クマデジタル

迷ったら、高い方


ケータイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
某所より初Android端末に右往左往するツマの話を聞きたかった、という意見が寄せられましたが、スマホを所有するのは初めてのツマは、右往左往しなかったというのが正直なところです。

スマホは半年以上検討を続けていたし、できるだけ乗り換えの違和感が少なくなるよう「おサイフケータイ・ワンセグ対応・充電台対応」の機種を選んだし、フィーチャーホンとの違いも予め学習済みなので、特にトラブルもありませんでした。

むしろ、右往左往したのは私の方ですね(ぉ

ソニタブとかでAndroid端末は触ってはいましたが、初期設定やアカウント設定まで弄っていたわけではないので、真新しいAndroid端末を「使える」状態まで持ち込むのには右往左往しましたね。

まずこれはAndroid端末とは関係なく純粋にF-03Dの問題だと思いますが、タッチパネルが敏感すぎます。ちょっとソニタブの開発陣営見習った方がいいんじゃないの?と悪態つきたくなる出来映え。1つタップして、次のタップを迷っている間に、浮かせた指に反応してしまい勝手にタップされてしまうことが間々あるんです。

ホーム画面をフリックしても、丸1日触っていたはずのツマですら「フリックするつもりでタップされてしまう」現象が多々あり、設計検討の浅さが露呈している印象があります。

これは「マウスの裏面のどこに光学センサーがあるか」という問題と同じで、慣れるしかないし、慣れれば何とかなってしまうんでしょうが、ソニタブのように多数のサンプル被験者で検討を重ねた印象はなかったし、iPhoneとは比較するのすらおこがましい出来でした。

フィーチャーホン(P905i)で撮り貯めた写真、動画を移動するために、F-03Dに入っていたSDカードの中身にP905i内のデータをマージしたのですが、F-03Dの裏ぶたを開けるのが大変。防水なので固いし、爪折るかと思いました。説明書にも「開けにくいときにはもっと力を入れろ」と書いてあって驚愕しましたが…。

SDカードスロットが裏フタの中にあるのはP905iもそうだったので驚きはしませんが、Android端末ではアプリもSDカード上に置けるんですね。本体のメモリ使用状況を見たところ、いくつかアプリを自分で入れた段階で、既に8割くらい消費されていました。F-03Dには試供品と称して2GBのノーブランドのmicroSDカードが付属しますが、これは常に拡張メモリとして使用することが前提なんですねぇ。

qi充電はACアダプタが煩いです。充電中ではなく無負荷時にACアダプタから音がします。「チー」というのは規格名じゃなくて騒音の擬音かよ!と突っ込みたくもなりましたが、ちょっとおかしいレベルなので、あとでドコモショップで替えてもらいます。

ホームアプリにはdocomo Palette UIが搭載されており、もちろん入れ替えは可能なのですが、ツマが自力で問題解決することを考えると、変に他のに入れ替えない方がいいんだろうな、と思います。フィーチャーホンからの軟着陸を狙っているようなので、スマホとしての潜在能力を最大限発揮すると言うよりは、わかりやすさを狙ってるんだろうと思います。

言われ尽くされていることですが、iPhoneと比較するとUIに統一感がなく、煩雑ではあります。その一方でこれに慣れてしまうとiPhoneはまどろっこしく感じるんでしょうね。1ボタンマウス的なまどろっこしさ。

あとは画面描画がある程度優先されているとはいえ、iPhoneほど優先し切れてない印象はありますね。

文字入力はストレスが溜まる部分の真骨頂で、まずフリック入力ガイド表示がレイテンシなく表示されるのがチラチラして鬱陶しいです。「あいうえお」の「あ」を入力するときはガイド表示は要らないんだけどな…。

あとF-03D独自機能なのか?手書き入力が搭載されていて、これが実に使い物にならない。認識が早すぎて、書いてるそばから変な文字に変換されてしまう。そもそも設定でOFFできない(どこかにあるのかな?)ので、先に書いた「触れてなくてもタップされる」現象と相まって、「勝手に手書き入力モードに変わっている」ことが多々あり「ノォー!」と叫びたくなります。

逆に音声入力は恐ろしいほどの精度で、かなり実用的。もっとも高速に入力できるのは音声なんじゃないかと思ったり…。

ほとんどはAndroidの本質でない部分の不満になってしまいましたが、F-03Dを弄った印象はこんなところです。

--
THE NORTH FACE(ザノースフェイス) ETIP GLOVE ブラック 手袋 グローブ タッチパネル対応 スマートフォン スマホ iPhone iPad(Amazon)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
予告通り、今日ツマがいわゆるガラケーからスマホに機種変してきたんですが、機種変するときはね 誰にも邪魔されず 自由でなんというか 救われてなきゃあ ダメなんだと思いました(ぉ

向かったドコモショップは、私の知りうる限り最高クラスの質のいいサービスの店舗のはずだったのですが、なんというか 今日は残念でしたね。担当が研修生だったからか、モノがスマホだったからか…。

f-03d-4

「googleアカウントを作らないとインターネットが使えない」とか説明してるんですよ。説明端折りすぎでしょう?

要らないオプションてんこ盛りの洗礼も久しぶりに受けましたね。機種変してきたのはここのところずっとiPhoneだったので、長いことオプションを押しつけられることはなかったわけです。


f-03d-5

ケータイ補償お届けサービスなんて、そんなの契約するくらいだったら、破損紛失時にはここぞとばかりに新型を購入するというのが解らないのか!うおォン!


f-03d-2

説明書は付属のmicroSDカードに納められています。
製本されたものは簡単なものしか付いていません。


f-03d-1

乗り換えたArrows kiss F-03Dは、非接触充電対応。いわゆる「qi」(チー)規格対応の充電システム。バッテリー自体がqi対応なので、バッテリー単体でも充電可能ですが、このスマホのバックカバーはそんなに頻繁に開け閉めするようにはできていません。むしろqi対応のモバイルブースター:



あたりを使うのが妥当のような気がします。なお、qi充電のほか、microUSB端子経由でも充電できます。


f-03d-3

このqi充電システム、充電の始めに台の方から何か「ガタゴト」とモーターで動いている音がします…。音は一瞬なので、充電に使うコイルを適切な位置に移動しているのでしょうか。

qi充電台は裏にゴム足が付いておらず、大変滑りやすいです。その上に置くスマホも滑りやすいです。両面シリコンとかだったら良かったのになぁ…。

さて、本体設定絡みでは、Googleアカウントがあった方が色々便利なのは事実(Androidマーケットにも入れるし)ですが、「ネットに繋がらない」というのは明らかに誤りでした。それに、Googleアカウントを店員に作って貰う、もしくは開示する、ログインした状態で店員にスマホを渡す、というのは昨今抵抗ありますねぇ…。→「ringo-sanco:Androidスマートフォン契約時にGoogleアカウントとパスワードを記入させて代理店側でアプリをインストールする例を確認」

それと、Wi-Fi経由のspモードメール受信は特別な設定が必要というのが意外でした。最初気が付かなくて、「WiFi経由でメールが着信しないよママン」とか路頭に迷いました。

タッチパネルはまだ保護シートを剥がしていない状態で使っているのですが、すごい敏感。「かすめただけでッ!?」タップされてしまうことが間々あり、iPhoneの練られたタッチパネルに慣れているとストレスたまりまくりです。感度設定もなさそうだし、保護シート剥がせば変わるのでしょうか…?

--
Arrows F-03D関連グッズをAmazonで検索

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
タイトルは某作品からのインスパイアです(ぉ
明日は金曜日なのでDSには行けず、実際は明日発売のスマホにツマが機種変するという話。


P905i_20111124


さて、いよいよツマがスマホに移行したいようだ。

カタログを穴が開くほど眺めて彼女が選んだ機種は、F-03D。明日発売の新型。私としてはXPERIA acro一押しだったのだが、「あなたの趣味を押しつけないで」と一蹴された。会社の同僚に見せられた「机に置くだけでリブートするXPERIA arc」にはちょっと引いた(SIMカードスロットが振動に弱いようだ)。

いっそau iPhoneはどうかとも水を向けたが、iMacやiPadを普段使っているツマであっても「iPhoneは使いにくそう」なんだとか。一般人にとっての「難しい」とは何か、考えさせられる。それはきっと煩雑なメール設定だったり、自分でアプリを探してくり必要があったりとかいう部分なのだろうが、箱庭的と言われるiPhoneより、もっと箱庭的なガラケー並みの環境を求めているのだろうと思う。


さておき、貯まったドコモポイントが来春に期限切れになるので放出すべく、そろそろ機種変を考えて欲しい旨は常々ツマには話してあった。来春になればICSが来るのは解っているが、出始めはアプリ対応まで含めるとしばらく不安定だろうし、OSのバージョンを意識しない層ならかえって今の2.3の方が枯れていていいだろうとも考えた。

ドコモは今秋よりスマホラインナップを2分し、先鋭的な「NEXT」シリーズと、フレンドリーな「with」シリーズに分けている。大雑把に言えばNEXTが男性向け、withが女性向けなのだが、機能一覧表を眺めてみるとNEXTシリーズのスペックが尖りすぎて、満遍なく「全部入り」なのがむしろwithシリーズだったりするのが興味深い。その中でもさらに全部入りなのが、F-03Dである。


ところでドコモのスマホの料金はどんなものだろうか。
改めてマジメに計算してみる。


FOMA フィーチャーホン(所謂ガラケー)
基本使用料980円
パケット定額4,095円
iモード315円
iチャネル157円
ユニバーサルサービス料7円
  5,554円



FOMA スマートホン
基本使用料980円
パケット定額5,460円
spモード315円
ユニバーサルサービス料7円
月々サポート割引-945円
  5,817円



どうやら今と比較して260円/月ほどの増額で済みそうだ。
月々サポート割引は2年間限定だが、2年も経てばまた買い換えたくなるくらい進化が速いので、実質問題ないだろう。

--
Arrows F-03D関連グッズをAmazonで検索

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ちょっと寄ったヨーカドーに、XPERIA acroのホットモックがあったので弄ってみた。実はAndroid機って人が弄ってるのを見るばかりで、あまり自分で弄ったことがない。

acro_catalog

カタログ冊子も貰ってきたのだが、いや、これは凄い重装備なハードウエア。いまのガラケーにあるほとんどの装備を網羅し、その上スマートホン。もうここまで辿り着いてしまったのかという思いはある。

iPhoneに対するアドバンテージは、なんと言ってもFOMAの安定した、高速な通信網を使える点にあると思う。試したわけではないが、少なくとも夕方の山手線で東京→品川間にWebページが重くて1〜2ページしか表示できないというような、SoftBank/ iPhoneのようなことにはならないだろう。

ただ、acroというか、Android OSに感じる既視感は、MacOSから見たWindows機そのもの。ルック・フィールは似せた。「要はこういうことだろ?」と言いつつも「そうじゃないだろ」とツッコミたくなる挙動、操作の一貫性、そして最後の最後まで画面レスポンスを優先するか否か…とにかく違う。

画面右下にあるメニューを呼び出す物理ボタンだって、画面内のサブメニューとどう使い分けるのかは、アプリ次第なのだろう。どうしてここに物理ボタンが必要だったのかも、そして画面内のボタンとどう使い分けて実装されているのか、いまいち理解できない。

が、普通のユーザーにはそれは問題にならない。acroの方が幸せになれるケースが多いだろう。私もツマのP905iの乗り換えには全力でacroを推すつもり。品薄とは言いつつも、納期は1〜2週間だそうだ。acroを即買いできるほどのドコモポイントも貯まっている。問題は、ツマが「不具合が起きるまで買い換えない」という性格だということだけ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GWには会社ケータイ(au)を持って帰るのが常なんだけど、今年はUSB充電手段があるからいいや、と、充電器は持って帰らなかった。

いざGWも半ばになって、auのケータイも電池が切れた。さて、充電するかと、かの充電器を繋いでみるが…充電しない。あれ?

調べてみると、auのケータイで「KCP+搭載機」というものはUSBをPCに繋いで、かつドライバがインストールされてないと充電されないらしい。会社から支給された端末は見事に「KCP+搭載機」。つまりUSB互換の充電器ではNGと。

さらに購入した充電アダプタは電源ライン以外の端子が省略されている充電専用仕様なので、パソコンに繋いでも充電に必要な通信ができない(充電に通信が必要、ってのがそもそも大袈裟だと思うけど…)。

他にどのような手段があるか考えたが、一番安価で確実なのはこれ、という結論に達し、買ってきた。

0203pqa

負けた−。

このページのトップヘ