クマデジタル

迷ったら、高い方


デジタル家電

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
プレゼントで頂いたG-DRIVE ev ATCの出番が来た。




El Captainで起動しなくなってしまった「宛名職人」から住所録データをcsv形式で取り出すべく、古いOSでMacを起動することにした。具体的には、MacBook Proに接続した G-DRIVE ev ATC に Time Capsuleから MacOS X 10.9を復元する。実行したところ復元には一晩かかったが、放っておけば良いので手間いらず。翌朝にはG-DRIVE ev ATC に古いバージョンのMacOS Xの復元が完了していた。

…が、G-DRIVE ev ATC 側が理由なのか、MacBook側の仕様なのか、Thunderbolt経由ではG-DRIVE ev ATC は起動ディスクとして機能しなかった。うーむ、万事休すか。他のUSB HDDを用意して復元し直すか…と考えていたところ、G-DRIVE ev ATC の中身=「G-DRIVE ev RaW」は、USB 3.0ディスクとしても使えることを思い出した。





防水ケースからG-DRIVE ev RaWを取り出し、USBでMacBook Proに接続したところ、無事に起動ディスクとして機能した。その後、無事に古い宛名職人を起動して、宛名データをcsv形式で取り出すことができた。

さて、目的が達成できたところで、改めて細部を見てみる。



Thunderbolt端子は防水上これでいいのかな…?というような形状。おそらくコネクタ端子内部までは水が入ると思うので、浸水した後にMacに接続する場合は、端子の中まで乾燥していることを確認した方が良さそうだ。万全を期すなら水没後すぐに使いたい場合は、中身を取り出してUSB3.0接続が安心という気はする。



この中身である「G-DRIVE ev RaW」は、USB3.0端子は付いているが、その他にSATAらしき端子もちゃんと出ているので、USB3.0 - Thunderboltのブリッジ回路がケース側に入っている訳ではない。きちんとThunderboltにふさわしい速度が(試したときはwriteが130Mbps弱、readが140MB/s近く)出た。

一番外のケースから想像すると3.5inchドライブかな?とも思えるが、中身は2.5inchドライブ。ただですら静かなドライブが、防水ケースに入れるとさらに静かに。

さて、このヘビーデューティー仕様のHDD、用途としてはやはり屋外でのデータバックアップなんだろうなと思う。MacBook Proは買い直しが効くが、屋外で採取したデータ(撮影データや計測データなど)はやり直しがきかないケースが多々あるからだ。

ただ、個人的にはそういうヘビーな用途はあまりしないので、普段使いでは「ついうっかり」の落下からデータを守る用途とか、床上浸水とか火災放水があっても普通のHDDよりは生還率が高いHDDとして使うことになると思う。最近はクラウド上にテラバイト級のストレージを個人でも持てるようになったが、そこに出し入れするための回線速度のことを考えると、まだまた当面はバックアップはローカルに持つのが現実的だ。

--
G-Technology HGST G-TECH G-DRIVE ev ATC with Thunderbolt 1TB 0G03589(Amazon)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
私も1台HDDを愛用しているG-Technology Japanが少し前にキャンペーンやっていまして、





G-DRIVE ev ATC with Thunderbolt が当選しました!




当選通知レター。
クマデジがご近所に住んでいるのがバレてしまいm(ry
いやマジで、横浜に越してきたときに今のG-Technologyさんのすぐ近くの賃貸マンションを検討したんだわ…。




「プロに選ばれる理由」カタログ類。

当選したらレビュー必須…というわけではありませんが、格好のブログネタなので使ってみてレビューを書きたいと思います。

実はG-Technologyのアンバサダーであるサイカ先生が4月にレビューしていたりするのですが
一瞬アンバサダーのお友達枠で当選してしまったのかと思いましたが、サイカ先生は関知していないとのこと(笑。

ありがとうございました!>G-Technology Japan




輸送に使われてた箱が、HDDのベアドライブを出荷するのに使われている箱で、昔、仕事でHDDを扱っていた頃を思い出して懐かしくなってしまいました(笑


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
5D323306

秋の新番組ラッシュに備え、ウチのDIGA (HDD 500GB)のHDD容量の1/5を占める、孤独のグルメ全話(48話+特別編)を消すことにしました。容量にして約83GB(録画モードはHE)。

いや、今年の秋に何か目ぼしいものがあるわけではないのですが(新作ガンダムくらい?)、DIGAの新番組自動録画は常にDRモード(放送そのまま)なので、ガンガン録画されていくそばから不要な番組を消していかないと、HDD容量が足りなくなってしまうのです。

孤独のグルメSeason 1 + Season 2は50GB BD-Rに収まったのですが、Season 3 +Season 4 + 特別編はギリギリ50GB 1枚に入りませんでした。あと少しというところだったので、本編前後のCMをカットしたところ何とか入りました。CMも時間が経ってから見ると味わい深いので、残しておくのもアリだと思うんですけどね。

HDDに入っていないと、いざ観たいときにBD-Rを探してセットするのが面倒なので、本当は消したくないのですが…。まぁSeason 5も始まるし。仕方ないか。

いまの放送規格ではBDに10回ダビングできるので(ダビング10)、とりあえず3組のBDにダビングしました。1組は保存用で、2組は将来HDDの大きなDIGAに買い替えた歳にHDDに書き戻せるようにするためです。

そう、DIGAは録画済BDから、HDDに書き戻せるんですよ。(ソニーもできるのかも知れませんが。)その代わりBDの上では「コピーワンス」として扱われているので、HDDに書き戻したら、BDの方は消されてしまいます。BD-Rならば空き容量が復活しない形で消去されるので、単なるゴミになります。

なので、書き戻し失敗などのリスクを勘案し、万全を期して3組のBDに保存しておいたという訳です。

「俺、いつか2TB〜3TBのDIGAを買ったら、孤独のグルメをHDDに書き戻すんだ…」

その前にVOD全盛時代が来てしまうかも知れませんけどね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
移動時間を少しでも快適に過ごすべくヘッドホンを購入された方がいるようですが、奇遇ですね、私も最近購入しました。加水分解でベトベトになってしまったイヤホンの代わりに検討していたSONY XBA-A1 と XBA-A2 のうち、聴き疲れする方のXBA-A2です。迷ったら高い方とも言います。が、本当は音色が全然違うので迷ったら両方だったかも知れません(無理




XBA-A1 に比べて XBA-A2 は価格分の価値はないかなぁ…と思っていたんですが、その私の考えを見透かすように、ヨドバシ川崎ルフロンで XBA-A2 がkakaku.com最安値を軽く下回る価格で限定セールを始めやがりましたので、観念しました。そうかそうかそういうことなら話は違う。ヨドバシさんありがとうございました。




口径12mmダイナミックドライバーユニットとバランスド・アーマチュア・ドライバーユニット2基を内包する筐体はこの手のイヤホンにしてはとても大柄。装着した姿は耳から出すぎて見た目にオカシイとか言われますが、私は気にしません。自分の体が大きい方がよほど気になりm(ry




ソニーのイヤホンは高かろうが安かろうが文字が剥げるものだと思っているので、このように左右で違う色のリングが装備されているととても嬉しいです。ケーブルは絡みにくい表面加工が施された平形ケーブル。日本製品の気遣いって素晴らしい。




イヤホンの根元ところでケーブルが外せ、付属の Androidスマホ / iPhone対応のマイク・スイッチ付きケーブルに交換可能です。




そのマイク・スイッチですが、こんな形状です。ボタンは1個。てっきりiPhoneの付属イヤホンのように上、下、中央の3ボタン構成くらいにしてくれてるのかと思いましたが、残念です。1ボタンじゃ音量調節もできないじゃないですか。こんなのでは使い途がないので、通常のマイク・スイッチ無しケーブルの方を使います。




ポーチは結構ごついです。小さめの折りたたみ財布くらいあります。内ポケット2個もいらないから、もう少し薄くして欲しかった…。




付属品。イヤーピースの通常タイプとウレタンフォームタイプのそれぞれサイズ別。ケーブルの長さを調節するワインダーと、ケーブルクリップです。イヤーピースの通常タイプが付属ポーチに入った状態だったのに対して、ウレタンフォームの方は箱に入っていました。この扱いの差は何なんだぜ?(仕向地の問題かなぁ?)




さっそく本来用途であるiPhoneで試聴。
さんざん店頭で試聴した本機なので音は分かってはいますが、いいですね。分析的で。あらゆる細かい音がきちんとした輪郭を伴っています。iPhoneでここまでの音が出てしまうなら、もうWalkmanは要らないのでは…とふと考えてしまいました。が…




Walkmanでも試してみることに。すると!ああ…やっぱり別次元でした(;´Д`) Walkmanさん要らないとか言ってすみませんでした。

そんな訳で出力のプアなiPhoneでもそこそこ聴かせ、Walkmanで真価を発揮するXBA-A2。会社で嫌なことがあった日の帰り道、気分転換にピッタリの刺激的な解像感だと思います。


SONY カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 XBA-A2(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
IFAで登場した新しいハイレゾウオークマンNW-ZX100ですが、Android OSとの決別を果たしました。これでAndroid OSを使うウオークマンは最上位のZX2だけになりました。その貴重なZX2をJAL便に忘れてきた人もいるようですけどね!


自分はAndroid OSの乗ったNW-F885を使っていますが、まぁ使いにくくはないですが、使いやすくもありません。PC接続を切った瞬間に画面に表示される「曲がありません」(ストレージを認識するのに数秒かかる)など画面遷移に見苦しい点もありますし。そもそもバッテリーの持ちが致命的に悪いです。毎日とは言いませんが、数日に1回は充電しないと出先でただの文鎮になります。Androidですからそんなものですよね。

一方、NW-ZX100は独自OS採用でバッテリーの持ちを大幅改善。Androidウオークマンと比較して一番差が付くのはスタンバイ時の電力だと思っていて、どのくらい改善されているのかは気になります。おそらくWalkman Aなどに採用されている旧来のOSの延長ではないかと思うので、A並に持つのではないかと期待しています。


38

一方で不安をかき立てられたのは操作系。IFAの現地からのリポートで「操作したい項目にカーソルキーでフォーカスを当てて決定ボタンで実行」と書いてあったので、画面上に「早送りボタン」などがあってそこにフォーカスを当てて…などというサイアクな操作性を恐れていたのですが、ソニーのWebサイトを見て疑問が氷解。何のことはない、再生アプリとランチャーが上下キーで行ったり来たりできて、再生アプリにフォーカスが当たってる場合は左右キーで早送りができたりする仕組みのようです。ええ、これなら納得。いやぁ良かった。

価格も一見高いですが、iPhoneだって月額利用料にマスクされてますけどハードウエアとしては7万ないし11万くらいするわけで…。iPhoneには到達し得ない音を出す装置としてはまぁ納得の範囲かなと。肝心の音質は、最近のソニーの音質はイケてるので心配していません。おそらく納得の音質なんだろうと思います。

しかしiPod touchに相当する機種(電話の使えない、月額利用料のかからないスマホ)がソニーのラインナップから消えてしまったのは意外な気がします。小学生には早いし、高校生になったら本物のスマホを持つだろうしで、そこにiPod touchという存在があると、似非スマホとしてのWalkmanは需要がないってことなんでしょうね。

…なんて書いてたら、iPhoneで愛用中のイヤホンETYMOTIC RESEARCH hf5の表面が加水分解でベトベトに…おうふ。どうしよう。


このページのトップヘ