クマデジタル

迷ったら、高い方


健康

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
Willviiの塚崎さんが健康的に(←ここ重要)激やせしたという話を聞き、私も再びダイエットに挑むことに。

塚崎さんから「毎朝晩、体組成計に乗り…」とアドバイス頂いたものの、確かに私も以前は頻繁に測っていた時期もあったんですが、いかんせん我が家の体重計は体脂肪しか測れない旧式で、しかも重くて大きい。収納してあるのを持ち出すのが面倒。とはいえ置きっ放しにすると小指をぶつけて悶絶するのは避けられない。


innerscan50-1

というわけで、イマドキの体組成計を新調しました。
オムロンと迷ったし、タニタの方が高かったけど、評価が良かったので。


innerscan50-2

タニタ・インナースキャン50。
イマドキの強化ガラス化粧板ベースの体組成計。

いやぁ、薄い!軽い!小さい!(我が家の十数年前の体組成計比)

本当はミニマムサイズの2千円台のを買おうと思ったけど、よく見たらそれは縦置き収納できないらしい。縦置き収納したあとは、使うたびにゼロリセットする必要がある。


innerscan50-3

それでは面倒だと、縦置き収納できる機種から選択。
評価の良さそうなこれにした。


innerscan50-4

以前使っていた体組成計も、ボタン操作で4人分の身長などメモリーを呼び出せたけど、これはさらに進んでボタン操作が要らないという「乗るピタ機能」を搭載、体重からプロファイルを自動的に呼び出してくれる。おまけに電源ボタンもない。測定項目は体脂肪率とBMIだけじゃなくて、内臓脂肪レベル、筋肉量、基礎代謝量、体内年齢、推定骨量まで測れて、なんかいろいろ凄い。

…え?体内年齢49歳? 実際44歳なんだけど…
(ちなみに実際43歳のツマは31歳と出ました。すげー。)


innerscan50-5

「過剰」







    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
40代ともなると仕事に打ち込むための体力と時間を絞り出すのが本当に大変で。
(50代になるともっと大変になるのは容易に想像できます・)
そういった意味では、日常生活でいかにストレスなく生活できるか、というのは仕事のパフォーマンスを上げる上で重要になってくるかと思います。

いくつか住宅展示場を回ってみたんですが、数件見た中で「脅威」だなと感じたのは、三井ホームの全館空調システムですね。読者の三井さん驚かせてすみませんでした。このシステムはいま三井ホームの新築物件の6割に採用されてるんだとか。「Smart Breese(スマートブリーズ)」というらしいですが、スマートBですか(どういう略し方

余談ですがSmart BreeseのWebページを見ると、URLはwell breeseになってますね。ウェルヴィーですか(だからどういう

smartB

何が「脅威」かって、このシステムを導入した住宅に住んでいる方は、冷暖房のストレスから開放されているわけですよ。暖まるまで/冷えるまで待つ必要がなかったり、暖める/冷やすことに気を遣わなくてもいいというのは、それだけ生活に余裕が生まれるってことです。こういった環境に住んでいる方と仕事上のパフォーマンスで競うのは「脅威」だなぁと思いました。

(もちろん、介護や持病、通勤距離など、空調のことなんかどうでも良くなるほかの要因はいくらでも挙げられるとは思いますが…)

全館空調システムってすごく無駄な電気を使ったり、暖めたり冷やしたりするのに時間がかかる印象があるんですが、最近の高断熱住宅だと、たとえば夏の昼間に留守中チンチンに暑くなった室内を一気に冷やすためにエアコンをガンガンかけるなら、一日中ユルユルとエアコンを運転しておいても大差ない場合もある、ということもあるようなんですね。(これは三井ホームさんの受け売りではなく、私が一時期近しい分野に仕事で携わった時にも言われていました。)

しかも電気の契約を割安な産業用にもできるとのことで、初期費用に150万ほど余計にかかるようなんですが、装置の寿命(エアコンのように10年程度を想定しているのではなく、ビル用空調のように壊れた箇所のみ修理して装置交換はあまり前提としていない)まで考えると、トータルコストでは家庭用エアコンより割安になる可能性もあります。

飛行機のビジネスクラスやファーストクラスなんかもそうですけど、パフォーマンスが出せて稼げてる人向けには、よりストレスから開放されて仕事のパフォーマンスを出せる仕組みが、空調ひとつとっても存在するのだなぁ…と感じたものでした。

ただ、装置自体は大きいので、それなりの騒音は発生します。洗濯機よりは全然静かだけど、冷蔵庫よりは全然うるさい…というレベル。三井ホームでも寝室に隣接して設置しないようガイドラインがあるそうです。

あとは設置に0.5畳必要なので、その分の土地面積をどう考えるかですね。
屋根裏に入れることもできるようですが。

いやぁ、でも新築は改めて、高いですね。これはムリだわ。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
wend

頭の疲労がダイエットの敵である、というのは最近薄々気づいていました。
頭が疲れてると満腹中枢が働かないし、無意識に食べ物を求めてさまよってしまうのです。

寝ればいいのに。食べる。

その辺についてパナソニックがWebで解説している内容に深く同意。

http://panasonic.jp/health/library/oshiete/07/vol2_1.html

しかし上のページの図で、「衝動買い」によって脳疲労が支えられている図には笑ってしまいました。そうだったのか。そうだな、確かに。

痩せる基盤を、衝動買いで作る。

そうか…。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
網膜が体液で押し上げられはく離し、左目視界の中心付近に歪みや黄色いシミが見える「中心性漿液性網脈絡膜症」を昨年11月より患っていましたが、概ね、治りました。いやぁ治って良かった…。

治療期間はやっぱり半年かかりましたね。年齢のせいでしょうか、想定治療期間(3〜6ヶ月)の上限までかかってしまいました。

歪みとか色つきがゼロか?と言われれば…うん、まぁ、ごく僅かに歪んでいる気もするし、瞬きをすれば何か見える気もするが…まぁ気にしなえれば全く気にならないレベル。

ちょっとショックだったのは、義妹(薬剤師)に「薬にも毒にもならない薬を飲んでるんですね!(にっこり)」と言われてしまったこと。もしかして薬飲まなくても6ヶ月経てば治ったのか…? 薬代の数千円無駄にした…?

--
薬をやめれば病気は治る (幻冬舎新書)(Amazon)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
目が、目がぁ〜となって5ヶ月。相変わらず投薬治療中で「ビタメジン」と「カルナクリン50mg」を1日3回、飲み続けている。「治るのに3〜6ヶ月かかりますよ」と言われていたので3ヶ月で治ることを期待していたのだが、とうに3ヶ月は過ぎ、今頃ようやく改善に向かってきた。

左目の中心にあった「歪み」「黄色い色づき」「左右の目でのフォーカスのズレ」「瞬きするとうっすら見える水疱のような模様」は、いずれも症状が減ってきている。ピーク時の症状を100とすると、今は20くらいにはなった印象だ。「この病気が治っても視力が戻らない場合がある」とも言われていたが、うーんどうなんだろ、確かに視力は少し悪化した気はするが、実際に測っても数値上は悪化はしていない。数値に現れない形で悪化しているというか、「解像度だけが画質ではない」というか。まぁ年齢的なこともあるし、元々左右の目に若干の画質差、感度差はあったので、気にしすぎなのかも知れない。

主治医には「来月また診せに来て」と言われた。そこでfinishとすれば、やっぱり6ヶ月かかることになるなぁ。

--
ZEISS(ツァイス) ポケットルーペ D24(Amazon)

このページのトップヘ