クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
Gitzo GK1542-82QD用のキャリングケースを買いました。サイカ先生が「もう5mmくらい余裕あってくれるといいなあ」と仰っていたものです。


5D4C1894

5D4C1901

ちなみにご多分に漏れず、今回も初期不良個体を引きました。
1つ目の個体、このファスナーのツマミが半分に割れてました…
写真は交換して貰ったもの。


5D4C1907

ちなみに交換して貰った2つ目の個体も、ネームタグケースのところに謎の汚れが…というか、拭いても落ちないので焦げのような…? 表側、裏側、どちらに付着しているのか分かりません。

縫製の端部も盛大に飛び出てるし、本当にGitzoはプレミアムブランドになる気があるんでしょうか…?


5D4C1908

もう交換して貰うのも面倒くさいし、普段は見えないし、このまま使います。


5D4C1928

メインのファスナーは三脚本体にキズがつかないように内側にフラップが付いているのですが、内ポケットのファスナーは無策という…。


5D4C1926

サイカ先生の仰る通りキツキツですが、雲台のボール部を自由にした状態で収納すると多少収納しやすい気がします。

GITZO 三脚バッグ 内寸長さ64 GC1101(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加
B氏がマンフロットのアルカスイス互換クイックシューを購入したのを見て、同じVitec Imaging GroupであるGitzoのプレートも同じ形状なのではないか?と思い、この間購入したアウトレット三脚の付属品を見直してみました。


5D4C1923

…うん、全然違いますね(;´Д`)
同じグループ企業内で共通部品じゃないのかー。

ゴム付いてないんですけど、これは「Gitzoを使うようなユーザーは底面に滑り止めのないカメラは使わないから」という理解なんでしょうか?
(EOSでも下位モデルと上位モデルでは底面の滑り止め素材が違います。)


5D4C1922

こちらのノブはノブは本当に固くていつも爪が剥がれそうになりながら起こしてるんですよね!


5D4C1924

Manfrotto互換のサイド形状ではありません…。

しかしクイックリリースプレートの固定方法って各社なりの工夫があったと思うんですが、ここへ来て一番古典的なアリミゾ+ネジ留め式であるアルカスイス互換に収斂しつつあるというのは興味深いですね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加
品川で9/15〜17の日程で開催中のEOS Rの体験会に行ってきました。

5D4C1739

とりあえず入ってみると、ハンズオンは30分待ち…


5D4C1750

さすがに30分は待つ気はしなかったので、階下のキヤノンショールーム(キヤノンプラザS)でまずは触らせて貰いました。ここでも10分ほど待ちましたが…。

第一印象は想像通り、「思ったより小さくない、思ったよりしっかりしている」。
意外なほど普通のEOSです。KISSよりは全然大きく感じるところからすると、レンズ含めたカメラのサイズというのはやはりセンサーサイズで決まってしまうのだと言うことを再認識させられます。フルサイズセンサーを積んでいる以上、魔法のように小さくはならないのです。


5D4C1745

但し、RF28-70mm F2 L USM(写真中央)クラスになると、EFマウントで作ろうとすると大きく重くなり商品として成立しないのだとか。そういう意味はミラーレスの効果というのは多少あるのだとは思いますが。


5D4C1753

底面に見慣れないコネクタを発見しました。おそらく縦位置グリップ装着用だと思われます。写真奥にあるのはハンズオン時間計測用タイマー。ここでは触れる時間は厳密に五分に制限されます。


5D4C1755

あっという間に5分が経ってしまったので、体験会会場に戻ってみました。すると2つあるハンズオンコーナーの内、片方の行列が15分程度に短くなっていたので、並んでみることに。並びながら展示台を見てみると、縦位置グリップが置いてありました。やはりショールームで見た謎コネクタは縦位置グリップ用のようです。


5D4C1756

自分の番が回ってきたので、あらためてバッテリーグリップをまじまじと観察すると、紛失しそうだと思っていた謎コネクタ部のフタを収納する部分がバッテリーグリップ側に設けられていました。こういう細かい配慮はさすがキヤノンです。


5D4C1765

バッテリーグリップ内のホルダーは不思議な段差を設けられてバッテリーが装着されますが、これはバッテリーグリップ側のカメラストラップ装着部の凹みを避けるためのようです。


5D4C1764

レンズ側に新たに設けられたコントロールリングは意外にもクリック感がありました。回すとカチカチカチ…と鳴るタイプです。


5D4C1759

液晶背面側のデザイン。


5D4C1763

意外な仕様。初回出荷時はサイレントシャッター時の連写ができません。のちほどファームウエアアップデートで対応する可能性が高いとのこと。


5D4C1758

肩の液晶は、液晶ではなく有機ELとのこと。電源オフでもモードが常時点灯されますが、そんな消費電力の低い有機ELパネルってできたんですね…。なお上の写真はパネルの証明を点灯したところ。単に白黒反転しているだけのように見えますが、これ暗いところでは発光して見えるんでしょうか?


5D4C1741

あっ、あるフォトグラファーのカットだ!


総じて、撮像素子はEOS 5D4同等ながら、細かいところ含めてカメラとしての格は5D4には及ばず、5D4からの買い換えはないなと思いました。5D3をお持ちで、他にミラーレス機をお持ちでなければ、買い換えの検討に値すると思います。あるいは、5D3と古めのミラーレスの組み合わせでお使いの方も、その2台をEOS Rの1台に統合してもよいのではないかと思います。

ただ、ミラーレス機でここまでちゃんとしたものが作れるのであれば、自分としては5D4を最後に、もうこれ以上光学ファインダーの新機種を買うことはないかな、という印象は持ちました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
飛行機に三脚を持ち込んだことはないのですが、今日は電車に三脚を持ち込む用事に迫られてエブリデイバックパック30Lにマウンテニア1型4段(GT1542)を入れてみました。

トラベラー三脚なら分解せずに入るとのことですが:
「ピークデザインのバックパックにジッツオのトラベラー三脚を入れる」

マウンテニアは1型4段と言えども分解せずには入りません。


5D4C1652

5D4C1654

とはいえ、GT1542セットは雲台取り付けねじよりさらに低いところで分解できるので、収納時はちょっと有利です。


5D4C1661

雲台は適当な空きスペースにポイ。


汚れた脚対策にはコンビニ袋でも被せておけば良し。

    このエントリーをはてなブックマークに追加
EOS Rで新搭載されたFvモード。
まさかここへ来て新しい撮影モードが新設されるとは思いませんでしたが、他社さん(フジ?)では類似の機能があるようで。

絞り、シャッター速度、ISOのすべてでAUTOまたは任意の値が設定できて、しかも露出補正が効くという素敵モード。

スクリーンショット 2018-09-08 0.11.17

メーカー公式の活用例では上の図のような感じですが、そう、Mモードだと露出補正ができないので、Fvは露出補正ができるMモードのような使い方ができるんですよね。ではMモードが要らないかというとそんなことはなくて、露出補正が鬱陶しいときもありますよね。(勝手なもんだ)

もっと前からあって良かったのではないかと思いますが、もしかしてどこか他社さんの特許が切れるのを待ってたとか、そういう理由でしょうか?

このページのトップヘ