クマデジタル

迷ったら、高い方


交通渋滞

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
首都高湾岸線 東行き 土曜日15:30頃 天気弱い雨。
有明を先頭に9kmほど渋滞。原因は自然渋滞。有明付近の東行きのなだらかな上り坂による速度低下が原因と推察される。一般道への回避でも時間短縮にはならない模様。通過に約1時間。

首都高湾岸線 東行き 土曜日16:30頃 天気弱い雨。千鳥町を先頭に1kmほど渋滞。渋滞原因はパンクした車両から降りてきた着物姿の女性への脇見と推定。

東関東自動車道 土曜日17:30頃 大栄ICに入る51号下り車線が1kmほど渋滞。通過推定15分。

首都高湾岸線 西行き 日曜日午後14:00頃 天気曇り。渋滞なし。

成田AEON前→成田ICまでの一般道はVICSセンサーなく、渋滞情報が表示されないのは相変わらず。AEON前の渋滞情報で推定する?




    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
昨年も同じ防備録を書いていたが参照するのを忘れ役に立たず。

1/2(火):ニュースでは「帰省Uターンラッシュ始まる」。

9:20発。天気曇り。何ら渋滞に引っかからず。但しクルマは多め。

1/3(水):ニュースでは「帰省Uターンラッシュがピーク」。

15:40発。天気曇り。成田市内には入れたが、エクセルホテル東急前の国道295号線の信号の制御がアホ過ぎて(交通量センサがない単純な時間制御)、約1.5kmの渋滞を引き起こす。湾岸線は昨年同様の渋滞レベルで、海ほたる経由で回避したものの、費用対効果が適切とは言い難い。やはり渋滞が発生しない時間帯に帰宅するのが吉か?なお、14:00の段階では湾岸線の渋滞はなかった。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
に家族で行こうと思って、

14:00出発→15:00着→17:00(閉会)まで見る→18:00帰着

という計画を立てたのだが、湾岸線フジテレビ前の多重事故渋滞に巻き込まれ、会場まであと8kmのところでナビ算出の到着予定時刻が17:00に  orz

ドライブというわけでもなく、CEATECというわけでもなく、ただ家族で車中にいただけというのは、すごく無駄な半日だった。事故ったトラック、許さん。俺の半日を返せ。

高速道での「渋滞4km」は通常「通過に20〜30分」なのだが、昨日は事故った直後だったため、ほぼ通行止めに近い「平均車速2km/h」(4kmで通過に2時間)という速度が敗因と思われ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
1/2(月):ニュースでは「帰省Uターンラッシュ始まる」。

14:30発。天気小雨。湾岸線C2への分岐を先頭とする自然渋滞で、大井料金所を越え、羽田まで。サンデードライバーが多く、お台場の各種構造物に目を奪われている可能性が高い。ETC専用レーン役に立たず。成田市内は軽く混雑。考え得る成功パターンとしては、アクアライン→大栄ICだが、料金が割に合わない。時間帯を外すのが吉か。

1/3(火):ニュースでは「帰省Uターンラッシュがピーク」。

15:30頃発。天気晴れ。成田市内激混み。成田ICにすら辿り着けず。そもそもR358/利根川沿いの道すら混んでおり、成田にすら辿り着けない。また湾岸線幕張〜羽田間も渋滞。渋滞原因は東京湾トンネルの出口の上り坂での自然渋滞。所要通常1.5Hrのところ、4.0Hr。考え得る成功パターンとしては遠回りでも大栄ICから乗り、アクアラインを経由して首都高に乗る。

このページのトップヘ