クマデジタル

迷ったら、高い方


iPad/iPhone

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
3.11の記憶が徐々に薄れていく中で、また別の場所で震災ともなれば、否が応でも自分の備えについて考えさせられるわけです。

停電状況下でiPhoneを継続的に充電できる仕組みがないことに気がつき、乾電池でiPhoneを充電できるアダプタを買ってみました。

5D327806

センチュリー「LMヘラクレス」

この手の製品の中では高い方だと思いますが、iPhone 6への充電が行えることを謳っているのは意外と少ないです。謳ってないけど充電できる製品もあるとは思いますが、そこに賭けるより間違いなく充電できるタイプを選びました。単三電池を4本使用し、アルカリ電池4本が最初から附属します。

附属するケーブルはMicroUSBタイプなので、MicroUSBをLightningに変換するアダプタが附属しますが、そのアダプタはMFi認証を通っているしっかりしたものです。でもLightningケーブルはけっこう持っているので、ケーブルなしの本体だけの製品があればもっと良かったんですけどね。


5D327805

エネルギーの元となる電池は、近所のコイデカメラで50本1,000円(!)で買ってきました。富士通製ですよこれ。安すぎるけど、大丈夫かなぁ(笑。

--
センチュリー ヘラクレス(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
母のau iPadが2年目を迎えるので、格安SIMのmineoを入れてみました。

5D326947

mineoは3G通信ができないので田舎ではどうかな?と思ったんですが、母の行動範囲内でおそらく一番電波が届きにくいであろう場所に出掛けて試してみたのですが、バッチリ、アンテナピクト5本。母がau iPadを使い始めた時期にはその場所はアンテナピクト1〜2本だったので、この2年でずいぶん改善したんですね。

「mineoプリペイドパック」で無事に使えることが判明したので、そのままオンライン手続きにて月額約980円の3GBプランに移行しました。母の使用量は1GB/月にも満たない(平均0.3GBくらい)ので、これで充分です。1GB/約870円のプランもありますが、まぁ突発的な使用も考えてバランスの良い3GBでいいかと。でも「500 GB MB まで無料」という「0 SIM by So-net」のau版があれば年間トータルではその方が良かったかも。

mineoを使い始めたので次はau側の解約をしますが、母のiPadは2年前の4月何日かに契約したのですが、auのコールセンタで確認したところ2年縛りで解約金がかからない月は5月になるとのこと。au料金Webサイトで見ると3月時点で「ご利用月数は24ヶ月です」と表示されるので4月が解約金がかからない月かと思っていたのですが、電話で確認したら5月で間違いないと。au料金サイトの表示と実際のカウントに一貫性がないですね。

--
mineo プリペイドパック 1GB MicroSIM (au 4G LTE対応)開通期限2016年7月末

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
手持ちのiPhone 6が、バッテリー残量が充分あるにも関わらず突然シャットダウンしてしまい、USB充電を繋ぐと一瞬で電源が落ちる前のバッテリー容量に復帰するという症状に悩まされていました。

まぁこれ、典型的なバッテリー劣化ですよね。

20のコピー

一応、「coconutBattery」というアプリで予め充放電サイクルカウントを確認したところ、423回。まぁ劣化しててもおかしくないレベルです。容量の劣化は上のツールではよく分からないですね。Maximum chargeの値をDesign capacityで除すれば劣化度が出るような気もしますが、Maximum chargeの値に幅があるのが何とも解せません。

まぁ、どっちにせよ423回ですからね。ハズレ個体なら423回も充放電すればストンと落ちることもあるでしょう。

最近ビックカメラでもiPhoneの修理(その場で修理)を始めたと聞いたので、予約を入れた上で職場の近くのビックカメラに向かいました。

保証期間を過ぎているので有償である旨の説明を受け、店頭の診断機に掛けたところ…劣化はしているものの、アップルが定める正常の範囲。この状態だと、たとえ有償でもバッテリーの交換はできないのだと店員は言います。

「直営店(Apple Store銀座など)であれば裁量で修理を受けてもらえる可能性もありますが、ここは代理店なので…アップルが定めるルールでしか修理できません。本体交換と言うことであればお受けできますが…その場合、37,584円かかります」

冗談じゃない。バッテリー交換で3.7万円ってクルマじゃないんだから。
そんな訳で、すごすごと帰ってきました。

しかし有償でもバッテリー交換して貰えないって、知りませんでした。

この件があったので仕事を早目に切り上げた上に、修理カウンターを5分で追い返されたので、家族で夕食を食べることができました。

おしまい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
間もなく私名義で契約し母が使用しているau iPad Airが2年を迎えます。ご存じの通り、2年経つと割賦が消えると同時に毎月割もなくなり、純粋に利用料金だけとなりますが、月間1GBも使わない母の場合、通常のau iPadの利用料金は明らかに過剰コスト。iPadゆえVoLTEの音声通話もできませんし。そこで格安SIMの出番となるわけです。

5D326736

格安SIMとしては定番のmineo のプリペイドパック。auの契約が2年を迎える前にこれで母が使う環境で通信できるか確認をし、OKならば本番契約に移行し、auの方を解約したいと思います。au iPadの契約がなくなれば、今度は私のiPhoneのau縛りの理由もなくなるので、どこにでもMNPできますしね。

問題があるとすれば、mineoのau版は4G専用なので、iPad Airがちゃんと田舎でLTEのプラチナバンド(Band 18)を拾ってくれるかどうか。そもそも普段どの帯域で繋がってるのかも調べたことなかったし、これは試してみないと何とも言えません。ちなみに対応機種情報はこちら

うまくいけば4月からの月額料金が3千円以上安くなるので、ちょっと期待しちゃいます。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
5D323872

auのiPhone 6(自分用)と、iPad Air(LTE)(自分名義で母に貸している)を契約しているが、この夏から始まった「データシェア」の契約をしてみた。同一名義のLTEスマホとタブレット間で、パケット残量の使い回しができるものだ。

iPhoneの方は3GBの契約、iPadの方はLETフラット for Tab(i)で2GBの契約だが、毎月の使用量はiPhoneの方が3〜4GBでちょっと契約に対して足りず、iPadの方は2GBの契約に対して0.2〜1.5GB程度の使用量で使えるパケットが余っていた。この2回線のパケット残量を共有できるので、iPadの方で常に余っているパケットをiPhoneの方で使うことができるようになる。

たぶんこれで、月末になると遅くなるとか、パケットを追加購入しなければならないような事態は避けられるはず。



このページのトップヘ