クマデジタル

迷ったら、高い方


ゲーム・おもちゃ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
私もサービスイン当日の夕方から始めてみました。だいたいこういうのは斜に構えてみていることが多いんですが、まぁ無料だし、批判するにしても話題に乗るにしてもやってみなければ分からないだろうと言うことで。

5D321448

ゲーム開始2日目にちょっと箱根方面まで行く用事があったのですが、そしたらあっという間にレベル6まで達してしまい驚きました。クルマ移動でしたしカウントされないのかな?と思っていましたが、観光地だとたいして歩かなくても次々とポケモンやら何やら出現するんですね。

ただ、私の場合、「ねこあつめ」も家族から「もう猫死んでるよ!(ぉ」と言われるくらい放置してるので、ポケモンgoもすぐ飽きるのは目に見えています。

そもそも、歩くのが嫌いなので、歩かないとできないゲームとか、あり得ないです。どうしてプレイヤー側を固定にして地図側を指でスクロール可能な仕組みにしなかったのか!(←

やっぱりプログラマーを経験しているので、人が作ったプログラムで喜怒哀楽したり時間を奪われたりするのにのめり込めないんですね。これ、映像作品でも同じだったりするんでしょうか。映画を撮る人って、他の人の映画に感動できなかったりするんでしょうか。映画を撮る方に聞いてみたいですが、たぶん全員というわけではなく、何割かの映画制作者が、自分が作る側の人間ゆえ、他者の映画に感動できないのだろうと思います。ネットを見ているとプログラマーでもポケモンgoを楽しんでいる方もいるので、全員じゃないんだなぁという気はしています。

どちらかというと、街を歩いていていて「うはぁ本当にみんなやってるんだwww」というところを実感する方が面白いです。あとはマイカーのドライバーとして、歩行者がどういう状態にあるのかというのは知っておいて損はないですね。ああ、こういう画面見ながら歩いてるのかと。

もちろんムスメのiPhoneには入れるつもりはありませんが、仮に入れたところでムスメのiPhoneは0 SIMなので、実用になるかどうか不明ですしね。(帯域や通信量的に)


そういえばポケモンgo プラスという、ポケモンgoと連動した腕時計型の通知デバイスが7月末に発売になるらしいですね。7/24の段階ではAmazonには登録はないようですが…

「ポケモンgo プラス」をAmazonで検索




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
遅ればせながら、お台場の「VR ZONE」で取り乱してきました。完全予約制ですが、なかなか予約枠と自分の空き時間の折り合いが付かず出遅れてしまいましたが、満を持しての?参戦です。


DSC06892

開店直後の10:00-という枠を予約したのですが(しかも予約番号1番(笑))開始少し前に到着するよう案内があったものの、そもそもダイバーシティ東京プラザにクルマで行って、テナントがオープンする10時前に3Fに辿り着くというのがちょっとした迷路なんですね(;´Д`)素直に上の写真左側の入り口から入れば楽勝なんですが、駐車場からだと、ちょっと…。(エスカレーターは使えませんが、ガンダム寄りのエレベーターを使うと室内からアクセスできます。)


DSC06893

あっ、はい。


DSC06872

まずは待ち時間が長めと言われる「高所恐怖SHOW」に速攻並びました。これはこの施設でも1,2を争う優秀なコンテンツだと思います。地上200mのビルの先に突き出た木の板の先にいる子猫を拾って助ける、というそれだけなのですが、使用するVRゴーグルの視野もそれほど広いわけではありませんし、所詮CGの風景に恐怖なんか感じないのでは?と思ってました。始まるまでは

まず最初にエレベーターに乗って地上200mまで上がるのですが、もうこの段階で上方向への上昇感を感じます。不思議です。そしてエレベーターが到着するともう扉が開いた瞬間にビルの端でその先に木の棒が伸びている状態。風景は確かにCGと分かるのですが、最初の一歩を踏み出す前に、

「あ、これはもう無理」

と思いました。予め係のお姉さんから「踏み出せない人もたまにはいる」という話は聞いていましたが、そんなに極端な高所恐怖症ではないので、自分もその「たまにいる」人になるとは思っていませんでした。

現実世界では床に1枚板が敷いてある(但し僅かにグラつくようにはなっている)だけなので、実際には落ちることはないのですが…そうは分かっていても、身体が動きません。この時点ですでに帰りたいです。

これはリタイアかな…と思いましたが、折角ここまで来たのに有料だし勿体ないと思い、係のお姉さんも応援してくれてるし、でも動かない身体との折り合いを付けるために、禁じ手を使いました。

実はVRゴーグルの鼻部分の形状が微妙に私の顔に合っておらず、自分の鼻の頭を見るように目を下げると、VRゴーグルの隙間から実風景が見えるんですね(ぉ その実風景で冷静さを確保しつつ、板の上を進んで子猫を拾ってきました。両手では拾えなかったです。カニ歩きで、片手で。

自分の伸ばした手と、猫を掴む感触の間には少し位置ズレが感じられましたが、もうそんなのどうでもいいくらいの恐怖体験でした。


DSC06875

次は「アーガイルシフト」という、ロボット操縦もの。だいたい想像通りのものですが、ファーストガンダム第1話でザクに怯えるアムロの気持ちがよく分かります。自分も同じような機体に乗っているとは分かっていても、自分を殺しに来る巨大ロボット、洒落にならない怖さです。

人間が乗り込むタイプの巨大ロボットにおいて視点をどこに設定するかというのは割と悩ましい問題で、人間が乗り込んでいる胸のあたりをパイロットの視線の基準にする場合と、カメラアイがあるロボットの頭を基準にする場合の2通りがあります。どちらがいいかは一長一短で、アニメでも都合がいいように解釈されることがあります。ちなみにこのロボットは視線が胸にあり(というかガラス張り?)上を見上げると自分が乗っているロボットの顔や肩が見えるのがなんか嬉しいです。

あと自分と一緒にコクピットに乗り込む「アイネ」ですが、生身の人間なのかAIなのかよく分かりませんでしたが、これ見ちゃうと既存のアニメのコクピットにいるAI(ヴァルヴレイヴのアレ)とかが俄然古く感じられてしまうから不思議です。アニメというのはその時代の常識をベースにする(たとえばマクロスで出てくる「歌」は未来の歌ではなく、21世紀の我々にとって馴染みのある曲になっている)面はあるとはいえ、このVRに出てくるAIが体験として一般的になると、従来のロボットアニメのコクピットの子画面に出てくるAIはいかにも描写が古い感じがしてしまうのでしょう。


DSC06881

「スキーロデオ」
スキーが苦手な私ですが(行くとだいたい怪我をする)、バーチャルならうまく滑れるんじゃないかなぁ…と思っていましたが、甘かったです。全然うまく滑れません。


DSC06889

入力デバイスとしては足を乗せる部分のみとなりますが、エッジを効かせないと曲がることもままなりません。終わった後に係の方に「これ、実際のスキーのスキルとリンクするんですかねぇ?」と聞いてみましたが、「そんなことはないと思いますよ」とのこと。でも全然下手くそでした、私。


DSC06886

カーレースの「リアルドライブ」。これだけ少し他のアトラクションと比較して毛色が違う感じがしました。VRゴーグルを必要としませんし、この施設の外でも蓄積した車両や成績などのデータが流用できる感じでした。ただ、クルマの挙動が致命的にオカシイ。トヨタ86(AT)を使ったのですが、60km/hくらいなのに7,000rpmまでエンジンを回す羽目になったり、コーナーはスケートリンクですか?っていうくらいグリップしないし、いくらゲーム性を出すためとは言え、VRでリアルな方向目指している割には、車両の挙動が現実離れしすぎてると思いました。こんな変な挙動の車両、レース用としてはおろか、公道用としても市販しちゃいけないレベルだと思いますよ…。


DSC06878

「ホラー実体験室」。実は高所よりこちらの方が苦手で、ひときわ大きなお客さんの悲鳴が聞こえてきたので、体験しませんでした(;´Д`) 遠慮しときます…。

あと他に、電車のもありましたが、先にスピード感やスリル満載のを試してしまったので、食指が動かずパス。トータル1.5時間の枠のうち、1.2時間くらいで体験したかったものをすべてクリアしました。たぶん全部プレイしたら、時間ギリギリだったと思います。

人間側が慣れていないというのもあるかも知れませんが、解像度の荒さとか、CG臭さは二の次に感じられました。終わった後は「あちらの世界」がなんか懐かしく感じられ、これは帰ってこられなくなる廃人が出てきそうだなぁ…という気がします。もっとも、この技術の行き着く先としては「マトリックス」や「メガゾーン23」の世界になってしまうわけですが、それはそれでちょっとイヤ。私が生きている間にはそんな世界は来ないとは思いますが、VR廃人は今すぐにでも出そうなポテンシャルは感じました。もしかしてメンタルケアとかにも使えるんじゃないですかね、これ。

あと、この施設のスタッフがとても感じのいい方ばかりで驚きました。どうやったら店員としてこんないい人材を集められるんですか…。丁寧かつ親切で、お客さんとのコミュニケーションも積極的で、とても気分良く時間を過ごすことができました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
私の中では「Nゲージ模型の会社」ということになっているトーミーテック社から、「マクロスモデラーズ 技MIX(ギミックス)」シリーズという彩色済みのVF-1シリーズのプラモデルが出ると言うことで、驚きを隠せません。

photo01


技MIXとは?

技MIXは、「今からでも楽しめるプラモデル」をコンセプトとし、昔は作っていたファン、最近のハイレベルな作例を見て躊躇していた方、興味があるけど時間的制約などで手が出せなかった方などを対象に、取り組みやすいプラモデルの世界をご提案いたします。
精密で完成度が高く、コレクション性にも富んでいながら、動いたり音が出たり光ったり・・・、そんな模型の世界を気軽に楽しんでもらいたい・・・。

技MIXシリーズは「彩色済み組み立てキット」となっており、プラモデル制作を躊躇させる要因であった「彩色作業」を簡略化。
タンポ印刷等の工場生産技術を駆使することによってデカール貼り付けや細部の塗り分けなどの煩わしさを解消し、さらにデカールの厚みによる精密度の喪失など手作業の限界を超えたリアリティを実現しました。
技MIXシリーズは、プラモデルならではの精密さと造る喜びを融合させたプラモデル進化のひとつのかたちとして展開していきたいと考えています。

http://www.tomytec.co.jp/gimix/lineup/macross/index.html


VF-1といえば少し前にかなり緻密なプラモデルが発売されましたが、速攻組み立てた人のレポを見てすっかり「積みプラ」になってしまっていました。あのデカール類をちゃんと貼るだけで想像を絶する苦労なのは容易に理解できます。しかもそれで完全変形させるとなると…。

しかし今回のトミーテック社のシリーズは、変形機構を差し替え方式に割り切り、一方でNゲージ模型にも使われる「タンポ印刷」までも駆使して完全彩色済みを達成。

「ファイター」「バトロイド」それぞれ別の製品ですが、その2つをセットにした「2モードセット」というパッケージでは「ガウォーク」も再現できます。(これ、2モードセットといいながら3モードですよね…?)

この模型、1/144と少し小さめなのに結構いい値段するのが難点ですが(まぁバンダイのRGシリーズにタンポ印刷をかけたと考えれば高くはありませんが…)それより恐ろしいのは、今までの一般戦闘機の「技MIX」シリーズと縮尺が一致していることと、Nゲージ(縮尺1/148〜1/160)とも極めてスケールが近いということ。つまり、現存する星の数ほどのNゲージ用の情景パーツ(建物、樹木、人々など)が完成済みジオラマパーツとして使えることではないでしょうか。これ芋づる式に小遣いがなくなっていくパターンや…((((;゚Д゚))))

ガンプラでも1/144は主流ですが、Nゲージ用の情景パーツをあまり用いないのは、両者の製造方法や商品としての立ち位置の違いによるテイストの違いが目立ってしまい、なんか同じ世界観には見えなかったという理由もあろうかと思います。しかし今回の「技MIX」シリーズはおそらく同じような製造技術で作られていますので、たぶん並べても違和感がないはず。

まさかバンダイ以外のところからこんな模型が出てくるとは思いませんでした。ある程度オープンにライセンスしているマクロス模型商品ならでは、ですよね…。

なおVF-1以外にも、少し遅れて放映中のマクロスデルタのVF-31なども出るようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
PS4の本体ソフトウエアがバージョン3.50になり、MacやPCからリモートプレイが可能になりました。



今までもXperiaやPS Vitaなどではリモートプレイできていましたが、Mac / PCでのリモートプレイは新しい。画面全体をストリーミングする仕組みのあるPS4ならではの新機能と言えると思います。

さっそくソフトをインストールして2階のMacから1階のPS4を操作してみましたが、難なく普通に操作できます。PS4のコントローラを有線でMacに接続するのが推奨されていますが、Macのキーボードでもある程度操作できます。純正コントローラは「Mac用にもう1個」と考えるには高すぎるので、他社製の互換コントローラーを使いたいところですが、対応しているんでしょうか?

画面解像度はさすがに配信だけあってボケ気味。色も家庭用テレビとパソコンの色の違いからやや浅くなります。良くできていますが、どうしてもPS4が繋がっているテレビが使えない時の緊急用かなぁ。
なお操作されている方のPS4の画面は、リモートプレイ中の画面と全く同じものが映っていますので、場合によっては配慮が必要かも知れません。何のことですか。

Wireless WOLには対応していないようなので、使い始めるときはPS4の電源を手動でONする必要があり(もしや有線のWOLには対応しているのでしょうか?)HDMI CEC(ブラビアリンク、ビエラリンクなど)を普段使っていると電源を入れただけでテレビまで電源ONされてしまうのがこのときばかりは鬱陶しいですが。

あ、上の画面ではウインドウサイズが小さいですが、自由な大きさにリサイズできます。リサイズしても画面のボケ感はそのままですけど…。

--
ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) ジェット・ブラック(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Google Cardboardという、スマホを使った簡易型VRがありまして。オリジナルは段ボール箱による簡易VRグラスなのですが、もうちょっとしっかりしたものが欲しくて、プラスチック製のもの(Andoer CST-01 3D VR)を買ってみました。

5D324856

で、これで何をするかというと、THETA Sのスマホアプリが、少し前に2画面VR再生モードに対応したんですねぇ。THETA Sで撮影した映像を2画面モードで表示した状態で、そのスマホをVRグラスにセットして頭に装着すると、頭の動きに合わせてTHETA Sで撮影した風景が楽しめるというわけです。


5D324860

この手のVRグラスといえば、本格的なものはOculus Riftのような何万円もするものになってしまいますが、Google Cardboardのようなスマホを利用した簡易的なものであれば、安いものは千円台で試せるのでとても気軽に試すことができます。

試してみると、お値段の割にはいい感じの没入感で笑ってしまいます。いやぁこれはTHETA写真の再生手段としてはとても面白い。別の画像を見るときにいちいちスマホを取り外すのが面倒ですが、まぁ価格が価格なのでそこは仕方ないところ。

あと、これを装着させた子供の動きがヤバいです。成長過程ではあまり体験させないほうがいいのではないかと考えてしまうレベル。周囲の安全を充分確認した上で、保護者の監督の下に短時間だけ試用させるべきだと思います。

まだTHETAのアプリは動画再生には対応していないのですが、Google Cardboard応用ソフトは他にもあるようなので、THETAアプリ以外のものもいろいろ試してみたいと思います。


Andoer CST-01 3D VR Virtual Reality DIYビデオムービーのゲームメガネ iPhone Samsung 4-6" Mobile スマートフォン Google Oculus Rift ヘッドマウント用 ヘッドバンド付き【並行輸入品】(Amazon)


(VRスコープ付録付)RICOH THETA パーフェクトガイド THETA S/m15両対応(Amazon)

このページのトップヘ