クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
CP+2018レポの続きです。

「ブ写会」を通じて親しくさせて頂いているアートディレクターの菊池美範さんが商品化に背中を押したという「カメラスリング」の開発者で、Sakura Sling project代表の杉山さくらさんと初めてお会いしました。カメラスリングはいつも菊池さんが愛用していて、私の中ではカメラスリング=菊池さんなのですが(笑、女性用のスリングを近くで見るのは初めてです。





家電女子もより女子らしく!←




駄洒落教授もよりシックに!←←




スリングとして使わないときは、カメラのおくるみとして使えます。
ホコリ、静電気にも気を遣ってる素材なのだそうです。




いや、スリングもさることながら、杉山さくらさんのイヤリングが気になって仕方ないですね(笑。

さて、春になるとカバンが欲しくなるよねー(久しぶりに言った)ということで、次はカメラバッグコーナーをウロウロ。



クランプラーどうしちゃったの!?というくらい別物になってしまったデザインですが、元々オーストラリア系クランプラーと、ヨーロッパ系クランプラーがあって、中の人曰く「オーストラリア系のデザインの中には日本で売りたいものがなかった」とのことで、今回ヨーロッパ系から輸入しているとのこと。以前ほどの強烈な個性は薄れましたが、カメラバッグのメインストリームに殴り込んできた印象です。縫製のラインとかに、かつてのクランプラーらしさが現れていますね。




おお、GITZOのカバンだ。これ知らなかったです。ショルダーバッグは基本的にはミラーレス級用のような大きさですが、同社の三脚ほど威圧的なセレブ感は感じられません。




シンクタンクフォトのスペクトラル15。これがアーバンディスガイズ60の後継ですか?と代理店である銀一の方に尋ねたところ、違うとのこと。確かに生地も薄くて少し頼りない感じ。今のところアーバンディスガイズ60の後継は存在しないようで、銀一としても困っているということをtinkTANK側にも伝えているとのことで、近いうちに真のアーバンディスガイズ60の後継が出ることを期待しましょう。


次は再びソニーブースへ。



注目はα7III(やっと覚えた)なんでしょうけど、個人的には5D4があればαに期待するのはサブカメラとしての役割。

左:E 18-135mm F3.5-5.6 OSS (SEL18135)
右:Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS (SEL1670Z)

これのどちらかが手元のα6000用に欲しいんですけど、この春はうちの子たちがダブル進学で手持ち資金がペンペン草も生えないレベル。でもいつか欲しい。左の方は最近出た新設計もので、三井公一さんがデジカメwatchで絶賛していた(というか、これで充分以上と言っていた)もので、右は少し設計が古いながらZeissのバッジがついているもの。実勢価格は左が6万円、右が8万円。右はお客さんの期待値が高かったようで、結構酷評されていますね。ただ、撮影サンプルを見る限り、やっぱりZeiss銘の右の方が色が好きなんだよなぁ。左は焦点距離の半分過ぎた当たりでF5.6に張り付いてしまうとのことで、となると70mm F4.0として使える右側のアドバンテージは確実にあります。


最期はCanonブースで締めを。



EOS Kiss M。単にKissの名を付けたEOS Mとも言いますが、同社の看板ブランドであるKissの名をようやく冠せたというのは、マーケティング面で様々な議論があったとは思いますが、世間様に対するメッセージとしては大きいものがあると思います。この左側肩に何も操作系が配置されていないのも潔い感じです(そういえばソニーα7 IIIも左肩に何もなかった…)。

さて、今年のCP+を通しての感想ですが、カメラの新機種は間もなく店頭にも並ぶでしょうから、あえてここで触らなくてもという思いはあります。特に行列ができているものは…。そうではなく、メーカーの担当者に直接要望を伝えられたり、オフィシャルな窓口では聞けないような裏話とか、そういったものが聞けるのがCP+の魅力かと思います。特に「聞く耳を持つかどうか」はメーカー間ですごく差があり、その製品がメーカーの中でどのような方向に向かおうとしているのかを見通すこともできたりして、面白いですね。

そういえばこういった展示会だと昼食難民が出るのが通例ですが、今回は展示ホールと会議センターの間にある円形広場のキッチンカーが穴場だそうで、今日行かれる方で花粉症が大丈夫な方は
(;´Д`)覚えておくといいかも知れません。

さて会期も今日が最終日。2時間後にはサイカ先生がモデレーターを務める東真子さんのプレゼン(BENQ提供)がメインステージであるようです。エンジョイ!


 




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SIGMAブースへ。




手持ちのα6000にちょうどいいマクロレンズってなくって、気になってたのはこれ。
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO




フルサイズ用ですが手ブレ補正を搭載していないことと、70mmというほど良い焦点距離で大きさもいい感じ。α6000に装着すると105mm相当。




フォーカスに合わせてにゅーっと伸びます。




但しフードは伸びません。




係のお兄さんはお値段については一切口を割りませんので、あえて質問して辟易させるも良し、聞かないであげるも良し。手ブレ補正のついているCanon EF100mm F2.8L MACRO IS USMが8万円なので、これは5万円くらいでしょうね。




会場で一番「高い」展示商品がこれ。おや、フィッシングショーですか?

これはBiRod(ビー・アイロッド)という、とても長い一脚。ドローンを飛ばせない・飛ばすほどではない場合に小型のカメラを先端に付けて撮影します。会場配布のベルティによると、その長さはなんと…




うまい棒約65本分の長さ!




そしてそれで撮った作例www
ちょっとこれはこれでそのうち怒られるよきっとwww

お値段は4〜6万円程度。同クラスのカーボン製釣り竿と比べても(?)極端に割高感はありません。カーボンを含むので、路上の電線にタッチすると感電しますので注意。




あ、キヤノンの先着500名ガチャではFD300mm F2.8 S.S.C.フローライトのミニチュアが当たりました。わーい。

続きます。


   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
パシフィコ横浜で開催中の、CP+ 2018を観てきました。



ようこそ!





まずは何はともあれ変態ストロボを観に。
「注意:自動回転、自動発光」


Canonの人も言ってたんですけど、なんか、カワイイですね。
これ愛着沸いて、手放すときとか壊れたときに涙するのでは…。
買う気は全然ありませんでしたが、少し欲しくなってしまいました…。




次はソニーブースへ。
αシリーズ、特にα7シリーズってどれがどれだか訳が分からないんですが、それを端的に示すのがこのカット。これ全部違うカメラです!

奥の方はα7何とか(新型、もう型番が分からない)で大盛況なので、次へ。








(許可を得て撮影しています)
サイカ先生のセミナー「【実践編】Simple & Speedy : Final Cut Pro Xではじめる一眼ムービー」。

FCPのエフェクトに、フォトグラファーに馴染みのあるPhotoshopを使うという高等テクニックを披露。先生、そういうテクニックってどこから仕入れるんですか…

明日早朝出勤なので今日はここまで。
続きます。

   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
もちろん変態は褒め言葉です。

EOS Kiss Mには特段驚きはありませんが(←ひどい)、一緒に出たスピードライト470EX-AIが「まだスピードライトにこんな技術革新の余地があったのか」と驚くレベル。最近流行の「AI」を名前に冠するのはご愛嬌として、技術面でもロボット技術、ジャイロ技術を取り入れてきました。具体的にはこのスピードライト、バウンス撮影に向いていると自分で判断したときには、勝手にバウンス撮影の向きになって、しかもカメラの向きを変えたり縦位置にしてもその被写体にするバウンス角度を維持するんですね!


カメラの向きを変えると通常はバウンスの角度も変わってしまい、撮影結果も変わるのが普通です。私はそれを嫌って、600EX-RTとワイヤレストランスミッターST-E3-RTを使って、バウンス角が常に一定になるように撮影することが多いのですが、470EX-AIだと単独で同じことができるというわけです。

ただし470EX-AIにバウンス撮影をした方がよいかどうかの判断をさせると、プリ発光を2回(正面に1回、上向きに1回)するようなので、撮影される方とコミュニケーションしながら撮影しないと、撮影のタイミングに戸惑われるかもしれませんね。

また、そもそもバウンス撮影をした方がいいのかどうかは上級者の方はご自分で判断できると思うので、そういう意味では「角度を変えてもバウンス角が一定」となる機能の方が重宝されるケースが多いかもしれません。

しかしカメラ業界って昔からモーターライズには貪欲ですよね。指挟んだりとか家電業界よりはあまり気にしない感じですよね。

   

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
年末になると職場に出入りの業者さんから頂いたカレンダーや手帳が山積みになって「1人1つ以上持ち帰ること」というノルマが課せられるのですが(ぉ

あまり皆さんに見向きされなかったこのカレンダーを持って帰りました。


5D4A7584

EOSシリーズの作例等でお馴染みの米美知子さんのカレンダーですよ。
良くないですかこれ。
2冊に見えるかも知れませんが、これで1つのカレンダーです。左側が記入スペース多めのカレンダーで、右側が写真集になっています。お察しの通り、右と左は非同期なので、写真を1月のに固定してカレンダーだけ毎月めくって行く、というややナンセンスな?使い方もできます。


5D4A7585

ウチの職場は写真やってる人少ないからなぁ…米さんの名前見ても誰も反応しないんですよね。それゆえ奪取のライバルが少ない。


5D4A7586

で、このカレンダーが左右に分かれている理由ですが、なんと1年経過後に折りたたむと写真集になるという仕掛け。


5D4A7589

英語の説明の方が的確なのって…もうそういう時代なんですか…。


5D4A7590

そんな訳で裏返すと、本の表紙のようになっているという訳です。

ただし、特にファイリングの金具のようなものが付いているわけではないので、これを折りたたんで本の形にしたところで、米さんの写真集の方は上方向めくりで見にくい感じだし、左には使い終わったカレンダーがあるだけだし…正直、利用価値がよく分からないです(;´Д`) モノとしての質感はとてもいいし、もし書店等で売るとすれば1,500円はしそうなグレードなのですが、ちょっと実際に使われる姿が考え込まれていないかな…。

このページのトップヘ