クマデジタル

迷ったら、高い方


iPad/iPhone

    このエントリーをはてなブックマークに追加
このバグは、私も体感していました。1番目のやつ。
iPhone Xsで、スリープ中にLightningケーブルを接続しても充電が始まらないと噂されていました。
以外と早く対策してきたので驚いています。

IMG_1843a

ただ、出荷時設定ではiPhoneを持ち上げるとスリープ解除になるので、ケーブルを接続するときにはスリープが解除されてることが多いんですよね。それで実用的にはほぼ問題なかったというのはありますけど。

2番目の問題はXsに限らず従来のiPhoneでも出ていた気がするぞ(;´Д`)






    このエントリーをはてなブックマークに追加
あまり積極的に使う気にはならなかったのですが、ワイヤレス充電パッドを買ってみました。
Anker PowerPort Wireless 5 Pad です。

5D4C1827

千円クラスのはケースを付けたまま充電できるか分からないものが多かったので、ケースを付けたままの充電に対応して、かつ、そこそこのメーカーのものから選ぶ、という基準でした。

高速充電に対応すると一気に4〜6千円してしまうので、いくらなんでもそこまでは、と。純正Lightningケーブル1本程度の値段の本製品を選びました。


5D4C1836

充電対象物を検出すると青色LEDが控えめに光ります。表面はラバースキン塗装で、長持ちしないやつです。寿命2〜3年ですかね。Apple純正本革ケースのままiPhone Xsを置いておいたら軽く張り付いて持ち上げるときに「ペリッ」を音がしたんですけど、最初だけですよね? 本革ケースの表皮にダメージ与えたら許さないよ?

ワイヤレス充電パッドの一般的にですが、現在どのくらいの速度で充電できているのかが全く不明で、ちょっと置き方を変えれば高速になるという場合でも、その目安が分かりません。qi規格のどの辺で動作しているのかのインジケーターでもあるといいのですが…。また、ACアダプタやスマホ本体の規格も絡んできて、一体いくらのコストを払うとどれくらいの充電速度になるのかのコミットメントをだれもしてくれないところが、ワイヤレズ充電が盛り上がらない一原因だと思っています。


IMG_1842

充電時間を通常のLightning接続充電と比較してみました。左がワイヤレス充電、右がLightningです。概ね80%以上になると充電速度は差がなくなりますが、80%未満のときには1.5〜2倍くらいの時間差(ワイヤレス充電が遅い)がありそうですね。

まぁでも今までiPhoneを放置していたような場所に置いておけばそれだけで充電が進むので、時間にシビアではない場面での充電に向いているように思います。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
さぶらふさんの深夜のツイートより:


自分はiPhone 7 → iPhone Xsだったのでこの検討はしなかったのですが、初代 iPhone X を発売日に購入された方は現在11ヶ月目の月々サポートを受取中で、いま iPhone Xs に機種変すると残りの月々サポートを捨てることになりますが、

iPhone Xsに乗り換える場合の、乗換前の iPhone X のコスト
→ 上のツイートより 35,137円/11ヶ月

iPhone Xを2年使い続ける場合の、iPhone X のコスト
→ 上のツイートより68,472円/24ヶ月=31,383円/11ヶ月(2,853円/月)

つまりいま使っている iPnone X 分のコストとして、 35,137円 - 31,383円 = 3,754円(A)余計にかかることを受け入れられるのであれば、Xsに機種変しても良いのではないか? ということになります。

ただ、実際はもう1点考慮が必要なところがあって、
iPhone Xs は iPhone Xより少し高いので、2,916円(Xs 64GB 実質月額) - 2,853円(X 64GB 実質月額) = 月額63円ほどのアップもあるのですが、ドコモオンラインショップだといま5,134円分のポイント(但し、期間・用途限定)もあるので、「月額63円×24ヶ月+前述の(A)3,754円=5,266円」はほぼ無視しても良いレベルですね。

そんなわけで、docomo iPhone X の方で Xs が少なからず気になっている方は、ちゃっちゃと乗り換えて差し支えないのではないでしょうか。バッテリーの劣化分と考えれば、ケースや保護フィルムの買い直しもチャラになるでしょう。これ、考えれば考えるほど、Xsに乗り換えない理由はないように思います。ダメ押しとして、ドコモの下取りは付属品は出さなくて良いので、Lightningケーブル、イヤホンマイク、USB ACアダプタ分は丸々得をすることを付け加えておきます。



リスクがあるとすれば1年後に iPhone 全体の価格が暴落することですが、まぁ天変地異でもなければそれはないでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
iPhone Xsを初めて外に持ち出しました。
カメラ、どれくらい良くなったでしょうか。
やっぱりデュアルカメラの特徴であるズームを試したいですよね。



1x(26mm)



10x(258mm)
まじかー!



1x(26mm)


2x(52mm)


3x(78mm)


5x(131mm)


10x(258mm)

さすがに10xはアレですが、でも258mmですから。スマホのカメラでここまで撮れるとはねぇ。



590円。


皆さん同じような感想をお持ちだと思いますが、確かに「多くの人に好ましいと思える絵」になっているように思います。映像処理エンジンとかカメラメーカーとはまた違ったノウハウで処理してるんでしょうね。


ほか、1日使った感想を下記します。

  • True toneは結局オフにした。黄色すぎて。
  • 液晶保護フィルムのエッジが、画面の端からスワイプするときに気になる。
  • 右手だけで使うとき、小指で支えるのが疲れる。
  • バッテリー%表示がワンアクションしないと表示されなくなったのは不満。
  • フリックキーボードで音声入力ボタンに触れにくくなったのは良い。
  • フィルム 位置合わせが難しい。気になるのはボタンとの位置ズレではなく点灯エリアとのズレなので、点灯させて貼った方がいいかも。
  • 電源ボタン重い。

以上です。


フィルムはこれ貼りました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
以前にも書いた通りそんなに急いではいなかったのですが(iPhone 7の月々サポートがあと2ヶ月あったし)、docomo オンラインショップにオーダーしていたiPhone XSが台風から逃げ切るように、大阪から届きました。




今回のパッケージからLightningイヤホンアダプタが省略されました。ムスメの学校ではそれを通称「もやし」と呼んでいるらしいのですが、ムスメは iPhone 7 についていた「もやし」と「Lightningイヤホンマイク」を紛失したとのことで、私の iPhone 7 で使われていなかった「もやし」と、このiPhone XSに付属していたイヤホンを渡しました。






色はシルバーを選びましたが、シルバーというか白ですね。まぁどうせ純正ケースをはめると背面色は見えなくなりますが。




qi規格の非接触充電ですが、手元にあった2012年製の docomo のワイヤレスチャージャーF02が使えました。ただこれは、ACアダプタ含めて場所を取るので常用はしないと思います。




左はドナドナ予定のiPhone 7。XS(右)はこれだけ画面が大きいんだから、アイコンの縦の個数が増えるのかと思ったら増えず、間隔が広がるだけでした。勿体ない。

True tone という、環境光の色温度に画面の色温度を合わせる機能が付いていますが、それを使うとちょっと画面の方が色温度低めになるような気がしました。True toneの適用度合いが調整できると良かったですね。

有機ELスクリーンの恩恵は感じません。もっとも、色については正解は1つなので、液晶とか有機ELとかで色が違うようなことがあれば、どちらかのデバイスの調整がズレていることになります。ただ、このパネルはちょっと横から見ると色が転びますね。液晶モデルのiPhoneの方が優秀な気がしますが、本当にこの有機ELパネルは液晶より上等というつもりで採用されているんでしょうか?(どの辺が?)

カメラは綺麗ですね。2カメだけあって、ズームしたときの画質劣化の低下の度合いが違います。

古いアプリなどは iPhone 7 でも画面への最適化が行われていないものがありましたが、XSになってそれがさらに広がった感じです。

ホームボタンのない操作体系は結構すぐ慣れました。一方で、重量はやはり重く感じます。慣れていないせいもあり、右手首が疲れてきます。

第一印象としては以上です。

このページのトップヘ