クマデジタル

迷ったら、高い方


ケータイ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
母のケータイを機種変して気がついたのですが、とても割高な料金プランを契約していました。とは言っても当時は高齢者のメリットを最大限生かして最安プランを選択した記憶があるので、その後の料金プラン改定で必ずしもお得ではなくなってきたものと思います。

40のコピー

まず母が前回docomoケータイを買った当時の状況を調べてみると、現在ある「ベーシックプラン」と「バリュープラン」という区別はなく、「ベーシックプラン」に相当するプランだけという状況でした。

その後、総務省からの「携帯端末購入時の割引の原資分を毎月の料金に上乗せしないように」という指導が入り、

・月額利用料金が高いが、携帯端末ハードウエア料金が安い「ベーシックプラン」
・月額利用料金が安いが、携帯端末ハードウエア料金が高い「バリュープラン」
 ※但し安い価格でハードウエアを買い逃げされないように、「安くするための割引」を2年間分割にする。

という2本立てになりました。

ざっくり言って、2年間使うのであれば、ベーシックプランでもバリュープランでもさほど差がないのですが、さすがに母のように1つの端末を10年も使うとなると、どう考えても「バリュープラン」の方がお得です。

■FOMAファミリーワイド(ベーシックプラン)※母の今までの契約
1,500円/月(無料通信分なし)
10年間で18万円(無料通信分なし)+消費税
毎月300円の通話通信をしたとすると、10年間で総額21.6万円+消費税

■FOMAタイプSSバリュー+ファミ割MAX50(バリュープラン)
934円/月(無料通信分1,000円付き)
10年間で11.2万円(無料通信分12万円含む)+消費税
毎月300円の通話通信をしたとしても、10年間で総額11.2万円+消費税

まぁタイプSSバリューも途中で微妙に価格が動いていたような記憶があるので厳密にはもう少し違う金額なのかもしれませんが、ざっくり倍くらい余計に料金を払っていたことになります。

ドコモらくらくホン(フィーチャーホン型)はハードウエアが3.5〜4.5万円くらいなので、これならもっと早いタイミングで機種変した方が良かったですね。

確か当時は「子供と高齢者」向けに同一の金額の料金プランが提供されていた筈です。この「バリュープラン」と「ベーシックプラン」の切り替えは原則として機種変更時にしか行えません。子供は成長して子供向け割引の対象から外れてしまうので料金プランの異変に気がつきやすいですが、高齢者はいつまでも高齢者なので気がつかないので要注意です。

もし高齢の方が長く折りたたみのらくらくホンを使っているようであれば、最新型の折りたたみのらくらくホンに機種変したほうがトータルでは安くなるかも知れませんよ。幸か不幸か、10年前から何ら操作方法が変わっていませんしね(笑。画面が大きくなって見やすくなったくらいで。








    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実家の母のケータイを、2006年型のらくらくホンから、「らくらくホン ベーシック4(F-01G)」に機種変した。併せて、「つながりホットサポート」を契約した。

「つながりホットサポート」というのは、

ケータイやスマートフォンの利用状況(歩数計の歩数や電池残量など)や自身の体調情報をあらかじめ指定した「つながりメンバー」へお伝えできるサービスです。たとえば離れたご家族などに元気な様子をお知らせすることができ、あんしんです。
という、いわば遠隔見守りサービスである。
見守られる側はこのサービスに対応した機種である必要があり、見守る側はドコモのケータイ(スマホでもOK)である必要がある。

5D326722

我が家ではツマとムスメがドコモ回線なので、ムスメのケータイを見守る側の端末として設定した。

契約に当たってはドコモショップの窓口の方もこの機能のことをよく分かっておらず、なぜかと言えば「契約したことがない」そうで。話にならないのでその場からドコモのサポセンに電話して詳しい話を聞こうとしたところ、「それはどういった機能ですか?」と、ドコモのサポセンも把握していなかった様子。

これは最低でも1日12回、ドコモのサーバーに端末の利用状況が自動送信される。ドコモのサイトにも「ご利用状況により、パケット通信料が高額になる場合がありますのでパケ・ホーダイ ダブルなどのパケット定額サービスをご利用ください。」という表記があるが、私が知りたかったのは「高額になる場合って、そんなあやふやな表現ではなく、パケホーダイ契約をしなかったらパケット料金がいくらかかってしまうのか」だ。

結果、ドコモショップの店員は「パケット料金はおそらく3,000円/月くらいはかかる」とのことで、一方ドコモのサポセンは「パケット料金は一般的な使い方で500円弱/月」と、見解が分かれた。おそらくサポセンの方が正しいことを言っているような気がするので、セーフガードとしてパケホーダイダブル契約を付けて、パケ代が上限に達するようなら実用に値しないと判断して解約しようと思う。だって見守りに何千円もかけるなら普通はセコム使っちゃうよ?


5D326728

どんなときに通知するかは、受信側の端末から設定できる。


5D326729

ただ、通知条件の多くがポジティブなものなのは参った。個人的には何らかの異常を検知したら知らせて欲しかったのだが、そのような設定はできないようだ。つまり「ケータイが使われている」という通知はできても、「使われていない」という通知は最低でも「24時間後」となる。これでは見守られ側に何かあった場合に駆けつけても間に合わないだろう。

期待したんだけど、意外と使えないのかも。契約者がほとんどいないのも、さもありなん。


地域におけるつながり・見守りのかたち―福祉社会の形成に向けて

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ムスメのキッズケータイを機種変しました。
理由は、

1.自由文章のメールを使いたい
2.特定の3箇所以外にも電話したい
3.いい加減、恥ずかしい

といったところですが、私は3番目の理由は認めていません。中学生でキッズケータイの何が悪い、と思っています。そういうのは自分で稼ぐようになってからしろ、という思いですが、まぁ1と2の理由により、リクエストを受けることに。


5D321217

で、選んだのは docomo N-01G (NEC) です。
現在ガラケーはどれを選んでもあまり差がないので、完全にムスメの趣味の色とデザインで選んでいます。あと2,3年も経つと、Androidベースのガラケーに置き換わってゆくんじゃないかと思いますが、今買えるのはiPhone 3G登場のタイミングから進化が止まったようなものばかりです。


5D321226

キーのイルミ色は変更できないんですね。気に病むことはない、それはFの特権か…?


自分は2007年頃にN902iという機種を使っていましたが、使用感は N-01G もほとんど変わりません。キーが防水になってストロークが浅くなって、打ち心地悪いなぁ、というくらい。母音だけを入力して推測変換するT9入力とか懐かしすぎます。

それと、NECと言えばカチャッと言う小気味よい開閉音を作りこんでいることで有名でしたが、N-01G ではそういう拘りは感じられませんでした。


5D321228

オプションとしてMicroSDカードとUSB充電ケーブルを買いました。充電が普通のものではなくUSBなのは、家の充電場所がANKER USB 急速充電器に集約されているためです。


5D321229

バッテリー室にあるMicroSDカードスロットは、初めて見るタイプでした。フタ側にカードをセットするのに気が付かなくて、端子側にカードを置いて、フタをグイグイ押して「入らないなぁ」としばし悩んでしまいました。もう少しで壊すところだったです(笑

月額料金ですが、今までのキッズケータイのタイプシンプル・バリュー(月額802円)はそのままで、そこにiモード(月額324円)を加えた毎月千円ちょっとといったところです。あとdocomoを使っている家族以外(私のau iPhoneなど)への通話料は別途かかります。

基本プランはタイプシンプル・バリューではなく、無料通話分1,000円が付属するタイプSSバリュー(月額1,008円)の方が良かったかも知れませんが、そこは使用状況を見て切り替えたいと思います。iモードはキッズ向けフィルタ付+夜間アクセス制限タイプを選びました。夜間アクセス制限されててもiモードメールは使えます。

なお購入はdocomo online shopから。待ち時間が長く、面倒なやりとりの多いリアル店舗は、機種変ごときでの利用はもう考えられないです。

--
Anker 40W 5ポート USB急速充電器 ACアダプタ PowerIQ搭載 iPhone6/iPhone5C/5S/5/4S/4/iPod/iPad/Xperia/GALAXY/ウォークマン等対応 【PowerIQ搭載】 71AN7105SS-WJA(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
…とは言ってもiPhoneのキャリアがどうの、という話ではなく、4月下旬に導入して父に持たせていたらくらくホンを解約しました。3ヶ月経ってないですね。もちろん「2年縛り」の違約金が約1万円発生しますが、それを承知で契約したので仕方ないでしょう。

docomo_kaiyaku

と書くと、何か父の病状が悪化したように見えるかもしれませんが、そうではなく、単に父にはやっぱりケータイが必要なかったということです。いや、必要なかったというのも語弊があるかもしれません。ファミリー通話無料の範囲であちこちに電話する父は楽しかったのかも知れませんが、70歳で初めてケータイと持つ父に、使い方だけ教えてマナーを教えなかった私のミスです。

せめてハードウエアが生きていれば古くなってきた母のらくらくホンと交換しても良かったんですが、あいにく数ピースになってしまったようで。

--
マンガでわかる!社会人1年生のビジネスマナー(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
auが一部ユーザー向けに、機種変10,800円引きクーポンを配布しているようだ。
クーポンは特にiPhone限定というわけではないようだが、使用期限が8/3までなので、WWDC(日本時間6/3未明)でiPhone 6が発表されるかどうかは意識せざるを得ない。

また、docomo の現行料金での契約が8月いっぱいで終了とか、auのテザリングオプション(2年間無料)は機種変しても延長されない(最初に対象機器を買ってから2年間のまま)ゆえ、iPhone 5を発売日に買った人は今年の秋からテザリング料金540円(税込み)がかかりますよ、とか、docomoはテザリング料金込みですよ、とか、料金最適化には考えなければならない要素は多い。

ここでいま一度、悪名高いdocomoの新料金は我が家では本当にダメなのか、検証してみる。

■docomo現行料金(ツマの分) ※1
基本料802円+SPモード324円+パケット定額5,616円=6,742円(通話料別途)

■au現行料金(私の分) ※2
基本料934円+LTE NET324円+パケット定額5,616円=6,948円(通話料別途)

■docomo + au(ツマ+私の合計額) ※1+※2
6,742 + 6,948 = 13,240円(通話料別途)
秋以降はauのテザリング無料がなくなるので、+540円で、13,780円(通話料別途)


これをdocomoの新料金に統合したとすると、

■docomo新料金
基本料2,916円x2+SPモード324円x2+シェアパック10(15年以上) 9,180円+シェアオプション540円=16,200円(通話料込み)

うーん、2,500円〜3,000円高いか。でも2人の音声通話額の合計なら、2,500円〜3,000円は行っちゃうこともあるかな…。

ここに、母が使っているiPadを考慮に入れてみる。

■au iPad 料金 ※3
これがまだ契約したばかりでフルの請求書が来ていないので、実際のところの確認が取れない。たぶん4,000〜4,200円くらいのはず。


■docomo + au(ツマ+私+母のiPadの合計額) ※1+※2+※3
6,742 + 6,948 + 4,000 = 17,240円(通話料別途)

これをdocomoに統合したとすると(通信量は3人で10GBで充分なので)


docomo_new2014


■docomo新料金(iPhone 2台+iPad)
基本料(2,916円x2+1,836円)+SPモード324円x3+シェアパック10(15年以上)9,180円+シェアオプション540円x2=18,900円(通話料込み)

うーん、iPadまで取り込んでもdocomoの新料金プランでは明確なメリット出せず、か…。

このページのトップヘ