クマデジタル

迷ったら、高い方


iPad/iPhone

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ドコモの新料金プランが発表されました。
我が家で乗り換えに値するかどうか検討してみます。
ドコモ契約期間は妻が15年以上、夫が3年目、娘が2年目です。
家族3人で5GBではちょっと足りず、スピードモード1GBがしばしば適用になっていました。

まず現行の料金プランだと、こうです(表記は全て税別):
スクリーンショット 2019-04-15 23.09.37



これが新料金プランになると…
スクリーンショット 2019-04-15 23.09.47

家族全員、今までのデータ量を少し超えたところまで使っても、月額千円以上安くなっています。
私のiPhone XSの月々サポートがなくなるのにも関わらず、です。

新料金プランは、ドコモ光を契約しているかどうかが分水嶺になっているように思います。

要注意ポイントとしては、

・月々サポートは終了になる。
・端末購入サポートを使って購入していた場合、12ヶ月以下だと解除料が発生する。

というところでしょう。

さらに、新料金プランの「ギガライト」にはリミッター設定はできないようなので、使い方によっては上限の7GBに振り切る可能性があります。ツマは振り切る可能性がないとして、私とムスメだけ振り切ってしまう場合を計算してみると…

スクリーンショット 2019-04-15 23.09.57

それでもまぁ、振り切った割には悪くないお値段です。ドコモの主張する「4割安くなる」という恩恵には預かれてはいないですが、今までより多く使えてちょっと安い、という扱いで悪くないように思います。


そういえば「ギガホ」は30GB上限に達しても1Mbps通信が可能とのこと。本当にその速度が出るのであれば、テザリング用で最強なのでは…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年秋に購入したAnker PowerPort Wireless 5 Padを職場に持って行ったので、自宅用のqi充電用として Anker PowerWave 7.5 Stand を買いました。

R01_1966

前出のパッドと違って、接触面がラバー塗装されていないので、iPhoneの純正本革ケースがひっついてしまうということもなさそうです。

さらに、これに給電するためのUSB電源として、Anker PowerPort I PD - 1 PD & 4 PowerIQ も買いました。

R01_1968

USB-C PDも1ポートあるので、これでEOS Rの本体充電もできるのではないか?と目論んでのことです。但し、まだUSB-Cケーブルを買っていないのでそれは試していません。


R01_1969

このスタンドはiPhoneを横にしたままでもqi充電可能なのがいいところです。動画を視聴しながら充電ができるわけですね。

両方そろえると結構な値段になってしまいますが、まぁ Anker はユーザー数が多いという意味では安心ですからね。(品質が安心とは言っていません(笑))


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone XSって、重くて落とすことが多いように思います。
買って3月、何度となく落としましたがついに画面にダメージが。


R01_1356

いや、保護ガラスだけ割れて助かったんですけどね。

ケースもバンパーっぽいやつにした方がいいのかなぁ。でもフロントのエッジが出っ張ってると端っこの方が操作しにくくなるんだよなぁ。


 

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
iPhone XSの大きな不満、「画面保護フィルムを貼るとロック解除のフリックで指がフィルムのエッジに引っかかって気持ち悪い」という現象を解決するために、G-Colorという保護パネルを見つけたので買ってみました。


G-COlor iPhone XS

Amazonレビューで「純正ケースに干渉しない」とあったのが決め手になりました。なかなか純正ケースに干渉しないという情報って貴重なのです。3Dタイプ(エッジが丸い)だと画面をエッジまでカバーする傾向にあるのでなおさらです。でも3DタイプでなければiPhone XSの場合、指がエッジに引っかかる問題は解消されません。


G-COlor iPhone XS

立派な箱に入ったキットは至れり尽くせりで、位置合わせのガイド枠が付属する製品は他にもありますが、クリーニングクロスの他にアルコール綿まで入っていたのは驚きです。

例のクリーンルームで作業しましたが、ものの3分程度でフィルムからの張替えが完了してしまいました。

純正ケースに干渉させないことが最優先なので、製品付属の取り付けガイド枠は使わず、iPhone純正ケースをガイドにして貼り付けを行いました。


G-COlor iPhone XS

フィルムと違ってそこそこの厚みがあるので、画面から落下した際に純正本革ケースのエッジが守ってくれる可能性は低くなってしまいますが、そこは気持ち悪い操作感とバーター。


G-COlor iPhone XS

本パネルのフチは黒くなっているので「画面の表示範囲の一部が隠れてしまう」というレビューもあったのですが、確かに製品の作りからすればマスクされていてもおかしくはないなと思いましたが、違和感はありませんでした。むしろそれなりの厚みがあるので、斜めから見たときには完全に画面の端が黒フチでマスクされます。

iPhone XS上部のFace IDセンサーなどもすべて保護パネルで覆われてしまいますが、動作に支障はありませんでした。


G-COlor iPhone XS

問題の下端のエッジの処理はこんな感じ。明らかに段が付いているように見えますが、これで下からのフリック操作では全く指の引っかかりがありません。


G-COlor iPhone XS

何も貼っていないiPhone XSの気持ちいい操作感が復活して、一人でニヤけてしまいました。ようやく自分のiPhone XSが完成した気がします。

これは、満足度の高い保護パネルでした。
あとは使ってみて、どれくらい小傷が付くか、欠けが発生するかですね。

純正ケースとサードパーティの保護フィルムをお使いで、下からのフリックの「ザラッ」とした感触が気になる方、これはお勧めです。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Xsの前に使っていた、docomo iPhone 7 をドコモの下取りプログラムに出しました。

5D4C1829

オンラインで申し込むとレターパック付きのけっこうな返送キットが送られてくるので、それに入れてポストに投函するだけです。

iPhone 7 の下取り価格は26,000円相当。このサイズ・この性能のiOS端末と考えれば26,000円は格安で、何かのコントローラや予備機として持っておいても悪くない気もしますし、格安SIM入れてムスコのiPhone にするという手もあったのですが、最近学生向けにはiPhone が格安で売られていたりしますし、Xsを購入するときの予算にiPhone 7の下取りを組み込んでしまったので、淡々と売却します。

レターパックはポストに投函できます。
投函してから気がついたのですが、iPhoneの初期化はしたのですが、電源を切るのを忘れたかも…。

このページのトップヘ