クマデジタル

迷ったら、高い方


ケータイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
母の「らくらくホン」F-01Gが購入から2年9ヶ月で壊れました。その前の機種は9年持ったので、ずいぶん短寿命です。ハズレ個体だったか…。

症状は「時々圏外になる」というもの。
いや、逆ですね。「時々しかアンテナが立たない」です。
ドコモのサポートにはSIMカード側が原因の可能性も示唆されましたが、窓口で診てもらったところ本体側がダメだそうです。

IMG_1827

ドコモショップには高齢の母が1人で行ったのですが、高齢者が一人で行くといいカモですよね。勝手に色々契約変えられて、iPadまで契約させられちゃうとかよく聞く話ですよね。

ただ今回は「修理依頼」なので、大丈夫かと思っていたんですよ。
修理依頼ですから、普通の。

そしたら見事にやられました。

・修理ではなく、買い換えを勧められる。
・料金プランを勝手に変えられる。
・ケータイ補償サービスに勝手に加入させられる。


しかも料金プランなんか、ネットで確認したところ(母のdocomo IDは私が管理している)、当初1ヶ月だけ「カケホーダイ」で契約させられて、翌月から「カケホーダイライト」に契約変更予約が入っているという凝り方。いままでもう新規では契約できない最安の「プランSS(980円で月額1,000円分!の通話権つき)」だったのに、勝手に変えられてしまったわけです。もちろん母は同意したわけですけど、高齢者相手ですからね。

殺る気満々で母が行ったドコモショップにTEL。最初からテンション高くすると相手も警戒するので、最初は腰を低くして尋ねます。

「先ほどF-01Gの修理で伺った高齢の女性の息子ですけど、なになされてるんですか?」

…いかん、これでは敵意むき出しだ。
まぁいいや、相手の説明を聞こう。

・修理ではなく、買い換えを勧められる。
→修理は最大7万円ほどかかるケースがあり(水没判定されたときか)、後述の方法での買い換えはリーズナブルと考えることもできる。まぁ7万はせず、せいぜい1.5万だと思いますが。

・料金プランを勝手に変えられる。
→新らくらくホン(フィーチャーホン)F-02Jは、本体価格4万円+契約事務手数料3千円ほどだが、「カケホーダイ」契約者には5千円の値引きをしている。「カケホーダイ」にすることで月額千円ほど上がるが、1ヶ月限定であるならば「カケホーダイ」に入った方が4千円ほど得である。
→また、毎月の月々割は「カケホーダイ」「カケホーダイライト」でないと適用されない。音声通話の使用状況から「カケホーダイライト」で充分だと判断したので、当初の5,000割引をゲットしたら「ライト」になるように契約変更予約をした。毎月300円ほど高くなるが、月々サポートが毎月-891円入るので、トータルでは-500円となりオトクである。(2年後からは損するが、それでも4年目過ぎまではこうした方が安いし、2年後のフィーチャーホンの料金プランなんて分からない。)

・ケータイ補償サービスに勝手に加入させられる。
→これは母の好き好きですから私は異論はありません。私もApple Careに入るくらいですし。

となり、ドコモショップの陰謀でも何でもなく、ドコモ本社から与えられた条件の中でドコモショップなりに客のベネフィットを最大限に考えた結果と言えると思います。ドコモショップ、けんか腰で食らいついてすみませんでした。

まぁ田舎のショップなので、店員側もすぐ素性がバレてしまうので、ドコモの看板をしょっていても「あくどい」ことをすると暮らしていけなくなりますからね。田舎怖いぞ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
すでにあちこちのサイトで触れられている(けど、気がつかなかった)ので、特にリンクは貼りませんが、簡単に言うとこういうことです:

・ドコモ料金(ドコモ光含む)の10%がdポイントで還元されるが、これは決済手段に関係ない
・ドコモ料金をdカードで決済すること自体には、dポイントの還元がない。
・ドコモ料金を他社のカードで決済することで、他社のカードにポイントが付く。

つまり私の場合、年間60,000円程度のドコモ・ドコモ光料金をdカードで決済しているので、これをヨドバシカードに変えれば、失うものが何もなく、年間600円分ほどのヨドバシポイントが貰えることになります。

但しdカードGOLDは申込時に「dカードGOLDをドコモ料金の支払いに利用すると1,000ポイントプレゼント」などをやっているので、最初はdカードGOLD払いにするのは仕方ないと思いますが、その1,000ポイントを取得したら他社のカードに変更してしまうのが良いように思います。

どうして単純に「dカードで決済したドコモ料金の10%を還元」にしていないのか謎ですが、おそらく法的な問題があるんでしょうね。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
docomoの 648 円 iPhone 7の件(続き)のさらに続編です。

上のリンク先の記事で書いたように、FOMA回線に紐付けられているdアカウントからだとドコモオンラインショップで iPhone 7 32GB が 648円 で買えるわけですが、これをさらに「学割の月額280円のプランで契約する」場合、注意が必要です。ドコモオンラインショップで購入手続きを進めていくと、途中で料金プランの選択が出てきますが、そこで学割 月額280円の選択肢が表示されない場合、ドコモ側に子供の「ご利用者情報の登録」が完了していません。

この登録手続きはオンラインでは受け付けておらず、オンラインから郵送手続き用の資料を取り寄せて手続きするか、またはドコモショップに行くかのどちらかです。

私は郵送手続きでのんびりやっていたのでは iPhone 7の在庫が枯渇するのではないかと思い、ドコモショップに行って手続きをしてきました。必要なのは子供の保険証と自分の運転免許証だけで良く、子供を連れて行く必要はありません。

先にiPhoneを一般的な料金プランで購入してから、後から学割の料金プランに変更すれば?とも考えたのですが、学割料金プランの適用条件を見るとですね、

42

上の表の赤枠の通り、一度通常の Xi 契約を結んでしまうと学割契約に変更できないっぽいんですよね。


そんな訳で、ドコモショップで「ご利用者情報の登録」手続をしてきた次第。登録はリアルタイムに反映されるようで、ドコモショップからの帰り道でもうドコモオンラインショップ上で 648円 の iPhone に 280円/月額の料金プランが選べるようになっていました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
前回の648円iPhone 7は月額利用料によっては割引額が割り引ききれないのではないかという記事を書いたところ、コメント欄にて「その割引は月々サポートによる割引ではなく、一括割引である」とご指摘頂きまして(ありがとうございます)、よく確認してみました。

5D4A9740

このDMですね。


5D4A9741

DMの表側を見たところ、ムスメが使っている(契約は私名義)FOMA折りたたみ式携帯の番号宛であることが分かりました。さらにネット等で調べてみると、どうやらFOMAからの買い換えに、iPhone 7 32GBが本当に648円で用意されているようです。

FOMA携帯のdアカウントからドコモオンラインショップに入ってみると…

09


おおお。本当に安い。そもそも安すぎて分割払いのタブが表示されません。
試しに私のXi携帯のdアカウントからだと、

46

その値段は表示されません。

648円ならiPhone 5sを使い続ける理由はないなぁ…と思い、早速ポチってみました。

続く。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
いまドコモで、学生向けに基本料が1年間280円/月になるキャンペーンをやっていますよね。

18

大抵こういうのって、SPモード(iモード)やシェアオプションが別料金だったりするのですが、これは本当に280円(+税)というのがすごい。

いまムスメのケータイは、いわゆるガラケー(月額料金1,100円ほど)と、iPhone 5s(0 SIM使用で月額利用料0円)の2台持ち体制。実はムスメが進学する高校では持ち込むケータイを登録する必要があるらしく、2台登録できるのかな?どんな携帯マニアだよ、と思っていたところ、ドコモの280円にはかなり心が揺れた次第。

もちろん280円は初年度だけで、2年目以降は1,700円くらいにはなってしまうのですが、2台持ちも面倒だろうと。iPhone 5s自体は先日バッテリー膨張で本体交換されたものでまだ数年は使える印象。

でもそんなとき、ドコモからDMが届くわけですよ。

5D4A9544

iPhone 7が648円。
648円/月じゃないですよ。本当に648円。

280円のインパクトもすごかったですが、こっちはもっとすごい。

カラクリですが、まず購入時に現金で82,296円払います。その後毎月の利用料から3,402円×24回の割引が行われ、結果として差額の648円で買えることになる…という計算。


と こ ろ が で す ね。


これを前述のムスメのようなケースでやろうとすると、元々月額利用料が280円(初年度)〜1,780円(2年目)しかありませんので、毎月の利用料から3,402円×24回を引き切れないんですよ。

結果、実質割引額を自動的に放棄することになり、大して安くもない値段でiPhoneを買ったのと同じことになってしまうわけです。


学割でなくても、ドコモにMNPしたときとか、スマホデビューしたときとか、ただですら様々な割引施策が展開されているので、3,402円×24回を引き切るためにはそれなりに高額なプランで基本料を組む必要があり、本来の目的を見失ってしまう状態になりかねません。

まぁ世の中、どこから原資が出ているかということに思いを馳せれば、そんなにうまい話が転がっているわけはないという当たり前の結論に帰依します。


【追記】2018.3.7
コメントにて「一括の場合は本当に648円である」という情報を頂きました。確かにFOMAからの機種変であることや、12ヶ月以上の同一機種を使用するなどの制限事項はありますが、毎月還元されるわけではないようです。



 

このページのトップヘ