クマデジタル

迷ったら、高い方


ビデオカメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
ビデオカメラネタが続いて恐縮だが…

ビクター、スタイリッシュなAVCHDカメラ「EverioX」
−レンズ前手ブレ補正。ベッキーが新キャラクターに


レンズ前手ぶれ補正とか、結構アグレッシブな技術を投入しているのだが、何気にJVC(Japan Victor Corporationの略でいいんだっけ?)ブランドを国内投入する方がむしろ気になってしまう(笑

いずれVictorは懐かしのブランドになっちゃうんだろうなぁ。


--
ビクターと言えば「トップをねらえ!」(違う?
トップをねらえ!響綜覧






    このエントリーをはてなブックマークに追加
パナソニックから微妙なタイミングで新しいビデオカメラがリリースされている。

パナソニック、64/32GBメモリ内蔵のAVCHDカメラ2機種
−手ブレ/暗所撮影能力強化。最軽量の1MOSタイプも


うーむ、この時期ってのは何なんだろう。単に開発リソースの問題だったのだろうか。ビデオカメラと言えば春(入学式)商戦か秋(運動会)商戦かと思うが、こういったハイエンド(TM350)/ローエンド(TM30)モデルは季節性によらない商売が出来るという判断なんだろうか。

さて、上位モデルTM350が64GBの内蔵メモリを積んできたことで、いよいよビデオカメラにHDDというのも引導を渡される時期が来たように思う。個人的にはビデオカメラこそメモリ化に賛成だ。

HDC-TM350
HDC-TM350

いくらiPodなどでモバイル機器へのHDD搭載に実績があるとはいえ、パソコン上のiTunesの複製であるiPodと、想い出をその場でストレージするビデオカメラを一緒に考えてはいけないと思う。iPodが壊れた場合と、ビデオカメラが壊れた場合のダメージの大きさを考慮すれば、メモリで十分な容量が得られる今の技術水準であれば、ビデオカメラにはHDDを積むべきではない。

ワイド側画角での手ぶれ補正の効きが大幅拡大された「アクティブモード」だが、特に新しい技術が開発されたわけではないという。ソニーXR520Vの「アクティブモード」対抗だとは思うが、普通に研究データを積み上げて実装した結果だろう。

TM350のアクセサリーシューの機構は発売中の下位モデル(…になってしまった)TM300と同様、かなり風変わりである。開発の熱意は分かるが、利用する側に立ってみれば、もう少しシンプルな構造であるべきだと思う。アクセサリーシューというのは使う人と使わない人で価値観がハッキリ分かれるので実装に苦慮するのは解るが、ここは内蔵5.1chマイクの位置をシューに明け渡すべきだろう。

最終的な画質次第だが、機能的にはパパカメラマンにとってかなり魅力的だ。屋外で強いファインダー(EVF)が付いて、メモリ式。外部マイク端子にヘッドホン端子もある。お手軽撮影から音にも気を遣うちょっと気合いの入った撮影まで期待に応えてくれそうだ。

一方、小型化が最大の訴求点であるTM30だが、高さ方向は液晶のサイズで決まってしまうので、思いっきり幅を薄くして小ささをアピールしている。塗装を奢った感じも他社の下位モデルより一歩ぬきんでているように見える。

HDC-TM30
HDC-TM30


TM30のバッテリーの装着の向きはこれまた画期的で(笑)薄型化に貢献し、かつ、液晶は閉められないが大型バッテリーはその気になれば付けられるというもの。これはこれでアリだろう。パナソニックは毎回バッテリーの向きをコロコロ変えるのが好きなようで(笑)善意で捉えればそれだけ毎回知恵を絞っていると言うことだろう。

パナソニック HDC-TM350-H メタリックグレー【送料無料】



    このエントリーをはてなブックマークに追加
ムスメの音楽教室の発表会に行ってきた。もうEOS 5D Mark IIの高感度低ノイズは最高だと。
20090426yamaha1

立って撮影または三脚を使いたいのであれば最後尾に座るよう指示があったのでそのように陣取ったのだが、
20090426yamaha2

いざ本番が始まると前の方で立ち出すおじいさん。孫を見に来たというような歳。この世代は観光地でもマナーの悪さというか図々しさがたびたび指摘されているが、たぶんこの年代になると周囲が見えなくなるのかも知れない。自分も歳をとったときこうならないよう気をつけたい。
20090426yamaha3

ではおじいさんではなくお父さんの世代は、というと、立ちはしないもののカメラを揚々と掲げたりして…後ろからはこう見えるということは想像できないのだろうか。カメラの液晶の向こう、ピアノの前の背の高い子の親は私の右隣だったのだが、お気の毒しか言いようがない。子供は親の背を見て育つと言うが…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
先日書いたようにiMovie'09のインターレース書き出し問題が治った。

iMovieは'08版でインターフェースをガラリと変え、また、それまであったある程度の細かい編集機能もバッサリ切り捨てたことで、少し距離を置いてしまったユーザーも多いと思う。私もその一人で、'08を買わずに'06でやり過ごしていた。

個人的にはこの頃にAVCHDカメラに移行し、編集環境について悩まされることになった。iMovie'08が当時使っていたPanasonic HDC-SD3に対応したのは解っていたが、編集した映像を現実的な価格でリビングの大画面に持って行く手段が思いつかなかったし、何より、AVCHDすなわちH.264圧縮された映像を解凍して編集して再圧縮、というアップルの考え方に共感できなかったのだ。(実はHDC-SD3の前にはDVDビデオカメラにも手を出していたのだが、これもPanasonic DVD-MovieAlbumSEでGOP単位ながら無劣化編集ができた。)
imovie20090420-1

だから私はMac上にWindows環境を作り、あちらの世界(…なんて死語か(笑))では支持者の多いPanasonicの「HD Writer」で編集をしていた。HD WriterではGOP単位でのカット編集しかできないものの、編集した映像をSDカード経由でリビングのDIGAに持って行き、HDDなりブルーレイディスクなりにダビングできた。

ただ、この方式にも欠点はあった。Mac上のWindows環境なので、ちょっとMacで見たい時に視聴環境の起動に時間がかかり家族に呆れられること、そして編集するとシーン間に「息継ぎ」が発生することだ。

そんな決定打に欠けるAVCHD編集環境に悩んでいた頃、iMovie'09(iLife'09)が発売になった。試しに使ってみて驚いた。

細かい編集機能は復活してるわ、HDDに単純コピーしたAVCHD映像フォルダから取り込めるわ、HDDに溜めたビデオをライブラリ的に視聴する環境が付いてるわ、そして同時期に登場したToast10+HD Pluginを使えばHD解像度でBDディスクが作成できるわ、そして動作速度が軽快だわで、「あれ? これって結構イケてない?」と思った。冒頭に挙げたインターレース書き出し問題もついに解決され、いよいよiMovie'09は私の環境で離陸しそうな勢いだ。
imovie20090420-2

ただし、iMovie'09の動作速度が軽快なのにはワケがある。

AVCHDの取り込み時にH.264圧縮をほどき、iMovieにとって都合のいいApple Intermediate Codec (AIC)と呼ばれる中間フォーマットに変換する。これにより無劣化での編集は事実上できなくなるが、その代わりに軽快な操作性が手に入り、GOP境界を意識したり、息継ぎの心配をしたりする必要もなくなるのだ。

結局、AVCHDというのは、現実的な記憶容量にハイビジョン映像を納めることを至上命題として考えられた規格であり、編集のことなどはあまり考えられていない。その代わりとして、我々ユーザーはこの時代でハイビジョン映像を手のひらサイズの、そして10万円もしないビデオカメラで撮影できる機会を得られるようになった。

Appleが無劣化編集を軽視しているとは思えない。その証拠に、iPhotoでは編集前の写真にいつでも戻せるし、iTunesだってAAC/MP3圧縮をせずにリッピングできるモードがある。しかし、現時点でハイビジョン映像をハンドリングする環境を考えたとき、無劣化にこだわらず、ほんの少しの劣化さえ許容して貰えればこんなに快適になるんですよ、というバランス点をiMovie'09は示していると思う。

とはいえ、AIC変換された映像データはなかなか凶悪なサイズだ。さて外堀が埋まってしまったので、何とかHDDを工面するしかないだろうな…。(笑)



    このエントリーをはてなブックマークに追加
結論から言うと、Panasonicのビデオカメラを入手するほかはなく、単品では手に入りません。

紛失した場合などに備えてメーカーが保有しているパーツ(補修部品)を注文可能かどうか確認したところ、HD Writer AEが同梱されたビデオカメラ本体を持っているという証拠が必要とのこと。たぶん、製造番号なり保証書なりレシートなりが必要なのでしょう。

Macな皆さんはiMovie'09(iLife '09) + Toast 10を使った方が幸せになれると思います。iMovie'09のインターレース書き出しには動きのある部分に櫛状の模様が見えるという問題がありますが、そのうち修正されることを期待します。



このページのトップヘ