クマデジタル

迷ったら、高い方


ガンプラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
2017年8月31日発売の1/144はいぱーギャン子の写真(バンダイ提供のオフィシャル写真)を見ていて気がついたんですが…

バンダイホビーサイトより:

19

C G だ っ た ん で す か

そりゃ設計データのCGから描ければ効率いいでしょうか、プラスチック感が見事なのでまさかCGとは思っていませんでした…。


06

2017年9月30日発売のMGダブルゼータもCGだった!

いやぁすげぇ綺麗に作って綺麗に撮った作例だなぁ(どうやって撮るんだこれ)とは思っていたんですが、まさかCGとは…。
正直に「CGです」って注釈入れてくれているので誠実だと思うんですが、なんかこれを本物だと信じて買ってしまうのは、少しモヤッとします。
食品の世界では「絶対にこうはならない調理例」が広告写真やパッケージに使われていて、我々はそれに慣らされてしまった感はありますが、まさかガンプラまでそうなってしまったとは…。

「こんなのが作れるんだぁ」って感激して買うじゃないですか。
でも実際作ってみるとこうはならない。だってCGだもの。よしんば作れたとしても同じように撮るのは困難です。

とはいえ、その一方で、近年増えている「積みプラ」(ぉ だったらどうでしょうか。「これを作ればああなるはずだ」という幻想を抱いたまま積んでおいて、この写真(CG)のようには作れないという現実にぶつかることなく、積みプラのまま終わるとしたら。それはそれで幸せなのかも知れません。そういう時代の寵児なのかも。

でも今まで気がつかなかったなぁ。
昔っからずっとCGだったんでしょうか?と思ってもう少し見てみると、


38

2017年8月31日発売のGM/GMはCGではないようです。
上の画像では分かりにくいですが、バンダイホビーサイトを見るとスミ入れの線とか、ちゃんと人手でやってるような線です。

今がちょうど切り替わり目なんでしょうか。
家電製品とかも商品写真がCGということは多々ありますが、ガンプラは自分で作ること自体が目的なので、ちょっと家電とかとはワケ違うと思うんですよねぇ…。

でもおそらくこの流れは止まらず、今後はCG作例が支配しそうですね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今日はスジ肉を買ってきてビーフシチュー作りました。

5D4A3454

スジ肉ってあまり料理したことないのですが、臭い臭いとよく聞くのでネギの青いところとか酒とか入れて茹でたせいか、全く臭くなく作れました。いやぁいいダシ出ますねスジ肉のシチュー。

ところでGW入るまで全然チェックしていなかったのですが、THE ORIGINのまだ予告編しか公開されていない「ガンダム大地に立つ」のシーンをボックスアートにしたRX-78が出ていたんですね。バンダイからのDMの件数が多すぎてチェックできていませんでした。映画で使ったセル画をボックスアートにしたのって初めてなのではないでしょうか? この間作ったMG RX-0ユニコーンが結構作るの楽しかったので、その余韻で衝動買いしてしまいました。どうも限定生産っぽいし(←限定に弱い)、各所在庫が日に日に減っていってるし。

5D4A3455

おそらくヨドバシの在庫の動きから推察するとマルチメディア川崎の店頭在庫をドットコムに引っ張ってきたのではないかと思いますが、パッケージが擦れた感じとか、店頭価格ラベルを剥がした後とか、万引き防止タグ付けっぱなし(但し剥がせない)とか少し気になりました。ガンダム左肩の先の白い小さい点はたぶん価格ラベルを剥がした際に破けたところです。まぁ発売後すぐ買ったわけではないので仕方ないです。

スジ肉と戦っていたので、中身はノーチェックです。なんか大きい図面は入っていました。ツインアイ用のLEDも色違いで2個入ってるとかで、贅沢だなぁ。

このエントリーの写真はいま一部界隈で盛り上がっているEF 35mm f/2 IS USM。


MG 機動戦士ガンダム THE ORIGIN RX-78-02 ガンダム(GUNDAM THE ORIGIN版)スペシャルエディション 1/100スケール 色分け済みプラモデル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GW中の完成を目指していた1/100 MG ユニコーンガンダムが完成しました。カトキハジメバージョンではなく、比較的安価なアニメバージョンの方です。Bさんには「何でいまユニコーンなんですか?」と尋ねられましたが、ずっと作りたかったものの、時間が取れなかったというところが実態です。



カトキバージョン(Ver.Ka)をベースに、アニメ版の追加ディテールである頭部バルカンが設けられたモデルです。デカールが大幅省略されているせいか、実売価格がだいぶ安くなっています。ほか、すねのあたりも新造形になっているようですし、内部フレームや武器の色も僅かに変更になっているようです。

「ガンダムは顔が命」と言いますが、スミ入れをどうするかはかなり試行錯誤しました。当初ガンダムマーカーで入れてみたもののスケールに対してスミ入れが太すぎ、一度洗浄してからタミヤのスミ入れ塗料でやり直しました。頭部アンテナの部分は黄色く塗装してからのスミ入れに難儀して、こちらもスケール感に対していい感じの太さのスミ入れがうまくいかず、最終的にはスジ彫りをやや深くしてスミ入れはしない、という仕上げに着地しました。

この顔周りのスミ入れの試行錯誤で2時間ほど費やし、完成までの所要時間はおおよそ10時間ほどでした。顔周りのスミ入れで揉めなければ8時間くらいで完成できたのではないかと思います。

当初ユニコーンモード固定でいいやと思っていたのですが、作っているうちに欲が出てきて、変形を試してみたくなりました。




アニメイメージなので、デカールは貼っていません。
武器とかユニコーンモードとかは、また後日撮ります…。




同スケールのRX-78と。これ、今度お台場に立つんですよね。でかいなぁ…。設定上はRX-78が17.8mでRX-0 Dモードが21.7mなので、ちょっとスケールがズレている気もしますけどね(笑。



MG 1/100 RX-0 ユニコーンガンダム (機動戦士ガンダムUC)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GWですね。お仕事の方はお疲れ様です。



私ももしかしたれあGW中に出張が入ったかも知れなかったのですが、それも流れ、久しぶりの世間(の比較的優遇されている人)並みの連休になりそうです。時間を有効に使いたいと思っています。GWを生きた証を残したいというか。

そんなわけで、

5D4A3012

1年前から進んでないコレがあるのは気がかりですが、


5D4A3011

別のに手を出してしまいました。
これをGW中の空き時間にワーッと作ってしまいたいと思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
私の中では「Nゲージ模型の会社」ということになっているトーミーテック社から、「マクロスモデラーズ 技MIX(ギミックス)」シリーズという彩色済みのVF-1シリーズのプラモデルが出ると言うことで、驚きを隠せません。

photo01


技MIXとは?

技MIXは、「今からでも楽しめるプラモデル」をコンセプトとし、昔は作っていたファン、最近のハイレベルな作例を見て躊躇していた方、興味があるけど時間的制約などで手が出せなかった方などを対象に、取り組みやすいプラモデルの世界をご提案いたします。
精密で完成度が高く、コレクション性にも富んでいながら、動いたり音が出たり光ったり・・・、そんな模型の世界を気軽に楽しんでもらいたい・・・。

技MIXシリーズは「彩色済み組み立てキット」となっており、プラモデル制作を躊躇させる要因であった「彩色作業」を簡略化。
タンポ印刷等の工場生産技術を駆使することによってデカール貼り付けや細部の塗り分けなどの煩わしさを解消し、さらにデカールの厚みによる精密度の喪失など手作業の限界を超えたリアリティを実現しました。
技MIXシリーズは、プラモデルならではの精密さと造る喜びを融合させたプラモデル進化のひとつのかたちとして展開していきたいと考えています。

http://www.tomytec.co.jp/gimix/lineup/macross/index.html


VF-1といえば少し前にかなり緻密なプラモデルが発売されましたが、速攻組み立てた人のレポを見てすっかり「積みプラ」になってしまっていました。あのデカール類をちゃんと貼るだけで想像を絶する苦労なのは容易に理解できます。しかもそれで完全変形させるとなると…。

しかし今回のトミーテック社のシリーズは、変形機構を差し替え方式に割り切り、一方でNゲージ模型にも使われる「タンポ印刷」までも駆使して完全彩色済みを達成。

「ファイター」「バトロイド」それぞれ別の製品ですが、その2つをセットにした「2モードセット」というパッケージでは「ガウォーク」も再現できます。(これ、2モードセットといいながら3モードですよね…?)

この模型、1/144と少し小さめなのに結構いい値段するのが難点ですが(まぁバンダイのRGシリーズにタンポ印刷をかけたと考えれば高くはありませんが…)それより恐ろしいのは、今までの一般戦闘機の「技MIX」シリーズと縮尺が一致していることと、Nゲージ(縮尺1/148〜1/160)とも極めてスケールが近いということ。つまり、現存する星の数ほどのNゲージ用の情景パーツ(建物、樹木、人々など)が完成済みジオラマパーツとして使えることではないでしょうか。これ芋づる式に小遣いがなくなっていくパターンや…((((;゚Д゚))))

ガンプラでも1/144は主流ですが、Nゲージ用の情景パーツをあまり用いないのは、両者の製造方法や商品としての立ち位置の違いによるテイストの違いが目立ってしまい、なんか同じ世界観には見えなかったという理由もあろうかと思います。しかし今回の「技MIX」シリーズはおそらく同じような製造技術で作られていますので、たぶん並べても違和感がないはず。

まさかバンダイ以外のところからこんな模型が出てくるとは思いませんでした。ある程度オープンにライセンスしているマクロス模型商品ならでは、ですよね…。

なおVF-1以外にも、少し遅れて放映中のマクロスデルタのVF-31なども出るようです。

このページのトップヘ