クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
DP Merrillのストロボ何とかしたいなぁと思いつつ、解決法としてこれにしました:


5D4A1762

LEDライトですね。
サンテック社の、suntech LED126です。

正直、シューが黒く塗られているDP Merrillで汎用ISO規格のストロボを点灯させられる理屈がよく分からないです。だったら、いっそシンクロさせる必要のない照明すればいいんじゃね?という発想。


5D4A1765

もっと無名メーカーの安いのはいくらでもありますし、manfrottoとかもっと著名なメーカーのもありますけど、私なりに品質とコストのバランスを考えたつもり。またほぼ同じ設計(OEM元)の並行輸入品もありますが、このsuntech社が割とちゃんとしていそうな会社だったのでこちらで。中国製ですが、きちんと日本語の取説が附属します。

天井バウンスできるほどパワーがあるわけではありませんが、設置自由度が高いのでまぁ少し距離を離せば良いでしょう。


5D4A1769

ソフトフィルターとアンバーフィルターの2枚が附属します。


5D4A1759

どちらのフィルターも使わない場合は、LEDが露出する格好になります。ちょっと不安ですが、まぁLEDはしばしば裸運用されるので大丈夫でしょう。

アームは取り外し不可ですが2重関節になっていて180度以上の可動範囲を持ちます。但し左右回転方向へ動く機能はありません。


5D4A1748

裏側もきちんと作り込まれているのも選択のポイント。特にカバンの中で勝手に電源が入らないスライド式というのは重要。輝度調節があるのもいいです。

裏蓋にはソニーのNP-Fタイプのリチウムイオンバッテリーが付けられますが、私の手持ちのNP-FMは付かなかったですね。NP-FLじゃないとダメなのでは。

単三電池でも使えますが、その場合裏蓋を外して入れます。但し裏蓋のロックにバネが入っていて、ロックを解除しながらスライドさせないと開けられないのはちょっと難易度高かったです。


5D4A1753

電池は6本と割と大食いですが、最近Macのキーボードやマウスがバッテリー充電式になったので、すっかり出番がなくなってしまったeneloopをここぞとばかりに投入できます。


DSC08075

早速、DP Merrillではない用途に使ってますけど、メーカー専用ストロボと違ってこのどうとでも使える汎用性が魅力です。

ケースが附属しないのでフィルター含めて収納に困りますが、何かまた汎用のポーチでも見つけましょうか。

--
サンテックLED126 携帯用LEDライト 6474(Amazon)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
以前にも書いたんですが、時々DP 1/2/3 Merrillでストロボでバウンス撮影したいなぁと思うことがありまして、SIGMA純正のストロボなら間違いないんでしょうが、そうこうしているうちにSIGMA純正の廉価版のストロボEF-610のSIGMA用が製造終了になってしまいまして、中古含めもう手に入らない状態に。

一方でDP Merrillのファームウエアバージョンアップ情報を見ると社外品のストロボが使えるような記載が見受けられるんですが、一般的に純正ではない汎用ストロボって中央の1ピンしか端子がないですよね。実際には溝部分にもう1ピンあって合計2ピンでストロボを発光させるスイッチになってると理解してるんですが、合っていますでしょうか?


5D4A1639

しかしDP Merrill のホットシューって、支持部分が黒く塗装されていて、絶縁されているんですよね。つまり汎用ストロボとは1ピンしか繋がらない訳で…でも汎用ストロボのうち何機種かは動作事例があるようなんですよね。どうして1ピンしか繋がらないのに発光するんでしょうか。

もしやストロボって1ピンだけ繋がってれば発光する仕組みなんでしょうか?
詳しい方、教えて頂けると嬉しいです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
サイカ先生に教えて頂いたのですが、キヤノンの横浜SCが閉鎖するのだそうで。

from Canon Yokohama SC

みなとみらいの端っこの、というか、横浜駅の近くの、眺めのいいビルでした。右奥にパシフィコ横浜が見えるの分かりますか。前回に訪問したのは4年前で、しかもこのときは工賃無料だったので、これでは眺めのいいビルの経費も人件費も捻出が難しかっただろうと思います。

ただ、SCを訪れなければならないという、ある意味「悲しい状況」において、横浜サービスセンターの清潔感や雰囲気の良さ、眺めの良さ、そしてスタッフの質の高さには癒された記憶があります。

キヤノンにしてみればたかだか一つの部署の閉鎖で、全社的な組織改正の規模に比べたら爪の先ほどのものでしょう。ただ、横浜SCは場所も人も良く、ひいてはそれが「キヤノン製品を使ってて良かったな」という気持ちにも繋がる面もあったので、惜しいなとは思います。

もちろん、実質的に困るかといえば、最近では引き取り修理サービスが速度含めて充実しているので何ら困らないし、製品と症状によってはSCでは預かるだけで、実質的には幕張の修理センターで一括修理されているようなので、単なる窓口にあそこまでのホスピタリティは不要ということだったのでしょう。カメラはまだいいですけどプリンタなんかは持ち込むのも一苦労ですしね。それに夜間休日対応を考えると引き取り修理サービスの圧勝です。

お世話になりました。ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
そういえば数ヶ月前に出たEF 24-105mm f/4L IS II USMですが、かなりの人気商品のようで、店頭でもなかなか展示機を見かけません。旧型は性能の個体差が大きいモデルで、悪くない評判と悪い評判が入り乱れていました。私が持っていた個体はどちらかと言えばハズレ個体だったようで、その後 EF 24-70mm f/4L IS USMが出た際にその画質の向上具合に驚嘆したものでした。

近年、レンズ設計にはコンピュータシミュレーションが幅広く導入され、どのレンズも大きなハズレはなくなってきています。(その一方で、味のようなものは薄れてきていますが…。)EF 24-105mm f/4LもII型になって、もし性能向上が著しいようであれば、心中穏やかではいられません。

デジカメinfo:「キヤノンEF24-105mm F4L IS II USM は旧型から大きな改善は見られない」

…心中穏やかでいられそうです(ぉ

bye_EF24-105mm
(写真:旧型を手放したときのもの)


4.5倍ズームにIS搭載、広角24mm、フルサイズ対応となると、なかなか作るのが難しいのでしょうか。今回旧モデルと比べて少しサイズアップしたようですが、あまり性能向上していないとなると、そのサイズアップ分は個体差を減らすために使ったり、信頼性が向上していたりするのでしょうか。ISの効きは少し向上しているようですね。


Canon 標準ズームレンズ EF24-105mm F4L IS II USM (Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
SIGMA山木社長のツイートを見て、



春菊って生で食べられるんだ!って思った方も多いでしょう。
私もその1人です。

週末だったし、スーパーで柔らかそうな春菊が少量手に入ったので、作ってみました。CMと違ってラディッシュ入ってないですけど。

IMG_8917

うーん、これは美味しい。新しい発見です。
キューピー深煎りごまドレッシングのような濃厚なソースでないと春菊に負けてしまいますが。
ツマにも好評でした。
世の中にはありきたりな食材でも知らない食べ方ってまだあるものですねぇ。
超簡単なので、また作ります。



このページのトップヘ