クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DSC06129

一部クラスタで阿鼻叫喚となったEye-fi Pro X2のサーバーが運用終了の件だが、では代替手段はどうするのかと本格的に検討してみた。選択肢は以下の5つ。

1. カメラ内蔵のWi-Fiを使う。
秋に出るであろうEOS 5D Mark IVはおそらくWi-Fi内蔵になるのだろうが、どうもEOSのWi-Fi接続はパソコン側でアプリを起動して取りに行く必要がある「プル型」のようだ。「半プル型」とでも言うべきか。できればカード側から勝手に転送される「プッシュ型」がいいのだが…。

2. TOSHIBA FlashAirを買う。
これもプル型。WebDAVサーバーがカードに内蔵されているらしい。プル型ゆえ却下。

3. Eyefi mobiカードを買う。
基本的にはPush型のはずなのだが、PC側のWi-Fiを都度切り替える必要があるので不完全なPush型。微妙。転送中はパソコンでネットが使えない。

4. Eyefi mobi PROカードを買う。
自宅のWi-Fiルータに接続可能なので、パソコンさえ立ち上がっていればPCに自動転送されたり、転送中もPCでネットが使える点はいい。年間5千円かかるクラウドサービスはPC転送時は必須ではない模様。パソコンと非同期で通信できるEye-Fi Pro X2ほどではないが、かなりプッシュ型に近い。

5. Eye-Fi Pro X2のダイレクト接続モードを使う
実はEye-Fi Pro X2はサーバーサービス終了前に設定しておくことで、ダイレクト接続モードを使い続けることができる。しかし何らかの事情(何となく調子が悪いなど)で必要になった場合でも再設定は行えずにそれまでとなる。ダイレクト接続モード時の使い勝手はEyefi mobiと同じはずなので、これでよければわざわざEyefi mobiカードを買う必要はない。


こう並べてみると、一番コストがかかるEyfi mobi PROがいいなぁ…ということになるのだが、残念なことに現在Eye-fi製品群は販売終了していたり、価格が高騰していたりする。このまま新製品が出なければEyefi社終了ということになるが、フォトキナの前に新製品が出るのだろうか。


ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 8GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版)(Amazon)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ようやくsd Quattroの現物を拝めました。
CP+ 2016 は長期出張で参加できなかったので、今まで目にする機会がなかったんですね。SIGMAのイベントにも参加しなかったので。

写真はご自由にお撮りください、というスタンスのヨドバシ店頭で撮影。

IMG_8207

初見の印象ですが、「でけぇ!」(笑。
dp Quattroの中身をこの形状に入れ直したと言うことなんでしょうけど、放熱を優先させたのか、かなり無理のない作りになっているように感じました。

もっとも、このカメラを求める方はレンズ交換式のFoveonカメラに用があるのであって、多少大きくたって唯一無二の性能の前にさほど関係ないはず。それで変に小型化を頑張っちゃって値段が高くなるよりは、8万円というバーゲンプライスに歓喜できた方が良いでしょう。

にしても、電源スイッチ探しましたよ(笑。どこまで変態の名を欲しいままにすれば気が済むんですか。


IMG_8208

全体的なボリュームに目が慣れてしまえば(うそ、慣れません)、割と理路整然とした背面。液晶右側のシャッター速度表示などがカッコイイです。ちょっと変わったデバイス使ってるみたいですけど、明るいところでも見やすいものなんでしょうか。

ファインダーの出っ張り具合も実に構えやすい。カバンへの収納性?いいんだよこれに限ってそんなのは。

いやー現物見ると欲しくなっちゃいますねー。EF、Eとトリプルマウントを維持できる気はしませんが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ:」

本日世間を騒がせたこの告知、なぜか私のところには英語版が数日前に来ていたのだが、英語版をさらっと読んだだけではここまで深刻な話だとは理解できなかった。(←読解力弱め)

この方針の問題点は、2016年9月16日でEye-Fi Pro X2を含むそれ以前の製品が、サポート終了になるのではなく、使えなくなる点にある。

もう3年経つ製品だから退役しても良いでしょう?という物わかりのいい意見も目にした。が、私の感覚とはちょっと違う。私だったら製品が使えなくなるのはせいぜい最低5〜6年が許容レベルだ。それでも早いと思うかも知れない。

しかしどうやらEye-Fiが世代交代を急ぐのは、どうやらセキュリティ上の脆弱性に起因しているように見える。それが事実だとすれば、理解はできるものの、Eye-Fiのようなベンチャーの限界も見えてくる。腹立たしさと言うより、情けなさが先に立つ。


DSC06129

私の手元にはEye-Fi X2カードが3枚あり、それぞれEOS 5D3、α6000、PowerShot S100に装填されている。α6000はWi-Fi内蔵なのでEye-Fiでなくても良いし、S100は使用頻度が下がっているのでまぁ許せる。問題は5D3である。使用頻度が高い上に、夏の終わりに発表されるであろうEOS 5D4にWi-Fiが搭載されるかは未知数だし、そもそも資金繰りが厳しくすぐ買えるとは限らない。いやそれ以前に5D4が欲しいと思えるかどうかすら不明だ。

となると、5D3用にEye-Fi Mobiを最低でも1枚買わなければならない。Mobiはクラウド経由での同期は有料(年間5千円)になったが1年間は無償で使えるようなので、繋ぎで1枚買うかどうか悩んでいる。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
久しぶりにサーキュラーPLを使ったところ、ちょっと失敗してしまいました。

5D320830_1

どうも防湿庫で保管していたサーキュラーPLフィルターに、うっすら何らかの膜が張っていたようで、撮っていたカットがすべて低コントラストに。

5D320729

こんな感じです。

逆光気味に撮影していたのでフレアかなぁ…と思っていたんですが、どうにもオカシイのでその場でスマホで調べてみたところ、「表面が薄い白っぽい膜が張ったようににごります。クロスで拭けば簡単にとれ、元の表面に戻ります。」という症状報告がカカクコム掲示板に。試しに拭いてみたところ、確かに曇りが取れました。でも今まで撮ったカットが全部ダメカットになってしまったのは残念。Photoshopの「かすみの除去」フィルターでも失われた階調が帰ってくるわけではないですからねぇ。

なおケンコートキナ社では、PLフィルターには寿命があることを公表しています。私のサーキュラーPLは購入後10年経ちますが、ケンコートキナ社が示すような黄変はしていませんが、何となく以前より効果が弱くなっていきているような気がします。

--
Kenko PLフィルター サーキュラーPL 67mm コントラスト上昇・反射除去用 367117(Amazon)
Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン(Photoshop+Lightroom) 12か月版 Windows/Mac対応 [オンラインコード](Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
実家から「江戸崎かぼちゃ」が届きました。ありがとうございます。(←母が読者なので)
茨城県の旧「稲敷市江戸崎町」のあたりで作られるかぼちゃで、近年急激にブランド化してしまい、地元では高嶺の花になってしまったものです。私が子供の頃は普通に食べていた気がするのですが、最近は高級品扱い。そういう意味では近隣である千葉県の落花生とポジショニングが似ているかも知れません。

でも形が悪いものとかは時々地元で比較的安価に手に入ります。ただ出回る個数が少ないので、時々帰省したときに出会える確率は高くはありません。


晴天番長 SIGMA DP2 Merrill

母が送ってくれたものも「形が悪い」というものらしいのですが、うーん、そんなに悪いですかね?(笑 まぁ少しいびつな感じはしますが…どうやら形状の検査規格がかなり厳格らしいです。何より、食べては何ら問題なく、しっとりとした栗のような味のする、美味しいかぼちゃです。但し完熟状態で出荷されているため、賞味期限が普通のかぼちゃと比べて短いです。



SIGMA DP2 Merrill

同梱されていた煮付けの作り方メモ。作り方と言っておきながら醤油と砂糖は言わなくても分かるでしょう的な感じがとても良いです(笑。


PREMIUM Fresh Market 茨城産 江戸崎かぼちゃ 2玉 化粧箱入れ(Amazon)

このページのトップヘ