クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
α6000で使っていたEye-Fi X2 4GBを使用中止にし、Sandiskの16GBにしました。実は何度となく出先でメモリフルになってしまうことがあり、さすがに4GBでは足りないなぁと思った次第。α6000はWi-Fiを内蔵しているし、日本では現在、大容量のEye-Fi Cardは売る気ないみたいだし、まぁEye-Fiじゃなくてもいいかと。

5D321508

SandiskのSDの16GBって何種類かありますが、国内正規品の中で比較的安めの「Ultra」を選択。ただ、Amazonで売っている「Ultra」は製品保証が30日なのに対して、国内の電気店で一般的に売っているちょっと上位の?「Ultra PLUS」は無期限保証な上、防水、対温度、耐衝撃、対X線を明確に謳っています。


5D321506

速度もUltraより2割ほど速く、価格差も納得の範囲内だったので、より安心感の高いUltra PLUSを選びました。

ちなみにEye-Fi X2 カードと速度を測ってみましたが、

Eye-Fi X2 4GB … Write 9MB/sec、Read 18MB/sec
Ultra PLUS 16GB … Write 39MB/sec、Read 44MB/sec


Writeが4倍強、Readが2倍強速いですね。
α6000での連写時のバッファ解放もかなり速くなりました。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
サンディスク SDSDUM-016G-J01 SDHCカード 16GB


一方で、α6000からのワイヤレス取り込み時に使うソニー製アプリ「ワイヤレス自動取り込み」ですが、いつの間にかEl Capitanに対応していたのでアップデート。macOS Sierra が出そうなタイミングではありますが…(←気がつくのが遅い)


5D321520

ただ、「ワイヤレス自動取り込み」って、取り込み先のフォルダを機種別に分けることってできないんですよね。これについてはEye-Fi X2の救済措置アプリも同じで、どっちにしても複数の機種の写真が同じフォルダに入ってしまうと言う…。まぁその方がいいって言う方もいるでしょうけど、私は不便に感じますね。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
アビタックス(ABITAX)1625 Adjustable Straps ハンドストラップS




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
38

2016年9月16日にサービス停止が予告されていたEye-Fi X2カードに対する、Eye-Fi社純正の救済措置ソフト「Eye-Fi X2 Utility For Mac」を試してみました。

ダウンロードはこちらから:
Download Eye-Fi X2 Utility For Mac

現時点ではMac用しかありませんが、追ってWindows版も出るようです。
クラウドサーバーを使わないのが特徴で、つまり非同期の通信は出来ません。転送する際はMacおよびカメラとも電源が入っている必要があります。両方の電源が入っていさえすれば、転送自体は自動的に行われます。また、Wi-Fiルーター経由での通信も可能で、転送中にMac側でインターネットアクセスも使えます。

Macの電源が入っていない場合は、カメラ側は通信リトライを繰り返したあとカメラ側の設定に従ってスリープします。Mac側の電源が入っていないことが多い場合、通信リトライを繰り返す分だけカメラの電池消耗が早いかも知れません。また従来、転送された写真にはWi-Fi情報をベースにしたジオタグが付いていましたが、それはEye-Fiクラウドサーバー側で付加していたので、今回はさすがに付いていなさそうに見えます。

非同期通信こそできなくなりましたが、救済措置としてはまぁまぁの出来ではないでしょうか。少なくとも現在の各社のカメラ内蔵のWi-Fiアダプタよりは自動で転送が始まるぶん、使いやすいように思います。

(2016年8月16日 追記)複数のEye-Fiカードを使用した場合に、カード別に別のフォルダに保存するということができなくなっているようです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DSC06129

一部クラスタで阿鼻叫喚となったEye-fi Pro X2のサーバーが運用終了の件だが、では代替手段はどうするのかと本格的に検討してみた。選択肢は以下の5つ。

1. カメラ内蔵のWi-Fiを使う。
秋に出るであろうEOS 5D Mark IVはおそらくWi-Fi内蔵になるのだろうが、どうもEOSのWi-Fi接続はパソコン側でアプリを起動して取りに行く必要がある「プル型」のようだ。「半プル型」とでも言うべきか。できればカード側から勝手に転送される「プッシュ型」がいいのだが…。

2. TOSHIBA FlashAirを買う。
これもプル型。WebDAVサーバーがカードに内蔵されているらしい。プル型ゆえ却下。

3. Eyefi mobiカードを買う。
基本的にはPush型のはずなのだが、PC側のWi-Fiを都度切り替える必要があるので不完全なPush型。微妙。転送中はパソコンでネットが使えない。

4. Eyefi mobi PROカードを買う。
自宅のWi-Fiルータに接続可能なので、パソコンさえ立ち上がっていればPCに自動転送されたり、転送中もPCでネットが使える点はいい。年間5千円かかるクラウドサービスはPC転送時は必須ではない模様。パソコンと非同期で通信できるEye-Fi Pro X2ほどではないが、かなりプッシュ型に近い。

5. Eye-Fi Pro X2のダイレクト接続モードを使う
実はEye-Fi Pro X2はサーバーサービス終了前に設定しておくことで、ダイレクト接続モードを使い続けることができる。しかし何らかの事情(何となく調子が悪いなど)で必要になった場合でも再設定は行えずにそれまでとなる。ダイレクト接続モード時の使い勝手はEyefi mobiと同じはずなので、これでよければわざわざEyefi mobiカードを買う必要はない。


こう並べてみると、一番コストがかかるEyfi mobi PROがいいなぁ…ということになるのだが、残念なことに現在Eye-fi製品群は販売終了していたり、価格が高騰していたりする。このまま新製品が出なければEyefi社終了ということになるが、フォトキナの前に新製品が出るのだろうか。


ワイヤレスSDHCカード Eyefi Mobi (アイファイ モビ) 8GB Class10 WiFi内蔵 (最新パッケージ版)(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ようやくsd Quattroの現物を拝めました。
CP+ 2016 は長期出張で参加できなかったので、今まで目にする機会がなかったんですね。SIGMAのイベントにも参加しなかったので。

写真はご自由にお撮りください、というスタンスのヨドバシ店頭で撮影。

IMG_8207

初見の印象ですが、「でけぇ!」(笑。
dp Quattroの中身をこの形状に入れ直したと言うことなんでしょうけど、放熱を優先させたのか、かなり無理のない作りになっているように感じました。

もっとも、このカメラを求める方はレンズ交換式のFoveonカメラに用があるのであって、多少大きくたって唯一無二の性能の前にさほど関係ないはず。それで変に小型化を頑張っちゃって値段が高くなるよりは、8万円というバーゲンプライスに歓喜できた方が良いでしょう。

にしても、電源スイッチ探しましたよ(笑。どこまで変態の名を欲しいままにすれば気が済むんですか。


IMG_8208

全体的なボリュームに目が慣れてしまえば(うそ、慣れません)、割と理路整然とした背面。液晶右側のシャッター速度表示などがカッコイイです。ちょっと変わったデバイス使ってるみたいですけど、明るいところでも見やすいものなんでしょうか。

ファインダーの出っ張り具合も実に構えやすい。カバンへの収納性?いいんだよこれに限ってそんなのは。

いやー現物見ると欲しくなっちゃいますねー。EF、Eとトリプルマウントを維持できる気はしませんが。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
「Eye-Fi X2 およびそれ以前の世代の製品をご利用のお客様へ:」

本日世間を騒がせたこの告知、なぜか私のところには英語版が数日前に来ていたのだが、英語版をさらっと読んだだけではここまで深刻な話だとは理解できなかった。(←読解力弱め)

この方針の問題点は、2016年9月16日でEye-Fi Pro X2を含むそれ以前の製品が、サポート終了になるのではなく、使えなくなる点にある。

もう3年経つ製品だから退役しても良いでしょう?という物わかりのいい意見も目にした。が、私の感覚とはちょっと違う。私だったら製品が使えなくなるのはせいぜい最低5〜6年が許容レベルだ。それでも早いと思うかも知れない。

しかしどうやらEye-Fiが世代交代を急ぐのは、どうやらセキュリティ上の脆弱性に起因しているように見える。それが事実だとすれば、理解はできるものの、Eye-Fiのようなベンチャーの限界も見えてくる。腹立たしさと言うより、情けなさが先に立つ。


DSC06129

私の手元にはEye-Fi X2カードが3枚あり、それぞれEOS 5D3、α6000、PowerShot S100に装填されている。α6000はWi-Fi内蔵なのでEye-Fiでなくても良いし、S100は使用頻度が下がっているのでまぁ許せる。問題は5D3である。使用頻度が高い上に、夏の終わりに発表されるであろうEOS 5D4にWi-Fiが搭載されるかは未知数だし、そもそも資金繰りが厳しくすぐ買えるとは限らない。いやそれ以前に5D4が欲しいと思えるかどうかすら不明だ。

となると、5D3用にEye-Fi Mobiを最低でも1枚買わなければならない。Mobiはクラウド経由での同期は有料(年間5千円)になったが1年間は無償で使えるようなので、繋ぎで1枚買うかどうか悩んでいる。




このページのトップヘ