クマデジタル

迷ったら、高い方


音楽・映画・ドラマ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
サイカさんのエントリに倣って、iTunesの再生回数カウント機能を使って今年iTunesに入れた曲から再生回数ベスト5を。相変わらずアニソン中心です。


1位:UVERworld/ 儚くも永久のカナシ
儚くも永久のカナシ
UVERworld TAKUYA∞ 平出悟
B001F6QJ08

ガンダム00セカンドシーズンのOP。うーむこれだったか。意外。


2位:大藤史/ 前奏曲-We are not alone-
前奏曲-We are not alone-
大藤史 森由里子 和田貴文
B000HXE1KK

「夜明け前より瑠璃色な」のOP。元東京パフォーマンスドール。うーむ、そっか、買ったの今年か。しっとりとした癒し系です。


3位:カラーボトル/ 青い花
青い花
カラーボトル 竹森政之 明石昌夫
B001EUGSEM

「キャシャーンsins」のOP。これは名曲。EDと併せて時代の空気を反映していると思う。カラーボトル、上手い。


4位:可憐Girl's/ MY SINGS
MY WINGS (初回限定盤)
可憐Girl’s 人萌乎 六ツ見純代
B001GLIZJK

「絶対可憐チルドレン」OP。普通に上手になった。


5位:ランカ・リー/ What ’bout my star? @Formo
マクロスF (フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。
TVサントラ
B0016JD650

1回目の「What ’bout my star?」のところの声質が好きでついリピートを。


しかし統計とっても見事にアニソンに偏ってるな。入っているアニソン率は5割くらいだと思うんだけどな。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨日タワーレコード行ったら、普通に「motto☆派手にね!(かんなぎ盤)[Limited Edition]」が売っていたので、

(…これってこんなに普通に売ってるものなんだっけ?)

と思い、その場でiPhoneからAmazonを確認したところ、やっぱり売っていた。

何? 11月上旬の品薄は何だったの?普通に売ってるじゃん…と思いつつ、iPhoneからAmazonに注文。目の前にあるのにタワーレコードで買わなかったのは、レジの行列が長すぎること川の如しだから。(タワーレコードごめん)

Amazonに発注後、再度Amazonを見てみると…品切れ!?
俺、もしかして最後の一枚を買った?

品薄なのか、そうでもないのか、この絶妙なさじ加減が新手の販売戦略なのか?(笑

まぁかんなぎについてはそれはそうと、別件。

小学生ユニット、可憐Girl'sの新譜もでてましたね。アニメの方はまだ新OPは見てないですけど、前作「Over the Fiture」ほどのインパクトはないものの、小学生かつアニメの内容にふさわしい、いい曲に仕上がってると思います。限定盤にはプロモDVDが付属しますが、ダンスのキレが格段に向上。小学校6年生の半年ってこんなに成長するのか…という驚きが隠せません。

比較するのも憚られるのですが、ウチのムスメもチアを始めてから踊りにキレが出てきたような…週に一度の練習でも成長が見られるので、仕事として練習すれば、素養は必要だと思いますが可憐Girl'sくらいのレベルに達するのが子供の可能性というものなのかも知れません。

ところで設定ではPerfumeの妹分と言うことになっているようですが、あまり成長すると普通のアイドルグループというかPerfumeになってしまうので(笑)、可憐Girl'sの「ならでは」を感じるのは、今が旬だと思います。

でもYouTubeにアップされている、プロモビデオではなくTV出演時の生歌を聴いたらプロモとずいぶんレベル差があったので、ある意味、ちょっとホッとしました。

武藤彩未ちゃんのお父さんってJRA美浦の調教師なのか…ついにあの辺からもアイドルが出る時代になったかと思うと、ちょっと感慨深いです。もっともJRAなんで、全国から人材が集まりますけどね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
個人的一位ははキャシャーンsinsのED「reason」ですね。あのアムロ・レイ声の泣きのセリフが満載の本編を見てからED、という効果もあるとは思いますが、泣けます。
二位は同じくキャシャーンsinsのOP「青い花」。今回のキャシャーンは完全に初代キャシャーンをリアルタイムで見ていた世代向けな訳ですが、OPもその世代に向けてかなり大人っぽい仕上がりになっています。カラーボトルというバンドを初めて知りましたが、結構上手ですね。
次はガンダム00セカンドシーズンのOP「儚くも永久のカナシ」。当初は単にキックドラムとベースが格好いい曲だけだと思っていましたが、後で斜に構えた歌詞を知って、グッときました。
同じくガンダム00のED「Prototype」。石川智晶さんといえばああええううええな訳ですが、今回もそのカラーを踏襲。彼女の曲はいつも物語映えしますね。
今秋の作品ではないですが、「儚くも永久のカナシ」を聴いていたら、初代00のOP、ラルクアンシェルの「DAYBREAK'S BELL」を思い出しました。これを聴くとガンダム00は相当高いところを目指してたんだろうなぁという思いがします。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
劇場版クライマーズ・ハイのブルーレイが元旦発売になる。元旦から見たい作品か…といわれればどちらかといえばNO。もっと厳かに見たいように思う。

しかも、一年の計は元旦にあると言うではないか。元旦からAmazonからモノが届いたら、一帯どういう一年になると言うのか。

いや、なんだかんだ言っても買いますけどね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プリキュアの一方で、映画「スピード・レーサー」(=マッハGoGoGoのハリウッド版)が早くも発売になる。アクトビラでも配信されるみたいなのでBW730で観られると思うけど、735円で48時間ならブルーレイディスク版を買う。

上の子はプリキュアに連れて行くがそれでは下の子がかわいそうなので、クルマ=ラブな下の子にはスピード・レーサーのブルーレイを買ってあげよう。ええ、もちろん、私が観たいんです。




このページのトップヘ