャーリィ古庄氏のショップが開店していたようです。このショップができてから来るのは初めてですね…。航空グッズ販売とか、軽食などが楽しめます。

そのチャーリィ古庄氏のショップスタッフがやっているのだと思いますが、さくらの山公園には離着陸する航空機のガイドアナウンスが流れるようになりました。それによると間もなく総2階建ての超大型機エアバスA380が到着するものの、A滑走路が鳥群の侵入で使用できなくなっており、A380は遠回り旋回を続けているとのこと。とはいえA380が着陸できる滑走路は関東には限られていますから、どうしてもここ、成田のA滑走路に降りたいところです。

30分ほど待ったところでA滑走路が再開し、A380が降りてきました。さくらの山公園に、その大きさに驚く歓声が響きます。





これは上の動画(Canon HF G40)からの1カット切り出し。

朝から晩まで12時間近く成田空港の周りをぐるぐるするツアーなんて、同じような感性を持つ人同士じゃないととてもじゃないけど耐えられないと思いますが(笑、でもそういう人たちだったようで← 同行の皆さんには喜んで貰えて良かったです。





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実家の母が遊びに来たので、桜含めて雰囲気のいい近所の公園へ。
そしたらカワセミ撮影の現場に遭遇。
いや、まさかここにカワセミが来てるとは思いませんでした。


5D4B9380

私はたまたまEF 85mm/1.8しか持っていなかったので、この程度しか撮れなかったのですが、ガチ勢の皆様は…


5D4B9374

7人ほど来られていまして、うち4人がEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、そしてやはり4人が、雲台が Manfrotto の MVH500AH。カワセミのスチル撮影現場でビデオ雲台が流行っているとは聞いていましたが、本当なんですねぇ。

カメラボディは80Dとか7DあたりのAPS-Cの機種が多そうだったので、換算640mmでしょうか。

皆さん自転車で来られていたので、せいぜい1〜2キロ圏内にお住まいの方ではないかと思うのですが、そのエリアにEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM とか MVH500AHが4台もあるなんて(雲台は私の合わせて5台だ)何か不思議な感じがします(笑。

 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今日は比較的風も少なく、絶好の撮影日和でしたね。
私も桜が咲いている近所の公園へ。
レンズの博覧会のようになってしまいましたが、描写の違いをご覧頂ければ幸いです。


EF 70-300mm f/4-5.6 IS II USM + EOS 5D Mark IV




新しい設計らしく、パリッとしています。



EF 100mm f/2.8L Macro IS USM + EOS 5D Mark IV






初めてこのレンズをハンズオンしたときから印象は変わらず、立体感がいい感じです。



EF 35mm f/2 IS USM + EOS 5D Mark IV




けっこう寄れることが有名なレンズ。掲載しませんでしたが、背景によってはぐるぐるボケのようになるのも興味深かったです。



EF 85mm f/1.8 USM + EOS 5D Mark IV


古いレンズなのでピクセル等倍だとさすがに甘いですが、それより立体感が勝っている印象。ボケもきれいです。晴天ならばISも要りません。


万能過ぎて良くも悪くも面白みがないものの、つい出番が多くなってしまう100mm Macro、侮れない85mm f/1.8、暴れん坊の35mm F2、説明用の70-300mm、といったところでしょうか…。


   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いします。

初日の出は大山から見ようと思っていましたが、ツマがちょっと朝から用事があるとのことで、用件の場所にすぐ行ける八景島シーパラダイスへ。普段は8:30開島なんですが、元旦は終夜開島してるみたい?



EOS 5D Mark IV + EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM

八景島には入れても、一番東の端にある桟橋は安全上の問題のせいか、日の出数分前までオープンしません。それにしても場所取りすごいっすね。まるでえびす宮の福男選びみたい。(あっ真ん中に転んでる人が…。)



EOS 5D Mark IV + EF 70-300mm F4-5.6 IS II USM

私は桟橋には行かず、桟橋の人越しに撮るのが好きです(笑。
でも機会があったらあの桟橋の方にも行ってみようかな。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
丸の内で仕事があったので、12月7日から供用開始となった東京駅丸の内駅前広場に寄ってみました。



皇居方面から。日本の中央の駅である東京駅前にふさわしい広々感です。
並木は桜なども植えてあるようで、春も楽しみです。




都会では季節が感じられない、なんてセリフもあまり聞かなくなった気がします。高度成長期ならではのフレーズだったのでしょうか。




2014年から工事をしていましたが、まさかこういう感じになるとは思わなかったですね。
結構いいと思います。日本にもこういう広場ができるようになったんですね。

夜間ポートレート撮影のメッカとかにもなりそうです。







タクシー乗り場。見れば分かりますね(笑




ただ、宜しくないのは東京駅丸の内北口を出てすぐのところにある横断歩道。NHKの資料映像でよく出てくる「丸の内に勤務するサラリーマン」の映像で有名な横断歩道ですが、設置角度が変わってしまいました。





渡ったところ。丸の内オアゾ側から見ています。道路にうっすら以前の横断歩道の痕跡が見えるのが分かるでしょうか? 以前は写真左側の丸の内駅北口に真っ直ぐに入れる角度で横断歩道が設けられていたのですが、整備により東京駅の建物の長手方向(=JR線路)と平行する角度になってしまいました。この方が上空から見た際のデザインや、広場からオアゾ方面への導線は良くなったのですが、毎日ここを通る何万人ものサラリーマンにとっては迷惑極まりません。駅にまっすぐ行けなくなったどころか、横断歩道のたもとに地下通路への出入り口が設けられているので、歩道がきわめて狭くなっています。丸の内駅北口から出た人は、地下通路の入口を避けるように回り込み、しかしその先は横断歩道の手前で歩道の幅が狭くなっていて大混雑、ということになっています。新しい東京駅前のロータリーへの自動車の流れ、車両一時停止の位置など総合的に勘案して決めたのだとは思いますが、あまりにも歩行者に厳しいデザイン。何でこんなことになった…。サラリーマンは地下道使え、ってことか…。




仕事帰りに夜景も撮ってきました。




意外とあまり行かないKITTEにも寄ってきました。
クリスマスですね。
普段は車通勤でFMラジオをよく聴くのですが、クリスマスソングには食傷気味で、流れてくると速攻選局を変える派です。今こそクリスマスソングをかけないFM局なら支持します。え、放送大学?




KITTE屋上から。こう見ると駅前広場の歩行者が歩ける範囲から感じる風景とは全く印象が異なります。意外と機能的というか、自動車、バス、タクシーをさばきつつ、地下の機能も生かし、しかも歩行者には広々感があるという、なかなか巧みなデザインだと思いました。あの横断歩道を除けばな…。


今日のお供はRX100 III。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 III 光学2.9倍 DSC-RX100M3(Amazon)

このページのトップヘ