クマデジタル

迷ったら、高い方


カメラ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
AUGM Tokyo 2017に参加してきました。
話のネタは多岐にわたるのですが、やはりAdobeの見解を聞かない訳にはいかないでしょう。

先日のアップデートで、従来のLightroom CCがLightroom Classic CCに改名されてしまい、クラウドストレージベースの全く新しいアプリがLightroom CCという名前でリリースされた件です。

DSC08395-復元

アドビ・マーケティング本部から営業戦略本部に異動になった西山氏からの説明を聴きました。

新しいLightroomのターゲットは、ズバリ、こういうお客さんなのだそうです:

DSC08404-復元

ああなんかこのスライド見て、一瞬で理解できました。
そっち目指すんですね。

従来のLightroomのお客さんは先細る一方ですからね。一眼レフカメラと同じで、そちら方向に未来がないのは分かりますがけど、既存ユーザーの切り捨てられ方ハンパないなと。長く使ってきたユーザーに対するリスペクトが足りないんじゃないでしょうか。米国では「Classic」というのは必ずしも悪いイメージではないと力説されていましたが、レトロモデルを「Macintosh color classic」とか、HDD付きの最終モデルを「iPod classic」と名付けたのは米国の会社じゃないんですかね?  本国の本心をオブラートに包んでユーザーと対峙しなければならない日本法人の辛さは痛いほど伝わりますけど。

名前変えても当面継続するからいいんじゃない?と思う方も多いでしょうが、たぶんみんなイラッとしてるのは長年ユーザーやってきた方への扱いですよね。技術的な問題じゃなくて、完全に気持ちの問題です。他社の例ですが、SIGMA社なら既存ユーザーに対してこんな扱いはしないでしょうね。

なお、新Lightroomの有料プランの上限であるオンラインストレージ容量1TBでも全然足りないユーザーとして西山氏から名指しされ苦笑いの方はこちらです:

DSC08407

まぁこんな強い調子で書いてますけど、私の写真管理のメインアプリはMacOS XのFinder自体ですけどね…。サードパーティのアプリはApertureといいLightroomといい、こうやってデータや習熟度合いを人質にされて翻弄されるのがイヤなんですよね。






    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
けっこう露骨に違うんですよね・・・。
某友人クマさんも追試に協力いただいて(笑)製品個体差でないことを確認。


どうも。追試クマです。追試といっても赤点な訳ではありません。赤線のレンズの話です。

そのとき試した写真が残っていたので貼っておきます:


5D4A5876

EF 70-200mm F4L IS USMで、200mm域。
被写体までの距離は1.5mくらい。当然ノートリミング。


5D4A5875

EF 70-300mm F4-5.6 IS II USMで、同じく200mm域。
被写体までの距離は同じく1.5mくらい。ノートリミング。

サイカセンセが70mmで試されているので、私は200mmの方で(たまたまですが)。

最初この話を聞いたときには、どうせミリ単位の話でしょ?サイカセンセ細かすぎるんだよ(おまゆう)と思っていたんですが、試してみてあまりの差に驚きました。

なぜこうなるかは、本件についてキヤノンの副事業部長にインタビューを敢行した、ビデオSALON2017年11月号の「斎賀教授のアフターファイブ」にて。



Fairy Castle 完全生産限定盤 Limited Edition / ClariS (Amazon)
ビデオ SALON 2017年 11月号 [雑誌] Kindle版(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
毎日お台場ユニコーンの写真を小出しにしていてすみません。
今日は夜間イルミの話。明暗差が大きいイルミなので、皆さん撮影に苦労されているようですが、最近の多くのカメラにはHDRモードというのがあってですね…


DSC08379

これを使うと、擬似的にダイナミックレンジを拡大することができます。




HDRモードで撮影した結果がこれ。(EOS 5D Mark IV + EF 70-300mm f/4-5.6 IS II USM)
白い機体部分のディテールを残しつつ、発光箇所が色飛びしないのでパネルの描写まで分かります。




HDRモードが付いているカメラの方、お試しください。
カメラに付いていなくても露出ブラケティング撮影をしてPhotoshopなどでHDR合成しても同じ結果が得られます。

ただこれ、動かないもの限定の技なので、イルミが変化する演出中の撮影には使えません。あしからず。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
敬意を表して全体的に「ナハトカ」風味のトーンでお伝えします。




代々木公園に隣接する閑静な通りに面した、こぢんまりとしたギャラリー。白壁ベースのギャラリーというのが紗々さん的にはポイントだったらしいです。外光が結構入るのもギャラリーとしては珍しい。




紗々さん一番のお気に入りという港のカットと。

今日は浴衣でお出迎え、というのは事前情報で聞いてはいたのですが、代々木八幡駅前のナチュラルローソンに浴衣の人がいるなぁ、さすが代々木八幡はオサレやなぁと思っていたら出勤前のご本人だったという(ぉ




スクエアフォーマットを中心に、白飛びを恐れず撮ったそうです。
今回の作品群、本当に楽しんで撮ったということを熱く語られていました。その延長線上にこの写真展があるのでしょう。何かに熱くなれるっていいですよね。ああ自分もお台場ユニコーンの前では熱くなりますが(←




このダンボーの帽子、欲しかったんです(笑。(←買わせていただきました




他のお客さんが写っていませんが、実際はこのフレームの外に結構なお客さんがいらしてて(笑、アルバイトのお姉さんを雇わないと回らないほど。




「すっごい小さいギャラリー」と聞いてはいたのですが、いやいや、なんか自分の好きなもので埋めた空間って感じがすごい出てて、良かったですねぇ。小さい空間ならではの良さと言いましょうか。女の子の部屋に遊びにいった感じ、とでも言いましょうか(笑。

楽しませていただきました。ありがとうございました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
サイカ先生のようなエスプリの効いた、八方に気を遣った紹介記事は書けませんが、紗々さんの3回目の写真展が明日から開催されます。(あっ早く書かないと今日になっちゃう)

【お知らせ】紗々3rd個展「ナハトカ。」開催決定!!


5D4A5959

「天は二物を与えず」ってことわざ、大嘘ですよね。
 美人で、写真が上手なんて、ずるい(ぉ


紗々さん

 以前写真展を開催された一連のダンボーの情景写真とか、すごい拘りでした。
 信じられなくて、聞いちゃいましたから。
「本当に自分一人で撮ってるんですか?」って(←失礼(笑)
 もちろん、ガチだそうです。

 紗々さんの心にフックした沖縄、楽しみです。

このページのトップヘ