クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gitzo三脚のセンターポール下部には他の多くの三脚同様、振動を軽減させるためのウエイトをぶら下げるフックが付いているのですが、出先で撮影しているとここにウエイトではなく三脚ケースをぶら下げたいなと思うことが多々あり…

でもGitzo三脚ケースの側面ストラップって結構ごつくて、フックにうまいこと下がりません。

5D4C1327

そこでまぁ、何てことないんですけど、ヒモ付けました。でもこのヒモ1本に行き着くにも色々悩んで。

・当初カラビナを付けようかと思ったんですが、三脚ケースのこっち面を下にして置くことが多々あり、フローリング床を傷つける原因となるため却下。
・フローリング床を傷つけない素材となると、いわゆる綿やアクリルでできた紐がよさげですが、意外と適切な太さの紐が家になかった。
・あまりコストを掛ける気もないが、綿やアクリルの紐を床に引きずっていると(こっち面を下にするから)いずれ汚れてくるだろうから、躊躇なく交換できるくらいのコストがいい。


5D4C1325

ということでずっと「どこかで見かけたら買おう」と気にかけていたのですが、この間たまたま行った百均「Seria」でいい感じの紐を見つけたので捕獲。もちろん108円です。ツァイスっぽい青色でいい感じ。(ツァイス関係ないですけど)
3mもあるので、1回10cmとしても、30回くらい交換できそう。

なおアクリル紐の端部は少しライターで焦がすとほどけにくくなります。


5D4C1328

風のある日は振動が増えてしまう気もしますが(汗 ケースを地面に置いておくのも邪魔なのでこれでOK。



しかし、「青い紐」と聞いて脳裏から離れないのは、コレですね…↓(笑




(NEVERまとめ)【ヘスティア様】話題の『例の紐』って?アニメのヒロインの衣装が妙に気になる…。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gitzo GK1542-82QD (アウトレット)を購入
Gitzo GT1542 レビュー

の続きで、GH1382QDという雲台編です。以前GH1780QRという同社の雲台を使っていたのですが、使い勝手の面でどうにも馴染めず、梅本製作所のSL-50ZSCに乗り換えてしまいました。あれから2回のモデルチェンジがあり今回のGH1382QDに至っていますが、使い勝手はどうでしょうか。


5D4C1287

コンパクトに折りたたまれるトラベラーシリーズでも使われることを意識しているせいか、以前ほど奇抜なデザインではなくなりました。それでもプレート部分など、まだ少しアイキャッチーな形状は残っています。各ツマミの指があたる部分にラバーが配されているのはさすが三脚界のエルメス。


5D4C1288

ボール部分のフリクションをコントロールするツマミですが、何回転も操作しないとフリクションが変化しない上に、軽く回るので運搬中にフリクションが変化してしまうような気がします。なおフリクションツマミだけでもボールは充分固定できてしまうので、外側のツマミはフリクションツマミのショートカット的な位置づけのように感じました。


5D4C1292

ボールはカメラを載せない状態で動かすと若干ザラザラ感が気になります。梅本雲台のようにグリースを使えばもう少しねっとり感が出て操作しやすいのですが、グリースを使うとどうしてもホコリを吸いますし、うっかり触れるとグリースが手に付いてしまうので、グリースを使わずに特殊コーティングに頼るGitzoの方式もアリはアリかな、とは思います。なお、実運用においては…カメラを載せるとザラザラ感は気にならなくなります。

ボール部分には「WS2」と書かれていますが、これは何らかの方式名ではなく、化学記号。二酸化 二硫化タングステン(=WS2)コーティング、という意味のようです。


5D4C1293

プレートはアルカスイス互換アリミゾ方式になりました。機構的には大変シンプルな固定方式ですが、以前ほど瞬間的には外せません。


5D4C1294

プレートを外したところ。出っ張りはプレートの不意の脱落を防止するピンです。邪魔であれば外すこともできます。


5D4C1298

プレートの裏側。カメラ固定ネジにツマミが付いているのが嬉しいのですが、手で回すくらいのトルクでは5Dクラスのカメラはガッチリとは固定できず、縦位置撮影時にカメラが回ってしまいます。カッチリ締めるにはコインや別売のコインドライバー、または付属の星形レンチが必要です。

ツマミの折りたたみはそれなりに固いので、カメラ締結時に固定されるネジの向きによっては、指が入らずツマミを起こすことは困難になります。そういう意味でも何らかの道具を持ち歩くのはマストかも知れません。


A6500171

本体重量500gで、耐荷重14kg。耐荷重はメーカー間で基準が統一されていないので単純な比較はできませんが、EOS 5Dクラスのカメラであれば余裕です。その分、本体重量の500gは結構ヘビーな部類だと思います。

正直、雲台部分だけでも新品ではいい値段がするので、届くまでは「雲台部分は売り払って梅本のSL-40ZSCに載せ替えよう」と思っていました。でも触ってみると意外と?普通に使えるし、梅本雲台と違って(梅本雲台の美点でもあるのですが)1ノブでパンと角度調節の両方を固定するわけではなく、別の使い勝手の良さも感じられたので、しばらく売り払わずに使ってみます。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Gitzo GK1542-82QD (アウトレット)を購入の続きです。

5D4C1315

5D4C1267

GT2531(背の高い方)と、今回購入のGT1542の高さ比較。


5D4C1311

伸ばしてみると、差が縮むのに驚きます。さすが4段。
Gitzoでカーボンなので、軽さと強度のバランスはかなりレベルは高いのですが(単に軽いだけ、剛性が高いだけなら他にも色々選択肢はある)さすがにGitzo内で2型3段と比較すると強度的には分が悪い感じがします。特に一番先端の脚部は荷重をかければそれなりにしなります。でもその分軽くて収納時コンパクトなので、どっちを取るかですね。

このあたり、日本車 vs VWのGOLF vs VW POLOの作り分けに似てるかも、とちょっと思いました。日本製で削ってしまうような部分は削らず、でも思ったほど軽くも小さくもなく、でも車内でのヒエラルキーは確実に存在するという面で。(最近のVW車は軽いですけど)

脚の伸縮を司るリングは、1/4回転するだけでロック/アンロックができます。このあたりの精度の高さもローコストカーボン三脚との差が生まれる部分ですが、逆に、海の中にズブズブ入って撮影するようなスタイルには向かないかも?


5D4C1255

付属品。グリースがないだけで、かなりあっさりした雰囲気。ケースに入っている取説は三脚側で、ケースに入っていないのが雲台側です。雲台と脚用だと思うのですが、同じ星形レンチが2本と、細い六角レンチが1本入っています。


5D4C1273

説明書を読むと、謎のディスクが目に付きました。現物を確認すると…確かに「Ground Level」と書かれたディスクが付いています。矢印の方向に回してみます。


5D4C1277

センターポールが外れた!!


5D4C1280

ローアングル撮影が簡単!!

いやこれ、カーボン製センターポールをどうやって簡単に着脱させるかという命題における、Gitzoの回答なんでしょうね。カーボンでなければSLIKのような単純なねじ込み式とかでもいいんでしょうけど、これは良くできています。但し再度取り付け時はちょっとコツがいります。(方向合わせが三脚本体に対してとGround Levelディスクに対しての2回必要。)


5D4C1281

開脚度調整ピンは、ロックを解除して脚を全開にすると、全開の直前で自動的に元に戻る(ロックがかかる)構造で、これもローアングル撮影時の時短に役立ちます。


次は雲台編です。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
GitzoのGK1542-82QD(脚部 GT1542 + 雲台 GH1382QD)のアウトレット品が売られていると聞き、結構悩んだ上、結局買ってしまいました。自分の脚がケガしているから代わりの脚…というわけではもちろんありません。ええ、腹黒い三連星のお一人とお揃いです。元々2型(GT2531)を愛用中だったんですが、もうちょっと短いのが欲しい…と思うことが多々あり、1型の4段か、0型が欲しいとはかねてから思っていました。
これは腹黒い三連星のもう一人もネタで買うしかないのでは…(ぉ

そういや2型の方は東日本大震災の翌日に届いたっけなぁ。よく来たものです。


5D4C1241

いま使っている2型はB&Hからの輸入品でしたが、今回は国内正規輸入品のアウトレット。いまの為替レートではB&Hはあまり利用する価値がなくなってしまいました。


S__16105478

ちなみに写真撮るのを忘れて代わりにムスメからの「なんか荷物来た」LINEからの拝借ですが、輸送箱はManfrottoテープではなく、VITEC Groupのテープでした。



5D4C1252

パッケージの中身を取り出し。不織布に包まれた本体と付属品。てっきり雲台部は白箱にでも入ってくるのかと思いきや、すぐ使える状態で梱包されているようです。

GT2531は純正グリスが付属しましたが、今回は付属せず。取説とレンチセットのみの付属になります。


5D4C1257

2型3段と並べてみました。うーん、思ったほど長さの差がありません。もう少し短い方が良かったかも。すなわち0型。脚のカーボン部分は結構短くなっているので、それ以外の部分が嵩張っている結果でしょうか。


5D4C1301

アウトレットの理由は示されていなかったのですが、少なくとも箱は少しだけ潰れていました。でもB&Hからの輸入品の潰れ方はこんなものではなかったです(笑。


5D4C1303

これもアウトレット扱いの原因でしょうか? 些末だと思いますが、確かに新品で買ってコレだったらイヤかも。


5D4C1306

ところが真骨頂は雲台にありました。動作確認したところ、雲台のボール部分が動きません。何か輸送用のロックでもかかってるのかと説明書を熟読しましたがそれらしい記載もなし。これでは使い物にならないので返品するかとサポートに連絡しようとしたところ、お盆休みで連絡着かず。8/20以降だって。うーん、お盆休み中このままか。さすがにアウトレットでもここ故障してるのは理由じゃないよねぇ?


5D4C1309

色々こねくり回しているうちに、フリクションのネジを完全に外して、ボール部分を力尽くで捻ったところ、「バキッ!」という音と共にスムーズに回るようになりました…(;´Д`)なんだそれ…

どこかが折れたかと思いきや、その後の動作は各部正常なので、何かが固着していたようです。これがアウトレットの理由…?でも書いておいてくれないと分からないよね…。保管状態不適切品?という理由でしょうか…?


三脚としてのレビューはまた別の機会に。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
やっとこさうちにも届きました。

5D4C1079

割と即申し込んだつもりだったのですが、腹黒い三連星のうちでは一番遅かったというね。まぁ撮影に出掛けていないので実際のところは困ってませんでしたけど(笑。

うちのもサンフランシスコ発で、発送通知から3日で到着。USPSステータスはIn-Transitのままです。まぁ日に1回以下しか更新されないんだと思います。

何個申し込んだか忘れてしまったのですが(たぶん5個…カメラストラップに4個+バックパックに1つ)、4の倍数でパッケージされてるのか、8個届きました。完全にpd製品の販促グッズだと思います。

このページのトップヘ