クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
光りましたね、普通に。

5D4A2845

<組み合わせた機器>
・DP2 Merrill
・Canon スピードライト 600EX-RT
・UN-7411
・エツミPCコード

4年前にダメだった旨のエントリを書きましたが、DPのメニュー側からONできなくても、無視してシャッター切れば光りました。なぜ試さなかった、3年前のオレ…。しかしなぜUN-7411アダプタで1つのピンしか接触していないのに光るのか、回路上の動作原理は謎のままです。

ただ、TTL調光は効かないので、ストロボ(スピードライト)側で様子を見ながら発光量の設定を変える必要があります。

いやぁ、DPでストロボ焚いた写真って撮ったことなかったので、新鮮(笑。

UN ホットシュー アダプター UN-7411(Amazon)
ETSUMI PCコード 1.5m 両端オス/オス仕様 E-6368(Amazon)
Canon スピードライト 600EX II-RT(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1年近く咲き続けるという「フォーシーズンズ」というマーガレットが売っていったので、買い求めて玄関先に植えてみました。撮影は晴れていたのでDP3 Merrill。






現像ソフトであるSIGMA Photo ProはVer.5とVer.6.5を両方使っていて、Merrillでは大抵のケースでは5の方が良い結果が出るのですが、今回は6.5がいい感じでした。


SIGMA デジタルカメラ DP3Merrill 4,600万画素 FoveonX3ダイレクトイメージセンサー(APS-C)搭載(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
CP+のレポのパート3です。これで最後です。


5D4A2001

キヤノン EOS 9000D。EOS Kissが上位と同じ操作性だったらなぁ…という期待に応えるモデル。後述しますが、Bluetooth low energyの常時接続対応なのが超絶羨ましい。

UIに工夫を入れて、絞り操作を「ぼかす/くっきり」としたり、シャッター速度を「流す/止める」とした表記で設定ができるモードがありますが、これらの設定は「絞り」「シャッター」というカメラに古来からある物理機構を操作するものであって、このクラスでこの表記を必要とするユーザー層が求めるのはそこじゃないんじゃないかなぁと思います。具体的には「目を大きく」とか「あごを細く」とか「身体を細く」とか、そういった設定が出てこないことにはスマホの向こう側はともかく、スマホと戦えないだろうなぁと言う気はします。(そこを補完するためのBluetooth low energy対応だとは思いますが。)


5D4A2050

PowerShot G9X Mark II。前述のBluetooth low energyの常時接続対応で、スマホへの転送時にわざわざスマホを操作してカメラのWi-Fiに接続する手間が省ける仕組みを導入しています。具体的には普段はスマホとBluetooth low energyで繋がっていて、画像転送時など必要に応じてスマホ側含めてWiFi接続が勝手に行われるというものです。これ、EOS 5D Mark IVに欲しかったなぁ。


5D4A2057

イタリアを代表するmanfrottoの、英国調ウインザーコレクション。イタリアンデザインの矜持はどこ行った!というモデルですが、すごく触り心地のいいバッグでした。ちょっとクッションが薄い気がしますし、PCコンパートメントに入れたパソコンとカメラの干渉が気になりますが、これいいなぁ。春になるとカバンが(ry


5D4A2026

EPSONの展示より。「加工とプリントで広がる多様性」とのことですが、プリントより加工技術、いわゆる「コンじる(=Photoshopの”コンテンツに応じる”機能)」が凄くないですかこれ。よくもまぁここまで余計な人間を消せるものですね。


5D4A1851

SLIKのブースより。ついにSLIKからポラリエが!
赤道儀に見えますが、実際は赤道儀+タイムラプスのパンニング用に最適な速度調節機構も付いています。ポラリエが3万円台中盤なので、これは4万円以上しそうだなぁ。


5D4A2063

待ってました!第4世代FlashAir!
Eye-Fiの知的財産が譲渡されてから初めて設計されたFlashAirで、簡単に言えば従来のFlashAirの使い方と、Eye-Fiの使い方がこれ1枚でできる夢のようなカードです。


5D4A2060

FlashAirにはいままで「転送中にカメラの電源が切れてしまう」という問題がありましたが、Eye-Fiを内蔵することでカメラのEye-Fi設定が有効になり、Eye-Fi対応カメラであれば転送中は電源が切れることがなくなるそうです。


5D4A2059

転送も従来のFlashAir的な「PULL型」と、従来のEye-Fi的な「PUSH型」の両方の使い方ができます。パソコン側で使うアプリによってPULL型になるのかPUSH型になるのかが変化します。これ出たら絶対買おう。


さて最後に全体を通してですが、当初「見るところないなぁ」という第一印象を持ちましたが、いやいや、結構つぶさに見ると見所はそれなりにありました。いつまでこの調子で開催できるのか一抹の不安はありますが、来年も開催されることを期待します。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今日は本当は仕事が入ってCP+には行く予定はなかったのですが、仕事がキャンセルになったようなので(ようなので、というのは、連絡がなかったから(;´Д`))午後の遅い時間帯にまたもやパシフィコ横浜に行ってみました。「エビ中松野莉奈さんお別れの会」に行かれる方の人数がすごかったですね…。

以下に掲載する写真は今日撮影したものと、初日の木曜日に撮影したものが混じっています。


5D4A2130

さて到着後すぐ始まったサイカ先生のオンステージ。初日の反省を踏まえ細かくプレゼンの内容がバージョンアップされています。


5D4A2154

ストレージの話でここまで人が集まるというのはスゴイと思います。しかも隣のAdobeブースにAKBが来ているのに!
サイカ先生の出番は今日まででした。お疲れ様でした。


5D4A1982

スゴイといえば、浅岡省一さんが登壇されたフジのステージが大きくて驚きました。あいにく時間が合わず見られなかったのですが…。


5D4A1879

Bさん、ご存じでしたか。オリンパスブースで上映されているサイカ先生制作のデモ映像において、ビールグラスの向こうにBさんが映っていることを…(首から下ですが)。


5D4A1834

SIGMAブースより。そういえばSIGMAって、いつから展示物が和英併記でしたっけ。偉いなぁと思います。でも和英併記しないと、外国の方が来ないですよね。


5D4A2040

SIGMAブースではセンサークリーニングも無料にて実施していたのですが、初日木曜日は受付枠に余裕がありました。なおあまり知られていないような気もしますが、キヤノンもブース裏の方で同じようにセンサークリーニングをやっています。


5D4A1872

コシナからフォクトレンダーブランドで間もなく出そうな、MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical E-mount がありました。ショーケースの中にもありますが、カウンターで見たいというと触れるものを出してくれます。


5D4A2008

それを試写するBさん。いや、何アイコン撮ってるんですか。


5D4A2015

マルミ光機から間もなく出そうな、「EXUS Lens Protect SOLID」の鉄ハンマーデモ。どうしてこんなフィルターが作れるかというと、ゴリラガラス+コーティング技術なのだそうです。ゴリラガラスは分かりますが、コーティングって鉄ハンマーに効くんですかねぇ。


5D4A2178

会場外のデイリーヤマザキ近くのインプレス売店で、書籍がALL 10%OFFだったので、そういえば買っていなかったと思い出したこの本を買いました。

続きます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今年は2年ぶりにCP+ 2017に行くことができました。

5D4A1816

横浜市の林文子市長は代理の方にお任せしたようです。


5D4A1829

キヤノンブースに能年ちゃんが来ていないことを確認すると(←来ません)シグマブースへ。山木社長いつも安定のジェントルです。


5D4A1828

SIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM。
キヤノン純正の24-70 F2.8L が手ブレ補正なしなので、気になりますよね。
スペックを考えるとかなりコンパクトですが、EOS 1D Xとの組み合わせにおいては、しばらくこの組み合わせを持った後、自分の5D Mark IV + EF 24-70 F4/L がEOS KISSのように感じられたことを申し添えておきます(;´Д`)
マスコミ以外、展示機のレンズを外すことはできません。


5D4A1841

5D4A1842

Peak Design(ピークデザイン)のエブリデイバックパックです。私の周囲のクラスタでも注目している人が多く、今年の春以降に潤沢に出荷されるようなので、かつてのThinkTank Photo アーバンディスガイズのように撮影現場でバッティングすることが多くなるでしょう(;´Д`)でもタカイナー。


5D4A1980

5D4A1978

中判ミラーレスFUJI GFX 50Sです。タッチアンドトライコーナーは40〜70分待ち。土日に観たい方は、開場ダッシュが良いと思います。本体はコンパクトですが、レンズは物理法則に逆らえない感じなのはソニーのフルサイズミラーレスと同じですね。


5D4A2021

Nikon D5の100周年記念モデル。D500の100周年記念モデルもありました。
ただ、近くに立っている説明員が、普通のモデルと何が違うのかを説明できないというのはマズイと思いますよニコンさん。


5D4A1853

G-TechnologyかSandiskのFBで「いいね」している画面を見せると、メモリカードケースが貰えます。(銀か赤かは選べません)


5D4A1953

そのG-Technologyのブースでは…。

続きます。

このページのトップヘ