クマデジタル

迷ったら、高い方


iPad/iPhone

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
新型がどうの、というよりも、私のau iPhoneをMNPして、ツマのdocomoの「カケホーダイ」契約と、私のauの「カケホ」契約を、両方まとめてdocomoの「カケホーダイライト」契約にしたいんですよね。これで月額1,000 x 2 = 2,000円の節約になりますので。

そもそも通話ログを見ても5分以上というのはファミリー間が9割以上で、同一キャリアにしてしまえば通話無料になるわけです。で、残りの10%の通話のために「カケホーダイ」や「カケホ」にしておくのは無駄だろう、と。時々5分超える通話もあるでしょうが、それを払っても基本料が年間24,000円安くなるのは大きい。

5D315798a

ただ、auの2年縛りの更新月が10月&11月なので、その頃に機種変しようかなぁと。

あ、肝心のハードウエアについて何も触れていませんでしたね。

Suicaが使えるようになるのはすごく嬉しいんですが、iPhoneと一緒になると忘れにくくなっていいというか、忘れたときのダメージが今までより増大するというか、どっちもどっちかも。ただ、もしJRのグリーン券なんかも買えるようであれば、とりあえずグリーン券を買わずに乗車列に並び、滑り込んできた電車の混み具合を見てグリーン車に乗るかどうか判断してから瞬時に買えるのでいいですよね。(乗ってから買ってもいいのかな…?)

ただ規格としてはSuicaそのものではなく、iPhone 7に搭載されたFelicaの新規格がSuicaに対応する、という仕組みのようで、読み取り機の方のバージョンアップも必要な様子。となると、グリーン車の座席の上に付いているリーダーが対応するのは、もしかすると大変かも知れませんね。

イヤホンは事前の予想通りLightningヘッドホンアダプタが同梱されるようですが、これはすなわち、あの小さなアダプタの中のDACとアンプでイヤホンを鳴らすってことですよね。あんまり音質的には期待できそうにないなぁ。

アナログイヤホン端子はなくなりましたが、防水は地味に嬉しいところ。防水のためにイヤホン端子を省きましたと言われれば、文句の言葉を呑み込むしかありません。

だいぶ日本が喜びそうな機能をてんこ盛りにしてきたという印象のiPhone 7ですが、同時発売のAirPodsは相変わらず盛大に音漏れしそうでこれはダメ。もっとも、18,144円(税込み)という価格からすれば、これを電車内で見かける頻度はそう高くはなさそうです。

iPhone 7自体の価格は最近の円高を反映して前モデルよりかなり安くなっていて助かりますね。私の場合ですといま128GBモデルを使っていて、空き容量が50GBあるので、次も128GBモデルで良さそうです。

というわけで、10月になったら考えます。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
というわけでダンボーバッテリーでの充電が怪しくなってきた(但し詳細は検証中)ので、ツマ用に続き自分用にもcheeroのモバイルバッテリーを買いました。

5D320838

定評あるcheero Power Plus 3 の 6700mAhタイプ。DD変換効率0.7としても、4500mAhくらいは取り出せるものと思われます。

実は現在、これよりさらに大きな10050mAhタイプが登場記念で6700mAhタイプより100円安く売られていて(7/12現在)迷うのですが、



まぁ重量と必要容量のバランスで、6700mAhの方がいいかなと思った次第。


5D320839_1

2.1A取り出せるのが嬉しい。AUTO-IC機能により、ある程度機器の要求に合わせた電流供給が可能。ANKERのPowerIQと似たような技術。
大きめの電源ボタンもいい感じ。


5D320844_1

ダンボーバッテリーよりは1割くらい重くなってしまいましたが、毎日持って歩くものとして許容範囲内。ダンボーバッテリーのように愛嬌があったり会社で女子に話しかけられたりはしませんが、容量の割に薄いのでカバンへの収まりはいいです。


余談ですが今回の背景はおそらく初登場のムスメの学習机の椅子。
背景として使い勝手いいなこれ。
私のパソコン椅子はバックレストがオレンジ色なので、色かぶりしちゃうんですよね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
5D320834_1

ダンボーバッテリーの高速充電側=2.1A端子で充電が途中で止まってしまう現象が発生している。

必ず発生するものではなく、バッテリーとiPhoneのどちらに原因があるのかも分からない。

1A端子につなぎ変えると充電できる。2.1A端子では充電状態で放置しておいても充電されてなかった…ということがあるので、最近は時間はかかるけど確実な1A端子で充電するようにしている。

なおiPhoneはバッテリーの残容量が30%くらいあってもストンと電源が切れてしまうことがある個体(但しアップルの診断では異常なし)で、一方、ダンボーバッテリーは3年経過したそれなりに劣化している個体。どっちも原因として考えられるのが悩ましい(;´Д`)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone/iPod 純正イヤホン ( Apple EarPods with Remote and Mic )のシャカシャカ音漏れって酷いですよね。「ながらスマホ」も社会的に迷惑ですが、「iPhone / iPod純正イヤホンの音漏れ」もながらスマホほどではないにしても毎日電車通勤しているととても迷惑に感じます。私が毎日の通勤電車内で音を漏らしている人をチェックした限りでは、9割以上の音漏れが iPhone/iPod 純正イヤホンでした。もっとも、「音を漏らすような使い方をしている」人がiPhoneの圧倒的普及率からそうなっているだけであり、iPhoneが普及していなかったらその人は他のイヤホンで音漏らしをするのかも知れませんが。


5D320144

さて、ツマも電車内で音楽を聴くことがあるようで、リクエストにより適当なイヤホンを見繕って購入しました。SONY MDR-ED150IP G、いろんなカラバリがありますが、それはツマに選んでもらいました。


5D320145

本機のベースがMDR-EX150というローエンドモデルというのがちょっと気になりますが、購入のポイントは、カラバリと、複数のサイズのイヤーチップが附属することと、iPhone対応リモコンです。柔らかめの「セレーションケーブル」で絡まりにくい、というのも嬉しい点。私は試聴していないのですが、他の方のレビューを読むと「f特はかまぼこ型」「無難」「可もなく不可もない」「ハイコストパフォーマンス」という印象なので、カナル型初体験のツマには悪くない選択だと思っています。ここで音質に不満を持つようであれば、iPhone対応リモコンを諦めて上位に移行することになりますが、まぁその頃には iPhone からアナログイヤホン端子がなくなっていそうですけどね。

--
SONY カナル型イヤホン iPhone/iPod/iPad対応リモコン・マイク付 ミントブルー MDR-EX150IP/L(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ますます膨らんできたiPhone 5sですが、棄ててしまうのは惜しいと考え、修理に出すことにしました。Appleに尋ねたところ、バッテリー以外に破損箇所がないなら約1万円、その他の破損箇所があるなら約3万円とのことでした。



これをバッテリー以外に故障箇所がない、と言えるかどうかは微妙ですが、バッテリー起因で壊れているのであればバッテリー交換扱いの修理費用でやってくれるとのことで、お願いしました。

このあたり、Appleのコールセンターでも対応がバラバラで、「約3万円かかる」とか「修理料金が事前予定より上がる場合に連絡して貰えない」とか言うオペレーターもいてドキドキしてしまうのですが、正解は「バッテリー起因なら画面が持ち上がっていても約1万円」「3万円になる場合には事前に連絡が貰える」「修理代金は事前にクレジットカードで決済可能」が正解です。

月曜に電話、火曜に回収、木曜に帰還です。


5D320159

よく言われているように、修理ではなく新品交換で戻ってきました。1万円で新しいiPhone 5sになるので、旧型のiPod touchの再生品を買うよりいいですよね。「リフレッシュビルド品ですか?」と尋ねたら「違います」とのこと。


ツマは既にiPhone 6sになってしまったので、これにはデータ通信専用のso-net 0 SIMを入れて、ムスメにiPod touchとして持たせようと思います。iPhoneなので現在位置が確認できるのが便利。0 SIMを生かすために、現在位置確認系、紛失系、メール、マップ以外のモバイルデータ通信設定はOFFにします。

このページのトップヘ