クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
今使っているEF 100-300 F4.5-5.6 USMは、俺の一眼レフ歴の最初から持っている唯一のレンズ。12年使ったし、性能も明らかに前世代だし、そろそろリプレースしたい。Windows Vistaも意外なほどアプリの互換性が低い上、パッケージ販売はあまり伸びず、PCプリインストールが中心。「MacOS Xでええやん」という声も聞くので、VistaやVista搭載機は当分様子見とし、小遣いをレンズに向けることとする。

当初EF 70-300mm F4-5.6 IS USMをかなり本気で検討していたのだが、

70-300mm


最近の俺の買い物のパターンとして買える範囲で買ったものは後々軽く後悔することが多く(例:Audi A3SB 2.0FSIじゃなくて、2.0TFSIにすれば良かったかなぁとか)、逆に、少々ムリして1ランク上を買った方は深く満足できることが多い(例:当初EOS Kiss Digital Nでいいやと思っていたが、EOS 20Dにして正解)。今回の70-300mmも、基本設計がおかしいという指摘もあり、買って一段落したら後悔しそうだなぁと。

じゃぁ1ランク上って何?となると…EF 70-200mm F4L IS USMか?

70-200mm


うひょー、白玉+赤線に突入かぁ。ネットで調べても、さすがにこの性能、設計にミソを付けている人はいないな。

ちょっとEF 70-300mm F4-5.6 IS USMへの決意が揺らいできたので、相対的かつ主観だらけだが、双方の利点と欠点を列挙してみる。



EF 70-300mm F4-5.6 IS USM
フード、ケース(別売)同時購入で、実質73k円。



<利点>
  • 安い、軽い、小さい
  • 300mmまである

<欠点>
  • 鏡胴のたわみで周辺フォーカスが甘くなる不具合があり、リコールがかかった。現在は改善されているが基本設計に問題がある可能性があり、計年変化による性能低下が心配。
  • フルタイムMF不可
  • 性能の割に割高ではないか? クラス唯一の純正の選択肢だからといって、高めの価格が付いていないか?
  • 測距目盛りがない
  • フィルター枠が回る



EF 70-200mm F4L IS USM
フード、ケース付きで、実質126k円。


<利点>
  • 高画質
  • AFが速い
  • 防塵、防滴構造
  • 測距目盛りがある
  • フルタイムMF可
  • フィルター枠非回転

<欠点>
  • 200mm止まり
  • 高い、大きい、重い
  • IS動作時の音が大きい
  • 白レンズなので、運動会とか、人前でちょっと恥ずかしい上、完全にマニア扱い
  • 重いので別売三脚台座が必須?(Canonに確認中)


最初から台座が付いているレンズは台座使えっていうのは解るけど、これみたいに台座が別売だと必須なのか必須でもないのかよく解らなくて困る。

まぁいずれにせよ先立つものを貯めるのが先だ。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
WoodesShipsさんにリンクいただいたので、俺も本気で使ってみた。

実際に使ってから気がついたのだが、顔検出は多人数にも反応するが、フォーカスが合うのはその中のもっとも画面の中心に近い1名だけ(緑枠で表示)。他の顔(白枠で表示)に対してはフォーカスは成り行きとなり、適正露出になるだけである。任意の白枠を緑枠にすることはできないので、複数の顔を検出した場合、フォーカスを合わせたい被写体を必ず真ん中付近に持ってくる必要がある。

i-フラッシュと呼ばれる調光制御はヒットすると、まるでレフ板を立てたかのような自然な日中シンクロ写真が撮れるが、百発百中ではない。もっとも、全自動で百発百中を狙うのは期待しすぎである。

これは本機に限らず、他社の同クラスのデジカメもそうなのだが、とにかくこの極薄の筐体なので、画質は一眼レフデジカメ(DSLR)のサブセット版という訳にはいかない。DSLRが吐き出すとろけるような画質から見たら「携帯電話のカメラの延長」にしか見えないので、DSLRユーザが「サブ機」として検討する場合、予めサンプル画像を正視することは必要だろう。特に「初めて買ったデジカメがDSLR」とか「200万画素時代からの買い換え」の場合は画質の傾向が全然違うので要注意だ。

撮影モードはメニューの深いところにあるので、日常的に切り換える気にならない。切り換えたときの戻し忘れも心配だからだ。自分が使う場合、「AUTO」を軸に、「フラッシュ発光禁止」や「ブレ軽減」「高感度2枚撮り」を使い分けることになると思う。でも上記の使い分け程度で、充分失敗のない写真が網羅できるはずだ。

バッテリーの持ちはやや心許ないが、薄型筐体とのトレードオフなのでしかたがない。

SIセンサー(縦位置検出機能)がないのは意外だった。パソコンに取り込んでから、自分で回転させる必要がある。

最後に、本機は「いかに失敗写真を減らすか」という視点で設計されているので、手ブレ、被写体ブレ、露出アンダーなどの失敗写真が多い方にはお勧めできる。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
ツマが幼稚園にお呼ばれし、FinePixZ5fdデビューした模様。サンタさんが手配してから今日までに実売価格が5%ほど下がっているのは最新デジタル家電の宿命だが、取扱説明書の端っこを息子が食べてしまったのはデジタル家電の宿命ではない。

ツマ曰く、

「顔検出が感度良すぎて使いにくい」

…いやいやいやいや。
富士フィルムの人が読んだら悲しみますよ?

しかし良く話を聞いてみると、どうも真意はそこではなく、ムスメが横を向いているとき近くにこちらを向いている他の子がいるとそちらの顔を検出してしまうとか(そりゃしょうがないだろう)、そういうことらしい。

んー、それは「慣れ」しかないんじゃね?

簡単に高性能を引き出せるという意味では以前使っていた三洋デジカメの上を行っていると思うので、ぜひ練習して使いこなしていただきたいと思った。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Finepix Z5

今年最後の物欲というか、アマゾン・ドットコムという名のサンタさんが妻宛に持ってきた。

なおムスメによると、パパはすごく怒るからサンタさんがプレゼントを持ってこないということになっているらしい。遊んだ後片付けなかったり、食事を放棄したり、DS壊したりするのはお前だろ。しょぼーん。

デジカメWatchのレビューはこちら

妻が古い三洋のデジカメで、室内撮りのブレ写真や、フォーカス中抜け写真を量産するので、何とかしなければならないと思いサンタさんにお願いした。デジカメの進化は著しく、待てば待つほど良い機種が出てくるが、子供の成長は待ってくれないのだ。

この機種の評価ポイントは:

・携帯に便利な薄型。
・1ボタン操作でISO1600まで自動で増感される「手振れ軽減モード」が設定できる。
・1ボタン操作でフォーカスの中抜けが防げる顔検出機能が設定できる。
・小さな子供のいる家庭に似合う「エビ」ピンク。


逆に欠点は:

・xDピクチャカード使用。できればSDの方が良かったな。
・バッテリーが逆に挿入できてしまい、電源を入れるまで気がつかない。
・充電器(ACアダプタ)が大きい。しかも本体充電。充電器付けてくれ。
・顔検出は傾いた顔(かしげた顔)には無効。
・このサイズではやむを得ないと思うが、持ちにくく華奢に感じる筐体。


画質は上記のデジカメWatchのレビューの通りなのだが、高感度撮影時にはそれなりの荒れが見られ、納得できるのはL版プリントまでだろう。それでもこのサイズで簡単に高感度撮影ができるデジカメはこれが唯一の存在なのだ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
gomi1

gomi2

またもやウッカリ、青空にゴミの影が…
出かける前のCMOSクリーニングって忘れがちだよなぁ。

帰ってきてから、深夜にせっせとCMOSクリーニング。あっちを落とせばこっちにゴミが付く…を繰り返し、延々1時間。

疲労困ぱいし、眠いし、あの激高い「ブラシオフ」を導入するかという腹をくくったところ、なんとキヤノン純正のクリーニングキットが売られているとの情報が!

【参考リンク1】DPstyle センサークリーニングキットSCK-E1

【参考リンク2】HP放置日記。センサークリーニングキットSCK-E1


ええ、速攻キヤノンのサービスセンターに行ってきましたよ!

sck-e1

  • キヤノンサービス拠点での対面販売のみ。


  • シリアルナンバーが購入者の名前と共に控えられる。ちなみにシリアルナンバーは000xx(xxは50を大きく下回る数字)って、かなりの初期ロット?っていうか俺が行ったサービスセンターがマイナー?


  • 使用は自己責任である旨、同意書にサインさせられるが、他の方のレポートにあるような入念な説明はなかった。


  • 価格はブラシオフの12,600円に対し、半額以下の5,040円。高いことは高いが、まぁブラシオフよりは、ということで。


  • ああ、これで多少は楽ができるかもー。

    このページのトップヘ