クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
キヤノンギャラリー銀座で開催中の竹沢うるま氏の EOS 6D Mark II 特別企画展を観てきました。


5D4A5483

その作品は、EOS 6D Mark IIのカタログや、特設サイトでも観ることできますが、結論から言えば巷で言われているような性能のひどさは感じなかったですね。特にプリントの展示だと暗部階調の豊かさすら感じられます。

竹沢うるま氏ご本人も在廊されていましたが、これらの6D Mark IIの作品群の撮影はRAWで行ったものの、現像はほぼストレートのこと。入口入って正面の大きな女性の写真がEF 40mm F2.8 STMで撮影されたものというのがある意味痛快ですね。

なお残念ながら日曜は休館日なので、銀座ギャラリーに行かれる方はもう平日しかチャンスがありません。このあとは名古屋、大阪、札幌を巡回されるようです。


5D4A5485

ギャラリー裏手(いや、こっちがオモテか)にはショールームがあり、早速6D2を弄れました。ファインダーを覗いた瞬間に違和感を覚えたのですが、ファインダー下部の数値表示が緑色ではなく白色になったんですね。

全体の質感はフルサイズになった80Dと言うべきか、5D以上とはやはりちょっと違います。DIGICも最新のDIGIC 7を積んではいますが、液晶の出画が5D4と比較するとワンテンポ遅いですね。メニューボタンを押してから表示されるまでとか、撮影してからプレビュー表示されるまでとか、5D4と比べると「あれっ」というテンポです。ここは意外でした。

EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM というレンズも初めて触ったのですが、STMらしく速度はそこそこ。音は小さく動画との親和性は良さそうです。


5D4A5488

5D4との価格差はいま13万円くらいでしょうか。5D4と比較検討されている方も多いと思いますが、ジョイスティックに代わるマルチコントローラーの操作感とか、筐体全体の質感、剛性感、CFカード対応、画質の差異、視野率100%などに差額の価値を見いだせるかですね。

バリアングル液晶の有無やWiFiの親和性、Bluetooth LE対応などは6D2の方が勝っている部分もありますが、既に5D4を購入された方が「ちょっと早まったかなぁ?」と後悔することはないでしょう。

逆に7D2との比較では悩ましいですね。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
FlashAir W-04に対応したKeenaiアプリ Ver3.0.5がリリースされました。
サポートからは「既にFlashAir W-04には対応済みです」と先月回答をもらっていますが、どういうことなんですかね!?

44

まぁいいや、これで動作が安定してくれればと、
早速試してみましたが…。





何が変わったのでしょうか?
相変わらずウンともスンとも言いません。Macでは。

まぁ2chによると「撮影中の画像を転送してしまって下半分グレー色の写真が転送された」とか「カメラ電源が切れない」とか報告されていて、W-04側も今のままではいけない感じですね。何かファームウエアの改良がないと。ライバルメーカーのEyeFiってすごい会社だったんだねと今さらのように認識しました。

それよか「THETA Sをサポート」と書いてあるのも気になります。
Keenaiの公式WebにもMac版KeenaiアプリにおけるTHETA Sについて何も記載がないし、何をどうやって設定していいのか全く不明です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
この暑いのにヒーターの話です。ι(´Д`υ)アツィー

天体撮影していると、冬でも夏でも条件次第でレンズ曇りますよね。今まで誤魔化しながら撮ってきましたが、いよいよレンズヒーターを買ってみました。

DSC08353

ビクセンさんからもちゃんとしたのが出ていますが、ちょっとお高いのと、USBケーブルが短いので、PROTAGEという会社のものを買ってみました(写真のUSBバッテリーは別売です)。ビクセンさんの半額です。このメーカー、なんかロゴマークが往年のIt's a Sonyっぽくないですか?


DSC08352

消費電流を測ってみたところ、概ね1Aくらい。仕様通りです。メーカー公称値では10,000mAhのバッテリーを使って5〜10時間(気温による)持続するとのことで、私は手元で持て余していたANKERの13,000mAhのバッテリーを使う予定です。

この巨大なバッテリー、父が入院していたときに「携帯使用可能、但し充電は不可」というレギュレーションをクリアするために2本購入したもので、1本でガラケーを概ね1週間程度使うための電源とする予定でした。しかし父に携帯電話を持たせた直後にちょっとした行き違いがあり父が携帯電話を真っ二つにしてしまったために、この13,000mAhのバッテリー2本が残ってしまったという。いかんせん重すぎて普段持ち歩くのには躊躇するサイズなので、今回のような活用の機会ができて良かったです。

なおヒーターの温度ですが、体感で45〜50℃くらいの印象でした。想像していたよりしっかり熱が出ています。


DSC08345

こんな感じでレンズに巻けばいいんでしょうか。もう少し先端を攻めた方がいいんでしょうか。でもこれ以上攻めるとなると樹脂のフードに巻かなければならないので、レンズが温まらないような。

実戦投入の機会を窺っているんですが、最近なかなか夜晴れないですねぇ。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
天体観測に必須の天気情報サイト「GPV」の有料バージョン、「SCW」がリリースされていました。

32

スマホにも対応する高機能版・高精度版で、目標の星をピンポイントで撮影したい場合などに役立ちそうです。

08

ただ、天の川のように広い範囲で撮影するとなると、数十キロ範囲の雲の状態が問題になるので、そこまでメッシュが細かくなくても良いようには思います。

有料版は初月無料だったので少し使ってみましたが、確かにすごい。すごいんですが、ここまでは要らんかな、と思いました(笑。 (ああ、今夜も雲だらけですね…だめだこりゃ…)

でもサービス継続してもらわないと困るので、ATOK同様、お布施は必要かな…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
期待していたFlashAir W-04がKeenaiアプリから対応しているんだかいないんだかよく分からない出来で、自分の望む仕様も実装されていないようなので、お蔵入りさせています。

しかしながらその試行の過程で、KeenaiアプリはEye-Fi Pro X2には対応していませんが、Eye-Fi mobiには対応していることが分かったのと、Keenaiアプリは必ずしも有料契約をしなくても使えるということが判明したので、Eye-Fi mobi PROを買いました。

X2もまだ使えますが、肝心の転送アプリの配布が終わってしまったので、OSのアップデートなどでそれが使えなくなってからmobiを探してもその頃には手に入らない可能性もありますので、予め手に入れておこうという寸法です。幸い、Keenaiの方はまだRICOHの手によって当面継続されそうですし。


5D4A5008

日本では妥当な値段では手に入りませんでしたので、北米のAmazonから輸入です。


5D4A5009

アクティベーションコードが書かれたカードが附属しますが、それを入力しなくてもKeenaiアプリにカードを認識させるだけで勝手にアクティベーションコードがKeenaiアプリに入力されました。


5D4A5011

輸入のWi-Fi機器ってもちろんアレ気になりますよね。そう、技適マーク。
ちゃんと付いています。

セットアップがEye-Fi X2の時代と比べてかなり自動化されていて簡単でした。また、「PRO」ですので、自宅のWiFiルーター経由でも取り込みが可能です。(Keenaiクラウドを契約していると、完全に非同期でパソコンの電源が入っていなくても転送ができます。)

パソコンのWi-FiがONだと、mobi PROで撮影するとパソコン側のWi-Fi設定が一時的に勝手に切り替わり、転送が完了すると元の接続に戻ります。つまり、転送中はネットに繋ぐことができません。しかし有線LANを使用していてWi-FiがOFFの場合、mobi PROは予め設定したWi-Fiアクセスポイントに繋ぎに行きます。なかなか賢い仕様ですが、個人的にはPCと直接通信するモードはOFFできるとよかったかなと思います。とりあえず普段はMacのWi-Fiを切っているので、我が家では実質的にWi-Fiルータ経由での通信ということになります。

SDカード自体の速度はPro X2の頃とあまり変わらず、R/Wとも17MB/secくらいです。SDスピードクラスは10を謳っています。FlashAir W-04だと3倍速いUHS Speed Class3に対応しているのですけどね。

このページのトップヘ