クマデジタル

迷ったら、高い方


音楽・映画・ドラマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
日中は見に行く時間がありませんでしたので、レイトショーで見てきました。



客層は高めでしたね。若い人はほとんどいません。
感想としては、まごうことなき「あぶない刑事」でした。あの当時の空気のまま、風景だけが現在の横浜にアップデートされた感じ。それゆえ、この映画が時代に合わなくなるギリギリのタイミングに今いるなとも感じました。バブル期特有の、なんとも甘酸っぱい感じ。こういう作品だったのは間違いないですが、時代は変わっちゃったんですよね…。




そういえば先だって、日産グローバル本社に展示してあった映画に使われたレパードとGT-Rを見てきました。




劇中でのレパードは、もうちょっと出てくる必然性があると良かったですね。あからさまにファンサービス以上の何物でもない感じで登場するので、ちょっと興ざめ。




にしても、よくこんな状態のレパードがあるもんですねぇ。劇中ではもちろんドリフトしまくりですからね。




ユージが運転するGT-Rも展示。こちらは自由に座れました。




劇中ではいい音のするドアですが、実車では「おいおいこれ一千万近いクルマのドアの音かよ!」というくらい情けない音でドアが閉まります。世界最速の性能をライバルの数分の一の価格で得るために、コストを掛けないところと掛けるところが両極端です。ストイックですねぇ。


さて映画ですが、途中重要な人物が退場してしまいますが、定年まで数日に迫ったタカの火遊びが原因で悲劇が起きてしまう訳で、切ないものがあります。とはいえタカが火遊びするからこその「あぶ刑事」ですが。

ラストシーンはタカとユージは殉職したんじゃないかなぁ?とも取れる終わり方に感じました。赤レンガ倉庫前広場でのセレモニーの後のタカとユージのシーンって、来世のようにも見えませんか?浅野温子の件はありますけど、どうも最後は来世のように見えて仕方ないんですよね。




ブルク13を出ると、舞台の一つグランド インターコンチネンタルホテルが見えます。インターコンチも本放送当時は建ってなかったんですよねぇ。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
映画「ビリギャル」を家族で観ました。iTunesのレンタルで見たのですが、夕食後のゴールデンタイムはダメですね。光回線自体は充分速度が出ているのに、iTunesのサーバー側からちっともコンテンツが降りてきません。一度ローカルに完全にダウンロードしてから再生…と思っても、そもそもTV OSが搭載される前の小型のApple TVは、映画1本のダウンロード容量3〜4.5GBに対して、空きメモリがどれだけあるのか、再生前ダウンロードがどこまで進んでいるのかを知ることができません。結果、再生してみなければ進捗が分からず、再生を始めてからダウンロードが全く進んでいないことが分かり、再生がダウンロードに追いついてしまい終了、iTunes株式会社にクレームを届け出て返金対応、ということになりがちです。ゴールデンタイムに視聴するなら、PS3やPS4のPS Storeからのレンタルの方がいいですね。ダウンロードの進捗が再生前に分かるので。

ところが「ビリギャル」はソニーピクチャーズではないので、PS Storeのメニューではかなり奥深いとことに行かないと出てきません。iTunes Storeなら話題作というところでトップメニューに出てくるのですが。双方ともそういうことをやっていると、Amazonビデオに横から前部かっさらわれてしまうのではないでしょうか。Amazon Fire TVがなくても、PS4ならAmazonビデオも見られるようですし。

さて、映画「ビリギャル」ですが、タイトルの通り成績が底辺のギャルが慶応大学に合格するまでの話ですが…


映画 ビリギャル Blu-ray スタンダード・エディション

どうも評価が分かれているようで、嫉妬やモヤモヤ感、ああそうですか良かったですね、ウチとは違いますね、という僻みの感情を持つ方がある程度いらっしゃるようです。なるほど、確かにその気持ちはよく解ります。映画では描かれていない、主人公の女の子が持つ元々のポテンシャルであるとか、モデルとなった家庭の資金に恵まれているところとか、結局は素性のいい子に教育にここまでお金をかけるとこうなる、という、「素性のいい子」または「資金」のいずれかを持たざる側にとっては絶望にたたき落とされるような映画と言うことで間違いはありません。これを見て嫉妬心を持たないというのは、大きく教育で成功しているか、はなから競争に立とうとしていないかのどちらかでしょう。やはり映画で描かれなかった、主人公の友達が名門私立女子校を卒業しながら結局はキャバ嬢として生計を立てているとか聞くと、映画って都合良く切り取るよね、とモヤモヤ感が通常の3倍です。

ただ、映画はもうちょっと意図があるように感じられて、それは「人生には寝食を忘れてがむしゃらに努力する経験があってもいい」というものです。そういう意味では、「創造的人生の持ち時間は10年だ。君の10年を力を尽くして生きなさい」と講じたジブリ映画「風立ちぬ」にも通ずるものがあるように感じました。あなたはそのままでいいんだよ、できることだけやればいいんだよ、そういう無気力ビジネスに対して感じる違和感が、この映画を支持する派の原動力の1つになっている気がします。

心が掻きむしられるかはともかく、家族で安心して見られる映画です。
きわどいシーンはありません。

ビリギャル(有村架純)の役の上での言葉遣いが、まるでウチの子と全く同じだったのには軽く戦慄しましたが…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今更ですが、ようやく「ベイマックス」を観ました。Apple TVのレンタルで。区の公会堂でも子供向けに安く公開しているのですが、そこは映画館ではないのでスクリーンに継ぎ目の線が入るという残念な感じな上、家族で観るとブルーレイ版より高くなってしまうことを前回の「おおかみこどもの雨と雪」の上映の際に学びました。で、ブルーレイ版を買おうか悩んだのですが、こちらもどうせ買っても1回しか観ないだろうということで、iTunes版レンタルに。まぁレンタルはブルーレイ版の1/6のお値段なので、仮に2〜3回見返すにしてもまだレンタルの方がいいだろうと。

baymax1

ディズニー作品にしては珍しく日本を連想させる街が舞台で、しかも東工大が登場しすぎるらしいです。

ベイマックスって見た感じの通り空気で膨らんでいるのですが、いくつか穴が開いたときにその穴をセロテープで1つずつ塞いでいくと、ちゃんと空気が漏れる音の音階が変化するところなど、科学的考証の丁寧さに「おっ」と思いました。

baymax2

テスト飛行のシーンでは他のハリウッドCG映画同様の細かな町並みの描写が印象的で、やっぱりディズニー作品は手間がかかってるなぁ…と溜息が出るほどです。たとえばマクロスフロンティアの市街地空中戦もなかなかのものですが、ベイマックスの描写の細かさでバルキリーの市街地戦を観てみたいなぁと、ないものねだりしたくなりました。

本国アメリカでは最初から終盤のテイストで売り込んでいるので意外感はないでしょうが、日本では売り込み方の企画の勝利ですね。中身はもちろん面白いですが、それ以上にいい意味での裏切られ感が心地よい作品でした。売り込み方でこうも面白さが増す映画もなかなかないと思います。

ベイマックス MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray](Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
機動戦士ガンダム THE ORIGIN I を観てきました。
本当はプレミア上映会に行くはずだったんですが、所用により行けず。一般公開を待つこととなりました。3日間以内で何度でも再生できる PlayStation Store ほかの動画配信とも迷ったんですが、まぁ楽園追放の時も大画面で良かったと思ったので、劇場で見ることにしました。


originm1

原作はこの話に相当する部分は読んでいないので、新鮮な目で見ることができました。本編では一部BGMがファーストガンダムのものを使っているので、まるで新作のファーストガンダムを観ているような錯覚に陥りました。そう、今の技術と作画水準でファーストガンダムを作り直して欲しい…ということは再三願っていましたが、その声にストレートに応えるのは実際の所は無理でしょう。しかしその期待はガンダムUCによってある程度叶えられ、今回のTHE ORIGINによってさらに別の形で叶えられました。ファーストガンダムの劇場公開のあの頃のむせるような空気感が蘇るというか…まさかあれから34年も経って同じような映画を観るとは夢にも思いませんでした。

ストーリーとしてはシャアの父、ジオン・ズム・ダイクンの暗殺(過労死という説もあり)からキャスバル(シャア)とアルテイシア(セイラ)がムンゾ自治共和国を脱出するところまでが70分ほどの枠で描かれますが、ガンダムUC同様に内容が濃密なので、あっと言う間の上映時間でした。冒頭の戦闘シーンは派手にやり過ぎというか、「戦艦の大きさ」とか「建造にかかるコスト」が想像できないような軽い描き方になっているのがやや残念。所々アルテイシアの変顔が出てくるのが安彦良和氏らしいと言いますか、作風なんですよね。アルテイシアが成長するに連れ変顔はなくなると思いますが…。あと、キシリア様のサービスシーンは誰得なんですか?


originm2

ちょっと予定外だったのは、横浜ブルクって全席ひとりひとりに肘掛けが左右付いているのかと思ったら、前の方の席は従来の映画館同様、自分の肘掛けは一方だけ(右側だけ)なんですね。当然その分座席ピッチも狭くなるので、快適度はややダウン。シアター7ではF列より前は取らないと心に誓いました。

続編「哀しみのアルテイシア」は今秋公開だそうです。あの有名な回想シーン「兄さ〜ん!キャスバル兄さ〜ん!」のシーンが新作作画で登場するそうで、楽しみに待ちたいと思います。



機動戦士ガンダム THE ORIGIN I [Blu-ray]

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今年スタートのアニメが始まってずいぶん時間が経ってしまいましたが、本命の「海色(みいろ)」が2/18にリリースされたので書いてみます。


SCREEN mode「極限Dreamer」
「夜ノヤッターマン」のOP。2015年1月開始のアニメでは最後に紹介する「海色」に続いてお気に入り。ちょっとストリングスの使い方とか終盤に向けての曲の持って行き方がエウレカセブンのBivattchee「太陽の真ん中へ」に似ている気がします。

太陽の真ん中へ:

夜ノヤッターマンは旧作に極端に媚びるわけでもなく、でもちゃんと流れを踏襲していて、笑いあり感動ありの良作だと思います。スピンアウト作品で片付けるのは勿体ない完成度だと思います。




坂本真綾「幸せについて私が知っている5つの方法」
意識高い系の海外ブログのタイトルの直訳みたいですが、「幸腹グラフィティ」という新房昭之監督のグルメアニメのOPです。原作は4コマ漫画らしいのですが、アニメ版はとても絵が綺麗で見入ってしまいました。食べて美味しがるシーンがムダにエロいんですが、そういう作品なんですか?(笑。




春奈るな 「君色シグナル」
「冴えない彼女(ヒロイン)の育てかた」というラノベ原作のハーレム?アニメですが、本編は見ていません。実はどこにも冴えないヒロインは出てこないという話も聞きますが本当でしょうか。OPアニメは顔を出さないヒロイン達がひたすら呼吸をするシーンが続き、フェチ色が強いような気がします。ただ、この春奈るなの曲がとても古典的なアイドル路線なのでなんだかホッとしました。こういう若干鼻にかかったような声質が好きなのかも。古くは金月真美とか。もっと古いと大野幹代(CoCo)とか、南野陽子とか。




水樹奈々「No Limit」
「DOG DAYS」というアニメのOP、3期らしいですが実は本編は観たことがありません。「宇宙Levelのシンパシー」のあたりのビートの刻み方が心地よく、つい聞き入ってしまいます。CD版は次に挙げる「終末のラブソング」と同じマキシシングルに入っています。



水樹奈々「終末のラブソング」
こんなに面白くなるとは思わなかった「クロスアンジュ」の後期エンディングテーマソング。こっちがOPの方が良かったんじゃないかなぁ…とは思いますが。常に予想の斜め上の展開が面白いですね。上の子に第一話だけ見せてみましたが「続きが気になる」という感想でした。ただエロシーンが多いので一般的には子供には見せない方がいいと思います(ぉ エロシーン抜きでも充分面白いと思うのですが、アクション、バイオレンス、エロ、ギャグの全方位で攻めてくるのが「ここまでやるか」という感想に繋がりますね。特に7話でクールな優等生のセカンドヒロインが魔法少女「プリティサリアン」のコスプレでストレスを発散するシーンには度肝を抜かれましたが、マナが使えないことに対する鬱憤晴らしと考えると意外と深い意味があるのかも知れません。



TRUSTRICK「FLYING FAFNIR」
「銃皇無尽のファフニール」のOP。TRUSTRICKというのは神田沙也加のユニットなのですが、いくら親子の不仲が週刊誌におもしろおかしく書かれていても、血筋が切れるわけでもなく、そう、松田聖子がアニソン歌ったらこうなんだろうな、という雰囲気がします。アニメ本編の方は見ていませんが、モノトーンの魔法少女服がカッコイイですね。




AKINO from bless4「海色(みいろ) 」
2015年初頭スタートのアニソンで個人的に本命。アニメ版「艦これ」のOP。私の中ではAKINO from bless4は「アクエリオン」の人というイメージですが、現代のMIOとでも言ったらいいんでしょうか。すごくアニソン映えする声質とアレンジだと思います。相変わらずカッコイイですねぇ。

「艦これ」のぽわーんとした雰囲気とどうなんだ?と思いましたが、意外と艦これ本編にハードなシーンがあるのでこれはこれでアリかと思えるようになりました。脳震盪(のうしんとう)を起こしそうな振り付けも見事です。ドラムの音色がすごく好みで、特にAパートの「記憶の意味 試されてる みたいに」のタメから「闇の中でも思い出す」のところで入るドラムがいいです。


このページのトップヘ