クマデジタル

迷ったら、高い方


ケータイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
F-03DからF-09Dに買い換えて心配だったのが、qiワイヤレスチャージャーのACアダプタから出るチー音。
「チーと鳴くチー充電台 その後の顛末」

f-09dac1

写真左がF-03Dのチー音がする「ワイヤレスチャージャーF01」。写真右が今回F-09Dに付属してきた「ワイヤレスチャージャーF02」。

結果から言えば、両者全くの別物。F-09D付属の「ワイヤレスチャージャーF02」はチー音がまったくしない。そもそも外観からして造りが全然違う。ACプラグの根元にトラッキング放電防止のカバーが付いていたり、定格ラベルだってモールドではなく印刷だ。


f-09dac2

LEDが5個付いていて、ムービングコイルがセンシングした位置をLEDで指し示すが、あまり機構的な意味はないように思う。後継機の方がLEDの数が増えてるって珍しいなぁ。

「ワイヤレスチャージャーF01」のチー音に悩まされているなら、試してみる価値はあるかも。

まだネットでは売っている店を見かけなかったので、充電器単体で入手するにはドコモショップで注文するしかないと思う。

--
Panasonic Qi対応(無接点充電対応) USBモバイル電源パック リチウムイオン 5,400mAh 白 QE-PL202-W




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ストレスだったスマートホンの機種変を実行に移しました。

富士通 F-09D ANTEPRIMA

f-09d-1

ツマ用のスマホですが、兼ねてから再三エントリしているとおり、F-03Dのメモリ不足が酷すぎてソフトのバージョンアップすら素直にはかけられない状態に業を煮やし、「俺はメモリ空けるためにスマホ使ってんじゃねー!!」と、ついカッとなってやりました。

F-03DはICS ( Android 4.0 Ice Cream Sandwich )対応を見送られたというのもありますが、F-03Dと比べて変わり映えのしないF-09Dを選んだのは、主なユーザがツマゆえ、「変わらないことの価値」を求めたと言うべきか。ホントは XPERIA SXにする気満々だったのですが、ツマが愛用するワンセグを見るためには外付けアンテナが必要という点で断念。

が、F-09Dを買ってから気がついたのですが、ツマがワンセグを見る場合は、放射型アンテナを使うので、F-03D/F-09Dの伸縮式アンテナは伸ばしてないです…
枕元でワンセグを快適に受信する「放射型」アンテナ
もしかして、XPERIA SXでもアンテナを付けずに見られた…とか…?

…まぁいい。終わったことだ。


f-09d-2

今回初めてドコモのオンラインショップで買ってみましたが、近所のドコモショップだとオプションてんこ盛りにしないとならない価格に最初からなっているので、気分良かったです。ドコモショップの受付までに30分、受け付けてから1時間…という所要時間を考えると、悪くありません。

ただ、住所録やおサイフケータイ移行などは自分の責任においてやらないといけないので、結局は時間をとられちゃうんですけどね…。

F-03Dは下取りに出す予定です。

--
Logitec ワンセグホームアンテナ/3mケーブル付/ブラック LDT-ANT1C3BK
Panasonic Qi対応(無接点充電対応) USBモバイル電源パック リチウムイオン 8,100mAh 黒 QE-PL301-K(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
富士通からドコモ向けスマホ「F-09D ANTEPRIMA」が6月下旬にリリースされたようで。
ツマが使っているF-03DからF-09Dまでの間にはずいぶんたくさんの機種がリリースされました。F-03D自体はつい最近出たばかりという印象なんですが、間に出たたくさんのモデルよりも、F-09DはF-03Dと同じ方向性です。

ただ、この筐体デザインも使い始めて長いですから、今後は新筐体に移行するでしょうね。
F-03Dから機種変した場合の新鮮みに欠けるのが気になるところです。

f-03d20120808

F-03Dはとてもメモリが少なく、何をやるにしても「メモリ不足」アラートが出てその都度アプリの整理やキャッシュの整理をさせられていたので、何のためにスマホを使っているのか解らない感じです。

なお、最近はメモリが8GBだったりCPUがデュアルコアだったりする機種も多いですが、F-09DはRAM 1GB / ROM 2GBでCPUもシングルコアです。ICSがそれほど重くなっていないのが救いですが、それでも2012年夏モデルとしてはちょっと弱い印象です。それでもF-03Dと比べるとメモリは2倍になっていて雲泥の差なんですけどね。

気になるお値段はF-03Dよりずいぶん高くなったのですが、その分、月々サポート額も大きくなっています。
値付けとしては、より2年縛りの途中で機種変しにくくなる方向性ですね。

今日ヨドバシに寄ったので触ってみたのですが、メモリ空き容量はツマの使用状態(空き20〜40MB)に対して店頭デモ機が空き600MB以上あるなどなかなかです。空きメモリで言えば約20倍前後になっていますね。動作は意外とサクサクしていて、Snapdragon 1.4GHz シングルコアの割には善戦している印象です。

本当は受注停止中の店舗もあるほど人気のXperia SXが良いと思ったのですが、ワンセグアンテナが外付けとのこと。筐体の小型化で割り切った部分もあるのかも知れません。ワンセグなんて飾(ry という人もいるのですが、ツマには外せないポイントなんですよねぇ。

F-03Dを使い始めてからまだ8ヶ月なのですが早く機種変したいです。F-03D自体はドコモポイントで購入したので本体24回払いなどの残額の精算などはありません。ただ、iPhoneと同じノリでAndroid端末を選んでしまったのは浅はかだったなぁという気もします。低スペック過ぎて使い物にならないユーザーへの機種変の救済策もあると良いかも。

以上、MacBSさん風味でお送りしました。

--
[アンテプリマ] ANTEPRIMA フラワーモチ−フロングネックレス TAMN019595DW(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Arrows Kiss F-03Dが、4/28にVer.UPされていたようだ。

今回は(今回も)メモリ不足のアラートが出てにっちもさっちもいかなかったので、Twitterクライアントを一旦アンインストールしてバージョンアップを実施した。

f-03dverup1

空きメモリの指標として「内部ストレージ」の空き容量(現在29MBほど)を一生懸命増やしていたけど、もしかすると「実行中」のプロセスを停止すれば良かったのかも知れない、と今頃気がついた。

メモリがいつも足りないので自動バージョンアップなんてかかった例しがないのだが、docomoのWebを見るとその他にもバージョンアップされない条件が掲載されている。

f-03dverup2

WiFi接続時NGだって。これではメモリがあっても、深夜の「自動更新」は実用にならないよなぁ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
docomo2012summer

ドコモから色々出ました。Xiに拘らなければXperia SX SO-05Dが使いやすそうかな、という気はしますが、ワンセグのアンテナが外付けなのが惜しい。恐らくヘッドホンケーブルがアンテナになるんですよね。オーディオプレーヤーとして活用している人はいいんでしょうが、そうでないといざという時困りますね。でもサイズ感がiPhoneに近いので、これくらいの大きさがいいように思います。

個人的に注目は「らくらくスマートホン F-12D」と「キッズケータイ HW-01D」です。らくらくスマートホン F-12Dの方はGoogle Play(Androidマーケット)を外しているそうで、そこ経由でのアプリをインストールできないなどいくつかのアプリ動作上の制約を課すことで、新プラン「らくらくパケ・ホーダイ」(月額2,980円)が適用されます。(通常の「パケ・ホーダイ フラット」は月額5,460円)。

UIもWindows8のMetro UIにも似た、独自のものが搭載されています。単にタッチしただけではフォーカスのみして反応せず、さらに押し込むことによって押下と見なすタッチパネルは、振動による押下操作のフォースフィードバックまでもついています。ただ、フォースフィードバックについては、着信時に使うバイブレーターのモーターを活用したものは、過去製品のいずれもそれほど感心できる出来ではなかったので、過剰な期待はできません。バイブモーターを使うのであれば、もっと高レスポンス、大トルク(イコール、消費電力も大きい)ものが本来は必要なんでしょうね。

文字入力にATOKを採用、専門アドバイザーに無料でつながる「らくらくホンセンター」も利用できるなど、ソフト、サービスの両面で力が入っています。なんかF-12Dを見ていると、日本流に咀嚼したスマホが生まれてきているようで、なんか嬉しくなります。スマホになってから不具合出しまくりのF=富士通ですが、頑張って欲しいと思います。

キッズケータイ HW-01Dはついに自由な文字入力が可能になりました。上下左右キーだけで文字入力をするために、いわゆるフリック入力ライクなUIを採用しているようです。なるほど考えたナー。我が家は前モデルHW-02Cを5ヶ月前に買ったばかりで、2年縛りがあるので機種変の予定はありませんが、これから購入される方にとって間違いのない1台だと思います。今回から「こども」「大人」モードの切り替えもできるようになり、「ミニマム機能の端末が欲しい大人」という需要にも応えています。

しかし、これだけ幅広いラインナップであれば、iPhoneに飽きた、もしくは最初からiPhoneは考えていないという需要は結構取り込めるのではないでしょうか。AndroidはiPhoneほど洗練されているわけではありませんが、ではAndroidで困るかと言えばそんなこともなくなってきており、整理整頓されたデザイナーズマンションより、すべてのものが手を伸ばせば届く範囲にある雑多な部屋の方が住みよいし楽しいと感じることもあるでしょう。

moraがiTunes Storeや世間からの逆風に耐え居場所を築いたように、ドコモもまたAppleに対抗できるポジショニングを獲得しつつあるように見えます。これはドコモにはiPhoneは必要ないかも知れませんね。意外とAppleがドコモにすり寄る日の方が先に来るような気がします。

--
新品 docomo スマートフォン SO-03C by Sony Ericsson ホワイト 白ロム(Amazon)

このページのトップヘ